2009508 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とりどりみどり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


snowrun29

カテゴリ

お気に入りブログ

チューリップ・ザ・… New! wildchabyさん

スペインは呼んでい… 天地 はるなさん

そろそろ出店用の充… 蜂飼いスロー人さん

12月になっても蚊… グリーンブレーカーズさん

12月になっても蚊… 松下一郎さん

コメント新着

snowrun29@ Re[1]:晩秋の妙高山麓で☆9(11/19) HiraoKKさん、こんばんは☆ コメントありが…
HiraoKK@ Re:晩秋の妙高山麓で☆9(11/19) おはようございます。 晩秋の山歩き、いい…
snowrun29@ Re[3]:桂川探訪スタート☆(10/04) nabeさん、こんばんは☆ 出かけていたので…
nabe@ Re[2]:桂川探訪スタート☆(10/04) snowrun29さんへ さくらであい館さんの主…
snowrun29@ Re[1]:桂川探訪スタート☆(10/04) ナベさんさんへ コメントありがとうござ…

フリーページ

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

カテゴリ未分類

2019.06.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こちらの「お取込み」ちうは
26 togehige kana
26 togehige kana posted by (C)snowrun29
トゲヒゲトラカミキリだそうです。
FBの皆さまありがとうございます。


もう1枚どうぞ
27 togehige
27 togehige posted by (C)snowrun29
今時分はこうした時期でもあるんでしょうね。


5月下旬の京都・貴船での観察会
ここは「川床」などで有名な京の奥座敷
流しそうめんで、と驚く料亭の値段設定には
貴船川を利用しての涼しさと景色があるからですが。


ところがこの日、びっくりしたのが
1
1 posted by (C)snowrun29
貴船口までの京福電鉄の車窓
昨年の台風禍がまだこんなに、と息を呑むびっくり


降りた「貴船口」駅前でもこんな状況
2
2 posted by (C)snowrun29
観光地なので電車共々、今はもう復旧されていますが
やはり所々に「いなずま」と思う光景が。


こちらでも





トイレ前は直しもありましたが





こちらの下矢印昨年10月末の雲ヶ畑でもびっくりしましたが
38
38 posted by (C)snowrun29
まだあれは復旧直後というか、で
(詳しくはこちらでどうぞ)
もう1年近く経過しての貴船には、でしたが
そんなでしたが、この日見たものを…つづくねずみ






最終更新日  2019.06.15 21:18:37
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
5月初めの湖東の奥
滋賀県で最大のトチノキ巨木に逢いに
高時川上流の廃村を歩いていると
61 kuma
61 kuma posted by (C)snowrun29
熊棚が現れました!!


もう1枚どうぞ
62 kuma
62 kuma posted by (C)snowrun29
昨年秋の?かもですが
逃げ腰で撮ったので何の木だったのか。。


言うてもここは廃村になって久しく
元から熊の生息地でもあるので、
今回はたまたまそこにお邪魔させて頂いている、
それがよ~く解るこのスポットでした。


足元に落っこちている黄色い花
63 itaya
63 itaya posted by (C)snowrun29
わ~イタヤカエデの花やん緑ハート
以前福井との県境・栃の木峠でも見たっけ。
何イタヤか?はですけど。


斜面から水が染み出してくるので
65 wasabi
65 wasabi posted by (C)snowrun29
林道の真ん中でもワサビの花が


そうした土地なので、下からずっとこれが。
19 hokuriku
19 hokuriku posted by (C)snowrun29
ホクリクネコノメソウの芽出しの姿。


下の方では花期が終わりかけのもありましたが
20 hokuriku
20 hokuriku posted by (C)snowrun29


そして遂にトチノキも出て来ましたが
66 toti
66 toti posted by (C)snowrun29
蕾が上がっている緑ハート
これで幹廻り300㎝程、それでは巨木ではないとか。


そしていよいよ№1のいる斜面へ
その辺りはもう「平地」は狭い林道のみなので
「生えてる木」の枝を幾つも掴みながら
ひたすら斜面を登って行く。。


まだ?…と思う頃にようやく
74
74 posted by (C)snowrun29
おおおお、あれか…ねずみ






最終更新日  2019.05.16 21:37:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
2月下旬の湖北・山門水源の森
この日は「ながはま森林マッチングセンター」の方と
メープルシロップにするカエデの樹液採取で歩いています。


ウリハダカエデとイタヤカエデの2種の樹液ですが
どうも今年はイタヤ…が少なく
ウリハダ…の方が樹液を出しているようですが
両者共にそんな事が、とは初めて知った次第。


さて幾つかのポイントを廻ってから
46
46 posted by (C)snowrun29
山門水源の森、と言えばの湿原まで降りて


途中の谷筋にはウリハダカエデの未生が林立。
それはもの凄い状況でしたが
ここで何故か「真っ白い写真」ばかりとなってしまい
(マクロなどに切り替えた後、直してなかったようで…雫
その写真はありません…しょんぼり


なので残った写真で
47
47 posted by (C)snowrun29
足元にあった「鹿の骨」
骨盤とかだろうか。。


この冬、ここ湖北も積雪は少なく
8
8 posted by (C)snowrun29
本来は「スノーシューで採取」との企画でしたが
山の上からもちらり白いものが見えるだけ。


春を待つ湿原では
ミヤマウマモドキの赤い実も沢山あったけど(涙)
60
60 posted by (C)snowrun29
やっと写ってたマンサクの花緑ハート


そして帰路の川沿いには
61
61 posted by (C)snowrun29
おおおおおお星


バイカオウレンがここに、と解ってましたが
62
62 posted by (C)snowrun29
もう咲いていたとは!!


嬉しい限り
66
66 posted by (C)snowrun29
勿論、この春初めて見たもの。


この後、また永原駅に戻り
昨年のメープルシロップなども賞味させて頂き
コースの最後に永原駅2階でこの日採取の樹液を試飲。
69
69 posted by (C)snowrun29
ウリハダ…の方がさらりとした甘さで
イタヤ…の方が木っぽい風味がありましたが
これにて「湖北でカエデ樹液採取」の1日は終了。
とても興味深い企画でしたので、また来年以降もあれば。。


おまけの画像
51
51 posted by (C)snowrun29
ご当地キャラのあぢかもくん(こちら
…好物は鮒ずしか…大笑い
夏はファンを回して対処とか・・でも暑いやろなぁねずみ






最終更新日  2019.03.06 21:22:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は「1万人の第九」本番日でした。
12月2日8
12月2日8 posted by (C)snowrun29
お蔭さまで無事に今年も歌い終わりました青ハート


今年は徳島で第九が歌われ始めてから丁度100年とか。
元々北海道から沖縄まで各地からの参加ですが
そんなで徳島から、またオーストリアなどからも参加で
かなりの手応えのある出来だったかと。


昨日の夕方、大阪城ホールにリハーサルに向かう
12月1日
12月1日 posted by (C)snowrun29
大阪城公園駅に1万人が押し寄せる。。


今回はスタンドAの上の方
12月1日4
12月1日4 posted by (C)snowrun29
ドアの向こう見て「びっくり
やっぱり1万人って…。


さて今朝8時半、白黒の人達が途切れなく。
12月2日4
12月2日4 posted by (C)snowrun29
一斉に入場は危険なので、ホール手前の階段で一旦止めてから順に…。


12月2日6
12月2日6 posted by (C)snowrun29
今年のパンフレット


今年は佐渡さんの師匠・バーンスタインも誕生100年
それで第1部はバーンスタインの曲なども。
12月1日2
12月1日2 posted by (C)snowrun29
「ウエストサイド物語」や「キャンディード」や
マーラーの歌曲も素晴らしかったですが
やはり生オケで第九を第1楽章から聞くのは贅沢の極み。
また嬉しい1日となりました音符






最終更新日  2018.12.02 21:24:00
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、伊賀市の服部川でGETした化石
それは「イガタニシ」と呼ばれるものらしく
「350万年前の象の足跡化石」と同じ頃の、でも良いようです。
詳しくはこちらでどうぞ。


化石と言えば
4no
4no posted by (C)snowrun29
このアンモナイトの化石


これはJR大阪駅前の地下街で10年程前に見つけたもの
3no
3no posted by (C)snowrun29
JR大阪駅から地下に潜り、阪神やマルビルを越えて
駅前第1ビルと第2ビルの間位の床にあります。


結構あって見つけると嬉しい緑ハート
5
5 posted by (C)snowrun29


じつはFBの岡村さんから
「JR大阪駅中央口」の柱にも、との情報を頂き
(ありがとうございました星
昨日、途中下車で探してみました。


すると
11月20日10 chuou
11月20日10 chuou posted by (C)snowrun29
わ~あるやん緑ハート


中央口出て南に向かう途中の柱で
11月20日9 chuou
11月20日9 chuou posted by (C)snowrun29


こんな感じに
11月20日11 chuou
11月20日11 chuou posted by (C)snowrun29


結構幾つもあります
11月20日7 chuou
11月20日7 chuou posted by (C)snowrun29


JR大阪駅中央口を出た辺り
11月20日8 chuou
11月20日8 chuou posted by (C)snowrun29
この柱をくるむ大理石?に。


じつは私の地元の大型店舗の床にもあり
2018年9月6日
2018年9月6日 posted by (C)snowrun29


今年の9月に撮ったもの
2018年9月6日4
2018年9月6日4 posted by (C)snowrun29


その隣のこの赤い筋も
2018年9月6日2no
2018年9月6日2no posted by (C)snowrun29
また何かの岩の層のようで面白い緑ハート


20年近く前にJR静岡駅の壁でも見たし
(当時、デジカメではなかったので写真は無いですが)
こうした「化石」の入った壁や床は各地に結構あるのでしょう。
一体いつのもの?&どこのもの?ですけど
(まとめて、となると外国産のものが多いとか)
そういう眼で見ると楽しいですねねずみ


因みにこちらが大阪駅3階ホームのエスカレーターの壁
これは何なのだろう?








最終更新日  2018.11.21 21:03:56
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
10月末の京都・雲ヶ畑での観察会
ここは鴨川源流でもありますが
緑色岩など好石灰岩質の場所でもあり
オオサンショウウオ始め色々な植物も、との場所。


さて今日は「紫色」
83 akityouji
83 akityouji posted by (C)snowrun29
日陰でまだ咲いててくれたアキチョウジ緑ハート


82 akityouji
82 akityouji posted by (C)snowrun29
花の落ちた後の「ガク」もまたキツネ顔やなぁ


89 aki
89 aki posted by (C)snowrun29
その奥にまだ白い種が見える
4数性なのかな。


同じシソ科➀
101 akitamu
101 akitamu posted by (C)snowrun29
アキノタムラソウ
特に珍しい花ではないけどこの色合い、
出会うと何か嬉しい緑ハート


同じシソ科②
60 remonegoma
60 remonegoma posted by (C)snowrun29
レモンエゴマ


59 remonegoma
59 remonegoma posted by (C)snowrun29
この「毛深さ」もふもふが楽しい緑ハート
しかし「レモン」という名になった香り、
そこまで「黄ハート」とは思いますが…雫






最終更新日  2018.11.16 20:43:56
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日のウラナミシジミ@フジマメを再度
36 uranami
36 uranami posted by (C)snowrun29
赤いフジマメの蕾についてる白いもの。
それが全部「卵」だと教えて頂きました。
FBの島崎さん、ありがとうございます星
これに出会ったのは10月14日の「木津川探訪」15回目下見で
一昨日の「アケビ」も同じ日に、でした。


本来は11月23日本番だった第15回
台風24号で9月30日の「14回」本番がぶっ飛び、
予定が1つずれて、急遽15回は12月設定となり、
本番まで時間が開くので今回、アップと。
ではそんな秋の1日をどうぞ。


さて15回は近鉄「伊賀神戸駅」からスタート!
近鉄の踏切を越えた所でコカマキリが道に。
1 kokama
1 kokama posted by (C)snowrun29
大丈夫かな、朝の寒さで動かないのかな?


草むらに移動させ、背後の山を登り
地図にあった「加藤清正公」縁の場所へ
いきなりの直登ではーはー言いつつ到着。


何故ここに加藤清正なのか?よく解らず
3 加藤清正公
3 加藤清正公 posted by (C)snowrun29
ここは本番では外すことに。
…加藤清正公、ごめんね~雫


さてこの後、山道を歩き、途中で見たのが一昨日のアケビ
4
4 posted by (C)snowrun29


秋の道には可愛いアキノタムラソウも咲き
11 akitamu
11 akitamu posted by (C)snowrun29


こんな栗も
12
12 posted by (C)snowrun29


ひとっこ1人出会わない山道の途中
「うん?」と思ったのが…
6
6 posted by (C)snowrun29
うっわ~これはっ‥つづくねずみ






最終更新日  2018.10.21 20:20:03
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
10月上旬、NPOの観察会で歩いた
羽曳野・藤井寺に広がる古墳群を巡り道明寺まで。
6月の下見と10月の本番と歩きましたが
その両方を混ぜつつどうぞ。


国内で2番目に大きな応神天皇陵
47
47 posted by (C)snowrun29
墳丘長425mあるでっかさですが


この敷地内で見たのが
48
48 posted by (C)snowrun29
井戸の滑車に使われている模様
これは何というものだろうか?


その近くで飛んでたのが
49 hotaruga
49 hotaruga posted by (C)snowrun29
ホタルガ…ヒサカキやマサキが食樹。


51 murasakisijimi
51 murasakisijimi posted by (C)snowrun29
こちらはムラサキシジミかと。


次の古墳に向かう途中、高速道路の下をくぐったら
53 赤面山古墳
53 赤面山古墳 posted by (C)snowrun29
何とこれが「赤面山古墳」…びっくり


54 赤面山古墳
54 赤面山古墳 posted by (C)snowrun29
…いいのかな、罰が当たりそうな雫


この高速道路を越えると
55
55 posted by (C)snowrun29
古室山古墳のある古室山


小高いこの山に登ると
60
60 posted by (C)snowrun29
木々が茂っている所以外では辺りが見下ろせます。
先日の台風での被害木で、10月本番では上がれませんでしたが。


最後に仲姫命(なかつひめのみこと)陵の横を通過します。
62
62 posted by (C)snowrun29
何でかここは「空堀」で水がない。


仲姫命は上上矢印の応神天皇妃で「仁徳天皇」の生母
この時代は夫婦であっても別場所に、なのかなと皆で。
古市古墳群でも2番目に大きなこの陵は造成時期も応神天皇陵より前のようで
もしや別の大王の墓ではないかとの説も(こちら
やはり古代はミステリアスですね。


さてここからは道明寺へねずみ






最終更新日  2018.10.15 21:08:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
10月上旬、NPOの観察会で
羽曳野・藤井寺に広がる古墳群を巡り道明寺まで。
今回は主担なので6月の下見と10月の本番と歩きましたが
その両方を混ぜつつどうぞ。


10月上旬の本番日
その前日が「だんじり祭」だったとかで
2
2 posted by (C)snowrun29
近鉄「古市駅」からの道にはこんな光景がびっくり


この古墳巡りの道は「竹ノ内街道」で
2
2 posted by (C)snowrun29
ここからスタート!


3
3 posted by (C)snowrun29
まず「白鳥陵」が見えて来る。


7
7 posted by (C)snowrun29
こうした看板はありがたいですね。


堀の反対側は普通の住宅街なので
6
6 posted by (C)snowrun29
6月下見ではアゲハが吸蜜のお庭も。


この地区の「だんじり」収納庫
6月下見の際にはシャッターが、でしたが
10
10 posted by (C)snowrun29


10月本番の前日が祭り当日だったので
3
3 posted by (C)snowrun29
おおお、これか。


だんじりは大阪府でも泉南とかかと思ってましたが
5
5 posted by (C)snowrun29
結構、広範囲にあるものなんですね。
きっと前日はこの辺りも賑やかな光景だったのでしょう。
そんなの見ながら、次の古墳に。






最終更新日  2018.10.12 18:27:49
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
8月下旬の信州・八ヶ岳山麓行き
3日目は「入笠山」に。
まずは山頂から「入笠湿地」への山道を歩くと
16 midori
16 midori posted by (C)snowrun29
ヒョウモンチョウがやたら飛んでいますが
なかなか写真が、、NG


これはミドリヒョウモンと思いますが
17 midori
17 midori posted by (C)snowrun29
何とかこの2枚は.


そして「入笠湿地」への分岐で
18
18 posted by (C)snowrun29
やはり「スズラン」が有名なんやな、と


オトコエシの花の上で
19
19 posted by (C)snowrun29
ミドリヒョウモンともう1種


もしや…いなずま
21 kujaku
21 kujaku posted by (C)snowrun29
ああっ!クジャクチョウやっ!!
ここでは美しい翅は見れず、でしたが
後にお楽しみが…青ハート


さて山道には
23 kusabotan
23 kusabotan posted by (C)snowrun29
クサボタンも咲いているし


26 akebono
26 akebono posted by (C)snowrun29
アケボノソウも咲いており


29
29 posted by (C)snowrun29
ウメバチソウも今年初めて見たぞ緑ハート


これは期待が…と
34
34 posted by (C)snowrun29
林間に入って来ました。


落葉松の上には青い空
37
37 posted by (C)snowrun29
ほんまに気持ちの良い日です音符


38 ibotahyoutan
38 ibotahyoutan posted by (C)snowrun29
この赤い実はヒョウタンボクかと思うと
イボタヒョウタンボクだそうで…初めてやし。


と、いきなり目の前に広がるこの光景
41
41 posted by (C)snowrun29
おおお、これが入笠湿原かびっくり






最終更新日  2018.09.23 21:41:04
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.