2085549 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とりどりみどり

PR

全1277件 (1277件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

動物系?

2020.02.09
XML
カテゴリ:動物系?
先日の浦安・三番瀬での観察会
海岸沿いなので風が吹くと、、と思ったのに
微風の上に暖かくてほんまに「春の海」


昼前からどんどん潮が引いてゆく




そこで見たこの「リップルマーク」
寄せた波が作った見事な条線ですが
112
112 posted by (C)snowrun29
潮が引いた後についたこの足跡


もう1枚どうぞ
113
113 posted by (C)snowrun29
どう見ても「鳥さんの足跡」ですよね。


ここにはこんな鳥さんが来るのですが
42
42 posted by (C)snowrun29


77
77 posted by (C)snowrun29
このミヤコドリも。
私のカメラではこれで精一杯ですが雫


最初はこんな風に海の中で
55
55 posted by (C)snowrun29


それが潮が引き始めて
58-2
58-2 posted by (C)snowrun29


62
62 posted by (C)snowrun29


ミヤコドリも器用に貝を掴むと
砂に押しつけて貝の口をこじ開け、幾つも幾つも食べて行く。
72
72 posted by (C)snowrun29


そんなミヤコドリ求めて沢山のバーダー達も。
78
78 posted by (C)snowrun29


どんどん引いて
82 1322
82 1322 posted by (C)snowrun29
ここが遠浅の海というのがよく解る


途中からはハマシギも、
117 hamasigi
117 hamasigi posted by (C)snowrun29


ころころしてほんまに可愛い青ハート
良いものが沢山見れました手書きハート








最終更新日  2020.02.09 22:24:16
コメント(0) | コメントを書く


2020.01.28
カテゴリ:動物系?
1月12日の奈良・橿原神宮
この日は観察会で「どんぐり探し」がメインでしたが
実は「鳥見」も楽しみにしていました。


神宮の反対側に深田池という大きな池があり
11月の下見時には
44
44 posted by (C)snowrun29
こんな感じでオオバン、ヒドリガモ、マガモなどが。


そう言えば10年位前に
「深田池にオシドリとトモエガモが」との情報を聞き
ここに来た事ありましたっけ。


なので下見の際はまだ…でしたが
3
3 posted by (C)snowrun29
1月12日の本番にはと期待していたのですが
残念ながらオシドリどころかこの冬は。。雫


池の縁にはアラカシがアホほど落ちてたのですが
何でか写真がなくて‥代わりにシラカシをどうぞ。
1 sirakasi
1 sirakasi posted by (C)snowrun29
➀帽子は縞模様+②柱頭から白い毛がありますが
アラカシは➀は同じでも、②の白い毛は無い。
…オシドリは「どんぐり食い」なのに…残念っいなずま


ところで池の端っこの木々が遠目にえらく白い
18 深田池にカワウが
18 深田池にカワウが posted by (C)snowrun29
「献木」の多いこの神宮ですから
ユーカリとか何か特別な木かなと近寄ると
ああああああ、カワウのびっくり


各地のお庭や鶴見緑地の池端でも、だし
以前見た京都・東本願寺の枳殻邸や滋賀の竹生島とかでは
カワウの糞で木々が枯れまくってしまい

何とか「来ない」ように
来ても「巣を作らない」ように
巣を作って「産卵してもその卵を瞬間冷却して」等々

色々な手を打って今は何とか、ですが
ここ橿原神宮は太っ腹?
それとも神社はそう言う事には、なのでしょうか??
さてカワウ天国はいつまで、でしょうか。


そんな11月の橿原神宮本殿はまだ「猪」の絵が
21
21 posted by (C)snowrun29
1月は「ネズミ」になっていましたが
一応、拝みに本殿へ。


そこで気になったこちらを
6
6 posted by (C)snowrun29
本殿の拝殿までの石畳にあったもの。
この白地に「緑色」は何だろう?孔雀石のような…。
3つばかし見かけましたが…ねずみ






最終更新日  2020.01.28 22:00:44
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.26
カテゴリ:動物系?
1月12日の奈良・橿原神宮
この日の観察会はどんぐり探しに特化。
イチイガシ、スダジイ、アラカシ、シラカシ、
ウバメガシ、マテバシイにアカガシ…と7種


あと橿原神宮にあるというシリブカガシを探し
本殿から北神門を出て畝傍山登山口辺りからまた森苑へ
でもシリブカガシには遂に出会いませんでしたが
探し、探しているさなかにこちらにも



おおお、もしやムラサキシジミ
32
32 posted by (C)snowrun29
そ~っと近寄る


食樹のアラカシにいるのか
35 murasakisijimi
35 murasakisijimi posted by (C)snowrun29
これは嬉しい出会い


またこちらでも日向ぼっこ
28
28 posted by (C)snowrun29


あれこれ見てたからのオマケでしたが
オマケと言えばこちらも
33 kibarakenmon kana
33 kibarakenmon kana posted by (C)snowrun29
おおおお、見た事あるし。


帰宅後探して、キバラケンモンではないかと
34 kibarakenmon kana
34 kibarakenmon kana posted by (C)snowrun29
食樹はツツジですしね。
しかし下見の11月でも、


また本番の1月でも幼虫状態って…ほえー
8
8 posted by (C)snowrun29
キミ、蛹でなくて越冬大丈夫なのか?






最終更新日  2020.01.26 21:57:34
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.25
カテゴリ:動物系?
1月12日の奈良・橿原神宮
この日は観察会で「どんぐり探し」
下見で7種(イチイガシ、スダジイ、マテバシイ、アカガシ、ウバメガシ等)見て
当日はそれらの見分けや、実際に食べてもらっての1日でしたが


橿原神宮ではマテバシイ属のもう1種・シリブカガシ
そちらも探してみたのですが、見つからずしょんぼり
マテバシイのどんぐりのお尻の凹み


ここがシリブカガシはもっと凹んでいるのですが
見つけたかったなあ。
橿原神宮にはある事にはなっていたのですが(こちら


更にもう1種・ウラジロガシも探したのですが
上矢印の表では確認されていませんね)
実は下見の際にこれを見つけてしまい
12
12 posted by (C)snowrun29
おおおおおおびっくりと。


お亡くなりのクワガタの仲間ですが
11
11 posted by (C)snowrun29
頭がないのでFBでお尋ねしたところ
ノコギリクワガタだと…ありがとうございます星


更にもう1枚
13
13 posted by (C)snowrun29


翅に残る傷といい、一体何があったのか
15
15 posted by (C)snowrun29
この傷はカブトムシに挟まれた跡の、で
その後はアリが食べていったのだろう、でしたが。


本番当日もこれを見せてあげたい、と
探したものの、既にもうどこかに行ってしまっていました。
このクワガタの真上にウラジロガシがあったのです…( ;∀;)






最終更新日  2020.01.25 22:17:44
コメント(2) | コメントを書く
2019.12.28
カテゴリ:動物系?
10月12日の台風19号通過時に
少しだけ開けた窓の手前に置いた鉢で
10月12日台風19号の日
10月12日台風19号の日 posted by (C)snowrun29
我が家の今年最後のアゲハ幼虫が
もうすぐ蛹になろうとする頃でした。


この2日程前にはもう1匹が
飼育箱の天井に上がって蛹になっていました。
10月21日
10月21日 posted by (C)snowrun29


これで今年は2匹が越冬蛹となり
10月21日2
10月21日2 posted by (C)snowrun29
春まで間違わずに、と飼育箱は戸外に出しています。


時々「出てないやろな」と見やるのですが
11月4日に床にこんなものがびっくり
11月4日
11月4日 posted by (C)snowrun29


こ、これはもしや
11月4日2
11月4日2 posted by (C)snowrun29
縦8mm程の赤いもの、蛹かな


かつて1度だけ「アゲハヒメバチ」が出た事があり
もしや、と天井の2匹を確認
11月4日3
11月4日3 posted by (C)snowrun29
特に何も起こってはいません。


黒いのは「帯糸」がだまだまになっているので
けして「穴」が開いているのではありません。
11月4日4
11月4日4 posted by (C)snowrun29


こちらの子も大丈夫
11月4日5
11月4日5 posted by (C)snowrun29


それから1カ月強経過。
やはり「赤い蛹」は床に転がったまま
12月25日2
12月25日2 posted by (C)snowrun29


天井の2匹も特に変化なし
12月25日3
12月25日3 posted by (C)snowrun29


となるとこの団子状の赤い蛹は一体?
何かご存知の方、どうぞ宜しくお願いいたしますねずみ






最終更新日  2019.12.28 20:58:14
コメント(3) | コメントを書く
2019.12.11
カテゴリ:動物系?
昨日の大阪市内某所
駅を降りてすぐ、白いものが飛んでいるので
手を伸ばして「ぱっ」と包む。
2no
2no posted by (C)snowrun29
ほらほら


雪虫ですね~見逃しませんぞ青ハート
3
3 posted by (C)snowrun29
それも数匹が朝の光の中を。


私の手袋に止まっているので
繊維が物凄いサイズに思える程。
4
4 posted by (C)snowrun29
彼らは体長3mm程かな。


駅近くだけでなく、Sビルの前庭でも数匹飛んでいて
追いかけて「撮る」ものの…
5
5 posted by (C)snowrun29
ようやく見える「白い点」、
コブシの葉のすぐ左横、背後はこげ茶の・・


今日も昼前のバス停前で数匹飛んでいましたが
他の方も数人おられるので「手出し」が出来ず…雫
冬前の暖かい日に、でしょうか。


雪虫は北海道の「トドノネオオワタムシ」が有名ですが
関西でもそこそこ見かけて
今年も11月下旬の桂川下見時に「ぱっ」と手中に、し
「雪虫や~青ハート」とHさん達に見せてたので写真が…雫
JR嵯峨嵐山駅近くの竹やぶの傍でした。


トドノネオオワタムシはヤチダモとトドマツを行ききする雪虫
10年前に富良野の東大演習林で見たものはこちら



やはり少し感じが違いますね。
近畿で見かけるのはケヤキやエノキとかと何だろう。
これは数年前、近所の公園のマサキの葉でお休みしているとこ




いずれも「ワタアブラムシ」の仲間ですよね。
ともかく見かけるとつい「ぱっ」と手を出し
ああ、今年も冬になるんやなあと思う1コマですねずみ






最終更新日  2019.12.11 22:05:59
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.10
カテゴリ:動物系?
11月末の京都市役所前
8時半にもならない時刻なのに
市役所の方々が「火ばさみ」で歩道のゴミ掃除
それも数人がされてて「おおびっくり」と思いましたが


クチナシ植栽も結構あったので、もしやと見ていると
11 oosukasiba
11 oosukasiba posted by (C)snowrun29
やっぱりいました~星


夜来の雨が上がったばかりで結構寒いのに
11月末でもまだいるのか。。
14 oosukasiba
14 oosukasiba posted by (C)snowrun29
それも2匹見つけました。


2匹目の背中にある●が気になりますが
12 oosukasiba
12 oosukasiba posted by (C)snowrun29
まさか寄生されているとか、でない事を。


12月初めの2回目もこの京都市役所前集合で
この日は小雨というか、氷雨が予報で出ていた寒い日
1 市役所
1 市役所 posted by (C)snowrun29
1回目から5日経過でまたクチナシを探したけど、
オオスカシバ今度は見つからず。


オオスカシバは羽ばたきながら吸蜜するので
ハチドリと間違えられる蛾


持ってる写真がこの1枚しか、なのでこちらをどうぞ。
越冬は蛹でなので、この5日でどこかで蛹化したのかな。
それなら良いのですが、、ともかく元気で~ねずみ






最終更新日  2019.12.10 22:00:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.04
カテゴリ:動物系?
1月の自然観察会の下見で来た橿原神宮
11月下旬だったので七五三の受付も見たし
本殿前の「まだ猪」の絵馬も見て


さて「森苑」の方に歩き始めます。
すると「おや?」と思う穴にシートがかけられている
26 tourou wo tateru
26 tourou wo tateru posted by (C)snowrun29
新たな「灯籠」を建てるみたいな。
こういうのもまた奉納だろうし、
歴史の古い神社の日常なのでしょう。


寒い朝だったので
先日アップのオオカマも動けなかったですが
16 oo
16 oo posted by (C)snowrun29


樫の林では
33 murasakisijimi
33 murasakisijimi posted by (C)snowrun29
おおおびっくり


そ~っと近寄る青ハート
34 murasakisijimi
34 murasakisijimi posted by (C)snowrun29


更にもう少し
35 murasakisijimi
35 murasakisijimi posted by (C)snowrun29


更に更にもう1歩
36 murasakisijimi
36 murasakisijimi posted by (C)snowrun29
これはシラカシだったか。。


日向ぼっこして体温を上げないと動けない彼ら
それを良い事に近寄らせてもらいましたが
幼虫の食樹はアラカシ、イチイガシ、コナラなどブナ科。
なので産卵の可能性も?ですが、ともかくありがと~青ハート






最終更新日  2019.12.04 22:20:38
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.02
カテゴリ:動物系?
11月下旬のかまさん
前足の基部がオレンジ色ではないのでオオカマさんかと。
16 oo
16 oo posted by (C)snowrun29
で、門の手前でこの状態。


こんな所でお亡くなりやなと思い
踏まれるし、と手を出したら「動いたいなずま
思わず「うわ~!!」と声が出て雫


それで冬芽HBに乗せて
17 oo
17 oo posted by (C)snowrun29


近くの切り株に移動させました。
20 oo
20 oo posted by (C)snowrun29
翅の模様が…頑張って来たんやねえ。


そしたらもぞもぞ…何とお髭の手入れまでびっくり
23 oo
23 oo posted by (C)snowrun29


お腹はほっそりしたと思うので
もう産卵は済んだのかとは思いますが
この日の朝の気温の低さで動けなかったのか
24 oo
24 oo posted by (C)snowrun29
ここでバイバイしました。
残りの時間、元気で~青ハート


この2日前に京都・和束町では
既にお亡くなりのコカマキリにも出会っていたので
なかなか厳しい時期に入って来たと思うのに





さて、このオオカマさんに出会ったのが橿原神宮
12
12 posted by (C)snowrun29
この日は1月の自然観察会の下見でした。
さてここで見たものを。。つづくねずみ






最終更新日  2019.12.02 22:11:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.13
カテゴリ:動物系?
10月下旬の妙高山麓で見たもの。
今日はこちら・ウラナミシジミ
113 uranami
113 uranami posted by (C)snowrun29


やはり寒いのでか、陽射しの中で熱心に吸蜜ちう
そんなのを何枚かどうぞ。
108 uranami
108 uranami posted by (C)snowrun29


110 uranami
110 uranami posted by (C)snowrun29


縞模様の波がうねっているので男子かな。
111 uranami
111 uranami posted by (C)snowrun29


112 uranami
112 uranami posted by (C)snowrun29
まだ柱頭が出てない花に、のようで
やはりその方が蜜なり花粉なりが新鮮なのかな。


ウラナミシジミはマメ科が食樹で
昨年10月の「木津川探訪」では伊賀市でこんなシーンも。
36 uranami
36 uranami posted by (C)snowrun29
当然これは女子で、縞模様もすんなり、ですね。


とは言え、ウラナミシジミが越冬可能なのは
近畿でも和歌山や三重など太平洋に面した縁などで
それ以外は寒さで越冬できないという説もあり
だと伊賀市ですら無理なら、新潟の妙高山麓など。。南無涙ぽろり






最終更新日  2019.11.13 21:08:09
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1277件 (1277件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.