1950887 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とりどりみどり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

プロフィール


snowrun29

カテゴリ

お気に入りブログ

ムスカリの球根の植… New! wildchabyさん

急な植え付けの土づ… New! グリーンブレーカーズさん

急な植え付けの土づ… New! 松下一郎さん

3泊4日北陸旅行:日… New! 天地 はるなさん

弘法山ハイキング … New! 4820さんぽさん

コメント新着

snowrun29@ Re[3]:桂川探訪スタート☆(10/04) nabeさん、こんばんは☆ 出かけていたので…
nabe@ Re[2]:桂川探訪スタート☆(10/04) snowrun29さんへ さくらであい館さんの主…
snowrun29@ Re[1]:桂川探訪スタート☆(10/04) ナベさんさんへ コメントありがとうござ…
ナベさん@ Re:桂川探訪スタート☆(10/04) 面白そうですね! 私も来週は、さくらであ…
snowrun29@ Re[1]:オニバスを見に☆5(09/01) オニバス満開さん、こんばんは☆ 神戸新聞…

フリーページ

全395件 (395件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 40 >

不思議な?系

2019.10.20
XML
カテゴリ:不思議な?系
駅前広場の線路沿い花壇に
見た事ないものが出現し
10月11日4
10月11日4 posted by (C)snowrun29
え、何これ


元々はイヌツゲの上に琉球アサガオが絡み、
その隙間から顔を出しているという
10月11日
10月11日 posted by (C)snowrun29
何ともカオス状態なのですが


この駅前のは誰の手になる花壇なのだろう





ツゲ、アジサイ、金木犀、サルビア、そして琉球アサガオ
ここまでは「絡ませてしまい、失敗したんやな」と思うけど
白い花が茶色になっている
10月11日2
10月11日2 posted by (C)snowrun29


5弁のこの花は半透明でなかなか美しい緑ハート
10月15日3
10月15日3 posted by (C)snowrun29


葉はツヤっぽくて、始めはツヅラフジの仲間かな?と思い
探したけどあちらは「6弁」
10月11日3
10月11日3 posted by (C)snowrun29


それで詳しい方にお尋ねして
「ツルムラサキ科のアカザカズラ」では?と。
滋賀会のKさん、ありがとうございます星
南の方では「オカワカメ」と言って野菜でもあるようですが


10月15日
10月15日 posted by (C)snowrun29
そんなものがどうしてここに。
しかもここ1か所だけ、、ミステリーですねずみ






最終更新日  2019.10.20 21:58:23
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.08
カテゴリ:不思議な?系
9月29日の「桂川探訪」スタート
京阪・八幡市駅から御幸橋・3川合流地点を見て淀城経由で
今日は羽束師橋まで歩きます。


淀城では環水平アークも見たけど
5 uzura
5 uzura posted by (C)snowrun29
このウズラカメムシも見て


そして京阪淀駅近くのこの「渡し跡」へ
42
42 posted by (C)snowrun29


この「一口村」が読めますか?
41
41 posted by (C)snowrun29
「いもあらい村」と読むそうですびっくり


この日の最高気温は32度炎
43人の参加の皆さんにしんどい方は無理せずに
この「淀駅」から帰宅されてもいいですよ、と申し上げたところ
この段階で4人の方が帰られましたが、
朝からそれ位暑い1日で、本当に無理は出来ません。


さて当時は「水の中」だった駅前を川の方に上がってゆくと
「納所(のうそ)」と呼ぶ辺り



…手前の「鳥せい」に思わず反応
中書島で有名な美味な鳥料理の支店なのですね。


納所というのは船から上がった物資が
ここで集められて、の現在の「税関」ですね。
46
46 posted by (C)snowrun29


47
47 posted by (C)snowrun29
雁木というのは新潟など雪国で見る雪を避ける軒
そんな風に並ぶ船着き場と言う事らしい。


ここから「古淀城」のあった辺りへ
49
49 posted by (C)snowrun29
古い町並みの向こうに桂川の堤防が見える


52
52 posted by (C)snowrun29
「妙教寺」はその古淀城の一角にあったらしく
柱などに「鳥羽伏見の戦」の際の「鉄砲の弾跡」などもあるとか。
さて中に入ってみましょうねずみ






最終更新日  2019.10.08 23:53:48
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.07
カテゴリ:不思議な?系
木津川探訪ゴールを受けて
9月29日に「桂川探訪」スタート
この日は京阪・八幡市駅から3川合流地点の御幸橋を通り
「距離標0」地点より淀城を目指します。


2回目の下見の際には
3 環水平アーク.1042
3 環水平アーク.1042 posted by (C)snowrun29
この環水平アークも出ていて青ハート
桂川探訪も「吉兆やな」と思った次第


33 淀城
33 淀城 posted by (C)snowrun29
下見の4月時は流石に「桜」のお堀


現在の淀城は「徳川家康」が江戸時代に築城したもので
この後、北へ500m程の淀君が住んでいた古淀城近くへ行きますが
まずはこの城を歩くと
35
35 posted by (C)snowrun29


淀は「与渡津」(淀の港の事)と呼ばれ
古来より都に海産物等の荷を陸揚げする一大集積地で
34
34 posted by (C)snowrun29
その船着き場としての「雁木跡」


今は石垣と堀だけ残る城址公園となっていますが
40
40 posted by (C)snowrun29
ここは稲葉正成(春日局の主人)等のお城だったのですが


37
37 posted by (C)snowrun29
今は「櫓跡」しか…。


この堀の隣を京阪の特急等が通過してゆく
39
39 posted by (C)snowrun29


5月の下見の際には
4 uzura
4 uzura posted by (C)snowrun29
このウズラカメムシも居て


何とも可愛いほのぼの感
5 uzura
5 uzura posted by (C)snowrun29
流石に9月下旬ではもう…でしたが
では「古淀城」経由でまた桂川へねずみ






最終更新日  2019.10.07 00:00:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.01
カテゴリ:不思議な?系
地元駅前の街路樹の道
9月20日3
9月20日3 posted by (C)snowrun29
歩道の端にはサツキが植栽されていますが
そこからニョキニョキとエノキがエノキが…いなずま


ほらほら
9月20日
9月20日 posted by (C)snowrun29


ほらほら
9月20日6
9月20日6 posted by (C)snowrun29


ここはH百貨店横の歩道で
9月25日
9月25日 posted by (C)snowrun29
画面左奥がバスターミナル。


この歩道の端っこから見たらこんな感じ
9月25日3
9月25日3 posted by (C)snowrun29
ずらり並ぶ街路樹はトウカエデ。


こちら側のこの1筋分、数えてみたところ
トウカエデは22本
足元のサツキから出て来る実生エノキは
大雑把に数えて54本程。


近くにエノキの木はなく、何でこんなに?と。
街路樹のトウカエデを毎晩「ムク達」がねぐらにし
その数が半端ない数字なので、
朝の「落とし物」も酷いものですが、原因はそれ?


ここは夕方になると
9月25日4
9月25日4 posted by (C)snowrun29
続々とムクたちが。。いなずま


こんな感じで街路樹から街路樹に飛びまくる
9月25日6
9月25日6 posted by (C)snowrun29
(バスの中からの、でボケボケすみません)


ここではかつて初夏に急な夕立で
街路樹からムクが千羽とか落ちて亡くなった事が。
突如の強い雨で低体温になったから、と
当時ニュースになってましたが、それで減るかと思ったけど全く…。


あのムク達がどこかで食べたエノキの実を
ねぐらの下に落としてのエノキ実生なのかと。
「落とし物」とこのエノキ実生みたいな事はきっと各地の駅前で、と。


鳥のお腹を通過した実は発芽しやすいと聞きますが
他の樹種の実生はここまで見かけません。
それもまた不思議ですねずみ






最終更新日  2019.10.01 21:07:27
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.26
カテゴリ:不思議な?系
シラヒゲソウに逢えました
52 sirahige
52 sirahige posted by (C)snowrun29
めちゃめちゃ嬉しい緑ハート


と言う事で何枚かどうぞ
16 sirahige
16 sirahige posted by (C)snowrun29
3個イチの「黄色い」は「仮オシベの腺体」


55 sirahige
55 sirahige posted by (C)snowrun29
こちらは花が終わったとこのもの。


これから咲く蕾はこちら
50 sirahige
50 sirahige posted by (C)snowrun29
解けつつありますね。


無事に咲いててくれてありがとうです
20 sirahige
20 sirahige posted by (C)snowrun29



シラヒゲソウはウメバチソウ科同属の多年草
花弁の周りのもじゃもじゃが「白い髭」に見えての命名でしょうね。
ウメバチソウ科となれば「5数性」かと思うのに


何でか「実」は4数性…びっくり
こちらが以前、天生湿原で見た「実」
「5角形」の中に4つの凹み




面白すぎる「実」と「種」ですね。
今回、柱頭の先端が「4」になっているのがこちら
49 sirahige
49 sirahige posted by (C)snowrun29
その下の子房かなと思うとこ
この後、どういう道順で?と不思議ですねずみ






最終更新日  2019.09.26 20:09:16
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.17
カテゴリ:不思議な?系
9月上旬の信州で見た花達
94 azuma
94 azuma posted by (C)snowrun29
アズマレイジンソウ


キンポウゲ科トリカブト属の多年草
300 azuma
300 azuma posted by (C)snowrun29
この色の何と美しいこと緑ハート


また不思議なこの花の形
73 azumareijinso
73 azumareijinso posted by (C)snowrun29
雅楽の奏者「伶人」の冠の形に似ているからとか。


レイジンソウと言えば
栂池で見た白っぽいオオレイジンソウ
121 reijinso
121 reijinso posted by (C)snowrun29
これしか知らなかったのですが
まだ見た事のない無印「レイジンソウ」も淡い藤色からピンクらしく
「オオ…」が黄色から白なのか。。


淡い藤色というかピンク系ならこちらも
303 miyama
303 miyama posted by (C)snowrun29
ミヤマモジズリ緑ハート


ラン科ミヤマモジズリ属の多年草
64 miyamamojizuri
64 miyamamojizuri posted by (C)snowrun29
何と可愛い花でしょうか。


またこちらもランでミヤマウズラ緑ハート
173 miyamauzura
173 miyamauzura posted by (C)snowrun29
ラン科シュスラン属の多年草。
モジズリとは「ネジバナ」の事で花がらせん状に付く。


花弁にも細かい毛が…びっくり
162 miyamauzura
162 miyamauzura posted by (C)snowrun29


葉の模様もいい感じで、個人的には好みですね緑ハート
174 miyamauzura
174 miyamauzura posted by (C)snowrun29
この模様がウズラの羽の模様似らしいけど。


なお、近くに在ったこちらは
218 ezosuzuran
218 ezosuzuran posted by (C)snowrun29
これまたラン科カキラン属のエゾ(アオ)スズランの「実」
これまた不思議な形状ですねねずみ






最終更新日  2019.09.17 20:44:47
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.10
カテゴリ:不思議な?系
今年もこの白い実に出会いました。
35
35 posted by (C)snowrun29
嬉しいなあ緑ハート


もう1枚
37
37 posted by (C)snowrun29


今年はかなりの実成りの年のようで
31
31 posted by (C)snowrun29


ここは9月上旬の湖東の河畔林
毎年この時期、研修スタッフで参加してますが
この白いゴンズイに出会うのが楽しみの1つ緑ハート


同じ日でもまだ「ぱかっ!」と割れてない実もあり
13
13 posted by (C)snowrun29


少しだけピンクがかってもいますが
11
11 posted by (C)snowrun29


本来は勿論赤いのが普通
gonzui
gonzui posted by (C)snowrun29
こちらはご一緒させて頂いたMさんにお借りしたもの。
「赤と黒」の2色効果で鳥を呼ぶのに
「白と黒」ではその効果の程は‥ですが。


でもこれ上矢印でも普通のよりは色が薄い気もしますが…。
画像を探して4年前の別場所のをどうぞ。





ここは何か不思議な土地なのかも?ですが
こうしてまた今年も見れて
暑い中、嬉しい事でしたねずみ






最終更新日  2019.09.10 22:24:59
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.04
カテゴリ:不思議な?系
今日、ご近所の門の前で
9月4日5
9月4日5 posted by (C)snowrun29
おおお、これはびっくり


こちらの門の前にヤマボウシの木があり
8月29日
8月29日 posted by (C)snowrun29
8月末の大風が吹いた翌朝、実がこんなに落ちてて。


なので「実」を食べに来たのかな?と思ったら
9月4日3
9月4日3 posted by (C)snowrun29
あらら、2匹いますやんびっくり


お取込みちうだったとは雫
9月4日4
9月4日4 posted by (C)snowrun29
ハナムグリの仲間ですよね。
シロテンハナムグリかな。


今日も見上げたらこの様子
9月4日
9月4日 posted by (C)snowrun29
ハナムグリも樹液とか舐めに来るそうだから
落ちてた実も大分経過して「発酵」してたとか?
そこに女子が来たところを、なのかな。


ところでヤマボウシは樹上でも完熟はめちゃ甘い。
これは4年前の湖西の山での‥甘かった黄ハート





ご近所のヤマボウシ
実成が良すぎて1個1個が小さく硬そう。
なので私は…ですが雫






最終更新日  2019.09.04 22:10:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.26
カテゴリ:不思議な?系
8月半ばからのバス停前の光景ですが
「長いもの」が苦手な方はどうぞご注意ください!!
大丈夫な方は下矢印をスクロールお願いします。


































ではではこの辺で。
雨上がりの朝、シマヘビがお亡くなりになっていました。
8月11日
8月11日 posted by (C)snowrun29
これはびっくり。
しかも「アリ」が群れているし…びっくり
いやいや、君たち、幾ら頑張ってもサイズが違いすぎるし。


一体この蛇は?と詳しい方にお尋ねしたら
シマヘビの幼蛇でしょう、とのこと。
ありがとうございます星


ここは幹線道路沿いのバス停前ですが
8月11日3
8月11日3 posted by (C)snowrun29
丘陵地帯を開発した際に、谷と雑木林が少し残ったのでか
その一部が公園になっています。
(金網の向こう、真ん中下辺りに蛇が見えるかと。。)


公園の端に「入ってはいけない!」空き地があり
そこがいつも草ぼうぼうなので
公園と奥の谷や雑木林とつながっているのでしょうが
蛇は初めて見て、居たんや~と雫
ミミズは雨上がりに歩道でよくお亡くなりですが
そういうのを餌にしてたのでしょうか。


草ぼうぼうなので虫も多く、私にはありがたいのですが
きっと誰方かが市役所に文句を言ったのでしょう雫
5月にこんな不細工なことになりました。
5月27日2
5月27日2 posted by (C)snowrun29
この地に来て25年程、初めて見たこの光景。
これには「いなずま」でしたが。


その被覆した布の水たまりでお亡くなり。
…まぁ前夜の雨で何かが、でしょうが
それでもバス停前なのでその後も見れるので
8月20日2
8月20日2 posted by (C)snowrun29


台風でか?場所が若干移動してますが
少しずつ減って来てますね。
8月23日
8月23日 posted by (C)snowrun29
一体誰が齧っているのだろう。。


8月24日
8月24日 posted by (C)snowrun29
金網があるので手出しは出来ず、金網の菱形の隙間からズームです。


そして今朝の様子
8月26日
8月26日 posted by (C)snowrun29
微妙に少しずつ短くなってゆくけど…。
とりあえず途中経過でしたねずみ






最終更新日  2019.08.26 22:00:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.13
カテゴリ:不思議な?系
7月下旬の信州・白馬村
1日目は白馬岩岳の「ネズコの森」を歩いています。


標高1200程の、岩岳山頂は
片道1時間程のコースに道が整備されています。
そこで見たこのギンリョウソウ
12
12 posted by (C)snowrun29
既にもう「実」になりつつあるびっくり


ギンリョウソウはまだ出始めの頃はこんなで
(これは数年前の秋の別場所のもの)





そこからどうここに変化するのか、と思ってたら
真ん中のブルーの部分が変化するにしても
60
60 posted by (C)snowrun29
この1番外側のガクみたいなのは元花弁かな。


これは初めて見たような
61
61 posted by (C)snowrun29
面白い緑ハート


ギンリョウソウはツツジ科ギンリョウソウ属の多年草
日本全土の山地の湿った場所に生育し
葉緑素を持たず、光合成をせず、
樹木との間に外菌根を作る菌類に寄生して
菌経由で樹木の栄養分を貰う「菌従属栄養植物」


花はマルハナバチに受粉させて貰い
この後、黒い「液果」になるのですが
今回見たのはその途上のものらしい。
黒い液果はモリチャバネゴキブリと共生で
果肉を提供する代わりに種を散布して貰うのだそうです(こちら


そしてこの近くでこれまた良く似たこちらも見て
58 syakujo
58 syakujo posted by (C)snowrun29
シャクジョウソウでしょう。
ツツジ科シャクジョウソウ属のやはり「菌従属栄養植物」
この一瞬「馬」みたいな姿、そう出会えないので嬉しいです緑ハート






最終更新日  2019.08.13 21:14:45
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全395件 (395件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 40 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.