148214 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ウェブコミュニティについて思う

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

バックナンバー

2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03

コメント新着

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
2016.07.02
XML
カテゴリ:コミュニティ全体
日経コンピュータ2016.06.09号 に働き方イノベーションForum2016 Reviewの中で、トリドールの特別講演も掲載されていました。

「丸亀製麺」の成長を支える社内SNS活用術というテーマで講演。

全国に分散する店舗従業員との連絡/情報共有体制の強化を目指し、社内SNSの導入。

導入フェーズと拡大フェーズに分けてプロジェクトは進められた。経営トップ自身も使うことで社員の興味喚起を目指したという。
拡大フェーズでは、管理職クラスの利用促進に取り組み、管理職が携わるプロジェクトごとに専用の情報交換スペースを作成し、社内SNSを活用。

社内で共有される情報量が3倍に増加!資料もすべてSNS上で共有することで、会議数も大幅に削減できたと。


また、日本ヒューレット・パッカードのアイデアエコノミー時代を勝ち抜くための手段として、エンタープライズソーシャルの活用を提唱した。アイデアを素早くビジネスに結びつけるには、コミュニケーションの活性化、人材の活用・維持を実現する働き方にする必要がある。そこで、日本ヒューレット・パッカードでは、「Connect Now」というコミュニケーション基盤を構築し、社員30万人をつないでいる。

大規模な資本がなくても、アイディアで新商品が作れる時代。人がたくさんいる大企業では、その多くの人を結びつけることが、多様な新商品を世に出してくれるのかもしれません。






最終更新日  2016.07.02 15:14:12
コメント(0) | コメントを書く
[コミュニティ全体] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.