217057 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ど田舎に棲む

産み分けの理由その3

ワタシ達のまわりに何故か多かった、男の子二人の後に女の子を授かった家庭。
親しくしている中だけで6軒。
いやワタシが欲しいと思っていたから余計に目に付いたのかも。
『やっぱりね、可愛くってしょうがないよ。』
『うちのダンナなんてメロメロでさ~~~。』
なんてのを聞くと、無性に欲しくなる。お兄ちゃんたちもまたこの妹をよくかわいがるんだな。
その様子がとってもほのぼのしてて・・・

とうとうその思いを実現したいと思わせたのが、友達のB夫婦。
男の子二人を産んだ後、産み分けを研究したと言う。
そして生まれた女の子を、よその子には全然関心を持たないうちのダンナが抱いた。

プチン

↑ダンナの中で何かが弾けた音。(ポヨン、だったかも知れない。)

その後ワタシ達が何を話し合ったのかは詳しく覚えていない。
だけど二人一致したのはこの結論。

産まないで後悔するより、産んで苦労したい。

そしてプリンセスの名前が決まった。
(どうも形から入るワタシら・・・)



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.