075632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

蕎麦あずま 蕎麦人利茶のブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

蕎麦人利茶@ Re:能登半島一周ツーリング(05/10) ありがとうございます。 昨年はお世話にな…
元中田売店@ Re:能登半島一周ツーリング(05/10) ツーリング、元気ですね、奥飛騨にも来て…
藤原鎌足@ こんばんは 本日は、お疲れ様でした お店に伺います V…
大名草庵@ Re:今年もよろしく!(12/28) あづまさま 新年明けましておめでとうござ…
大名草庵@ Re:冬季限定!!(11/22) 美味しそうですね~ 写真見るだけで、よだ…

Freepage List

Headline News

2017.09.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
お待たせしました、北海道幌加内北空知よりとれとれの新そば入荷いたしました。

昨年の玄そばは収穫からおおよそ一年経過しておりましたが冷蔵保存状態が完璧なので

味・香り・等の安定した十割蕎麦をご提供出来ていたと自負いたしておりますが新そば

入荷時に昨年分の在庫は消費し現在はいち早くオール新そばに切り替わりました。

新そばの色彩や香りとのど越しを含めた食感を是非ともお楽しみいただきたく思います。

          















自家菜園のそばカイワレもたっぷり育っていますよ、ルチンを置く含んだそばカイワレ
を蕎麦料理に添えています当店独自の蕎麦メニューでお客様の健康に応援致します。

例えばこのようなメニューはいかがですか。

  
ぶっかけカイワレ蕎麦            鴨ネギ焼き

   
そばカイワレそば               とわり更科そば



新そばの蕎麦打ち工程のこね作業を終え次の丸出し工程が完成し、これからのしに入ります
そば粉の量は3KGで直径約80cmの円にのします。


次は円を四角形にのし棒一本で真四角にします。
大理石の一枚板ののし板と自作の金属パイプを加工したのし棒で均等なお蕎麦の厚さを
求めそば打ちに携わっています。



幅を約1メートル、縦に2,5メートルほど今度は1,2mm位の厚さにのします。
そして折り畳み、特許登録の駒板を使い特許登録のまな板の表面に花粉を均等に敷き
折りたたんだそばの麺帯をそっと寝かしつけてそば切りに移ります。


専門的になりますが駒板の1cmほどの出っ張りが花粉を均等に敷いてくれます。
そしてそば切りに入ります


まな板表面の上下2本の線状が特許です、どのような効果があるのかお考え下さい。

新そばと蕎麦あずまのそば打ちの簡単な紹介でした。

蕎麦あずま スタッフ一同ご来店お待ちしております。

19月9日 体育の日 月曜日定休日ですが 営業いたしますよろしくお願いします。






Last updated  2017.09.27 17:53:47
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.