221920 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

発達障害者である専門職のブログ

2019.03.14
XML
テーマ:芸能ニュース
カテゴリ:時事問題
​​​​​​
3月12日、俳優・声優・ミュージシャンのピエール瀧さんがコカイン使用の容疑で、麻薬取締官によって逮捕されました。

尿検査で麻薬使用反応があり、本人も容疑を認められているそうです。


「アナと雪の女王」の和ませキャラ「オラフ」から、、、
北野武監督映画では凄みのある極悪なやくざまで、、、

非常にマルチな活躍をされて、日本の映像メディアの要 … [続きを読む >>]





Last updated  2019.03.14 11:17:11
コメント(1) | コメントを書く



私は社会福祉士・精神保健福祉士という相談支援専門職者であり、2014年10月にADHDと診断を受けた発達障害者でもあります。

行政委託の相談窓口で勤務していましたが、発達障害について調べるうちに自分自身が発達障害である事に気づきました。


その様な自己覚知の中から2015年3月末で退職し、自身の障害受容と自分らしく生きるリカバリーの道を目指しました。

2015年4月より、精神保健福祉士の学校に通い勉強をしながら専門職と当事者の視点で発達障害者支援の情報を集め、当事者として様々なサービスを利用していきました。
精神保健福祉の勉強を進める中で「精神障害」の中にある「発達障害」という概念を理解し、他の精神疾患との近似、合併、診断名との誤差がわかることで、更に自分の障害受容が進みました。
2016年、無事に精神保健福祉士の国家試験に合格しましたが、障害当事者の支援者(ピアスペシャリト)としての働き方を模索した結果、既存の医療・介護現場では受け皿がないことを痛感しました。


現在は障害をクローズにして行政の相談支援で精神保健福祉士として働きながら
ピアスペシャリトとしての独立を目指しています。


これからの動きは、新サイト「Professional independence with  neurodiversity value.(発達障害者である専門職のindependence)」にて以下のバナーからどうぞ。



その後、2年間の専門職としてのクローズ雇用、PTA会長みたいな大冒険と大やけどの記録。「発達障害者である専門職のRE]でさらしています。行政相談員、児童指導員としての現場経験を加えて、実践的な発達障害支援の情報を発信しています。







未だ社会的理解や制度な不十分な「発達障害者支援」に対して
・公的(フォーマル)支援制度の現状
・民間などインフォーマルな制度の実態
・不足している事
・どの様な支援の方法が必要であるか
などを考えて、大人の発達障害者が暮らしやすい道をつくる為の仕事をしたいと思っています。

また、公的な支援機関ですら情報が一本化されていない現状を知り、集めた情報をまとめてこのブログ上で公開していきたいと思っています。

上記の公的機関情報について訂正です。
ブログが開設した時と違い、発達障害への社会的認知と、行政側の配慮、情報の統一が進みました。

厚生労働省のサイト内容も、全国の支援情報が網羅されて社会的支援につながれる窓口となっています。

皆様の情報お待ちしております!!

※「障害」の表記について
当初はタイトル名なども「障碍」と表記しておりましたが、あまり一般的ではなく、検索ワードの上位にひっかからない為 法令などの表記も「障害」と統一されている為に当ブログでも、その表記に統一させて頂きます。


Copyright © 2015年 peer speciarist take All Rights Reserved.









PVアクセスランキング にほんブログ村






PR

Freepage List

Free Space


<発達障害者である専門職のインディペンデンス>







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


_blank" rel="nofollow noopener noreferrer" style="word-wrap:break-word;" >

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.