049057 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ソシオネット

PR

Profile


蛍示絵(ケイジェイ)

Freepage List

2010.08.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
天下のオオバカ三人男が、ますます日本をだめにする。それでいいのか、指をくわえて民主党代表選を見ているだけでいいのか?

 今日26日、鳩山由紀夫前総理はロシアに出かけ、ベネジェフ・ロシア大統領に会い、北方領土解決の足がかりをつけようというのだ。その前に、小沢一郎が鳩山氏に会い、自分の代表戦出馬の意思表示をするらしい。それは、そうだろう小沢一郎氏の側からいえば、昨25日夕方の「菅・鳩山会談」で、鳩山氏が菅氏に挙党体制のための(小沢一郎氏への)配慮を行ってほしいという要請に、菅氏は自分は小沢一郎氏に会談の申し入れを行っているのに無視されたままであるので、非があるのは小沢一郎氏側だ、とのべたとのこと。菅は大馬鹿者だよね、それこそ仙石由人官房長官使者に立て、三顧の礼を尽くしてしかるべきであろう。それができないというのでは、9月14日の代表選は菅vs小沢の一騎打ちやむなしである。

 かりに小沢vs菅の一騎打ちになれば、(僕は小沢が勝つと読んでいるが)いずれが勝利しても、民主党の分裂は避けられないのであろう。それを読めないで、菅直人は世論は自分を支持しているので負けるはずがないと自惚れているのだろう。菅直人を国民が支持しているといっても、「積極的支持」ではない。小沢氏よりましだという程度のものである。小沢一郎が、ロシア出発前の鳩山由紀夫氏に代表選出馬の挨拶をするというのは、実質、菅直人政治スタイルへの先制攻撃の意思表示であろう。具体的には、小沢一郎氏は「景気、円高、雇用」対策に、内需拡大を意図した赤字国債発行を含めての積極的財政出動を表明することで、菅直人の「財政均衡」政策重視を批判することになるのだろう。

 小沢一郎という人物についての、僕の評価はたいへん「低い」のだ。なにか昨25日の「小沢一郎政治塾」の講演で、小沢氏は「レベルの低い政局の話ではなく」もっと高尚な話をすると切り出した。何かと少し期待していたのだが小沢氏は「米国人は単細胞、英国人はルール尊重」、それに比べて「日本人は付和雷同的だ」との、小沢氏からいえば「文明比較論」をぶったつもりだろうが、よせいやい「こんな話は、床屋談義というのだよ」。米国人だってピンからキリまで、英国人だって多種多様なんだよ。日本人だって、いろいろなんだよ。朝鮮半島や中国の親日本派の知識人は、異口同音に「日本人は個人では善意で礼儀正しいのだが、集団となると非人間的で残酷なことを平気でする」という。まさに、小沢一郎氏は個人的には「ハニカミやで、礼儀正しい」が、徒党を組むと「極悪非道なことを平気でする」男であると、日本国民であればみんなそのように思っている。つまり小沢嫌いが、日本人の多数派なのだ。もう一度いう、小沢一郎は下品下劣な男であると。こんな男に、日本の政治を任せたら、内外が相手にしないだろう。

 小沢一郎も、菅直人も、鳩山由紀夫ももっと普遍的な正義、言い換えれば哲学を持って、この日本の政治、日本の国を統治してほしいものだ。それは無理だろう。その点だけをとっても、欧米人も中韓国人も、政治家を志す人は「自己修行に」もっと真面目だよ。その点、永田町に巣食う日本の政治家は、党派・政策・宗教のいかんを問わず、みな付和雷同的で、政局志向人ばかりだよ。つまり、徒党を組まないと永田町では生きていけない政治的動物なんだ。とにかくレベルが低いよ。小沢も、菅も、鳩山も、みなそうだ。自民党だって、社共だって、公明・みんなの党も、みなレベルが低いんだ。これでは、グローバライゼーションの荒波の中で、日本及び日本人は泡のごとく消え去る運命にあるのかもしれない。






Last updated  2010.08.26 07:14:03
コメント(0) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

伊達@ 面白いBlogですね! 考え方、目の付けどころが凄いなと思いま…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
中野@ すげぇぇぇぇぇぇ!! ちょ!!なんか適当にやってたらマネーも…
どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.