104019 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

健康情報

アルツハイマー認知証ココナツオイル効果

アルツハイマー病による認知症状の改善にココナツオイルが注目され散る。
主成分の中鎖脂肪酸からできる物質、ケトン体に着目した食事療法をアメリカ人医師が提唱。
アンチエイジング研究で知られる白沢卓二・順天堂大学大学院教授は、
ガス欠状態となった神経細胞にケトン体が入ってエネルギーを作ると解釈している。


メルローズ バージン・ココナッツオイル 300g/メルローズ/ココナッツオイル(ヤシ油)/送料無料メ...
↑有名店ケンコーコムなので安心です。

ココナツオイルの紹介



ココナツオイルはココヤシの成熟した果実の種の胚乳から取れる油。
含まれる脂肪酸の多くが中鎖脂肪酸で、肝臓でケトン体に分解され、エネルギー源として利用される。
日本でも一部の百貨店やインターネット通販などで販売されている。

輸入・販売を手がけるココウェルによると食事療法が日本でも知られた結果、
同社が昨年販売した食用ココナツオイルが数量ベースで前年比約5.7倍と大きく伸びた。

主婦の友社は一月に実用書ココナッツオイルでボケずに健康を発行。
認知症状を改善するメカニズムやココナツオイルを使った彼ースープなどレシピに紹介している。

中鎖脂肪酸とは



飽和脂肪酸の一つで肝臓で分解されてケトン体(アセトン、アセト酢酸、βヒドロキシ酪酸の総称)が生成され、血液中に出される。
ココナツオイルの他、パームオイルや母乳、牛乳に含まれている。
一般的な植物油に含まれる長鎖脂肪酸に比べ、素早くエネルギーに分解される。
中鎖脂肪酸のオイルやパウダーを販売する「日清オイリオグループ」によると、エネルギーを効率よく取れるため、主に高齢者施設で食の細い高齢者らの食事に利用されている。


3個セットでお得!日本充填で安心安全のオーガニックオイル!世界最高級品質のミンダナオ島産を...

アメリカの研究結果では若年性



アルツハイマー病の認知障害について、ココナツオイル接種で改善する食事療法を提唱しているのが
アメリカの小児科医メアリーTニューポート医師だ。
若年性アルツハイマー病を発症した夫に食べさせたところ、4時間後の認知機能検査で改善が見られた。
やがて会話能力が向上するなど、夫の認知障害の進行を食い止めることができたという。

日本でも70代男性に食べさせたら4時間で効果が出たという例もあります。

以前紹介した記事の中でも、認知証に効果のある食べ物は、カレーやコーヒーなども上げられます。
他にも認知証の記事はこちらです。
認知症予防に算数、引き算しながら運動する
認知症予防の和風揚げ野菜カレーで冷え対策h
もの忘れ外来で認知症を治す、改善、悪化を止める病院を探す
認知症の予防を食う寝る遊ぶで改善、効果
若年性認知症とうつ病治療薬に効果がない時
アルツハイマーの薬と発展と進行と物忘れ外来、予防と治療のお話


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.