101186 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

健康情報

アルツハイマー薬と発展と進行と予防と治療

認知症患者の6割がアルツハイマー病です。
去年から新しい薬が認可されてアルツハイマー病の治療の幅が増えました。
金沢大学院 山田 正仁 神経内科医
アルツハイマー病は根本的に治す薬はありません。

薬とリハビリがアルツハイマー病の治療になります。
薬は認知機能の低下を遅らせる。
薬もリハビリも症状を遅らせることが重要です。
問題行動などを減らす。

●アルツハイマー病の発展と進行


たけしの家庭の医学 アロマオイル 天然精油100%TVと同じ配合比率のブレンドアロマオイル!天然...
↑認知症予防に効果のあるアロマオイルです。

アミロイドベータ蛋白溜まる
タウ蛋白溜まる
神経細胞が障害される ことで進行していきます。
  ↑
コリンエステラーゼ阻害薬 NMDA受容体拮抗薬
などの薬で進行を遅らせることができます。

●現在使われている薬は2種類ある

1.コリンエステラーゼ阻害薬
ドネペジル塩酸塩
NEW ガランタミン臭化水素酸塩
NEW リバスチグミン
 副作用 吐き気 下痢

2.NMDA受容体拮抗薬
NEW メマンチン塩酸塩
 副作用 めまい 眠気 頭痛 便秘

副作用を抑えるためには少量から始める。飲む量が決まるときっちり飲む量を守る。
患者さん自信が薬を飲めないなら家族、ヘルパーと協力する必要がある。

両方とも神経細胞に作用します。
1と2で作用する神経細胞が違うので効果や副作用に差がある。
3種類の薬が去年から認可が下りたことで試せる種類が増えた。


人気のココナッツオイルが大容量(550g)で登場!エクストラバージン ココナッツオイル(食用)...

●アルツハイマーの度合いによる薬の選択

患者にあった薬の選択

軽度 コリンエステラーゼ阻害薬

中度 コリンエステラーゼ阻害薬
中度 NMDA受容体拮抗薬
中度 2つの併用

重度 コリンエステラーゼ阻害薬 ドネペジル塩酸塩
重度 NMDA受容体拮抗薬
重度 2つの併用

認知症の人は薬を上手く服用できない、飲み込みに問題があり錠剤が飲みにくいならば、錠剤のほかに粉薬や、ゼリー、液体、張り薬などもあり、治療の選択肢が広がった。

●アルツハイマーの薬はいつから使う?

軽度認知障害から、認知症になる。
早い段階に使ったほうが、いい状態を維持できる。
高度認知症になる時期を遅らせることが出来る。

●なるべく速く物忘れ外来を

・問診
・全身の診察  ないか 脳神経系
・検査 認知機能 画像

MRIでくわしい画像 海馬の萎縮をしらべる。
スペクト脳の働き 色で後部帯状回の機能が低下するのはアルツハイマーの特徴。

脳脊髄検査というのがある。
脳脊髄液で蛋白の量をしらべる。


本人・家族のための若年性認知症サポートブック
●なんとか予防できませんか?

予防できる方法は確立されてません
最大の因子は加齢、持って生まれた体質、生活習慣病、
これがアルツハイマーにつながります。

食事・運動でアルツハイマーを予防する。
一日30分、1週間5日以上 蛋白が溜まりにくい。
運動は脳卒中などの血管の病気の予防に繋がる。
血管性認知症の予防にもなる。
アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

●これからの治療

研究は進んでいます。
現在 神経細胞を助ける薬
新しい薬は 蛋白の異常な量をとめる薬は開発中
根本的治療 開発中

アルツハイマー病の早期発見については、
アミロイドイメージングという検査がある。
アミロイド ベータ蛋白が溜まっているかわかる。
異常蓄積があるか検査して、早期に正確に発見し薬を投与するという未来がある。
アミロイドβが溜まって記憶障害が出るまで20年ぐらいかかる

今できる予防は生活習慣病を予防と。
できるだけ速く物忘れ外来などの病院に行くことですね。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】ワクチン鎖国ニッポン [ 大西正夫 ]



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.