104192 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

健康情報

物忘れは非アルツハイマー型高齢者タウオパチー?

●軽度認知障害と軽度の認知症の違い



65歳軽度認知障害 認知症の手前
その後、受診したかどうかで
73歳で中等度の認知症と軽度の認知症の差が出た

●軽度認知障害



正常と認知症の間のグレーゾーンの状態
記憶力など認知機能に低下がみられるが日常生活に支障はない
推定400万人、65歳以上の15%いると考えられる。
認知症の患者数は465万人、65歳の15%と言われている。
つまり、65歳で30%が認知症。

アルツハイマー病は認知機能が徐々に低下する病気。
軽度認知障害、認知症へ進行。
認知症原因の6~7割を占める。

アルツハイマー病は記憶をつかさどる海馬から萎縮。
進行で脳全体が萎縮。
物忘れ 認知機能低下
着替え食事など日常生活動作の障害
重度の障害になると立つ歩くも難しくなる。




●早期発見について



原因となっている病気、認知症の種類を突き止める。
早期の原因にあった対処をする
認知症の発症や進行を遅らせる。

●軽度認知障害による変化をチェック



物忘れが目立つようになった
仕事や家事の効率が悪くなった
なんとなく元気や意欲がなくなった
普段と違う出来事を嫌がるようになった
趣味から遠ざかるようになった
付き合いの範囲が狭くなった

ここで一休み、認知症のブログネタ大集合!

●軽度認知障害は治る?



原因となる病気の種類によっては治るが、アルツハイマーのような進行性の病気は治らない。
アルツハイマー病になると1年で10%、5年で50%以上が認知症へ進行する。
軽度認知障害の段階で受診して進行を遅らせるのが大事。

●非アルツハイマー型高齢者タウオパチー



海馬周辺から萎縮が始まる。
物忘れから始まる。
アルツハイマーではアミロイドベータ蛋白が溜まっている。
タウ蛋白が溜まる。
だが、非アルツハイマー型高齢者タウオパチーは、アミロイドベータ蛋白はない。
タウ蛋白は溜まっている。

高齢者の認知症の15%ほどいると考えられる。
ほとんどの場合アルツハイマー病と診断される。

●原因となる病気の治療が難しい場合



生活習慣病や食生活の改善
運動や趣味を続ける
人とのかかわり、社会活動を続ける




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.