2019年01月05日

金栗四三が後ろに手を振るのは袖を掴んでいたから

オリンピック
初マラソン選手であり、箱根駅伝の考案者であり、道頓堀のグリコのマークの元になった
金栗四三(かなぐりしどう)
(ノルウェーオリンピックでは消えた日本人との異名を持つ)

NHK大河ドラマいだてん
主人公
(タイトルのロゴが足の卍まんじで気持ち悪い)


[Rakuten BRAND AVENUE]【SALE/30%OFF】【FILA×ViS】裏毛ロゴロングパーカー ViS ビス カットソー【RBA_S】【RBA_E】【送料無料】

後ろに手を振るランナーフォーム。
子供の頃毎日6kmほど着物で通学で駆け足登校していたことから、
袖を使っていたんじゃないかと
NHKでやっていました。

次の大河も
西郷どんと同じで男くさいかんじ。
楽しみだなぁと思います。

熊本なのでくまモンも出てくるのか?


フィラ【FILA】メッシュデイパック

金栗の足の大きさは25.5cm
足袋で優勝
日本スポーツ界のために黎明の糧となってくれ
マラソンしていると足袋が破れ裸足で走る。
日本初のマラソン用足袋 厚手の布を3枚重ねてある。





TWITTER

最終更新日  2019年01月06日 17時15分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[医療ドラマミステリー映画小説漫画エッセイ] カテゴリの最新記事