000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SOG 乳房再建!

SOG趣旨と活動内容

SOGでは、「乳がんになったら、命と引きかえに乳房を失わなくてはならない」、「それで命が助かるのならば仕方がない」、そうした思いをした乳がん患者さんの、「毎日を前向きに勇気や希望を持って過ごしていきたい」、「女性としてもう一度自信を取り戻したい」、そんな気持ちを大切にしていきたいと考えています。『乳房再建』という方法によって、全てのことを仕方なく受け入れていた毎日や諦めの日々から、一歩踏み出すキッカケを掴んでもらいたいと願っています。

『乳房再建』は、乳がんの治療があり、その上に成り立つものです。単に乳がん罹患後に胸を取り戻したという形だけのことではなく、そこから先の人生を少しでも豊かに満足感を持って過ごして生きていきたいという女性にとっての「希望の光」でもあります。「女性が女性であることの大切さ」を「乳房」を通して感じ、『乳房再建』についての正しい知識と情報を、女性だけではなく、時には家族やパートナーにも届ける必要があると感じています。

私たちSOGのメンバーも、初めは乳がん治療に留まっていました。しかし、『乳房再建』という方法を知り、もう一度乳房を取り戻し、前向きに、そして、強く優しく素敵に歩んでいけることに気づきました。現在のメンバーのひとりひとりが、そこにたどり着くまでに情報を求め、人を求め、繋がりを求めました。そして、自然にネットワークが発生しました。これがSOGの活動の源となっています。

今、日本でも、多くの女性が乳がんに罹患し、乳房を失う、あるいは乳房の一部を失うことで悩んでいます。そうした女性たちに、『乳房再建』の正しい知識と最新情報を届けることによって、「そこから新しい何かが始まる」と感じてもらいたいと願っています。乳房再建は心の再建です。そんな思いを持ちながらSOGは活動しています。


〈活動スタイル〉
乳房再建を受けた元患者であるSOGメンバーが主体となり、講演会や交流会を開催しています。講演会では、医療従事者の講演、患者の体験談の発表、また、グループミーティングなども取り入れ、乳房再建に対する正しい知識や最新情報の提供を心がけています。また、交流会では、お互いの経験や思いを理解し、共有できるような楽しい時間を過ごし、ひとりひとりのQOL(Quality of life)の向上に結びつけていけるよう工夫を凝らしています。




© Rakuten Group, Inc.