180070 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

日記はこれから書かれるところです。

PR

Calendar

Recent Posts

Archives

2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11

Comments

renqing@ Re[1]:Administrators(10/04) 足踏堂さん >見る目を養う。自分の頭…
足踏堂@ Re:Administrators(10/04) renqingさん 櫻井よしこやみんなの党は…
renqing@ Administrators 櫻井よしこ的なマスコミ・シボリック・エ…
足踏堂@ Re[1]:◆村山富市の再評価◆(10/04) renqingさん 大変ご無沙汰しております。…
renqing@ Re:◆村山富市の再評価◆(10/04) ご無沙汰です。 上記、同感です。 デ…

Category

2005.10.04
XML
改革ファシズムを止めるブロガー同盟」に参加表明する。

政治的立場は若干違うものの、俺は「世に倦む日日」さんの呼びかけに参加することを決めた。

■これでも少しは迷ったが、ふたつの危険を念頭に置いて、参加決断した。

・ひとつは、これから4年間の「ネオリベ改革」において、政治暴力的犠牲者が確実に生じる危険(自殺者の増加、またある種の国家的戦闘犠牲者も出るかもしれない)。

・いまひとつは(これが最大の懸念だが)、「平凡なる政治家」小泉(あるいは次期首相)の支持率が低下し始めたとき、思わぬ反動政治が待っている危険である。


■昭和初期の問題は、昭和恐慌と大衆の政治不信が重なったことであった。

五・一五事件に対しては、当時の一般世論は加害者に同情的だったという。
これを逆に考えれば、政治家不信の世相が事件を後押ししていたとみることもできよう。

この頃を振り返って吉田茂は「変調をきたしていった時代」と評した。

こうした大きな反動が来ないように、多くの語られるべき言説を、しっかりと公的ディスコースにのせることが必要なように思う。

多くの意見が政治に届けられる道をつくらねばなるまい。


■今、政府は情報操作をしている。

こうした運動(ムーブメント)が実効性を有すると思えるのは、言論活動の保障(つまり意思形成過程への参加)を政府に迫れる可能性があるからである。

現状、政府は、いくらかの点で世論操作(manipulate)している。

・議席を減らさずに増税を行うために、「大増税」をまずアピールしている(後で、「これくらいならいいか」と思わせるため)。

・アメリカの要請に応えて軍隊を派遣できるように、「無説明」に「改憲」の風潮を作り出そうとしている。

・アメリカ利権を引き込むために、「改革」という美名で、国民の生活基盤の掘り崩しを行っている。


■高支持率のうちはいい

平凡なる政治家が怖いのは、支持率を失い始めるときである。間違ったことを思い切ってやってしまう可能性がある。
ヒトラーがユダヤ人虐殺を始めたのは戦況が悪化しだしてからだった。大本営が嘘の発表をしだしたのは戦況が悪化しだしてからだった。

枠に嵌って本当のことを言えなくなったときが怖い。裸の王様化が怖い。
小泉でも、それを引き継いだ奴でも同じことだ。

言えることは、今からそのことを考えておかなければならないということだ。

しっかりと国民全体から、それぞれの生活基盤に根ざした言論を、公的な場に出すこと

そのために、いま「大同団結」が求められている。


自分たちの生活を守れ!参加を!





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2005.10.08 17:49:48
コメント(4) | コメントを書く
[政治あるいは自由論] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.