000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日記はこれから書かれるところです。

PR

Calendar

Recent Posts

Archives

2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06

Comments

renqing@ Re[1]:Administrators(10/04) 足踏堂さん >見る目を養う。自分の頭…
足踏堂@ Re:Administrators(10/04) renqingさん 櫻井よしこやみんなの党は…
renqing@ Administrators 櫻井よしこ的なマスコミ・シボリック・エ…
足踏堂@ Re[1]:◆村山富市の再評価◆(10/04) renqingさん 大変ご無沙汰しております。…
renqing@ Re:◆村山富市の再評価◆(10/04) ご無沙汰です。 上記、同感です。 デ…

Category

2020.04.18
XML
ハンナ・アーレントは近代の空気を嫌った。
彼女は、古代ギリシアにおいて、

action、work、labor

の順であった価値体系が、近代においては転倒され、

labor、work、action

の順になってしまったことを嘆いている。

laborは、生存と繁殖という動物的目的のための活動だ。


ギリシアでの活動的生活において最高位にあったactionは、複数の人々の交わりの中から生じる無目的な空間に根差しており、予測不可能性という自由を保持していた。
善くいきるための活動だった。

workは、目的を持った活動であり、世に作品を残そうとする活動である。


アーレントが嘆いたのは、近代人たちが、ただ生きることをひたすらに求めて、人間の人間たる所以を放棄したように見えたからだろう。


今回のコロナ狂想において、そうした考えと近いものを持った者も多いはずだ。


同じ考えの医師のノートを。


https://note.com/hiroyukimorita/n/nf86e44f3e4dc?fbclid=IwAR0dQ_752JZkzI91-RZZDQzCU8L6THkRGH8xApOz-oLhFfNWIZqR68iwk2g









Last updated  2020.04.18 10:03:44
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.