000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日記はこれから書かれるところです。

PR

Calendar

Recent Posts

Archives

2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05

Comments

renqing@ Re[1]:Administrators(10/04) 足踏堂さん >見る目を養う。自分の頭…
足踏堂@ Re:Administrators(10/04) renqingさん 櫻井よしこやみんなの党は…
renqing@ Administrators 櫻井よしこ的なマスコミ・シボリック・エ…
足踏堂@ Re[1]:◆村山富市の再評価◆(10/04) renqingさん 大変ご無沙汰しております。…
renqing@ Re:◆村山富市の再評価◆(10/04) ご無沙汰です。 上記、同感です。 デ…

Category

2020.05.04
XML
1ヶ月ほど前に言いたいことはほとんど書いた。
今振り返って、結局予想が当たってた。

しかし時流の勢いが強く、「読めない」人たちに対して、多勢に無勢感が半端なくて、本当に諦め心地だった。

その間に、廃業した人々もたくさんいる。
補償も約束されずに、「自粛」を「強要」された人たちもいる。

本当に、おかしな事態だが、不安ウイルスに頭を犯された衆愚の民たちは気付かない。

自粛警察などという統合失調症予備軍が大量に現れているのも、社会に漠とした不安を政治屋たちが投げつけたからだ。


■前から言ってるけど、もう普通に溢れている

なんども指摘しているが、どうやったって集団免疫が一番確実だ。

スウェーデンがヨーロッパでは唯一の軸として集団免疫獲得を目指している国だ。
たしかに、現状の死者数は比較的に多い。
だが、このウイルスはあと10年は人類に影響を与えることを考えれば、長い目で見たときに、ヨーロッパ諸国で最も少ない死者数で終わらせたのはスウェーデンだということになる可能性は高い。

とにかく、目先のことしか見えない馬鹿は、政治には関わってはいけないと思うわけだ。

それはともかく、こちらも指摘してきたことだが、この神戸新聞の記事。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202005/sp/0013317630.shtml

4月の上旬には神戸市に4万人の感染者がいたというもの(公式発表は260人)。

慶應大病院での検査でもわかっていたことだが、東京や大阪・兵庫には、もう感染(済)者が溢れているに決まっている。

3月の段階で東京には20万人くらいはいるだろうと推計していたのだが、いまは100万はいるだろう。
「自粛」で医療機関を守ることには意味があるが、政治はもっと頭を使えることがあったはずだ。
目的は一義には医療機関を守ることであって、感染者を増やさないことはその手段でしかない。
そもそも、いま感染しなくたっていずれするのだから。(■非常事態宣言なんてもってのほかだ■から言ってきたこと。)


■経済を早く回せ

数字の読めない不安ウイルス感染者はともかく、これだけ廃業、失業が増えつつあるなかで、今の都知事の施策は本当に頭が悪いとしか思えない。

冒頭挙げた記事じゃないが、次の選挙のために人を殺しているわけで、本当に「控えめに言って、クズ」だ。

衆愚政治では、自分たちに苦痛を与える独裁者が人気を集めるというのは本当なんだな。

バカの集まりの国や地方自治体では、もっとバカな政治家が権力を握るわけだ。愚かしい。

数字の根拠も示さないで数理分析をするキワモノ研究者が北大にはいるらしいが、政治が、あんな外さないように構えた分析、を鵜呑みにして判断して良いわけがない。

それで首を括る人が増えてるんだから、これは控えめにいって、大量殺人者だろう。

先日の専門家会議の会見直後から、なぜに緊急事態宣言を出す必要があったのか、という声が多く聞こえるようになった。
再生産数がそもそも低かったことを認めたんだから当然だ。

アホが1匹、学校を止め、バカが1匹、経済を殺した。
大阪の方はもっとひどいバカがいるらしいが、まあ、大阪だからな。

というわけで、この人の分析。
https://www.landerblue.co.jp/50000/

まあ、どうして日本の重症化率は低いのか、というのはここでも何度か見てきたが、その仮説はともかく、重要なのはファクトのほうだろう。

エビデンスとはこういうものであって、勝手に変数を与えて行う数理分析などではない!

まあ、とにかく、日本だけがアジアでダメな政策を打った国だということは後世の歴史に刻まれて良いだろうと思う。

安倍や小池がバカなのだが、そして、そのリスクコミュニケーションの仕方が酷かったことがもちろん大きいのだが、それでも、そのバカを増長させたのは、やはりバカな国民であるという自覚を持っておきたい。






Last updated  2020.05.04 20:58:29
コメント(0) | コメントを書く
[政治あるいは自由論] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.