747801 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

フライブルク日記

南ドイツの環境・ソーラー都市フライブルクへようこそ!
二十年以上住んで、第二の故郷となったフライブルクから、日ごろ体験したおもしろい出来事、知人・友人たちのストーリー、考えたこと、思いつき料理などを気ままに不定期に発信します。生きるためには役に立ちそうもない話ですが、お暇なときに笑いながら読んでいただければ幸いです。
フライブルクはじめドイツの環境についても、新しいニュースがあればご紹介します。環境対策はこれまでいくつかの本でくわしく書きましたので、著書・訳書リストにある本も参考にしてください。


リンクはご自由にどうぞ。 自明のことですが、文章・画像の無断転載はご遠慮ください。いかがわしかったり暴力的な内容や宣伝目的のコメント・トラックバックもいただきたくありません。すぐに削除します。


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へにほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境情報へにほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
2017/08/27
XML
テーマ:食べ物あれこれ
十年近く前から、毎週、継ぎ続け、毎週焼き続けているライ麦サワー種。
混ぜるたびに、「ぬかみそに香りがそっくりだよな」と思っていた。
ぬかみそについて読んでみたら、やっぱり案の定、ライ麦サワー種で働いている菌も、ぬかみそで活躍する菌も、乳酸菌なんだな。
そんなら、ライ麦サワー種でも漬け物ができるはず。
米ぬかはこちらでは手に入らないので、ライ麦サワーでできるのなら、うれしい。

それで、物は試し、ライ麦サワーの元種を大さじ3杯分ぐらい取り出して、いつも継ぐときのように、ライ麦(全粒のあらびき)と水を足して、混ぜて一晩おいた。
塩をまずは入れなかったので、発酵が急速に進んで、もう乳酸菌の香りがいっぱい。
これに塩をどっと入れて(入れすぎた)、ためしにキュウリとダイコンのしっぽを入れておいた。

日中、30℃という暑さのせいで、半日でキュウリはまるで古漬けのようにつかった。しょっぱーい。
明らかに塩の入れ過ぎ。水で塩抜きをしたら、ちゃんと漬け物として食べられた。

糠どこには、ライ麦全粒のあらびきを足して、塩は足さず、またまたキュウリを入れて、今回は冷蔵庫に一晩。

言われなかったら、違いがわからないほど、ぬかみそ漬けにそっくりな漬け物ができた。

サワー種がすでに「育っていた」(発酵していた)おかげで、すぐに漬けることができたのがラッキー。

でもねえ、漬け物がを毎日食べるほどは、米を食べないので、糠どこの保存がむずかしそう。






Last updated  2017/08/27 06:35:25 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Calendar

Category

Comments

solar08@ ameliaさん あ、書き忘れていました。 元夫が当時、ネ…
amelia@ Re:運命を変えた「ネコの行動学」(06/06) 興味深いお話をありがとうございます。 ド…
solar08@ 竹中功さん 森の幼稚園が日本でも広がっているという…
竹中功@ みみずのカーロ 今泉みね子様 「蔵馬山→鞍馬山」の間違い…
竹中功@ 森の幼稚園(05/24) 今泉みね子様 突然のコメントの送付、失礼…

Favorite Blog

KIK家の気張らない主… ☆KlK☆さん
ぴかままのおうち pikachumamaさん
シイラのイブクロ シイラ♪さん
ふたりと三匹 mitsumineさん
二度あることは三・… かりん6159さん

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.