1661941 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本語教師のひとりごと Il soliloquio di una insegnante

Aug 20, 2008
XML
テーマ:香水(684)
やっぱりカプリもチェラミカの街。

かわいい看板にさそわれて、お店へ。

capri profumo 1


高級ホテルみたいな外観と

capri profumo 2


高級ブティックみたいな入り口。

capri profumo 3


でもね、中は工場みたい。

capri profumo 4


1380年にサン・ジャコモ修道院の神父さん記録したカプリの伝説。

カプリのきれいな花摘んで、お水に3日間入れといたら、お水がすっごくいい香りになったんだってピンクハート

これがカプリの香水の始まり。

1948年に、別の神父さんが、この香水の作り方を書いた紙見つけて、昔どおりの方法で作ってるのがこのお店の香水。

お店の名前の"Carthusia"は、"Certosa"修道院って意味なんだって。

昔ながらの方法で作られてるから、量にも限りがあって、貴重品。

capri profumo 5


男性用のコロンは、ソラーロ山で摘んだローズマリーの香り、女性用はカプリの野生のカーネーションの香りがベース。

なくなっちゃったから、買いに行かなくちゃ~







最終更新日  Aug 21, 2008 01:08:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
[カプリでヴァカンツァ◎] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

コメント新着

 ciami@ Re:maki5417さん New! 見るほうはイタリアらしくていいですけど。
 ciami@ Re:maki5417さん 2/23は、富士山の日だそうで。いろんな日…
 maki5417@ Re:へたくそな祭壇画の教会(02/23) あちらは雨でも干しっぱなしですね。
 maki5417@ Re:ねこの日のお楽しみ  Giorno del gatto(02/22) 2/22って、ネコの日なんだって。 知って…
 ciami@ Re:ひなの。さん 手触りがいいのは、今回実際に触ってみて…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.