000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

鶏が口だけでも飛び立ちます

PR

全856件 (856件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 86 >

カテゴリ未分類

2009.02.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
長い間、このブログを読んでくださってありがとうございました。

明日からこのブログでの更新はやめて、新しいブログで始めようと思います。
(とはいっても、2/1になっておりますけれど)

http://blog.shockby.com/

身分的にも、2/1よりまた0から再スタートをすることになりました。
これまでの生き方を修正して、新しいスタートを切るためブログも変えようと思います。

これまでのブログは、「起業で四苦八苦するところを包み隠さずに心情も含めて書き記す」というテーマでやっていましたが、趣を変えてみようと思います。



楽天ブログはお世話になったものの、このところの広告や無料サービスの有料化など目に余るところが増え始めていたので中断するつもりでいました。

他の無料ブログサイトをいくつか検討してみたのですが、Web関連の仕事をしている端くれとして自分で立てるのがベストだと思います。とはいえ、xrea.comというサイトで自分のサーバーでもなく、Wordpress というブログシステムで自分のプログラムではありません。

コンピューターの時代も、なんでも自分で揃えるという時代ではなく、ハードもソフトも、ネットのサービスもコモディティ化してきて、IT事業に関しても自力で何でもやるという時代ではないなと思います。

その中で、事業として新しい活路を見出せたらなと思います。
あらためまして、よろしくお願いします。







Last updated  2009.02.01 11:22:38
コメント(52) | コメントを書く


2009.01.30
カテゴリ:カテゴリ未分類


コンピューター関係の人は、Ubuntuというと、Linuxディストリビューションで有名なものの一つだと思っている。


南アフリカの人でベンチャーで大もうけをした若い人が、私財を投げ打ってディストリビューションを始めたということぐらいしか知らなかった。
私もLinuxを使うときは、第一にUbuntuを使わせていただいています。

ある人のブログを偶然知ることができて、その意味を知りました。


http://blog.canpan.info/ubuntu2008/



「お陰さまで私は生きています」


なんて素敵な言葉なんだろう。


日本語だったら、

おかげさま


だけなんだろうな。

ベーグル屋さんは、なんでこの意味を知っているんだろうか?
そして、コンピューター屋の世界でこの言葉が流通しているのを知っているのだろうか?


詳しくはここに説明があります。
http://www.easy-ubuntu-linux.com/ubuntu-african-word.html






Last updated  2009.01.31 00:11:03
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
やった、とうとうGmailそして、Google Appsメールにオフラインサービスが始まったようです。

私の場合は、英語版にしてLabsの設定をオンにしました(日本語版でもOKのようです)。その後、上にある、Offline(0.1)をクリックして、先に進めていくとメッセージをダウンロードするようです。最新の6ヵ月分のメールを、迷惑メールとゴミ箱にあるものを除いてすべてダウンロードするようです。

予め、Gears(Google)をインストールしておく必要があります。
http://gears.google.com/






Last updated  2009.01.30 11:25:11
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
楽天カードを持っていて、無料ということで楽天ETCカードを持っています。
楽天カードは年会費無料ですがETCカードは年間525円の会費をとるという連絡がありました。

あちこちで言われているように、規約変更の改悪で解約する人がかなり多いのです。だって他に無料のETCカードサービスはたくさんあるのです。ひょっとしたら1000円の高速道路休日割引で会員が増えるのを狙っているのか、そもそもETCカード自体で1000円ぐらいの原価がかかっているのでそれに耐え切れなくなったんでしょうか。

私も解約しようとして、電話機のプッシュ操作だけで解約手続きしましたが、本体の楽天カードまで解約してしまったんじゃないかとちょっと心配です。楽天カードの番号ではなく、ETCカードの番号を入力したんですけれどね。
「受け付けました」という確認のメールなどが欲しいところです。



タイトルに書きましたが、近々ブログを移転することになるかもしれません。

これまで楽天ブログのために以下のソフトを作ってきましたが、自分自身も移転をするとこれまでのバックアップとアンチスパムソフトを使わなくなるためサポートができなくなります。


以前は自社サーバーにおいていましたが、Google Appsに置くことにしました。今後はこちらをアクセスしてください(2009/1/27)

・楽天日記バックアップ
http://sites.shockby.com/software/rakutenblog-backup

・楽天ブログスパム撃退ソフト(コメント・掲示板一括削除)
http://sites.shockby.com/software/rakutenblog-antispam


移転先は、楽天のような無料ブログサービスを利用するか、自分のサイトにwordpressをインストールし利用するか、検討しています。








Last updated  2009.01.30 10:57:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日の朝3時頃、私の母方の祖父が享年98歳でなくなりました。

昨夜はお通夜で今日が葬式でした。祖父の家は岐阜県安八町です。名古屋から車で1時間半ぐらいの距離です。さほど遠くない距離で、朝から車で出かけました。

冬の一番寒い時期ですが、晴れ間が広がり伊吹山から吹く冷たい風もなく、ぽかぽかとしてコートも要らないいい天気でした。

私の父母や親戚が集まっておりました。
午後1時からの葬式です。早めに肉類の一切ない精進料理のお弁当をいただいて、待ちました。祖父母が老いて、私たちもそれぞれの家族を持ちそれぞれの人生を歩むようになってからは足が遠のいていました。数年ぶりにいとこにあったときは、みんな老けており、おいやめいも大きくなっていました。

親戚のほとんどは地元で生まれ育っておりますが、私の両親は名古屋に出てきており地元の人たちの交流はほとんどありません。母だけが地元の人たちとの交流があるぐらいですから、借りてきた猫状態だったです。

祖父はこの地元の農家の長男として生まれました。

祖父の兄弟は8人いますが他は女ばかり、祖父は4番目に生まれた初めての男の子だったそうです。小さい頃に丁稚奉公に出され、神戸で洋服商店で働いていたと聞いています。

祖母は小豆島の生まれでしたが、小さい頃母をなくしました。継母に育てられたので、女学校を出てから逃げるように神戸のお金持ちの家で子どものメイドの仕事をしていたそうです。

祖父がたまたまそのお金持ちの家に出入りして、祖母を見初めて結婚することになったそうです。祖父母は祖父の実家で生活をし始めました。祖母は岐阜の田舎の農家の生活に慣れず、苦労したそうです。祖父も農業は人に任せて、洋服を売る商売をしていました。田舎なのでお店を構えず、家から家へ廻って販売していたそうです。

私が小さい頃祖父母に会いにいくと、いつもにこにこして可愛がってくれたことを覚えています。母方の祖母は私が仕事をし始めたと16年ほど前に亡くなりましたが、祖母も細かいことを気にせずいつも応援してくれました。昭和50年に安八町が水害にあったとき、父母は会社を休んで助けにいきました。代わりに祖母がわざわざ知多に来てくれて、私と妹の面倒を1週間ぐらい見てくれたことを覚えています。

祖父が亡くなり祖父母の世代がいなくなって、世代が代わったことを実感しました。いづれ私や妻の父母が亡くなり、そして私や妻がいなくなっていきます。


おじいさん、長い間お疲れさまでした。
そして見守ってくれてありがとう。







Last updated  2009.01.29 13:50:18
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.27
カテゴリ:カテゴリ未分類

自転車好きの知人から、

「住んでいるのは名古屋市内だし、事務所まで自転車でいけば」

と何度もアドバイスをいただいたので、初めて事務所まで自転車に乗っていきました。


今日は昼から息子を名古屋大学病院へ連れて行かねばなりません。
(昨年までは月2回病院へ行っていたものの、コンサータが正式認可されたので月に1回で済むようになりました。Mさんと昼食をということがしづらくなってしまった。残念)
そのため昼過ぎに自宅に向かうので、外が明るく暖かいうちは乗りやすいですね。


朝8時過ぎに自宅を出ます。
私の自転車はないので娘の自転車を借ります。娘の自転車は折りたたみ自転車で車輪は20インチ。少し乗りにくいのです。

でも天気がいいので、ゆっくりゆっくりいきます。中高生の男子の自転車には抜かれるのですが、女子生徒にも抜かれ、サラリーマンにも抜かれます。
大きな道路にある歩道が広くて走りやすいのですが、排気ガスが多いので普通の細い道の方が私の自転車に合います。

できるだけ坂道を避けて、50分かからずに着くことができました。
距離は8kmぐらい。


帰りもルートは少し変えて、えっちらおっちら帰ります。
ぽかぽか陽気で風もほとんどなく、気持ちよかったです。

自転車で道を走ると、自動車とは異なる新しい発見がありますね。
さまざまな中小企業があり、そこで働いている人を見ることができます。
通学や通勤の人たち。たくさんの営業車。


これからも天気のいいときは自転車で行こうかな・・・・
でもお尻が痛い。足ががくがく。






Last updated  2009.01.27 23:20:46
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
仕事の同僚と飲んでいてこんな議論になりました。

「先日も銀行の統合に伴ってシステムの統合があった。土日にATMがとまって、月曜日から稼動といのに、早速とまってしまった。何で、同じ設計なのに、コンピューターはこんなにトラブルが多くて、車や飛行機は少ないんだろうか?」


私の仮説

(1) 設計の複雑性/設計・開発にかける費用 の 大きな方がトラブルが多い。

(2) 稼動による売上高・稼働率/運用費 の大きいほうがトラブルが多い。

(3) 設計・開発にかける費用は、製品の値段×数と相関関係がある。


(3)は製品の売り上げや利益の一定の割合として、製品の設計開発費用がかかる。
銀行のようなシステムは、オーダーメイドのようなシステムなので、1億円かかったとしても1つしか売れない。

一方、自動車は少なくとも数万台売れることを考えて設計しているのではないか?

売り上げを単純計算して、
200万円×1万台=200億円

その5%が設計・開発費だとすれば、10億円である。

しかもシステムに比べれば、すでになんらかの車を作っている経験がある上で、新しい車をつくっている。車輪が6輪ある車や毎回エンジンやラジエーターを0から設計しなおすようなことはないだろうか?

ちょっとこれはいいすぎであるが、コンピューターでの設計は新しい技術要素を入れることが多い。銀行の場合は古くて安定しているものを求められるので、配線のしかただろうなと思う。

飛行機の場合は、1機200億円として、1000台ぐらい作られるとする。
200億円×1000=20兆円

20兆円*5%=1兆円

単純ではあるが(1)は、コンピューターシステムより車や飛行機のほうが多くの開発費をかけているといえる。


そして設計の複雑性からいうと、コンピューターの基本ソフトは複雑で、その上で動くソフトも複雑である。ジャンボのボーイング747ではエンジンが4つあり、1つだけでもなんとか飛ばせるそうであり、内部では至る所で2重3重の対策が施されているという。パイロットも2人いる。

飛行機の(2)については、分母の運用費が大きな額になっている。

コンピューターの場合は、ホストコンピューターやサーバーと呼ばれるものは、24時間動きっぱなしである。稼働率は飛行機や車よりも長時間におよび、稼働率は長い。よって、コンピューターでは(2)の数字はより大きくなる。


車や飛行機を製造するという部品や工程、物理的な設計・開発などの考慮はせずに、量的な観点だけで述べてきた。


でもコンピューター関係の仕事をしていると、一番の問題は設計・開発に人的要素がたくさんかかわっていることかなと質的な問題があると思う。
車や飛行機はモノを扱っているので、設計が正しいかどうかはモノがテストで教えてくれる。コンピューターは教えてくれることもあるけれど、人的ミスが多くてそのミスをもらしがちだ。とはいっても、1000件や10000件あるうちの1件ぐらいなんだけれどね。


長くなったのでこのあたりで。
私もよくわからないので、えらい人教えて。








Last updated  2009.01.23 08:20:37
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
ここ数日モノがよく壊れるなぁ。
みんな壊れたらどうするんだろうか?

1.液晶テレビ(購入してから2年半)

1ヶ月くらい前から、テレビの調子が悪くなりました。

テレビはメーカー品ではなくて、イオンのショップブランド品 imazishの32インチ液晶のものです。

大型家電は高いので心配ですが、イオンが5年保障をつけているので信用して買いました。いまどきのテレビは、パソコンのように部品を購入して組み合わせれば作ることができるそうです。ここ数年の値下げ競争はその影響もあるのではないかと思います。


使い勝手についてはメニューなどすべて日本語ですし、きれいに映るので問題ありません。唯一の問題は、リモコンは赤外線のものですが、独自のものということでしょうか。DVDレコーダーは設定するとテレビも一緒に使えますが、その設定ができません。Wiiのテレビチャンネルも使えないというところが問題ですね。

それが、ときどき電源のLEDのオレンジ色が点滅します。
テレビを消しているときに点滅するのですが、点滅するとテレビをオンにすることができません。一度テレビをオンにできれば問題なく映るし、見えていたテレビが突然消えることもありません。

そして数時間たつと、いつの間にか点滅がなくなりオレンジ色の点灯の状態になり、普通にテレビをつけることができるのです。


イオンのワイド保証に入っているので、コールセンターに電話をします。
なかなか電話がつながらなかったけれど、どうにか繋がりました。手元にワイド保証の書類があるのですが、なぜかイオンに記録がないようです。名前や電話番号などから調べてもらったのですが、顧客情報はあるようですが購入記録がないようなんです。後日、担当からお電話をいただくということになりました。


しかし、テレビはDVDレコーダーやWiiなどの画面になっているので、使えないのは困ったものです。日曜日に出かけずに家にいるときは、やることがなくなりました。

私は本を読む、妻はパソコンでYouTubeの動画を見る、娘と息子は別々にインターネットにアクセスしたりゲームをしたり、ばらばらに静かな休日を過ごしているようでした。私は時間をゆっくりとすごせてよかったのですが、テレビってすごい求心力がありますね。

とはいっても、録画した番組を興味のあるメンバー(私と妻、妻と娘など)が見たり、Wiiでゲームをすることがメインで、今やっている番組を家族そろって見ることはないんですけれど。


2.石油ファンヒーター(購入してから7年)

三菱製の石油ファンヒーターで、このところ電源を入れたときに着火に失敗するようです。この石油ファンヒーターは、灯油をガスにして火をつけようとします。

オンにすると、ブルブルブルと小さな音を立てて、ドバァと火をつける音がします。うまく火がつくと、ファンの音と一緒に、小さくゴォーという音がして風が流れてきます。

でもそのゴォーという音がしません。20秒ほど経って、もういちどブルブルブルと音を立てて、ドヴァと音を立てます。2回目が失敗すると、F2という異常を表示して、ピーピーピーとアラームを鳴らします。

こんな感じで失敗します。何度やってもその繰り返し。


でもときどき、うまく着火して、ゴォーと音がすることがあります。
この時期はその音を聞くと、天国。

最近、その天国があまり聞けなくなりました。100%ダメというわけではありませんが、、

インターネットでその原因を探りました。
いろいろな意見がありましたが、どうやら石油フィルターが詰まったのかなと思います。

灯油がなくなったところで、以下のページを見て挑戦してみようと思います。
火が燃えるところをいじるわけではなく、掃除ですから。もちろん最初の着火テストは火の気のないベランダでやろうと思います。
http://motoweb.sugoihp.com/repair_1_1.htm


3.ノートパソコン(購入してから3年半)

東芝のDynabookの1.1Kgの軽いのを使っています。
メモリーも最初から大枚はたいて、1.2Gなので普通に使うには不満はありません。

でも、最近パソコンを電源をつけたままで移動するときに、止まってしまうことが頻発しています。エラー表示やブルースクリーンではなく、時間が止まってしまうんです。

パソコンで表示している時計も止まるし、マウスもキーも受け付けません。


ハードの異常なのか、ソフトの異常なのかわかりませんが、OSの再インストールを近々しようかなと思います。ただ今使っているアプリケーションやデータを退避して、再インストール後に復元しなくてはいけないので、尻込みしています。

新しく変えるというのが、大変なことだなと実感します。


#解決方法を載せているブログでなくてすみません。


追記:
1/19
パソコンはOSから再インストールしました。
別のデスクトップパソコンにデータを退避させてから、それから突然止まるということもなくなったようです。ハードディスクが振動を感知すると止まるようなしくみになっていて、それがシステムに影響を与えていたのかな。

石油ファンヒーターは今日は動いています。

イオンからは電話がありませんでした。もう1日待って電話がなかったら、クレーマーになってやろうかしらん。
着払いでテレビを送ったりして。






Last updated  2009.01.20 11:44:55
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
寓話を思いついたので書いてみる。




「あー、眠い。そろそろ寝ようかな。」

もう夜遅いので寝ることにした。
横になると、疲れが意識を吸い込んで、落ち込んでいくようだった。

翌朝までの7時間ぐらいは、2時間おきに寝返りを打ちながら夢を見るらしい。
しかし、誰も記憶にはないけれど、神さまとこういう話をしていることは知られていない。


寝て意識がしばらく経つと、あたりが白くなって神さまが現れる。
にっこり笑って、尋ねた。

「お疲れさん。今日はどうだったかね?」

「まあまあですかね。仕事はうまくいきましたか。メンバーに気になるのがいて注意をしましたけど。でも仕事が遅くなって、妻とはちょっと口げんかをしました。」と私は答えた。

「何か人のためにいいことをしたかね?」

「ん~、したともいえるし、していないともいえる。50:50かな。」

神さまは裁判官のように、
「いや、私が見たことはちょっと違うよ。ほら君のメンバーは、君に良かれと思って意見をしたんだよ。君のために言ったんだ。しかし君は感情的になって、権力をかさにきて反抗した。点数をつけるとマイナス30。

でも一方で君はその仕事に尽くしているところもあり、みんなのために成果を上げていることもある。そのことについては君はプラス20かな。

奥さんについては、奥さんの気持ちを落としてしまった。マイナス10かな。

他にも、、、、、、」


神さまの話は評価は続いた。今日は、結局マイナス10ぐらいで落ち着きそうだ。

毎日、プラスになったりマイナスになったり、小さな変動が続く。
いつになったらプラスを貯めて天国へいけるんだろうか?

世の中にたくさん貢献した人は、こうやってプラスを貯めて、天国へいけるんだろうなぁ。


そうだ、大事なことを忘れていた。

私たちの身体はレンタルされているんだった。

明日の朝までに、「身体をレンタルしなくてもいいよ」と神さまに告げれば、契約終了でもう人生を終えることができる。毎日の奉仕も終わりにすることができる。

結構このレンタル代が高い。だからマイナス10どころか、身体のレンタル代100を足すと、マイナス110となる借金だ。


生まれる前に、神さまに「どの身体がいいかい?」と尋ねられたっけ。
美女だったり、賢く生まれたり、お金持ちの家に生まれれば、多少なりとも人生は楽だよ。でもレンタル代が高いよ。成功して人に尽くすことが容易だから、それだけレンタル代が高いというわけだ。

稼ぐのも多いけれどレンタル代も高い。
ほどほどだったら稼ぐのは大変だけれど、その分レンタル代も安い。


さあ、あなたはどれを選ぶかね?

私はどれを選んだかなぁ。もうあいまいにしか覚えていないけれど。


そして朝になると、また同じ身体をレンタルして次の日をすごすのであった。
「同じ身体の方がやりやすいからね。でも神さまと話したことはなぜか忘れちゃうんだよね」

レンタルした身体を粗末に扱ったり、壊したりしたら、レンタルの罰金だからね。自殺なんて途中解約だから、高いよ。







Last updated  2009.01.14 10:40:26
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
同じ言葉を、別のところで別の言葉として使っているのを発見。

デジタル - インターネットの戦略
アナログ - 人間対人間の戦略

バーチャル - ネットでの人間関係
リアル - 肌が触れ合うような人間関係を築く



上はコンピューター関係の仕事をしていない人が使い、下はコンピューターに関わっている人の言葉のような気がする。もっといえば、アナログの人が上を用語を使い、バーチャルの人が下を使っているといえる。

ただ言葉の違いや立場の違いだけでなく、もう少し意味あいが違うような気がする。


ランチェスター戦略の中で、中小企業が大企業に対抗する戦略として「弱者の戦略」というのがある。
著者の栢野克己氏のブログ
http://blog.livedoor.jp/kaya0169/

大企業は広告宣伝や信用性において中小企業を凌駕しており、同じやり方では勝てない。それならば接近戦をする、つまり顧客のそばまで行って顧客の要望を受け入れる。

大企業が取り組みにくい少額の契約や顧客にあわせた方法をとる。
顧客のすべてに対応しようと思うと顧客の満足は得られなくなるので、顧客を市場の一部分に限定する。そして大企業よりも密接な対応と顧客満足を得ることができれば商機はある。

インターネットという特質を考えると、世界中につながっており市場が広がっている。これで中小企業は大企業と同じようなドメイン名を持ち、外から見れば同じような観がある。

ところが実際は、お金を介したビジネスでは信用ということが第一義に考えるので、それはかえってまやかしになってしまう。実際の取引にはインターネットはあまり役にたたないということがいえるかもしれない。

直接金融・間接金融という言葉があり、銀行を介さず市場から直接資金をえる方法に似ているかもしれない。直接金融は上場して一般から資金を調達する方法であるが信用がなければできないし、中小企業にはできない。


ではインターネットが役に立たないかといえばそうではなく、宣伝・広報にはとても役に立つ。新聞やテレビなどの媒体を通さずとも、宣伝・広報が可能である。また中小企業にとっても顧客とのやりとりを、電話や対面を含めて多元的に活用することができる。

商品やサービスを営業マンが話したことを振り返って知ることもできるし、対応状況についても顧客は自分なりの方法で知ることができる。例えば、美容院の予約を電話で問い合わせずに、ネットで混雑状況を知ったり予約変更するというのもよい選択肢なのではないかと思う。


デジタルが完璧ではないけれど、アナログの補完やアナログの力を拡大するためにはデジタルのことを考えるのは価値があると思う。







Last updated  2009.01.06 10:07:19
コメント(0) | コメントを書く

全856件 (856件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 86 >


© Rakuten Group, Inc.