000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

鶏が口だけでも飛び立ちます

PR

全180件 (180件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 18 >

家族

2009.01.21
XML
カテゴリ:家族
石油ファンヒーターは、このところ少し調子がいい。

妻がタイミングよく電源を入れると、そのまま動いている。下手にオフすると2度と着火できなくなるから小まめに消すことはしない。


でも、テレビはとうとうだめになったようだ。

オレンジ色のLEDの点滅が止まらなくなった。
日曜日の昼にイオンのコールセンターに電話。
火曜日の午後6時に担当部署より電話があって、「ワイド保証に加入していることを確認したから、明日メーカーより電話をさせます。」

翌日の水曜日午前11時、メーカーより電話。

「LEDの点滅は、電源プラグをぬいてから再接続した後も同じように点滅していますでしょうか?」

「はい、何度やっても同じです。」

「わかりました。こちらにお送りいただくことになります。2つ方法があります。1つは、空箱をお送りしますから、その空箱にテレビを入れて着払いでお送りいただく。2つめは、宅配便業者に梱包をお願いしますから、お客様は何もされなくても結構です。どちらになさいますか?」

「1つめと2つめでは、かかる時間が異なるのでしょうか?」

「2つ目は業者に依頼するため、3日ほど余分にかかるかもしれません。」

「わかりました。空箱にしてください。送り返していただくまで、トータルで何日かかりますか?」

「10日ほどです。でもいま修理品が多いので、もう少し時間がかかるかもしれません。そのときはお電話を差し上げます。」

結局、空箱を送ってもらうことになった。
引っ越したので新しい住所も伝えた。ちょっと人がよすぎたかな。。。


2週間ほどテレビのない生活をすることになります。


私はあまり不自由は感じない。
ニュースは、KeyHoleTVを使ってみることにします。
http://www.v2p.jp/video/
P2P型の動画配信ソフトで、誰かがテレビなどを流してくれればテレビを見ることができます。ワンセグと同じくらいかな。P2P型なので最初の動画を流す人の負荷は少ないけれど、インターネットが混雑すれば遅くなります。

妻は自分のパソコンで、YouTubeを覚えました。
YouTubeでフィリピンの番組を検索して見ています。
古い映画やドラマが多いけれど、たくさんの人がアップしてくれているみたいです。

娘と息子は、ドラマやアニメ、Wiiのゲームなどができないのが不満なようですが、それぞれパソコンがインターネットにつながっていますので、なんとかなるでしょうね。


ひとつ心配ないのは、DVDレコーダーの容量がいっぱいになってしまうことですかね。









Last updated  2009.01.21 23:28:32
コメント(0) | コメントを書く


2009.01.01
カテゴリ:家族
長文です。ごめんなさい。

1月1日の12時半に名古屋の自宅を出て、伊勢神宮へ向かいました。

まず国道23号線の北頭インターへ入りまして、あとは23号線を通って三重県へ行きます。

冬の夜に車を走らせると、冷えていますから暖気を取ります。
でもエアコンを入れても、フロントウィンドウが曇ります。曇ったらデフレクターで曇りを取ります。すると今度は足元が冷えるので、再びファンを足元へ。その繰り返しでした。妻が冷えてトイレへ行きたいというので途中コンビニのトイレへ行きました。

走行中トイレへ行きたくなると、コンビニというケースが多いですね。
助かります。そしてありがとうございました。でも、年賀の参拝客が多いです。

松阪から23号線を外れて、県道37号線で伊勢へ向かいます。途中で左へ曲がるのが23号線でしたが、夜の案内板を気づかずにまっすぐ行ってしまいました。方向的には間違っていないので、そのまま行きます。国道の方が距離は遠いけれど早いかな。


午前3時頃に外宮へ着きました。駐車場は外宮の駐車場にすぐに止めれました。
料金も無料です。午前3時なので子どもは起きれるかなと心配でしたが、起こしたらすくっと起きて一緒に参拝へ行きました。

テクテクとお参りに行きます。
途中焚き火が数箇所にあり、それにあたると暖かい。なんか充電するような漢字でした。チャージが終わると、歩きます。身体から暖かいのがなくなると、また充電するという感じでした。

社の中は撮影禁止ですが、檜の巨木を裸でつくった立派なものでした。
10年おきに壊して新しいのをつくるなんて、シヴァ神みたいだなぁ。
いつも新しい、、けれどもったいない感じ。

1時間ほどして駐車場へ戻り、内宮へ向かいます。
参拝は、外宮へ行って、そして内宮へと書いてあります。
外宮から内宮への道は空いていました。10分かからないぐらいでしょうか。

でも内宮の駐車場に問題がありました。
進修小学校の駐車場が臨時駐車場になっていたのですが、1回1500円でした。しかもそこから1kmぐらい歩いて行きます。日の出前なので寒い・・・・・

ねぇ500円ぐらいでいいんじゃない。
まあ外宮・内宮あわせて1500円ということにしておこう。

夜なので内宮へ歩く道はわかりません。他の人の後をついていきます。


やっと内宮だ。
外宮よりも人が多く感じました。
女性のトイレが込んでいるのでかわいそう。入り口のトイレよりも神宮内のトイレの方が若干空いているみたいでした。

再び焚き火で暖の充電をしながら行きます。

そしてお祈り。
妻はカトリック信者だけどお祈りしています。

「世界のみんなが幸せになりますように。娘と息子、妻が幸せになりますように。そしてついでに私もいいことがありますように。」


内宮の参拝の後は、おかげ横丁に入ったすぐの赤福で赤福餅を食べました。
赤福3個で280円です。お茶をいただいて、できたての餅を食べます。
ちょっと甘いけれど、おいしかった。

夜中のおかげ横丁は、「千と千尋の神隠し」のとおりの面影があります。
でも寒かった。松阪牛コロッケや肉まんに後ろ髪を惹かれた。

またテクテクと駐車場へ戻りますが、遠い。
そして、駐車場を後にして、パールロードの鳥羽展望台へ向かいます。

途中で娘や妻、そしてトイレへ行きたくなり、コンビニのトイレへ。
混んでいて、時間をロスしてしまいました。

パールロードに入る頃には、すでに日の出時間。
鳥羽展望台に入った頃は、すでに30分経過していました。

パールロードは昔880円ぐらいしたようですが、いまは無料です。
鳥羽展望台は、同じ事を考えている人が多くて混んでいました。駐車場へ行くまでが渋滞。でも帰る頃にはがら空きでした。


(娘が撮った写真より)

帰りは、温泉かスーパー銭湯へ寄って帰ろうと思いました。
でも、23号線は道がいいので眠気を誘います。
前の車についていくのはいいのですが、前の車がいなくなったときに1瞬意識が飛んでしまうことがありました。それで赤信号無視して、、、妻が「ちょっと」と言います。

「やばぁっ」

そこでアドレナリンが噴出して、目が覚めました。

そしてお風呂へ行きます。11時開店で1時間半ほど時間があったので仮眠を取りました。お風呂は気持ちよかったぁ。男性客は比較的いたのですが女性客はほとんどみなかったので、妻と娘は貸しきり状態に近かったようです。

スーパー銭湯で食事をしようかなと思っていたけれどお客さんが少ないので、やめて「さと」というファミリーレストランへ行きました。和食がおいしくて満足しました。

そして再び自宅へ向かって、23号線を走ります。
四日市のあたりから、眠気が襲います。
顔を叩いたり、抓ったり、妻との喧嘩を思い出したり、エッチなことを考えたり、仕事のことを考えたり、なんとか目を覚まそうとするがすぐに眠気がきますね。音楽を聞いて歌ったりしますが、、、ダメですね。
ガムを噛んでも効果なし。


なんとか名古屋市内に入ったところで、23号線から下りて休憩をとることにしました。車の中で30分ほど仮眠をとると楽になりました。

なんとか眠気をとるか、危険サインを本人に教えるようなしくみはできないだろうか。


妻曰く、もう伊勢神宮へ行くのは嫌。寒かったから。
往復300km走りました。



参考: 娘のブログhttp://yaplog.jp/sayuri1995/archive/18










Last updated  2009.01.02 06:40:27
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.24
カテゴリ:家族
今日は、息子を病院に連れて行きました。
4週間に1回、火曜日に息子を連れて行きますが、昨日は休みだったので水曜日になりました。年末のせいかもしれませんが、少しだけ混んでいました。

息子は発達障碍です。ADHDやアスペルガーなどいろいろな症例が出ています。
でも、少しずつですが良くなっています。

10歳を過ぎたころから、わずかですが自分の感情をコントロールできるようになったようです。

診察のとき、友達に馬鹿にされたりすると、すぐに手を出して叩いてしまったりしたのですが、この頃は自分で感情が抑えることができるようになったと言いました。

たまに手が先に出てしまうこともありますが、こぶしを強くにぎって我慢できることもあるようです。


医師からはテグレトールを処方することを止めることも検討しましょうか、という話がありました。テグレトールは、感情などを全体的に抑える効果がありますが、副作用として普段の生活がだるく感じたり、やる気がなくなりものごとが面倒臭くなるという症状があります。

一つだけ朗報がありました。
コンサータという薬が来年から2週間に1回の処方から、1カ月に1回の処方に緩和されました。これで病院へ行く回数も、2週間に1回から1カ月に1回になり、負担が減ります。

コンサータはリタリンの代わりの薬で、ある医師が麻薬のように患者に与えたことから特別な症状を除いて禁止になりました。コンサータとリタリンは成分が同じですが、コンサータはカプセルに入っていて徐々に身体に浸透して効いてくる薬です。リタリンは3時間ぐらいしか効かないので、いつも学校へ行く前に1回、学校で1回飲んでいて息子は面倒がりましたが、コンサータは1回飲むだけでいいので楽です。でも割高なんです。


病院のあとは、妻と子どもたちのために、名古屋港の花火を見に行きました。
ちょっと寒かったのですが、いつも何もしてやれないのでできることはしてあげないと。名古屋港のガーデンふ頭駐車場は5時前に入れたので、スムーズに入れました。帰る時も駐車場出口は混んでいましたが、道はスムーズに走れました。

花火は音楽とリンクしてよかったんですが、イタリア村が閉鎖してしまったのが残念ですね。イタリア村のHPは変な業者が横取りしている----。

詳細は、たぶん娘がブログに書いてくれるでしょう。

名古屋港スターライトビュー2008
http://www.port-of-nagoya.jp/topics/starlight2008/starlightofficial.htm











Last updated  2008.12.25 10:21:23
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.16
カテゴリ:家族
前にブログを書いたとおり、来年の3月で今乗っている車を手放す予定です。
13年経って62,000kmしか走っていない車ですが、ぼろぼろなんで価値があるとはいえず廃車になるんでしょうね。

塗装が禿げてきて塗装面にぶつぶつが出始めていますので、そのうち穴が開くかもしれません。運転が下手で駐車するときなどに、車の隅をあちこちぶつけています。幸いにも人や他の車にはぶつけていませんが、駐車時に後ろにカートがあったり、立体駐車場の隅で暗くて角にぶつけてしまいます。

人や車がいないことを確認して「えーい行っちゃえ」と思って車をゆっくり動かすと、がりがりがりと音がします。あわてて車を止めて降りてみますと、「あーあ、やっちゃった。」
「まあ古い車だからいいか。人を轢かなくてよかった。。。。」という連続です。


例え車がなくても、さほど不便は感じません。
名古屋市内に昨年の夏に引っ越してきましたので、交通の便はいいです。
地下鉄の駅まで歩いて15分弱で、バス停まで5分ほどかかりますが、
バスは夜10時までに1本、地下鉄は夜12時まで走っています。

量販店で大きな電気製品を買っても、スーパーでたくさん買っても配送サービスがあるので、500円~1000円ぐらいで自宅に運んでくれます。

車の維持費は税金や保険、駐車場代、ガソリン代、車検費用などを考えると最低でも月2~3万円ぐらいかかります。車の減価償却費を入れると、さらに2~3万円。

月に5万円として、週に1回しか使わない車だとするとタクシーで1週間に1万円使った方が節約できます。まあタクシーがすぐに来てくなかったり、乗車拒否されたり、機嫌をとらないといけないという面はありますけれど。

そういった議論は、勝間和代さんが「マイカー減らそう」というところでも議論されています。
http://mainichi.jp/select/biz/katsuma/crosstalk/2008/10/post.html


私は週末に家族のアッシー(運転手)に任命され、自動車がなければ疲れなくてすむなあと思います。それに運転が下手なので、人さまの車にぶつけてしまったり、場合によっては轢き殺してしまうことにもなりかねません。

ただ、妻と子どもは家に車があることを主張します。
妻は、「貧乏な家庭が車を持たないと、気持ちがもっと貧乏になってしまう。」と言います。


うーん、難しいところです。
妻が運転すればいいじゃないかという意見もありますが、フィリピンからの免許証の書き換えを書類不備だと言って日本政府が認めてくれなかったので、自動車学校へ行くしかないのですが、妻の方が私に輪をかけて運動神経が悪いし日本語の問題はあるので困難さを感じます。


カーシェアリングというのもありますが、小さなヴィッツタイプの車でいつもあるとは限りません。そうするとレンタカーがいいですか。週末に1万円強で借りることができるならば、その方が維持費から考えればいいかなと思います。


そういっても妻は頑固なのでなかなか意見を変えないので、ヤフオクを覗いてみました。

妻はトヨタのウィッシュやホンダのストリームの中古がいいと言っています。

1万円からの入札というのがあるのですが、最低落札価格というのがあるそうなのでいったいいくらで売るんでしょうね。
例:
http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j17018810

「維持費と燃費のいい車なーい?デザインが悪くても何でも結構ですけれど。
予算は30~50万円くらいです。」とブログで呼びかけていれば反応あるかな?

結局いいのがなくて妻が諦めるというのが、理想のパターンです。






Last updated  2008.12.17 09:04:22
コメント(2) | コメントを書く
2008.12.11
カテゴリ:家族
小学校の懇談へ行ってきました。

息子は小学校4年生です。
発達障碍ですが普通学級へ通っています。


普通はお母さんだけが先生とお話しするのですが、我が家の場合は妻がちょっと不安に思うみたいで2人で一緒に行きました。

ちゃんと学校の授業についていっているか、友だちとトラブルを起こしていないか心配です。

懇談は4階にある教室で行います。
着いた時はまだ2人前のお母さんが教室の中で先生と話されていました。

1人前のお母さんが座っていました。
「あっ、どうもいつもお世話になっています。xxの母です。」
「こちらこそ。お世話になっています。」
と息子の友だちのお母さんと妻が挨拶しました。

プイと顔を横を向けられるのではないので安心しました。

そして少し経ってその女性が入れ替わりに入っていき、10分ほどしたら私たちの番になりました。

椅子が足りなかったので先生の椅子を譲って下さり、先生は生徒の椅子を持ってきて座りました。

担任の先生は私の歳より少し上のベテランの女性の先生でした。
「こんにちは、いつも息子がお世話になります。」

「○○君はがんばっていますよ。」とエールをいただきました。

それから学校の状況のことをいろいろ教えて下さいました。
小さなトラブルはありますが、叩いたりすることは少ないようです。

好きなことは一生懸命にこだわりを持ってやるようです。
ただ自分で納得がいくまでやる傾向が強いです。
算数の時間に、先生が「もう計算は止めて、次は文章題ですよ。」と言っても、計算問題が終わらないうちは頑としてやめません。自分一人でも続けるようです。

友達とトラブルがあったり先生に叱られたりすると、うつむいて苦しい表情をして聞く耳を持たなくなります。なだめたりすかしてもダメ。

そのときはしばらくほかっておきます。そして本人が興味を持ちそうなことを提案しますと、そのうち引っかかってそのことに興味を持ちます。興味を持つと、さっきまでふくれていたことは忘れてしまいます。「えっ、さっきまでの人とは別人」のように、気が晴れて新しいことをしはじめます。

それでもトラブルはありますが、友達を叩いたりすることは我慢できるようになりました。

勉強のことなどで小さな問題点はいろいろありますが、、、まあよしとしましょう。


発達障碍ではありますが、少しは未来に希望が持てたかなと思えた1日でした。



息子は1年前にリタリンが禁止になってから、コンサータを服用しています。
この1年間は試験的な投与だったので、少なくとも2週間に1回は医者から指示が必要でそのたびに病院へ通っていました。

来年から1カ月に1回で済むようになるかもしれないと聞きました。
費用はあまり変わりませんが、通う時間的な負担が減りそうでうれしいです。

名古屋市は今年8月から医療費は無料になってうれしいけど、中学校になったらまた月一万円ぐらいかかってしまうのは少し辛いなぁ。






Last updated  2008.12.11 22:03:18
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.03
カテゴリ:家族
(↑写真はフィリピンパーティの定番の豚の丸焼き レチョンバブイです。日本でどうやって手に入れたんだろう?)

仕事を早引きさせていただいて、知人のパーティーに行きました。

いったん自宅に戻って、家族を車に乗せて名古屋市の瑞穂区から西区へ。
ちょうど帰宅の混雑時に重なって40分以上かかってしまいました。


10年ほど前に仕事先で知り合った、奥さんがフィリピン人の家族です。
その知人の娘さんが4歳になった誕生日パーティーです。

その娘さんがカトリック教会で洗礼を受けるときに、妻はGod Motherになり洗礼式に立ち会いました。私は東京で仕事をしていたので、残念ながら参加できませんでした。

God MotherやGod Fatherはその子どもの後見人です。
誕生日やクリスマスにはプレゼントをあげて、その子が成長するのを支援します。
フィリピンにはこうした制度があり、相互扶助をしているようです。

フィリピンは貧乏な国民がたくさんいますが、貧しい近所の人が夕食時にいたら、「夕食を一緒にいかがですか?」と言って分け与えます。たとえご飯と塩ぐらいしか食べるものがなくても、平等に分けて一緒に食べます。

そんなところがあるので餓死する人は聞かないですね。


ただそういうセーフティネットがあったり相互扶助の精神が強いので、一人の人が豊かになっても追いはぎにあったようにみんな貧乏になってしまいます。


私は妻からカトリックに入信するのを断られているのでカトリック信者ではないのですが、妻がGod Motherだとすると自動的に私もGod Fatherだそうです。

娘さんのGod MotherやGod Fatherは他の4人います。そしてそのパートナーを入れると8人。私たちを含めて結局10人のGod Parentsに守られています。

娘さんが健やかに幸せに成長されることを祈っています。


パーティは、奥さまが作ったフィリピン料理やご主人のBINGOなどのおもてなしで楽しいものでした。

参加者は奥さまのフィリピン人の友人、ご主人の仕事仲間、子どもの幼稚園の友達とお母さんたちらです。


私や妻のポジションは微妙なところでしたが、同じように娘さんと同級のお父さんがウクライナ人の外交官で他の方と言葉が通じなかったので、その方と話していました。


錆びついた英語を駆使して、お互いにとって外国語の英語でなんとか会話をしていました。
しゃべりながらも、あれ英語がでてこない・・・・・・

ほんとに下手なブロークンイングリッシュで申し訳ないなぁ。

↓こんな方法で学んで勉強しなおそうかな。さっそくBrian TracyのEat the Frogに挑戦する準備を始めました。

MBA式「オーディオブック活用」英語習得法。
http://www.future-planning.net/x/module/news/article.php?storyid=3632


知人はたしかITの派遣で結構稼いでいる方です。名古屋の経済状況などをいろいろ尋ねようと思っていたのですが、ホスト役で忙しくて機会を逸してしまいました。また次の機会に...






Last updated  2008.12.04 09:19:27
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.02
カテゴリ:家族
今日は家族で岐阜へドライブへ行きました。

上司に教えてもらった、各務原の冬ソナストリート。

昨日のうちに車にガソリンを入れて、ボロ車でえっちらえっちら行きました。ガソリンは、レギュラーで134円でした。安くなりましたね。岐阜へいく国道22号線に129円という看板を見つけましたが、行くのが楽になりました。

途中お弁当屋で4人分のお弁当とおにぎりを買って、各務原の市民公園へ行きました。図書館があるところですが、昔の岐阜大学農学部の跡地なんですってね。
静かでお弁当を広げて家族で食べました。ご飯がコンビニの弁当よりも美味しく、おにぎりも大きかったです。

そして場所がよくわからなかったけれど、名鉄とJRの踏切を越えたところに冬ソナの通りがありました。よくわからなかったので途中で道を尋ねた女性が、笑って教えてくれました。「私も行きました...」

ガラスに書かれた案内板はありましたが、メタセコイアの並木がそのようです。
このブログの写真はきれいですね。

そんな印象はなかったのですが、もっと冬支度が始まればそんな雰囲気なのでしょうか。冬ソナブームもずいぶん前ですが、途中でパチンコの案内に「冬のソナタ2」ちおうパチンコ台の案内を見ておもわず笑みが出てしまいました。



妻とぶらぶら付近を散歩しました。
なんとなく町並みが岐阜っぽいですね。私も親戚も岐阜が多いので、田舎っぽさと温かさを感じます。


さて次はどこへ行こうかな。北上して美濃市の和紙の里会館へ行きました。

和紙の博物館ですが、たまたま展覧していた和紙でつくった作品が素晴らしかったです。そのあとクイズを解くと記念品がもらえるので、息子がむきになって家族全員分のクイズを解きました。家族4人分の記念品「和紙のはがき」をいただきました。


そして山を越えて、美濃加茂市へさらにフルーツ大福の養老軒へ行きました。
途中、山道が車1台分ぎりぎりとおる道に間違って入って、やばいという感じがしましたが、なんとか辿りつけました。

フルーツ大福は11月からはじまったそうですが、残念ながら午前中で売り切れてしまったようです。他に生クリーム大福や栗きんとん大福などを注文しました。平均200円弱です。

たくさんのお客さんがいて混んでいました。駐車場も50m北に広い所があるので便利ですよ。国道19号線沿いで、名古屋からちょっと遠いですけれど。機会があればフルーツ大福を買いに行きたいです。

栗きんとん大福

生クリーム大福



甘いもの苦手でトライしてみましたが、生クリームはいいのですが、後味に甘いのが残って苦手かなと思いました。娘は喜んでいました。


車があると便利だなと思いますが、、、来年はレンタカーかな。






Last updated  2008.11.03 21:29:59
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.29
カテゴリ:家族
スーパードラマTVで、「エバーウッド 遥かなるコロラド」というドラマが好きで毎週見ています。

今週の話は、第37話「初めての経験」 No Sure Thing です。
http://www.superdramatv.com/line/ever/episode2.html


このドラマは、ニューヨークの一流脳外科医だった人が奥さんの死に直面し、自分を失ってしまうのですが、コロラドの田舎へIターンして残された息子と娘と直に接して人間性を取り戻していくという話です。

現代の話ですが、古き良きアメリカ人の生活や思考形態もわかるし、家族のほのぼのとした生活がほほえましく思えます。毎回家庭で起こる些細な事件が起きて、父であるドクターブラウンが慌てふためくというところが、自分と共通していて勉強になります。



今回のテーマは、「初めての経験」です。
男女が一線を越えるかどうかという話で、とても興味深かったです。

アメリカ人はあいさつ代わりに身体を合わせるよという話を10代のころに聞きましたが、まったくそんなことはありませんね。今の日本と同じです。

とても大切なことだと考えていて、真剣に捉えていますね。

性病やAIDSの問題。
避妊の問題。
精神性の問題。

興味本意ではなく、これらをじっくりと捉えて扱っています。

番組のメッセージではこんなことを言っていました。



初めての経験は、とても大切な人との間でのことだととてもいい経験だけれど、そうでないときは悪い印象が残ってしまう。

思っていたよりも大したものでもないので、こだわりすぎるのもどうかと思う。

大人になったらいろいろ複雑な問題を抱え込むことになるので、大人に焦ってならなくてもいいよ。大人になればいくらでも経験するのだから。

大人になったら普通のことになるけれど、初めての経験は1回きり。しかもチャンスは1回で永遠に記憶に残る。よくよく考えてからね。

妊娠や病気などのリスクがあるから、それに見合った十分な価値があるかどうかを考えるべき。





性があるからこそ、男女が一緒になって結婚をして子どもを産み育てます。
それで人類が続いてきました。

そして、社会にいろいろなトラブルを生む一方で芸術もあり、世の中を面白くしているんだと思います。


私たちそれに縛られてしまうのではなく、コントロールして人生に深みをもたらせることではないかと思います。

(娘や息子に語るつもりで書いています)






Last updated  2008.10.30 00:18:13
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.26
カテゴリ:家族
息子の誕生日の前日だけれど、ささやかであるが落ち着いた1日を過ごした。

息子は明日で10歳になります。
年齢が2ケタになるのは、少し大人に近づいたかなとうれしく思います。

お昼過ぎから近所の名古屋市立大学薬学部の薬学祭に行こうと思って出かけました。映画「Earth」を見に行くつもりで行ったのですが、、、、、、昨日25日のスケジュールでした。 1日違いの勘違いで残念。

図書館で本を借りた後に、敗者復活だと思ってゲオへ行きレンタルビデオを借ります。
今日は100円でレンタルができる日でしたので、4本借りました。
そのうち1つはジャッキーチェン主演の「プロジェクトBB」でした。

映画を見終わった後に買い物を済ませて食事に行くつもりでしたが、映画の時間がまるまるなくなると時間が空いてしまいます。

そこでいったん自宅に帰って、映画を見ることになりました。
「プロジェクトBB」は、アクションあり笑いあり感動ありの娯楽大作です。
久しぶりに大声で笑いました。妻も、子どもも笑いました。
自宅でレンタルビデオを見て正解でした。

その後、ヤマダ電機によって浄水器を購入。妻とマッサージチェアで横になりリラックスします。ちょっと恥ずかしいのですが、妻が「いいから」という一言で座ります。パナソニックの40万円弱のマッサージ機は気持ちよかった!

食事は庶民的な「スシロー」です。1皿105円です。
まあ105円ですから悪くもなく良くもないけれど、子どもが自分で好きなものを選べるのでよろこんでいます。ベルトコンベヤーの前に陣取りさっととります。

私は見ているだけで十分という気持ちになってしまいます。

ここはすし以上に、デザートがおいしいんですね。
パンナコッタ、チーズケーキを食べ、子どもの食べているチョコケーキやたまごプリン、マンゴシャーベットを少しもらいました。ケーキなどのサイズは決して小さくはなくおいしいです。

あとおいしいコーヒーがあるといいなと思いました。


結婚して14年経ちましたが、徐々にですが、妻の悪いところよりもいいところが見えてきました。結婚する前はいいところしか見えず、結婚直後に悪いところばかり見えて嫌になりました。その後、徐々にいいところが見えてきました。

たぶん、しっかりといいところを見ようとしないと見えないと思います。

子どもも思うようになりませんが、娘や息子のいいところを見ようと努めるようにしました。そりゃ、気に入らないところはたくさんあります。娘はしっかりと自分をもっているところがいいと思うし、息子はやさしい心をもっているところがあります。そういうところは尊敬できると思います。

いつも娘と息子には叱ってばっかりです。
本当は叱る資格がないのに、親という立場上叱っているんですけれどね。







Last updated  2008.10.27 08:32:58
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.12
カテゴリ:家族
テレビ番組を見ると「金融危機」とか「恐慌」の話が出るけれど、人々の顔をテレビで通して見たり、街角で見たりしていてもさほど深刻な感じはないようだ。

杞憂なのか、それとも実体経済に影響が出始めるのは半年ぐらい経ってからだろうか。

今日は名古屋祭りで、いろいろなところが無料なので名古屋市の「ドニチエコ切符」を買って出かけました。名古屋市の地下鉄とバスは大人600円で乗り放題です。

それで以下の4つを家族ではしごして行ってきました。

・東山動植物園
・徳川園
・名古屋市美術館
・名古屋市科学館

どれも通常300~500円くらいですが、今日は無料です。
1日中歩き通しで疲れましたが、久しぶりに娘とも一緒にすごせてうれしかったです。

週末はG20で世界経済の緊急会合が行われました。
具体論は出なかったので火曜日はどうなるか心配ですが、信用問題という点では収縮に向かうと希望しています。

特に日本の株価は欧米と比べて高い水準とはいえなかったのですから。







Last updated  2008.10.13 11:45:25
コメント(0) | コメントを書く

全180件 (180件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 18 >


© Rakuten Group, Inc.