2006.04.30

高知城へ

(1)
カテゴリ:カテゴリ未分類
ドラマ「功名が辻」に因んで「土佐二十四万石博」が開催されているので友人とJR急行サービスを利用して西へ。

激動の戦国時代に、信長、秀吉、家康と主君を代えながら生き抜いた一豊、そして卓越した政治感覚で夫を陰ながら支え続けた千代。その夫婦愛は、「土佐二十四万石」として高知の地に結実していました。
初代土佐藩主、山内一豊が礎を築いた高知城は小雨の中、桜色に染まっていました。
高知城から帯屋町入り口までの、日曜市は圧巻です。






TWITTER

Last updated  2006.05.20 00:28:44
コメント(1) | コメントを書く