154805 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

美味しいグアテマラ

全9件 (9件中 1-9件目)

1

グアテマラのニュース

2011.04.19
XML
「被害s日本大震災チャリティーコンサート」
無事終了したそうです。

国立オーケストラ、マリンバ芸術楽団、国立演芸学校、
COGUARES舞踊団、合唱団コロビクトリアなどの演奏が披露されたとのこと。
JICA(青年海外協力隊)による、日本食の販売などもあり、
場を盛り上げたということでした。


”Artistas apoyan a Jap?n con su arte”

グアテマラの新聞記事はこちらから!!

artosta guatemalatecos.jpg

参加アーチストの方々。順不同。そのほかにも多くの方が参加されたそうです。






Last updated  2011.04.19 10:00:47
コメント(0) | コメントを書く

2010.12.21

前回お知らせしたソロラ~パナハッチェル間の通行止め。
今日開通しました!!

噂によると、また1月には閉じで、工事を再開するとか・・・。

クリスマスには外国人ツーリストが、
年末年始にかけてはたくさんのグアテマラ人が、
観光地パナハッチェルで過ごします。
(こんなに人がいるなんて!と思うほどの混雑なのです)

もしこの間、道路がふさがってたら大きすぎるダメージ!

ただでさえ、この数カ月で打撃を受けているパナハッチェル
たくさんのホテル、レストランで従業員が切られています。

年末年始は、たくさんの人が訪れますように四つ葉

観光に従事する者として、
同じソロラに住むものとして、
パナハッチェルで働いている知り合いがたくさんいる者として、
願わずにはいられません。

*使われなくなった(と思われる)ハイバルからの、アティトラン湖の眺め。
実際は写真の数十倍美しさです。







Last updated  2010.12.21 13:56:59
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.17

すっかりお知らせするのが遅くなり、
(予定だと)あと数日でオープンになる予定になってはいますが・・・、

ソロラパナハッチェル間が道路工事中につき
全面通行止めになっています。

アガタ台風、その後の雨で土砂崩れの被害が続いた箇所の修復が、
陥没していた個所を埋めるだけでは間に合わなかったため、
(毎年土砂崩れがあった個所です。今回は落石により亡くなる人も出てしまいました)


そのため、→崖を削る→道幅を広げる→安全に通行できるようになるという工事をしています。

それに伴い現在、ソロラからパナハッチェルへ行く際には、

ソロラサンホルへ・ラ・ラグーナ村 バス  Q2
→ ハイバリート(モーターボート乗り場) ピックアップトラック Q3
→ パナハッチェル モーターボート Q3

通常直行バスだとQ3でいいのですが、現在はQ8かかってしまいます。
時間も15分ほどで行く場所が、30~40分。

今日久々にパナへ行ったのですが、
外国人のツーリストが悩んでいる姿を見てはた!!と気づきました。

お知らせしてなかった…。

あと少しですが、
面倒くさい行程ですが、
でもハイバルからの湖の眺めは絶景です!
(後日UPします)

行かれる際には、どうぞ気をつけて!

*自家用車などで行かれる場合は、別のアクセス方法があります。
パンアメリカンハイウェイ→トランパスからパナハッチェルとなります。







Last updated  2010.12.18 00:19:27
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.14

仕事でグアテマラ東部へ行っていました。

グアテマラ市から大西洋へ向かう幹線道路(CA9)は、問題なく通行できています。
ホンジュラス国境へ向かう道路(CA11)の一部が補修中。

camino.jpg

また、グアテマラ~ホンジュラスの国境(フロリダ)は、今まで見たことのないほど大型車が押し寄せていました。別の国境へ通じる橋が落ちてしまったため、こちらへ集中しているようです。

けれど、ツーリストバスは問題なく通れます。手続きも通常通りです。


camino2.jpg

アメリカ大陸縦断道路(CA2)も、土砂が寄せられ通れるようになりました。一部4車線ではなく、1~2車線になっていますが通行可能です。


ここ3,4日太陽も顔を見せており、このまま晴れる日が続けば、土も乾き土砂崩れも落ち着くだろうとのことです。

太平洋沿岸の浸水の被害は大きく、いまだに多くの人がに苦しい状況にいます。
これ以上被害が拡大しないことを、人々は皆祈っています。








Last updated  2010.09.14 13:35:09
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.05

今日は少しだけ太陽が顔を出しました。
降り続いた豪雨もどうにかおまったようです。

多くの道路が土砂崩れで切断され、土砂に押し流されたローカルバスの乗客に死傷者が出てしまったようです。浸水した家も多く、土砂とともに崩れ落ちてしまった家もあります。

降り続く雨で地盤が緩んでいます。これ以上の被害が起こらないことを祈らずにはいられません。

*ソロラでもあちこちで小さな土砂崩れがあります。
小さいといってもこの上には家が建っていて、その場所まで1mもありません。どうすることも出来ない・・・と家の人は頭を抱えていました。

落ちた土砂は取り除くことが出来ますが、失った場所は戻りません。
嘆きつつも、そんなときに人々は、命のあったことを神に感謝していています。

 

 







Last updated  2010.09.06 01:15:36
コメント(4) | コメントを書く
2010.09.04

現在グアテマラは、他の中米地域と同様
熱帯暴風雨フランク(Tormenta tropical Frank)の影響を受けています。

前回グアテマラを襲った”アガタ”の復興が終わってない状態ですので、
皆かなり気を使い生活をしています。

今現在、水害は太平洋岸に集中しています。
多くの家が浸水しているとのことです。

幹線道路、町中の道路などの土砂崩れ、がけ崩れは、グアテマラ中で起こっています。
パンアメリカンハイウェイ(アメリカ大陸縦断道路)が遮断されてしまうこともありますが、幹線道路ですので、対応もはやく3~5時間待てば通れるようにはなります。
(もちろん基本的な解決にはなっていません)

私も、今日ソロラからパナハッチェルへ行かなくてはならなかったのでバスに乗りましたが、途中、数十分前に起こったという土砂崩れのため通行止めになってしまいました。

私は、そのままバスでソロラに戻ってきましたが、ほとんどの人は雨の中歩いてパナハッチェルへ向かいました。

土砂を除けば、または土砂の上を人が歩くことは出来るようです。

友人も先日の夜土砂崩れにあってしまい、腰のあたりまで泥にはまりつつ歩いて渡ったそうです。一緒に歩いていた人の中には、上から落ちてきた石で怪我をして病院に運ばれた人たちもいたとか。彼女もその後熱をだして寝込んでました・・・。

このような状態がここ1週間ほど続いています。

日本も台風に襲われるのと同様のことです。
嵐がこようと普通の生活をしなくてはいけません。

日本のように情報がないこと、その後の処理が進まないこと、人的な理由で被害が拡大してしまうことは、やはり大きく違うのですが・・・。

ご心配頂ありがとうございます。
またいろいろとご報告します。

*ちなみに今日ソロラの小学校は、暴風雨のため少し早く終わり、子どもたちは家に帰りました。







Last updated  2010.09.04 11:09:11
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.21

グアテマラでは雨季が続いています。

午前中は晴れているのですが、午後からぽつぽつと降り始め、30分~1時間ほどの激しいスコール。

ソロラは、斜面に開けた土地のため、降った雨は下へ下へと流れ、最終的にはアティトラン湖へ。排水溝もあるのですが、用をなさないほど激しい水の流れ。町中の道路は、一瞬にして泥川とかします。

雨がやみ10分ほどで通常に戻るのですが、台風などで激しい雨が続くと、水は流れ続け、緩んだ地盤が土砂崩れを起こし、大被害を引き起こします。

P1110987.jpg

ソロラ~パナハッチェルの道路の一部。降り続く雨の影響で復興できていません。
不幸中の幸いで、土砂崩れに巻き込まれた方はいませんでした。
(片側通行ですが、通常に走行できます。)

P1110915.jpg

パンアメリカハイウェイ(アメリカ大陸縦断道路)、アグアスエスコンディーダ。テクパンからエンクエントロスの間。

この辺りは、イスラエルの会社が請負工事をした場所で、他より頑丈・緻密に作られていたそうですが、道路の一部が激しく破壊されています。

スペイン語で水の隠れている場所の意味どおりか、道路の下に逃げ水をつくってもこの有様です。
前回のスタン台風の際には、ここから3mほど先の村の建物が土砂で押しつぶされ、つい最近立て直しが終わったばかりです。

台風後からすると、かなり改善されているということですが、雨に遮断され思うように復興が進んでいないようです。
パンアメリカハイウェイ拡張工事中のため、切断された斜面の地盤が固まっておらず、被害が拡大しています。

最終的に復興されるのは、乾季に入ってからだろうと。
周りの人々は言っています。
雨が続く現在、遠出するのを控えているようです。

 







Last updated  2010.08.22 02:25:31
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.08

ソロラの山道をとおって知り合いの家へ。

出発前育ち始めていたフリホーレス(インゲン豆)、台風アガサでだめになってしまったかな?と思いながら同じ場所へ。

「あぁやっぱり枯れている」と思いながら近くに・・・。

違いました!! 実がなっていたのです!!


首都グアテマラシティーからソロラへ戻る途中、たくさんの土砂崩れを見ました。毎日スコールのような激しい雨が降ります。

けれど、ちゃんと育っていたフリホーレス。自然が持つ“底力”を感じました。

 

 

 

 

 







Last updated  2010.08.09 03:36:48
コメント(0) | コメントを書く
2010.06.03
グアテマラを襲いましたパカヤ火山噴火アガサ台風の被害に寄せて、いろいろな方からご心配のメールを頂戴しています。ありがとうございます。


現在私自身は、日本におります。ソロラの友人からのメールによると、現在は落ち着いているようです。ソロラにあります、アティトラン湖半のパナハッチェル、サンアントニオパロポ村では、土砂崩れの被害によるなくなられた方が出てしまったようです。

幹線道路も多くの場所で土砂崩れにより通行できなかった場所があったようですが、今は通りにくいものの修復されているとのことです。これ以上の大きな被害が出ないことを祈らずにいられません。


****** 日本大使館から送っていただいた情報です。参考にご覧ください ******


領事情報(熱帯暴風雨アガサによる被害状況) 2010.6.2. 在グアテマラ日本国大
使館既に出ている被害の他、今後、雨季の降雨により、被害が拡大する危険性があり
ます。
洪水、崖崩れ等による直接生命に対する危険がある他、交通の麻痺、輸送網の停
止により物資不足が発生する可能性があるため、食料・飲料水等生活必需品の備蓄をお願い致します(大使館の緊急備蓄・救急品には限りがあり、原則として短期滞在者・旅行者の方を配布対象としています)。

1.熱帯暴風雨アガサによる被害状況(6月2日CONRED発表)
(1)人的被害

死者          :  156
行方不明者       :  100
負傷者         :   87
被災者         :135,773
自宅が損壊した被災者  : 55,614

(2)家屋に対する被害

被害を受けた家屋    : 24,472
危険な状態にある家屋  : 5,872

(3)道路への影響

ペテン県     :通行可能
イサバル県キリグア遺跡 :通行止め(川の氾濫のため)
チキムラ-サカパ間   :通行可能
サンタロサ-フティアパ間:通行可能
アウロラ国際空港    :固定翼機及び貨物便の運用再開
アルタベラパス県    :通行可能
サカテペケス県 :通行可能
ソロラ県        :CA-1(インターアメリカンハイウェー)122km地
点ロスエンクエントロス、土砂崩れ
            :CA-1(インターアメリカンハイウェー)121km地
点トランパ行、橋の損壊
            :CA-1(インターアメリカンハイウェー)113km地
点、地滑り
トトニカパン県 :通行可能
ケサルテナンゴ県 :通行可能
ウエウエテナンゴ県 :通行可能
レタルレウ県 :通行可能
スチテペケス県     :国道14号線173km地点:MdreVieja川の氾濫
キチェ県        :チカマン市,265km地点
アルタベラパス県    :サンクリストーバル市、土砂崩れ
            :ラスチナマス市ヴァジェヌエボ:通行可能
エスクイントラ県    :国道14号92km地点、BarracaHonda橋の損壊

(4)被害を受けた橋梁
サンタロサ県サルバドル街道120.5km地点、ドニャベアトリス・デ・ラ・クエバ(ロス・エスクラボス)橋
キチェ県キチェ市Lte. Dptal. Guatemala 65.9km地点、 ヴェガ・デ・ゴディネ
ス橋
バハベラパス県サラマ市La Canoa地区80km地点アスファルト終点、ラ・カノア橋
スチテペケス県パツルル~サンルーカストリマン市の間175km地点、(無名)
エルプログレッソ県入り口 大西洋街道81.1km地点、レジャナ橋
エルプログレッソ県エル・ヒカロ入り口 大西洋街道98.2km地点、エル・ヒカロ橋
イザバル県ロス・アマテス市、エル・リコロス橋
ソロラ県ロス・ゴディネス~パナハチェル間、(セロ・レック)エル・ケブラダ橋
サンタロサ県サンホセ・バリージャス~サンホセ・デル・ロサリオ間、(無名)
フティアパ県173.3km地点、エル・アレナル橋
キチェ県チマルテナンゴ市Lte. Deptal(県道)97.1km地点、チペレス橋
バハベラパス県グアテマラ県との県境、コンクア橋
キチェ県(ネグロ川沿)サカプーラス市210km地点フライバルトロメ・ラスカサスNo.2/サン・ホルヘ橋
パツン市~チマルテナンゴ市間91.7km地点、サバルポップ橋
サンタ・ロサ県エルサルバドル街道65.4km地点サンタクルス・ナランホ~カシージャス迂回路間、ラス・カニャス橋
アルタベタパス県コバン市行き道路196km地点、チチェン橋

2.グアテマラ政府からの呼びかけ(CONRED発表)
(1)常に落ち着いてください。うわさや思い込みではなく正しい情報を注意深
く入手してください。
(2)当局の指示に従ってください。
(3)自宅周辺の避難場所と危険地帯を確認してください。
(4)雨水の排水口や溝がふさがっていないか点検してください。
(5)自宅周辺の、地割れ、物や建物の移動や傾きがあるかを点検してください。
(6)泥と石の流動のあと、大規模な瓦礫などが流動します。間違っても、川を渡ったり、渡ろうとしないでください。









Last updated  2010.06.03 08:08:52
コメント(2) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PR

Calendar

Free Space



Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Recent Posts

Category

Archives

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01

Comments

ラ・ダンタ@ Re: お伺いいたします。 エル・ミラドールはス…
chikako@ Re:グアテマラフェアトレードショップ始めました。(01/06) Mucho gusto. Me gustaria tener contacto…
ソロラ@ Re[1]:またキノコを食べた(07/16) 食べたいですか? 日本に送れないの?と…
白うさぎ@ Re:またキノコを食べた(07/16) 青いきのこなんてあるんですね! 不思議…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.