116638 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

カテゴリ未分類

2011年11月12日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 穏やかで幸せな生活を送る初老の夫婦とその家庭を訪れる人々の明暗を描いた映画「家族の庭」を見てきました。
 封切り2週目土曜日、全国で唯一の上映館銀座テアトルシネマの午前10時10分の上映は5割くらいの入り。

 心理カウンセラーのジェリー(ルース・シーン)と、地質学者のトム(ジム・ブロードベント)は、ともに仕事をしながら、家庭では料理やワインを楽しみ、休日には家庭菜園で野菜作りにいそしむ、仲むつまじい初老の夫婦。ジェリーの20年来の同僚メアリー(レスリー・マンヴィル)は男性関係で失敗しては落ち込んでジェリーを訪ね、トムとジェリーは温かく迎えてきた。友人が集まったパーティーでは、トムの友人で肥満した独り者のケン(ピーター・ワイト)がメアリーにモーションをかけるが、メアリーは一回りは年下のジェリーの息子のジョー(オリヴァー・モルトマン)に猛アタックをかける。ジョーはメアリーを適当にあしらい、その後知り合った恋人ケイティ(カリーナ・フェルナンデス)を連れてトムとジェリーの家を訪れるが、その日にもメアリーはやってきた。トムの兄ロニーの妻リンダが亡くなり、2年も音沙汰がないまま突然やってきてロニーを罵る息子のカール(マーティン・サヴェッジ)の様子を見てトムはロニーをしばらく家に逗留させるが、トムとジェリーが家庭菜園に行き、ジョーがケイティを連れてくる日にまたメアリーがやってきて・・・というお話。

 トムとジェリーの夫婦は、打ち込める仕事を持ち、しかしワーカホリックではなく家庭生活も楽しみ、鷹揚でユーモアに富み、寄り添い慈しむ様子がほのぼのとして、こういうふうに老いていきたいなぁとしみじみ思わせるモデルになっています。
 他方において、メアリーは典型的な困ったちゃん。20代で結婚して失敗し、30代で幸せな結婚をしたもののやはり離婚にいたり(500ポンド払わせられたっていっていますが)、64歳の既婚者と不倫しては捨てられ、貯金をはたいて車を買って一時は満足していたけど盗難や事故で廃車、病院に20年も勤めているのに同僚の医師タニヤの赤ちゃんの前で煙草を吸い始めてみんなが避難してしまう(このあたりはケンと同じ)、一回りは年下の男それも同僚の息子に言い寄る(あぁここでもセカンド・ヴァージン症候群?)といった具合。
 エンディングは、ジェリーを完全なパーソナリティと描きたくなかったためでしょうけど、これだと幸せになりたければいつまでも友人の好意に甘えずに自分で努力しなさいといっているみたい。それはそれで私もよくわかりますけど、ただ同時にそれほど努力しなくてもうまくいく人も、努力してもうまくいかない人もいることも事実。メアリーにしても、本人が心機一転して努力すればうまく行くとは限らないし、本人がどんなに努力しても襲ってくる不幸もあります(まぁその不幸を弱めて乗り越えていく、その対応に人柄や努力がまた現れてくるわけですが)。このエンディングは、ちょっと救われない思いが残りました。
 原題は“Another Year”で、春、夏、秋、冬と、それらしい心象風景を伴う場面展開ですが、また来る春につなげずに冬で終わらせたところが特徴的でもありエンディングの寂しさにつながっている感じがします。
 ストーリー展開は地味目で、全体に静かに進んでいき、トムとジェリーの生き方に穏やかに共感するという映画ですから、素直に共感できる観客にはしみじみと広がる感動とかいえるでしょうけど、そう思えない観客には起伏に乏しい退屈な映画と感じられるでしょう。エンドロールに入った瞬間にバタバタと立ち上がって帰る客が目に付きました。

 冒頭、タニヤとジュリーの質問にろくに答えず、不眠だから睡眠薬をくれという患者がわりと長時間登場します。最初は、この患者が何か重要な役割を果たすのかと思いましたが、その後登場しませんでした。エンディングからすると、メアリーの末路を暗示しているのかもしれませんが。
 専門家側からするとこういう人は、困りもので、具体的な状況を話してくれないときちんと対応できないというか問題を解決できません。弁護士のところにも、さすがにお金を払って相談するのにこういう態度は稀ですが、こういう相談者がたまにやってきます。法律相談の場合は、メディアでやっている誌上法律相談とかの、実際には法律相談ではなくて法律の一般論のお勉強レベルのものが法律相談の名前でメディアに載っているために、抽象的に質問をすればいいと思っている人が出てくるためでしょうけど(そのレベルのものは、それこそメディアで、インターネットでいえばYahoo知恵袋とかでやってて欲しい)。専門家からの質問にきちんと答えないことで、問題を解決できないのは、自業自得でまぁしかたないとは思いますが、それでまた不愉快な思いをするのもばかばかしいと思います。

 「トムとジェリー」という主役の名前は、やっぱりそのアニメをリアルタイムで見た世代をターゲットにしているのでしょうか。イギリス映画だからそれは意識していないか・・・。息子のジョーは30歳だからトムとジェリーは50代半ばから後半といったところでしょうか。でも、ビートルズの話題も出てくるし・・・






最終更新日  2011年11月12日 22時19分39秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年10月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 2010年6月、7年間、60億kmの宇宙の旅を経て小惑星イトカワから微粒子資料を持ち帰った無人探査機はやぶさのプロジェクトに関わった人々を描いた映画「はやぶさ / HAYABUSA」を見てきました。
 封切り3週目日曜日、新宿ピカデリーの午前9時40分の上映は7割くらいの入り。

 幼い頃の兄の夢を引き継いで惑星研究を志したが研究者になれずに書店でアルバイトを続けていた水沢恵(竹内結子)は、惑星探査をめぐる宇宙科学研究所対外協力室長的場(西田敏行)の講演を聴き、感動してマニアックな質問をしたことをきっかけに、相模原の宇宙科学研究所で対外協力室兼サイエンスマネージャー直属で様々なチームの手伝いをするようになって、無人探査機はやぶさのプロジェクトに関わることになった。はやぶさは低予算のため極限までの軽さと電気による運行(燃料がほとんど積めないため)、自律性など困難な課題を多数抱え、開発が難航していた。部品の開発が間に合わないために打ち上げが延期され、予算の延長や打ち上げをめぐる漁協の説得(打ち上げ時には周辺の漁業が停止されるため)を経て、2003年5月9日、はやぶさは打ち上げられた。当初は順調に運行していたはやぶさも、部品の故障や、燃料漏れ、エンジンの停止など数々のトラブルに見舞われて、最大のミッションのサンプル採取にもいったん失敗し、2度目の採取もサンプルが採取できたという確信を持てぬまま帰路に就き、姿勢(太陽光発電パネルの方向)が維持できなくなって通信が途絶えてしまう。これまで通信が途絶した探査機の再発見の例はなく絶望視される中、プロジェクトマネージャーの川渕(佐野史郎)は最大限の努力を続ければ1年以内に通信が回復する可能性は6割あるとスタッフを鼓舞するが・・・というお話。

 唯一の架空の人物(と思われる)水沢恵の視点で語られ(そのため水沢はあらゆるチームの手伝いとしてあらゆる場面に立ち会っている)、映画紹介的には竹内結子・西田敏行主演なんですが、私の目には、文科省からは予算打ち切りを常にちらつかされるのをのらりくらりとかわし、各チームの利害が対立した時やトラブル時にはその場で判断を迫られて苦悩を見せながらも基本的には淡々とその場を仕切っていくプロジェクトマネージャー川渕の物語に思えました。
 トラブル時の復活のために部品1つだけ積ませてくれと迫り拒絶されながら、こっそりメーカーに頼み込んで載せてもらってたエンジン担当チーフ(鶴見辰吾)のとぼけた味とか、ポケットに挿した定規を使って食堂でホッケの骨を外してそのまままたポケットに挿すカメラ担当チーフ(高嶋政宏)とかのキャラもそれなりに楽しめますが。プロジェクトには関係ない引きこもりのはやぶさファンのおっちゃん(生瀬勝久)とか、濃いキャラが多すぎるきらいもありますが・・・
 全体としては、プロジェクトに多数の人々が関わり、途中で去らざるを得なかったり見届けることなく亡くなったり、そういう多くの人々の熱意と希望と創意と妥協の中でプロジェクトが進んでいく、群像劇になっています。

 実話であり、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の全面協力なしには映画化不可能なテーマですから、JAXAの広報映画的な側面も感じられます。公式サイトで書かれている「月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るという、NASAでさえ成し得なかったミッション」とかも、そう書けばそうなんですが、マスコミが無理無理に条件をつけてでも「初めて」と書きたがるような印象を受けてしまいます。無人探査機によるサンプルリターンは、1970年にソ連がルナ16号で月から土を持ち帰っていたのにその時はほとんど評価されず、2006年にはNASAがヴィルト第2彗星の噴出物を持ち帰っていますから、「月以外の天体」に、「着陸して」あるいは「数メートル圏まで近接して」サンプルを持ち帰るという条件をつければ、人類初めてで、またNASAにも成し得なかったことになります。でも、あえてそういう条件をつけなくても、プロジェクトの困難性を素直に見ればいいと私は思ってしまいます。






最終更新日  2011年10月16日 17時54分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年07月31日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 ガザ地区に生まれた免疫不全症の乳児の命を救おうとイスラエル人医師とジャーナリストが奔走するドキュメンタリー「いのちの子ども」を見てきました。
 封切り3週目土曜日、全国で2館、東京では唯一の上映館のヒューマントラストシネマ有楽町の午後1時の上映は8割くらいの入り。

 イスラエルのジャーナリストエルダールは、医師ソメフから、ガザ地区から送られてきた免疫不全症で骨髄移植治療をしなければ1歳まで生きられない乳児ムハンマドを救うために治療費5万5000ドルの募金キャンペーンを依頼される。ムハンマドの母ライーダは、イスラエルのプロパガンダにすぎないと反対していたが、匿名の寄付者が現れ、治療が進められることになった。兄姉3人は骨髄の型が適合せず、従姉妹25人の型を調べることになったが、ガザ地区からの検問所通過はままならず血液サンプルをガザ地区で取って検査した結果、従姉の1人が適合者とわかる。自爆テロでの検問所封鎖で遅延した後、何とか入国を果たした従姉から骨髄の移植を受け、紆余曲折を経てムハンマドの体に従姉の骨髄が定着していく。ライーダと話すエルダールは、私たちにとって命は重くない、エルサレムは私たちの聖地だ、エルサレムに行ってみたい、聖地を守るために殉教するのは当然だ、一命を取り留めたムハンマドが成長して殉教してもかまわないと話すライーダに失望するが・・・というお話。

 目の前の一人のパレスチナ人乳児の命を救うために懸命になっているイスラエル人と、そのパレスチナ人の自爆テロで時折イスラエル人が殺傷され、その報復などのためにパレスチナ人を毎日数十人単位で殺傷し続けているイスラエル国軍の存在という矛盾を、乳児の命を救われる側のパレスチナ人からと救おうとするイスラエル人側からどう受け止めていくかというところがメインテーマとなります。
 イスラエル国軍に親族や知人たち同胞を日々殺傷されながら、その敵のイスラエル人に息子の命を救われるライーダは、より複雑な揺れる心情を見せ、その揺れる思いが更に踏み込んだテーマとなります。
 また、一人の命の救済や個人間の交流では解決できない民族間紛争の姿の描かれようも、見せどころとなっています。

 おそらくはソメフ医師の立場からは、自分は目の前の命を救うことが仕事で、それがイスラエル人の命であれパレスチナ人の命であれ関係ない、そして遠くで他人が行う殺戮は自分の手ではどうしようもなくそのことで思い悩んでも仕方ないと整理されることだろうと思います。自分のことを考えても、守るのが多くの場合「命」でなく「権利」とか被害の回復ということになるだけで、自分が担当した事件の依頼者はできるだけ何とかしようと思いますが、同種の被害者が多数いるということまで何とかしようとしても手に余るというか身が持たないですから。
 しかし、映画では、ジャーナリストを語り手とし、多数の同胞を背景に語る母親との対話を入れることで、民族的な視点というか全体主義的な感覚と具体的な個人の交流をともに意識させて、簡単な整理を排しています。簡単な解決、さらにいえば完全な解決があり得ないことを認識させつつ、結局は個人レベルの顔の見える関係を取り結び信頼関係を重ねていくことで平和の大切さを少しずつ浸透させていくしかない、そういうアピールと読みました。






最終更新日  2011年07月31日 22時01分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 失踪した祖母、医師としてフランスで働き続ける母、カナダで自由に暮らす娘3代の女性の葛藤を描いたフランス映画「隠された日記」を見てきました。
 封切り2週目土曜日、東京で唯一の上映館銀座テアトルシネマの午前中の上映は、台風接近で大雨・洪水警報、雷・強風・波浪注意報が出る中でも7割くらいの入り。

 両親と離れてカナダで暮らす娘オドレイ(マリナ・ハンズ)は、恋人ともいえない男の子どもを身籠もり、休暇を取って両親の元を訪れた。眼鏡店を営む父親は優しく迎えてくれたが、自宅で診療所を持つ母親マルティーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)はとげとげしい態度をとり続ける。カナダを発つ前に任された大事な仕事をするためとして、空き家になっている近くの浜辺に面した祖父の家で寝泊まりすることにしたオドレイは、キッチンの引き出しの奥から古びた日記を発見する。それは50年前に家出をして消息がわからない祖母ルイーズ(マリ=ジョゼ・クローズ)の日記だった。日記には、祖母の料理のレシピとともに、家庭にこもるのではなく仕事を持ちたいという祖母の強い欲求や子どもに対する思いが綴られていた。日記を見せるオドレイに、マルティーヌは母は自分たちを捨てて出て行ったと憤慨し、日記を見ようともしない。オドレイは日記をめくりルイーズの思いをくみ取ろうとするが・・・というお話。

 子どもの頃に母親に見捨てられたという思いを持ち続けるマルティーヌと、母親とうまくいかず遠くカナダで暮らすオドレイ。母の愛情を感じられず打ち解けられない2代の娘が、祖母の日記に秘められた事実を機会に誤解を解き母親との絆を取り戻すという家族愛のドラマです。
 普通の道を歩みたかったというオドレイが、オドレイの妊娠を機会に思い直してカナダからフランスに駆けつけて結婚しようというトムの申し出を拒否したあげくに、カフェのギャルソン(フランス映画ですからやっぱりウェイターやボーイじゃ・・・)を部屋に誘い入れて一夜の関係を結ぶというところ、私の感覚ではあんまりだと思いますけど、このあたりが現代女性の普通と現実と自由と葛藤なんでしょうか。

 67歳のドヌーブ。去年「シェルブールの雨傘」デジタルリマスター版を見ているだけにその落差は大きいですが、ずいぶんと貫禄が付きましたね。自信とともに憂いと葛藤を見せ続ける姿は、役柄のためでしょうけど、同じく年を重ね貫禄が付いてもメリル・ストリープのようなわかりやすいタイプにならないのはアメリカ映画とフランス映画の違いなんでしょうか。
 この3代の母娘、現代のマルティーヌとオドレイは体型が似ているのですが、祖母のルイーズはほっそりで、母娘っぽくない。そのあたりはキャスティングで考えて欲しかったなと思います。






最終更新日  2010年10月30日 20時20分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 戦国時代の北関東の小国を舞台に姫のガッキー(新垣結衣)と侍大将のつよぽん(草なぎ剛:「なぎ」が機種依存文字で楽天ブログに拒否されました)の愛を描いた映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を見てきました。
 封切り2日目日曜朝でしたが、3割くらいの入り。

 クレヨンしんちゃんの映画「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の実写映画化ですが、戦国時代にタイムスリップしたしんちゃん(映画では川上真一)とみさえ(映画では川上美佐子)にアニメのパワフルさが全く感じられません。実写版ですからさずがに「ぞうさん」や「お尻ぶりぶり」をやるのは無理なんでしょう(でも、クレしんならそれがないと・・・)けど、この映画見てると、しんちゃんもみさえもごく普通の人じゃないのと思います。

 戦場では鬼の井尻の別名を取る冷酷な戦の天才のはずのつよぽんが、無駄な殺生を避け、人情味溢れる人物になっているのは、だったら何故鬼の井尻と呼ばれるの?と思いますが、それはおいて、戦国の世での民の平和な暮らしを願い、身分を超えた愛を語り、小国の意地を見せるストーリーは、たぶんそれで通せばそれなりに見せ考えさせたと思います。
 でも、そこに現在からタイムスリップしてくる少年が入ることで、シリアスドラマになり得ません。

 大暴れさせないならしんちゃんらを戦国に送った意味がないし、まじめに平和や愛を考えるにはドタバタするし、なんか中途半端な感じがしました。
 クレしんらしくしんちゃん・みさえに大暴れさせてコミカルに行くか、いっそしんちゃんらは登場させずに時代劇として悲恋物にするか、どちらかに徹した方がよかったと私は思いました。






最終更新日  2009年09月06日 23時27分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年04月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 アカデミー賞外国語映画賞受賞作品「おくりびと」を、今さらながら見てきました。

 本木雅弘の納棺師としての仕事やそれ以外も含めた熱演ぶり、山崎努の先輩納棺師・社長の味わいは、敢えて指摘するまでもないでしょう。
 広末涼子は、演技としては声・しゃべりが設定より幼すぎるのが難ありですが、表情が生きていました。
 役者さんの演技のできに加えて、田舎町の四季の美しさや町並みの味わいも情感に訴えます。冒頭から庄内平野の冬の名物(近年は少ないと聞きますが)地吹雪が登場し、花、夕陽、田園などが効果的にちりばめられています。

 映画としてのできのよさは、今さら指摘してもしかたないので、別のことを考えます。

 やっと入ったオーケストラが解散してチェロ奏者としての道を断たれ、多額の借金を背負った小林大悟(本木雅弘)が、ワーキングプアやホームレスに転落することなく納棺師として再出発できたのは、母が残してくれた山形の田舎の店があったからです。その母も、女手一つで店を経営して大悟を育て上げて店を残して死ねました。女手一つでも子供を育て上げて家を残せる余裕、なんとか生活できる田舎と親の遺産。そういったものがまだある世代だから、またたまたまあった人だから再出発が可能でした。今すでにそういう田舎や親の遺産のない人が多くなっていますし、今後それはますます減っていくでしょう。その意味で、何年か後には、日本の田舎から出てきた青年がまだ恵まれていた時代の美しき物語と見られることになるでしょう。今でもそう見ている人も少なくないかと思いますが。

 納棺師の仕事が、友人からも「あんな仕事」と蔑まれ、夫の仕事を知った広末涼子はそれだけはやめて、普通の仕事をしてと言い、やめるまで実家に帰るとか、子供の前で仕事を説明できるかと言い募り、「汚らわしい」とまで言います。私には理解しかねますが、納棺師の仕事というのは世間では、そこまで蔑まれているのでしょうか。人の死体を扱う仕事ですが、その点では警察官や、鑑識の職員、そして解剖医も同じです。警察・鑑識の職員や解剖医が業務として蔑まれているとは思えませんが、納棺師は蔑まれているのでしょうか。人の死で商売をしているということなら、納棺師よりも葬儀屋や墓石業者の方が儲けているでしょうし、広い意味では保険会社など人の死で商売をしている業界はたくさんあります。もっと拡げて言えば、私たち弁護士も人の不幸で商売をしているとも言えます。むしろ、ヨーロッパでは伝統的に、人の不幸で商売をしている医者、弁護士、牧師にこそ高い倫理性を求めるとともにプロフェッションと呼び習わして敬意を表してきたはずです。もし世間で納棺師の仕事に強い偏見が持たれているのなら、この映画がそれを改める機会となればと思います。 






最終更新日  2009年04月02日 21時52分39秒
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.