000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Galaxy World

第5回

ピッ、ピッ、ポーン(時報の音)
アキッキー「毎度おなじみ冒頭の語り・・・
 もう、毎回タイトル変えるのやめようかな~と言うわけで早速魂LvMAXで行きたいと思います!!」

BGM:ROCKs
アキッキー「『スパロボGAラジオアキッキウェ~ブ~ん』!!」

アキッキー「ちわ~。
 思いがけず僕ネタの組織がACE3の組織に置き換わっていたことに対しに滅茶苦茶焦りを感じるアキッキーです。」
オルガ「アシスタントのオルガだ。お前も大変だな。」
アキッキー「うん。ACEシリーズ自体やったことがないから大変だよ・・・・
 というわけでこの番組は本ページのメイン「スーパーロボット大戦GA」3部作の魅力を
 ボクとこの作品に出演しているキャラクター達で一緒に語って行こうと言う番組です。
 と言うわけで悩んでいる暇ナッシング!無制限1本勝負!レディ、ファイト!!」

『この番組はGalaxyWorldの提供でお送りする~ん!!』

CM…『かの命』編
置鮎声の誰か「銀河の天使達、鋼の勇者達、そして荒野の渡り鳥達が織り成す銀河天使大戦の最終章が、今幕を上げる…!
 第3次スーパーロボット大戦GA終り無きプレリュード! 総ての未来の為に…飛べ、勇者達よ…!」

CM2:『絶対領域の第3次GA編』
BGM:EternalLove2004
アキッキー『ハイパーキャノン!!ついに来たスパロボGAサーガ最終章!!運命の翼がすべての銀河を翔る!!
 第3次スーパーロボット大戦GA~The preludewhichit dosenot end~好評連載中!!』

『スパロボGAラジオアキッキウェ~ブ~ん』

アキッキー「というわけで当初の予定を大幅に変更したシナリオを書くことに必死のアキッキーです」
オルガ「ちなみにこの台詞本当だぞ」
アキッキー「本当に辛いからこうやってラジオで息抜きしてるんだと思います・・・。
 というわけで今回のゲストはボク原案のキャラであるフウカ・ナカタニ嬢と
 壁際の燻し銀ことギリアム・イエーガーさんに来ていただきました!!」
フウカ「あの~良いんですか?新参者の私がほかの皆さんを差し置いて出演しちゃって・・・。」
アキッキー「良いって、良いって!!君をいじめる輩は誰であろうと容赦しないから!!」
オルガ「アキッキー・・・自分発信のキャラだからってそんなに興奮することないだろ」
ギリアム「そのとおりだ。少しは落ち着きたまえ」
アキッキー「すみません。つい興奮して・・・・という訳でまず最初はこのコーナー!!」

『プロフェッサーアキッキーのスパロボGAメカニックファイル』

アキッキー「今回は第1次GA登場の機体の中でボクがその設定に疑問を感じたこの機体を取り上げてみようと思います」

廃太子操りし狂気の黒十字『エオニア専用ジュデッカ』
エオニア戦役主犯エオニア・トランスバールが最終決戦において使用した機動兵器。
元々はL5戦役においてレビ・トーラー(マイ・コバヤシ)が使用したコードネーム『ホワイト・デスクロス』であるが、
当機体は黒き月の強化により漆黒に染まっている。
しかしこの機体、本来念動者専用機であるはずなのだがなぜエオニアがこの機体を運用できるかという点で不明な点が多い。

最終的に当局が推測した説は2つあり1つが何らかの補助装置が内蔵されていたと思われる説。
これはエアロゲイターの機動兵器の1つであるヴァイクルを非念動力者であるゲーザ・ハガナー(テンザン・ナカジマ)が運用していた
(独自見解としてSRWGA内でのL5戦役の内容はOGのリュウセイ編とαを下敷きにしています)
ことがあったためその技術を流用している可能性があると推測できるため。
もう1つはエオニアがこの時点で機体と一体化していたという説。
これはエオニアが出撃する前の戦いにおいてシン・アスカ、ラウ・ル・クルーゼ、ヘルハウンズ隊の7人が
各搭乗機に仕掛けられたSLAVEシステムにより半端末化してしまったという前例がある上、
黒き月のインターフェイス自体にそういう傾向があったためこの説もあながち否定できないと思われたためである。
しかしこの機体は最終的にSRXのZ・O・ソードにエオニアごと貫かれ破壊されたため真実は永遠に闇の中である。


オルガ「確かにそういわれるとあながちこの機体は疑問が多いよな。」
ギリアム「うむ。R-GUNリヴァーレ等ならある程度の説明は付くが・・・
 この機体に関しては半ば空神君のノリで出した感が感じられるな」
フウカ「あ、そういえば忘れてました」
アキッキー「どうした?」
フウカ「今回、この番組の原案を受け取った空神さんが、後付設定としてこれらの疑問に回答して行くそうです」
アキッキー「おお! それはありがたい!」
フウカ「ではまず、先程のエオニア専用ジュデッカの件ですが・・・」

エオニアの使用した黒いジュデッカは、黒き月によって改修がなされている。
念動力を持っていないエオニアでは、念動力を要するインターフェイスであるカルケリア・パルス・ティルゲムに適応できないため、
SLAVEシステムに加え、HALOシステムのデータを流用した特注インターフェイスを補助として組み込んだ。
念動力そのものは誰もが何かしらの形で持っているという仮説を取り入れ、そのテストを兼ねてのことらしい。


フウカ「・・・とのことです」
アキッキー「つまり、ボクの考えは半分正解だったってことだね」
オルガ「こんなカンジで、これからやる予定の疑問を説明してくれるのか?」
フウカ「内容によっては、後ほどになるかも知れないとのことです」
アキッキー「それじゃ、細かいところは空神さんに頼むとして、ここで一旦CM!」


『スパロボGAラジオアキッキウェ~ブ~ん』

<CM:第3次スーパーロボット大戦GA「スパロボW風編」>
BGM:Wのテーマ~億千光年の彼方へ~
アキッキー「スパロボGA、ついに完結!!2部構成でつづられる運命の最終章!!
 シリーズ最大の46作品(予定)が夢の競演を果たす!!
 GalaxyWorldでスパロボに熱くな~れ~~!!!第3次スーパーロボット大戦GA絶賛連載中!!」

『スパロボGAラジオアキッキウェ~ブ~ん』

アキッキー「さて、次のコーナーですが、スパロボGAの世界を本格的に掘り下げて見ようと思い企画したこのコーナーです!!」

『スパロボGAビフォアストーリーVerアキッキー特別編!!』

オルガ「何だ?この特別編って・・・?」
アキッキー「今までは空神さんの本家に合わせてキャラ別にスポットを当ててみましたが
 今回から数回に分けてスパロボGAにおける“空白の歴史”というものにスポットを当ててみようと思いまして特別編と称しました」
ギリアム「空白の歴史?」
アキッキー「いわゆるフューリア戦役やガンエデン事件など名前だけ出ているE.C.の歴史上の出来事を
 ボク的見解で話してみようというものです」
フウカ「なるほど。で、今回は何を話すんですか?」
アキッキー「今回は第1回目ということでE.C.229年以前、フューリア戦役を中心にSRWGA前史をあげてみようと思います。
 まずはフューリア戦役が起こったE.C.228年以前・・・」

<E.C.228年以前>
・E.C.223年ごろエオニアによる第1次クーデターが勃発するも失敗、国を追われる。
(またこの時期に起きたブルーコスモスによるテロでシンは家族を失う)

アキッキー「この当時の大きな事件としてはエオニアの最初のクーデターが上げられます」
オルガ「思えばここからこの作品のすべてが始まったんだな」
ギリアム「確かに。この事件はこの世界の歴史の大事な1ページと考えても過言ではないな」
アキッキー「つづいてE.C.228年。いわゆるフューリア戦役のおきた1年です」
フウカ「あ、ここから先は、空神さんの注訳が時々追加されます」

注訳:注訳の内容
フウカ「といった感じです」
アキッキー「文章でしかできないことを言わないで。では改めて・・・」

<E.C.228年>
・フューリア戦役勃発。おそらくDrヘルやザンスカールおよび宇宙革命軍はこの時期に目立って活動。
最終的に独立部隊「アガートラームズ」の活躍により、地球圏の戦乱は収まる事になる。
注訳:このアガートラームズという部隊名は後々重要な意味を持っていく予定です。
・戦後、スカル小隊+イサム、ガルドが新造艦『メガロード』で外宇宙へ飛び立つ。
・この戦役の序盤~中盤でOG1&OG2の話が一通り終結したと思われる。
・黒き月、ゼ・バルマリィ帝国外宇宙監査艦隊と交戦するが圧倒し、取り込む。その後・・・エオニアが黒き月と接触。

アキッキー「ここら辺からはかなりボクの推測も入るんですが
 フューリー戦役と銘打っていますが原作におけるDC戦争やL5戦役などもここに入ります。
 ちなみボクが予測した事態の進展はこんな感じです」

<前期>
・原作(SRWOG)におけるDC戦争&L5戦役。
・またこの時期ザンスカールもコロニー統合軍とは別口で行動しており
 こちらは早い段階で異星人(エアロゲイター)と手を組んでいたと思われる。
・最終的にザンスカール側はカガチの死などにより指揮系統が混乱事実上崩壊する。
・が、一部残党勢力などは宇宙革命軍に吸収される。
・またこの時期Drヘルによる機械獣を使ったテロ行動もごくたまに行われる。

<中期>
・原作(SRWOG)におけるインスペクター事件とアインスト事件+シャドウミラー事件。
 (ただしアインストとシャドウミラーは途中まで)
・この時期に表立って動いていたのはバン率いるノイエDCとザイデル率いる宇宙革命軍(+ザンスカール残党)、
 インスペクターの3組織でこれにシャドウミラーやアインストが裏で行動している。
・フロスト兄弟は宇宙革命軍→シャドウミラーへと所属を移している。
・ノイエDC、インスペクターは原作同様の展開で壊滅、
 宇宙革命軍はシャドウミラーに寝返ったフロスト兄弟のサテライトランチャーでザイデルが戦死したため事実上崩壊。
(その後ランスローの手回しで地球側との和平が結ばれる)
・なおこの時点でシャドウミラー側はオウカ、エキドナ、ウォーダンが死亡、アクセルが行方不明になっている。
・おそらくゲッター参戦はこの時期と思われる。
注訳:原作(新ゲッター)におけるプロトゲッターが参戦したということで(パイロットは早乙女達人、一人乗り)
・ドクターヘルはほぼ前期と同じような行動。
・フルメタのアマルガムはこの時期に目立った行動を幾分かはとっているが(ガウルン関連など)基本はあまり動かない。

<末期>
・フューリー本格参戦。これに伴い統夜、カルヴィナも参戦。
注訳:オリジナルキャラの如月リュウヤも、フューリーの実験台にされた少女・ヤヨイを救出し、参戦。
さらに、アクセルもカティア・テニア・メルアの三人と共に記憶喪失で再登場する。
・序盤ヘルの総攻撃が行われその最中甲児が行方不明に(マジンカイザー1話の展開)。その後カイザーに乗り換え。
注訳:早乙女博士、マジンカイザーの抑止力として新ゲッターの開発に乗り出す。
・シャドウミラー、今度はフューリーに取り入る。
・この時期の始めのほうでアインストにとらわれていたエクセレン救出。
・中盤アクセルの記憶が戻る。そして彼もまたシャドウミラーを裏切ることを決意する。
・同時期地獄島での決戦でヘルが倒される。
・フューリーの総代騎士であるグ=ランドンが倒れ、その後シャナ=ミアが代表となり和平の道を進む。
・その際シャドウミラー陣営はまとめて追い出された形になる。
・最終的にOG2と同様の展開となりシャドウミラーとアインストと決着をつける。


フウカ「結構考えてますね」
アキッキー「でもこれはあくまで推測の歴史だから正しいかどうかは微妙だけどね。
 で、最後はトランスバールとの交流が始まる直前でもあるE.C.228~229年までを見てみよう」

<E.C.228~229年の間>
・おそらくこの時期にシン・アスカがエオニア軍に入隊。
・この時期ラ・ギアスとセフィーロの2世界がデボネアの手により融合。
 魔装機神と魔法騎士チームが力をあわせデボネアを打ち倒す。その後、5国の間で異世界同盟結成。
・メガロード出航後、ユルゲン博士の半ば暴走によるバルトール事件がおこる。
(本作内ではOVA版の設定がメインになっているそのためラミアは消息不明になっていない)
注訳:新ゲッターロボ完成。竜馬がゲッターチームにスカウトされ、謎の敵組織の襲撃によって達人が死亡。
(原作新ゲッターロボ第1話参照。ただし、敵は「鬼」にあらず)
・また、アイビス・ダグラスが事故ってヘタレ化したのもこの時期と思われる。


オルガ「オイ、アキッキー。最後の一文はアイビスに対して失礼じゃないのか?」
アキッキー「だって時期を考えるとこの辺としか考えられないもん。」
ギリアム「まあ確かに否定は出来ないが・・・。」
アキッキー「というわけで今回は第1次GA以前の歴史を紐解いてみました。
 次回は第1次GAと第2次GAの間にあったとされるガンエデン事件中心とした時列を紐解いていこうと思います」
フウカ「最後に空神さんからメッセージです。本来はキャラにスポットを当てることで少しずつ紐解いていこうと思ってましたが、この際出来る限りまとめて出すようにしてゆきますとのことです」

『スパロボGAラジオアキッキウェ~ブ~ん』

『アキッキーのこれは良い曲だ~!!』
BGM:運命のDear(歌:橘ゆず)
アキッキー「というわけでEDコーナー!今回はブロッコリーが出しているシュミレーションゲーム
 『プリンセスコンチェルト』のOPです。」
オルガ「で、今回の選曲理由は?」
アキッキー「今回はブロッコリーつながりと言うわけで選曲してみました。
 ちなみにこのゲーム、主人公の声がタクト(うえだゆうじさん)、ヒロインの1人フローラの声がミント(沢城みゆきさん)
 サブキャラにはフォルテ(山口眞弓さん)、蘭花(田村ゆかりさん)、ウォルコット(藤原啓治さん)、ミルフィー(新谷良子さん)、
 ちとせ(後藤沙緒里さん)、ヴァニラ(かないみかさん)とGAのレギュラーキャストが総出演しているんだよね。」
ギリアム「相変わらず思いつきの選曲だな。」
フウカ「でもそれがアキッキーさんらしいですよ。」

アキッキー「さて、長々とやってきたこの番組もお別れの時間となりました。
 今後の地球とファルガイアの展開を気にしつつ今回はしめようと思います。」
オルガ「と言うわけでこの番組の参加者は俺オルガ・サブナックと」
フウカ「フウカ・ナカタニと」
ギリアム「ギリアム・イエーガーと」
アキッキー「アキッキーでした!!と言うわけで次回も!!」
4人「「「「絶対見る~ん!!」」」」

<歌詞抜粋>
記憶の欠片をつむぎ伝説は繰り返し
私へと時はめぐる果てないSymphony
遠く聖地を目指した旅人達のように
永遠を信じている運命のDear

『この番組はGalaxyWorldの提供でお送りしました。ENDです』


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.