000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Galaxy World

第1回

???「こことは違う並行世界…そこでは、ご都合主義でいろんな芸当が出来ることがあるのです」

BGM:radiance
『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』

シノン「どうも~! 『スターシップ・オペレーターズ』の香月シノンです!」
ミユリ「同じく秋里ミユリです!」
ファルス「スパロボGAオリジナルから、ファルス・ガイアードでっす!」
レグ「同じく、レグネス・アーレンハインです…」
ファルス「ほらほら、そんな堅苦しくスンナって!」

シノン「さて、この『スターシップ・レディオ・シップ』は、
 スーパーロボット大戦GAに関することをバンバン語ろうというコーナーです」
ミユリ「執筆者である空神さんだからこそ語れる話もあるかも!」
ファルス「俺たちも全力全開でトーク…出来ればいいなぁと思ってるので宜しく!」
レグ「なぜ、ネガティブなんだ…」
シノン「それじゃ、改めて…『スパロボGA不定期ラジオ…スターシップ・レディオ・シップ!』

ファルス「ワイルドアームズ2のリメイク早く出ないかなぁ……」


『この番組はGalaxyWorldの提供でお送りしますッ!』

CM…
BGM:GONG
アシュレー「僕達の思い、届けッ!!」
ミルフィーユ「この銀河の未来を守るため、私たちは戦う!!」
ガロード「俺たちの正義と愛と持てる力の全てを込めて!!」
ルナマリア「戦いの最後に待っているのは絶望か希望か・・・・」
光「絶対負けないッ!!」
リュウセイ「これでぇ、終わりだぁぁぁ!!!」
全員「ウォ~~!!!第3次スーパーロボット大戦GA!!」
置鮎声の誰か「総ての未来の為に…飛べ、勇者達よ…!」

『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』

シノン「改めまして香月シノンです」
ミユリ「秋里ミユリです」
ファルス「ファルス・ガイアードに…」
レグ「レグネス・アーレンハインです」


シノン「まぁ、あたし達でこの企画をやるとは思っても見なかったわね」
ミユリ「けど最初に言っちゃったようにここでやってる私たちは並行世界の私たちだから本遍とは一切関係ないのよね」
レグ「それを言ってはいかんだろう…」
ファルス「ま、駄弁りはそこまでにして早速言ってみよう!」

『スパロボGA・ビフォアストーリー…』

シノン「これは、スパロボGAシリーズ本遍が始まる前の話にスポットを当てて行こうというコーナーです。
 第1回は主にこのキャラ…アクセル・アルマーさんにスポットを当ててみました!」
ミユリ「今は私達の仲間の一人だけど、どんな話があったのかな?」
ファルス「それについて出が、空神が書いた設定をちょっと拝借してみたぜ」


アクセル・アルマー…
フューリア戦役初期に勃発したDC戦争・L5戦役の最中で次元転移して現われる。
その後、ノイエDC蜂起時に特殊部隊隊長としてハガネ・ヒリュウ改を中心とする政府軍の前に立ちはだかるものの、
インスペクター事件にてキョウスケのアルトアイゼン・リーゼと対峙、敗北してMIAとなる。


レグ「ふむ…ここまでは原作のOG2と同様の扱いだな」
ファルス「だが、ここら先は空神が設定したらしいぜ」

その後、アインストがホワイトスター(ネビーイーム)を取り込む際に排斥され、
宇宙の藻屑へとなりかけたが、極秘行動を起こしていたフューリーの部隊に偶然発見され、捕獲される。
(この時のフューリー部隊、実はアシュリー・クロイツェル社を壊滅させるための部隊でもあった)
その後、意識を取り戻すのだが記憶を失い、フューリーにサイトロンの実験に対する被験体としての日々を送ることになる。
(この間にカティア、テニア、メルアの三人に出会った)
だが、エ・セルダ・シューンとフランツ・ツェペリンによって脱走することに成功。
カティア、テニア、メルアの三人と共にグランティード、ベルゼルート、クストウェルの三機を載せた輸送船で脱出。
その後、追跡部隊を迎撃するために一番しっくりくる理由でクストウェルに乗り込み、一番心を開いていたメルアと共に出撃した。
そして戦闘を発見して駆けつけたハガネに救助された。


ファルス「それ以降は、キョウスケ中尉たちと色々ありながらJとほぼ同じシナリオをやってきたらしい」
レグ「成る程…しかしかなり強引な設定だな」
シノン「多分空神さんが、OG3でのアクセルの復活方法を模索した結果がこれなんでしょうね」
ミユリ「キョウスケさんとの記憶を取り戻して、その葛藤を乗り越えて、
 今はキョウスケさんの親友兼ライバルということになってます」

シノン「他にも、気になるキャラの過去を知りたいというのがあったら、掲示板にちょびっと書き込んでみたらいかがでしょうか?」
ファルス「余程のものでない限り、多分出来ると思うんで宜しく!」
レグ「だからなんでそんなにネガティブなんだ…」
シノン「以上、スパロボGA・ビフォアストーリーでした」

アイキャッチ。『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』

CM…
置鮎声の誰か「銀河の天使達、鋼の勇者達、そして荒野の渡り鳥達が織り成す銀河天使大戦の最終章が、今幕を上げる…!
 第3次スーパーロボット大戦GA 終り無きプレリュード! 総ての未来の為に…飛べ、勇者達よ…!」

アイキャッチ。『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』

『スタオペチームの、原作を偲ぶ…』

シノン「このコーナーは、私とミユリがスパロボGAに参戦している原作を把握しようとするコーナーです」
ミユリ「今回紹介する原作は、これです!」

『WILD ARMS 2nd Ignition』

シノン「第2次から登場した原作ね」
ミユリ「そ! 惑星ファルガイアを舞台にしたファンタジーRPG…なんだけど」
シノン「キャラクターやシナリオ、演出面において、
 宇宙刑事ギャバンやウルトラマンをモチーフにした特撮風味が随所にちりばめられているのが特徴ね」
ミユリ「焔の災厄と聖剣を身に宿した青年アシュレー・ウィンチェスターさんを主人公とした、
 『英雄』の物語なのです!」
シノン「本来は、ロボットのロの字も出てるかどうか怪しいものだけど、
 本家スパロボでテッカマンブレードとかデトネイター・オーガンとか出ちゃったから、
 テッカマンブレードに近い感じがするこの作品がめでたくこのスパロボGAに参戦できたってわけ」
ミユリ「でも流石に、諸々の設定は変えてあるけどね」
シノン「現在スパロボGAでは、この原作のシナリオを既に半分終えてるけど、
 これからが本番といっても過言じゃないからのでとても気になるわね」
ミユリ「アシュレーさん達、頑張ってね!」
シノン「以上、『スタオペチームの原作を偲ぶ…』のコーナーでした!」

BGM:Eternal Love 2004
ファルス「さて、スパロボGA不定期ラジオ、フリーダム・レディオ・シップ。いよいよお別れの時間がやってまいりました」
レグ「今回は初の試みということもあり、二つしかコーナーが出来なかったが…」
ミユリ「楽しんでもらえたのでしたら幸いです!」
シノン「この番組は不定期ということもあり、次回はいつやるかはわかりません。
 ですが、もしまたやれたらぜひ楽しく語っていきましょう!
 それでは、お相手は香月シノンと!」
ミユリ「秋里ミユリと!」
ファルス「ファルス・ガイアードと!」
レグ「レグネス・アーレンハインでした」
『まったね~ッ!!』

『この番組はGalaxyWorldの提供でお送りしました』


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.