000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Galaxy World

第4回

???「こことは違う並行世界…そこでは、ご都合主義でいろんな芸当が出来ることがあるのです」

BGM:radiance
『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』

シノン「どうも~! 『スターシップ・オペレータズ』の香月シノンです!」
ミユリ「同じく秋里ミユリです!」
ファルス「スパロボGAオリジナルから、ファルス・ガイアードでっす!」
レグ「同じく、レグネス・アーレンハインです」

シノン「さて、この『フリーダム・レディオ・シップ』は、
 スーパーロボット大戦GAに関することをバンバン語ろうというコーナーです」
ミユリ「執筆者である空神さんだからこそ語れる話もあるかも!」
ファルス「俺たちも全力全開でトーク…出来ればいいなぁと思ってるので宜しく!」
レグ「だからなぜ、ネガティブなんだ…」
シノン「それじゃ、改めて…『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シップ!』

ファルス「空神さんは最近すっかりモンスターハンターの虜になってるぞ~」
レグ「おかげでGA2とアルトネリコ2、スクコマ2ndも停滞中だとか・・・」

『この番組はGalaxyWorldの提供でお送りしますッ!』

CM…『新たなる愛の絆』編
BGM:Angelic Symphony
ちとせ「天使達の交響曲が奏でられし時…」
ライ「銀河の未来をかけた最後の戦鐘(ゴング)が鳴り響く…」
二人「第3次スーパーロボット大戦GA、終り無きプレリュード!」
ちとせ「今、永遠を誓ったあなたの為に…!」


『君があきらめたら…』編
置鮎声の誰か「現れた災厄…数多の星の異変…そして終焉の銀河へ…全ては、彼等の手に委ねられた…
 第3次スーパーロボット大戦GA、終り無きプレリュード…君があきらめたら全てが終わる


『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』


シノン「改めまして香月シノンです」
ミユリ「秋里ミユリです」
ファルス「ファルス・ガイアードに…」
レグ「レグネス・アーレンハインです」

シノン「そんなこんなですっかりアキッキーさんのに差をつけられつつも、第4回を迎えることが出来ました」
ミユリ「アキッキーさん、アイデアをうまく生かせず御免なさい・・・」
ファルス「全然知らない原作を無理に使うよりはってことで」
レグ「それに(2007年11月17日)現在空神氏はリアルで就職試験直前なのだが・・・」
ファルス「まぁ息抜きってことでしょ。それじゃ早速いってみるかッ!」

『霊剣コンビの、スパロボGA・ビフォアストーリー!』

ファルス「これは、スパロボGAシリーズ本遍が始まる前の話にスポットを当てて行こうというコーナーだ。
 第4回もアキッキーさんからのリクエストとして、ガンダムXとVガンダムの皆にスポットを当ててみたぞ!」
レグ「もう企画ページにも一部出してしまったが、改めて紹介しよう」


フューリア戦役初期、DC戦争。
この時、コロニー統合軍と連携したDCはコルムナ占拠によって連邦の通信網を遮断。
連邦軍は起死回生の手段として特化した戦力による拠点強襲の案を採用。

地上では極東支部のハガネを旗艦にし、SRXチームとマジンガーZ、そしてサイバスターが。
宇宙ではヒリュウ改を旗艦としATXチームとソウルガンナーが集結。

そして、ギリアムの発案したオペレーション・ブレイクアウトを実行に移すため、ハガネはジブラルタルで宇宙に上がることに。
そこで現地の協力者としてハガネに加わったのが、リガ・ミリティアである。

ウッソ・エヴィンもDCの襲撃を受け、なし崩し的にVガンダムのパイロットとなり、仲間達と共にハガネに乗り込むこととなる。
当時はマルチプル・モビルスーツとして連邦軍のパーソナル・トルーパーと互角のスペックを持っていたVガンダム。
15年前の戦争で戦った決戦用MSと同じ名前ではあるが、リガ・ミリティアにとってはある存在に対する反抗の象徴でもあった。

木星帰りの多いザンスカール軍はジュピトリアンと名乗り、後にエアロゲイターと手を組むことに。
リガ・ミリティアはジュピトリアンの存在と危機に備えて結成されたというのである。

その後、L5戦役を経てジュピトリアンはエンジェル・ハイロウの暴走やカガチの死等により指揮系統の混乱によって崩壊するが、多くは宇宙革命軍に吸収された。


レグ「Vガンダムに関してはこんな所だろう」
ファルス「ついでに隠し設定として、カテジナとクロノクルはこのときにザンスカールを離反して仲間になっていたりするぜ。
 じゃ、次いくぜ」

フューリア戦役の中期。
DCの旧スクール施設を利用していたアルタネイティヴ社にいたティファ・アディールが、ジャミルたちによって奪還される。
その後、バルチャーの少年ガロード・ランがティファと出会い、彼女の導きによって15年前の決戦用MS…ガンダムXに乗ることに。

更に原作通りにフリーデンのクルーとして行動することになり、リガ・ミリティアと合流。
アガートラームズのメンバーとして迎え入れられる。
※DXは、シャドウミラーがこちらの世界のMS(ジャミルのGX)に独自の技術で改修したという設定で。

そして、リガ・ミリティアとフリーデンクルーは原作のイベントをいくつか経てアガートラームズとしてフューリア戦役を戦い抜く。

宇宙革命軍の壊滅、D.O.M.Eとの接触、そしてフロスト兄弟との決戦。

ウッソ&ガロード対フロスト兄弟のタッグバトルとなり、最終的にはサテライトキャノンとサテライトランチャーの相打ちとなって終わる。
(このときフロスト兄弟は行方不明となる)

その後フューリア戦役を最後まで戦い抜き、ガロードたちはそれぞれの道へ、ウッソたちは故郷のカサレリアへと戻った。



ファルス「…とまぁ、こんな感じかな?」
レグ「相変わらずのはしょり説明だが、何とか分かってもらえれば嬉しい」
ファルス「他にも、気になるキャラの過去を知りたいというのがあったら、
 掲示板にちょびっと書き込んでみたらいかがでしょうか?
 余程のものでない限り、多分出来ると思うんで宜しく!」
レグ「だからなんでそんなにネガティブなんだ…」
ファルス(無視)「以上、霊剣コンビのスパロボGA・ビフォアストーリーでした」

アイキャッチ。『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』

CM…
『ワイルドアームズ5風』編
BGM:Justice to Believe
統夜「正義とは…運命とは…英雄とは…戦いとは…希望とは…その答えが見つかる最後の物語。
 第3次スーパーロボット大戦GA、終り無きプレリュード…」

アイキャッチ。『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』

『スタオペチームの、原作を偲ぶ…』

シノン「このコーナーは、私とミユリがスパロボGAに参戦している原作を把握しようとするコーナーです」
ミユリ「今回紹介する原作は、これです!」

『魔法騎士レイアース』


シノン「1993年11月から1996年4月まで月刊少女漫画雑誌『なかよし』で連載され、1994年から1995年にかけてアニメ化された
 CLAMPの作品です」
ミユリ「後の1997年にはOVA化もされたのよね」
シノン「ちなみに、空神さんも当時リアルタイムで見てました」
ミユリ「東京タワーでの社会見学中、中学2年生の3人の少女…獅堂 光、龍咲 海、鳳凰寺 風が偶然出会った途端、
 異世界「セフィーロ」に召喚されます。その直後、導師クレフの導きを受けて、
 3人は魔法騎士(マジックナイト)としてセフィーロを救う旅に出る事になるのです」
シノン「神官ザガートはセフィーロの要である『柱』のエメロード姫を捕らえ、セフィーロは危機に陥った。
 3人の魔法騎士はザガートを倒すための協力者らと出会い、武器と防具を手に入れて成長させ、困難を乗り越え、
 立ちはだかるザガートの手下と戦い、ついに魔神を手に入れザガートに戦いを挑む・・・
 というまさにRPGとかでよくある正統派なファンタジーだったの・・・でもこの作品、実は二部構成でこれはまだ第1部のお話。
 しかもその第1部最終話は空神さんも驚いたそうよ」
ミユリ「実はエメロード姫・・・ザガートを愛してしまって、柱としての役目が全うできなくなってしまったの。
 そして、自分を殺すために魔法騎士を召還したのよ・・・」
シノン「異世界セフィーロは、柱と呼ばれる存在の祈りによって成り立つ世界・・・柱がなくなればセフィーロは滅びの道をたどる・・・
 柱の存在が揺らいだとき、その柱を討つ為にある存在・・・それが、魔法騎士だったの。
ミユリ「第2部は第1部での結末を受けて、東京タワーで再会した彼女たち3人が今度は自らの意志でセフィーロに赴き、
 崩壊の危機に加えて他国の侵攻に晒されているセフィーロの為に、そして彼女たち自身の後悔を断ち切るために戦う事になるの」
シノン「ちなみに原作漫画版とアニメ版では物語と結末が異なっているわ。
 基本的に、「柱」というシステムを否定して世界に生きる人々全ての想いによってセフィーロを支えるという結論に至るけど…」
ミユリ「アニメ版はオリジナルキャラクターのデボネアがラスボスになっているのよね」
シノン「こんな感じで、魔法騎士レイアースの説明は以上かな?」

ミユリ「ここでトリビアをいくつか・・・アニメのオープニング作画はあの大張正巳さんが担当していました」
シノン「ダンクーガやドラグナー、テッカマンブレードでおなじみのあの人ね…」
ミユリ「あと、声優陣も何人かはスパロボ参戦者ということもあるわね」
シノン「…よく色々と調べたわね。星しか興味がないのかと…」
ミユリ「何よ、たまには寄り道しても良いでしょ?」
シノン「ま、そうれもそうね。そんなわけで、以上、スタオペチームの原作を偲ぶでした!」

アイキャッチ
『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』

CM…
『かの命』編
置鮎声の誰か「銀河の天使達、鋼の勇者達、そして荒野の渡り鳥達が織り成す銀河天使大戦の最終章が、今幕を上げる…!
 第3次スーパーロボット大戦GA 終り無きプレリュード! 総ての未来の為に…飛べ、勇者達よ…!」

『スパロボGA不定期ラジオ…フリーダム・レディオ・シ~ップ!!』

『エンディング・フェイバリットソング』
BGM:本気の嘘
ファルス「さて、スパロボGA不定期ラジオ、フリーダム・レディオ・シップ。いよいよお別れの時間がやってまいりました」
レグ「今回のエンディング・フェイバリッとソングは織田かおり氏が歌う「本気の嘘」だ」
シノン「PSPソフトのワイルドアームズ・クロスファイアのOPね」
ミユリ「渡辺 真知子さん、麻生かほ里さん、水樹奈々さんに続く第4のWAシンガーで、負けず劣らずの歌唱力を持ってますよ!」
シノン「さて、こんな感じでお送りしていきましたが…」
ミユリ「楽しんでもらえたのでしたら幸いです!」
シノン「この番組は不定期ということもあり、次回はいつやるかはわかりません。
 ですが、もしまたやれたらぜひ楽しく語っていきましょう! それでは、お相手は香月シノンと!」
ミユリ「秋里ミユリと!」
ファルス「ファルス・ガイアードと!」
レグ「レグネス・アーレンハインでした!」
『まったね~ッ!!』

(クライマックス拝借)
壊れた夢の欠片 絶えず降り注ぐなら
見知らぬ手と手を繋いで
悲しみの雨 駆け抜けて

過去と未来が逆巻く 昏い世界の果てに
奇跡の花が放つ輝き
いつかこの手に掴んで ここにいないあなたと
高鳴る胸の鼓動 重ねて・・・・・・



『この番組はGalaxyWorldの提供でお送りしました』


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.