000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Galaxy World

アニメスパロボOG感想・後編

第19話「魔星、現る」

今回も派手な展開は少しだけにとどまりました。

ただ、一気に急展開する物語の前振りみたいなものだと思っています。

本格的な活動を開始した異星人エアロゲイター。
手始めに戦車・戦闘機のパイロットをメインに人攫い(変な言い方ですが事実)

それを阻止するためにSRXチームが地上に戻ります。
そして救援先の部隊長には、あのハルマ中尉が登場!

久しぶりの再開でしたが、今はそれ所ではなく。

リュウセイが段々と主人公らしくなっていきました。
初期の偵察用とは異なり、バリアを標準装備したメギロート相手でも全力で攻撃。

まぁ、そんなこんなで撤退したわけですが。
その後、遂に毒蛇の牙ハンス・ヴィーパーが行動を起こします。

原作OG1より遥かに地味に(←コレ重要)シャイン王女を拉致。
アースクレイドルに身を潜めるDC残党の下に向かいました。

己の保身しか考えていないハンスに怒りを覚えるリュウセイたち。
エアロゲイターの脅威が本格的になりつつある中、イングラムはクスハをグルンガスト弐式の正式パイロットに任命します。

そして、アースクレイドルで密かに量産型ヴァルシオンを建造していたアードラー。
次回はいよいよ真の決戦の時が…


次回「落日のDC」
予告は珍しくまともでした。
そして、テンザンも…CDも本当の意味で最後の時が訪れようとしています。


第20話「落日のDC」

いよいよDCとの決戦の時。
どうやらラトゥーニは密かにシャインからもらった新しい眼鏡に換えていたみたいです。
あと、ラーダはヴィレッタと通信会話。
やっぱしヴィレッタさんは最終的に味方につくみたいですね。

ちなみに、ゲシュの通常武器もメガ・ビームライフルに装備変更。
密かに嬉しい調整です。

そしてDCとのライスとバトルはなんというか、展開のスピードがめっちゃ速く感じました。
が、スピード感が会って逆に良いかと(好きなことに関しては前向き思考万歳な自分です)
しかし、まさかヴァルシオン改が4機も出てくるとは思いませんでした。
(2号機はテンペスト、3号機はテンザン、4号機にはシャイン王女)
そしてそれぞれのパイロットにそれぞれの相手で見事に決着がついたようです。

が、エクセ姉さ~ん…よりにもよってゴキブリネタを振らないで下さい(汗)
ベルグバウを連想してしまい、複雑な気分になりますから。
(ベルグバウは好きですが、ゴキブリは嫌いっす)
エクセレン「1匹見つけたらあと5万匹はいるってやつ?」
ブリット「それはゴキブリです…」
キョウスケ「しかも数が多すぎるぞ…」

まずテンペスト戦ではタスクが大活躍。
タスクは、ジガンスクードにこめた決意の言葉を思いっきり暴露。
勝平さん…ノリノリで真面目に見事にヒーローを演じていましたね。
そしてレオナがいい具合に援護。この後タスクが彼女に惚れるのかと思うと…あ。
テンペストが踏み台っぽくなってしまうという見識ができちゃいますね(ぉ)
ちなみにトドメはジガンスクードのシーズサンダーでした。

次にシャイン王女。救出するのは、ラトとライとアヤ。そしてイングラムとATXチーム。
(密かにアヤがシャイン王女の存在を察知)
エクセレンの粋な言葉にラトゥーニは勇気をもらい、いざ攻撃開始。
シャイン王女の予知能力が追いつかなくするように波状攻撃を仕掛け、ラトが説得。
危うく攻撃されそうでしたが、R-2に乗り換えたライがビームチャクラムとマグナ・ビームライフルの連携戦法で阻止!
無事助け出すことに成功しました。

最後のテンザン戦ではイルムとマサキとリュウセイが挑む。
マサキのサイバスターによるアカシックバスターでバリアを打ち破り、
イルムのグルンガストによる計都羅コウ剣(コウが変換出来ない…)でトドメという戦法。
(羅コウ剣は所謂ヒートソード系みたいだということが分かったのは嬉しいですね)
肝心の必殺剣がかわされたところを、リュウセイが新・必殺技T-LINKソードで決めてくれましたッ!
OPと同じモーションでめちゃくちゃカッコいいです!

そして、レオナがいるということは、エルザム兄さんもいるわけで、クロガネが『味方』として登場ッ!
キラーホエールもクロガネによって撃沈(密かに魚雷もドリルでした)
裏切ったハンスも一緒に死にました(あっけ無さすぎ…)

そして密かに1号機のヴァルシオン改で脱出したアードラーは、リューネとゼンガーによって引導を渡されました。
(勿論、斬艦刀で真っ二つです)

こうしてDC残党との完全決着がついた矢先…!
衛星軌道上に配置したエアロゲイターの主力戦艦『フーレ』による軌道上砲撃により、
連邦の総本山であるジュネーブが消滅。
と、この辺で今回は終了です。

次回「疑念」
もうファイナル・オペレーションの準備が開始されるみたいです。
ちなみにオペレーションSRWのSRWは言うまでも無く、「Super Robot Wars」の略です。
ベタにもほどがありますが、マジなんです。


第22話「裏切りの銃口」

第21話は中途半端に録画されていたのでパスします。

今回はディバインウォーズ一番の山場。
細かい解説はあえて書かないでおきます。

原作OG1と、そのダイジェストとなったαドラマCDでのバージョンよりも、かなり上を行く展開でした。

遂に現れたエアロゲイターの「人型」兵器ゼカリア。
本腰を入れた証拠であります。

さらに、フーレが唐突に砲撃乱射。コレは何で?と思いましたが、まさか最後の伏線になるとは…

そして、ヴぁリアぶるフォーメーションの失敗と…

イングラム・プリスケンの裏切り。

イングラムは、エアロゲイター側の人間だったという事実に、リュウセイたちはブチ切れ。

決死の反撃を試みるも、あえなく惨敗。
そして、クスハまでさらわれてしまい、今回はここまで。

ゲームとしての雰囲気より、純粋にアニメとしては素晴しい展開だったと思います。

次回「決別の日」
急展開となりますが、シリアスな時に予告コントしないでくださいよ…


第23話「決別の日」
今回はラストバトル前のインターミッションといったところです。

幾分が原作とは違う展開になりましたが、尋問シーンがない辺り良かった気がします。
また、SRX計画が先に凍結されるというのは原作とは順序がかわっていましたね。

ここで一気に真実が明かされるということは、まとめの準備に差し掛かったとないうのが正直な言葉です。

クスハの救出を決意するブリットを初めとしたα主人公ズ。
(最後の二人であるユウとカーラは密かにエクストラみたいな感じで登場してました)
相変わらず察しの良いことを言ってくれるキョウスケ&エクセレン。
自分の念動力が、母親のユキコから受け継がれたことを知るリュウセイ。
(ユキコの念動力はアヤ達よりも遥かに強く、もし念動力を失っていなければ…っとネタバレですね)
キョウスケ達は先に宇宙へ上がり、オペレーションSRWを開始する…
そして、クスハは案の定洗脳されてました(ぉ)

ちなみに、ブリットはグルンガスト2号機に乗り換えになったです。漸く。
そして艦長陣も決意の言葉を…
(ちなみに、ダイテツ艦長のお気に入りの酒は「『振袖』大吟醸」と呼ばれる日本酒で、実在する酒らしいです)

そして、OP「RISING FORCE」に秘めたメッセージの通り、『真実を掴む』ために最後の戦いを決意。
レイカー司令たちも罪を背負うことを覚悟の上で、SRXチームを宇宙に上げる。

アヤはイングラムの真意を知るために…
ライはシャイン王女の願いを果たすべく…
そしてリュウセイは、未来を掴むべく…

SRXチームはそれぞれのやるべきことの為に、最終決戦へと赴く……



第24話「集う力」&最終話「ディバイン・ウォーズ」

今回はラストバトルスペシャルとしてまとめさせていただきます。

いよいよ始まったオペレーションSRW。
ブリットはクスハを助けるため、弐式に単機突っ込む。

最終決戦の中で、それぞれの決意と想いが語られる中、
(リョウトがリオに告白まがいのことをいったり、リューネがマサキへ既に惚れていたり、
アタッドが乗るヴァイクルの攻撃からレオナをかばうタスクとか…レオナはツンデレってやつですね)

そんな中、連邦宇宙軍は切り札であるH-MAPWでネビーイームに仕掛けるものの、
レビが言うジュデッカによるバリアで塞がれてしまう。
(H-MAPWは超強力なMAP兵器を示しますが…原作では核ミサイルでした)

かなりの強敵であるヴァイクルに、ハガネとジャーダ小隊がピンチに陥るものの、
そこに現れたのは…SRXチームッ!!

決意を新たにしたSRXチームの前に、アタッドもほとんどなすすべがなく撃破される。
その時に、真実を見つけたアタッドはそのまま命を散らした…

そして、いよいよ現れたイングラムを前に、リュウセイたちは合体する…!
今度こそ…合体に成功し…遂に現れた天下無敵のスーパーロボット…SRXッ!!

迫り来るゼカリアの大群をテレキネシス・ミサイル、ハイフィンガーランチャー、
そしてバンプレビーム…もとい、ガウンジェノサイダーの一斉発射で一掃!

そして、イングラムへの突撃と共に第24話は終了。

そのあとから始まる最終話、SRXは怒涛の勢いで攻撃を続ける。
OPでいきなりキョウスケとエクセレン、カイ少佐とギリアムでP-GUNが落とされました(早ッ!)

が、そのあと第3次αのあの演出でゲートを開き、R-GUNリヴァーレが登場。
その後、立て続けにレビのジュデッカが登場し、全ての真実が明かされる。

そして…自らに課して信念を貫くために…この星の明日の為に、
我等がスーパーロボット軍団はラストバトルに挑むッ!

この戦いのシーンは見事にスパロボそのまんまなので端折らせて頂きます(ぅおいッ!!)

そして、R-GUNリヴァーレを撃破したが、ジュデッカに乗るレビ…マイを助けることが出来なかった…。
(が、何か爆炎の中から破片みたいなものが落ちてたので多分そこにマイがいるかと…)

コレで戦いが終ったと思いきや…おいおいッ! 隠しボスのセプタギンまで出しますか!

んが、サプライズはコレで終わりではありませんでした。
セプタギンの中に捕らわれたSRXを助けたのは…アストラナガン!?

しかも第3次αの主人公クォヴレーが…世界を超えてリュウセイたちに力を貸してきたのですッ!
(なんかデウス・エクス・マキナみたいな演出だなという批判もありますが、まぁスパロボだからいいか!)

そして…クォヴレーの乗る機体ディス・アストラナガンと融合(悪魔合体)したSRXが…無限光『アイン・ソフ・オウル』でセプタギンに止めを刺すッ!
最後にスーパーロボット軍団の一斉攻撃でセプタギンは星の海に沈みました…

セプタギンの中にいた仮面の男の正体はイングラム…彼もクォヴレーの言う「ゴッツォの人間」に操られていた存在だった…
だが、その楔から…リュウセイたちは解き放つことが出来た。

今は、みんなのいるところに帰るとしよう…

こうして、後に「L5戦役」と呼ばれる戦いは幕を閉じた。
そしてこのアニメも終幕の時が来ました。



超豪華ともいえる声優陣と、アニメは始めてである我等が寺田プロデューサーの挑戦。
半年間、本当にお疲れ様でした!
自分は結構満足です! 田舎に住んでる一スパロボファンとして、これからも応援いたしますよ!


そしてED後、リュウセイはこう言いました…
「俺達の戦いは、まだ終らない…! 本当の『OG』は、ここから始まる…ッ!!」

そう、遂に再び動き出したのです。
「スーパーロボット大戦OG オリジナルジェネレーションズ」が!
1分という最長の限定CMが遂に流れました。

始めの頃に比べると結構改良が加えられているのがわかりました。
ツインバトルシステムの画面では各キャラにメッセージが載っていたり、
ウィンドウもさらにパワーアップしていたり…
そして戦闘アニメも大幅な改良が加えられていました。

極めつけは、ギリアムのゲシュペンスト・タイプRVとコウタ(ロア)のコンパチブルカイザーの初戦闘シーンッ!!
ロア、声もアニメもカッコいいよ! さすが寺島さん…伊達にアクエリオンのアポロの声やってないぜッ!
(アクエリオン見たことないですけど…無限パンチしか台詞知らないし…)

最後に、発売日が…6月28日に決定ッ!
もうアキッキーさんと同様…最初からクライマックスですッ!


◎オマケ。
最後のエンドバックは…はっちゃけすぎです。
エクセレンのバニーは過去にもあったので良かったのですが…クスハがスクール水着でアヤがメイド服とは…
さすがにノーコメントでお願いいたします……。
(でもアヤのメイド服は結構似合ってるかも…とこっそり応援)

そういえば、ギガンティックフォーミュラというロボアニメが後番組として出るようですね。
何となく気になりますね。かなりの数のデザイナーがロボデザインしたそうな…


◎更に追記。
SRW公式ページのスパログで確認しましたが、
あのディス・アストラナガンと合体したSRXは、
「DiSRX(ディスアールエックス)」というらしいです。
しかも我等が寺田プロデューサーがつけたアニメだけの設定だそうで。

しかもあと1話、話は残っているとかいないとか。
DVD最終巻に入るのだとしたら…買うしかないじゃありませんかッ!


リュウセイ「教官のおかげで、俺達は生き延びられた・・・」
ライ「だが、少佐はもう・・・!」
イングラム『実はまだ生きている』
アヤ「もう二度と会えないのね~!」
イングラム『まだ死んでないって』

FINAL STAGE「それぞれの路」

イングラム『まだ出番はあるって』
リュウセイ「くぅ~!」


・・・てなわけで、レンタルして拝見しました。
スパロボOGディバイン・ウォーズのエピローグ。


内容は基本的にOG1のエピローグを踏襲したものになっておりますが、
クォヴレーたちの伏線や、ヒリュウ改壮行会でのコメディなど、さまざま要素が追加されてかなり面白くなっております。

また、エピローグでもゲームでは文字のみで終わってしまうのですが、アニメではちゃんと動いているので感動もひとしおでございます。

ひそかにヒュッケバインMk-3も(設計図のみですが)出てましたしね。

さて、かなり遅ればせながらですがこの話を持ってアニメのディバイン・ウォーズは正式に完結したわけです。
アニメになることの難しさと考えられることがいろいろとあって面白かったと思います。

アニメスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした!


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.