000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

殿上人日記(仮)

2006年12月03日
XML

こんな日が来るとは思わなかった。浅田
村主、中野の女子フィギュア続いて、男子
シングルも、高橋、織田、小塚が表彰台を
独占をしたのだ

シングル1位の高橋は、フリーでの失敗が
目立ち、今回も織田のパーソナルベストを
たたき出した高得点を、どう、受け止めるか
心配であった

しかし、練習では成功のなかったという
4回転ジャンプを見事に成功。これは
いけるかな!?と思いが広がった

昨年の浅田の鮮烈デビューで、高得点を得る
ためには後半に、トリプルなどのジャンプを
持ってきて、加点をされるとういう方式で
高橋も、疲れを見せながらも、後半に
次々とジャンプを決めての高得点での優勝

しかし女王スルツカヤでも、新採点方式の為に
難しいスピンなどをいくつもこなして、地道に
得点を重ねる方式での、日本人男女シングル
独占に、かつてのジャンプ日本の栄光を、快く
思わない国々の強引な変更と同様に、たぶん
横槍が入ってしまうような気もする

実際、スタミナのある、体の小さな若い選手が
後半に次々とジャンプを飛んでの高得点は、浅田が
スルツカヤを破ったときにも話題にはなったが
苦しい中で、体力を振り絞っての後半のジャンプを
無事に飛び終えた高橋はふらふらだった。あんな
過酷なプログラムをこなせねば勝てない・・・って
なんだかなぁ

しかも、以前は女子シングルで暴力事件すら起きた
ようなフィギュア大国のアメリカの選手で、本年度
世界選手権チャンピオンでありながら、マイズナーが
ファイナルにいないという事からも、果たして男女
ともの日本の快挙は、どう世界に受け止めてもらえるの
だろうか?

そんな心配をよそに、今はこの快挙にただ
酔いしれたいような、そんな気分だ。いや~良かった






最終更新日  2006年12月03日 15時28分01秒
コメント(6) | コメントを書く
[ウインタースポーツ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.