000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

殿上人日記(仮)

2007年01月10日
XML
カテゴリ:球技、陸上

今年もまた、2日、3日の両日は
テレビで箱根駅伝の観戦と相成った
昨年の雪辱を誓う順天堂大学キャプテン
山登りの天才、今井正人選手のラストの
走り。佐久長聖高校出身のエリート人生
東海大学の佐藤悠基選手は2度目の走りは
1区でも区間新が取れるのか?

なんて話題もいっぱい。秋の箱根旅行で
いかにも陸上選手という感じの青年が
走ってたのだが、彼は選手なのか?


そんな訳で、今年もドラマがいっぱいで
面白かったです。1区から。早々と
集団から抜け出した佐藤悠基選手に
果敢に挑んだ、東洋大学の双子兄弟の弟
大西智也選手がかっこよかったな~!

「智也を見て、僕も行けるところまで
突っ込んだ」という兄・一輝選手も6区を
区間4位の好走し、東洋大学を38年ぶり
5位入賞をもたらしたのだから、彼らが
高橋尚子選手を排出した、県岐阜商の
出身だけに嬉しい箱根駅伝だった

いつか、生で応援ができたらいいのにな
なんて、毎年のように思うのだけど・・・






最終更新日  2007年01月10日 08時28分21秒
コメント(8) | コメントを書く
[球技、陸上] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


そうそう   kenkeng さん
 いつかは沿道で応援したいなあ、と思うけど、
いつもだらだらとしながら、テレビで応援して
います。途中で出かけてしまって、ニュースで
結果を知る、というパターンも変わらない・・・。

 どの選手も一生懸命だから、いいよね、やっぱ、
走るのは素晴らしい! (2007年01月10日 13時20分40秒)

箱根見てません   YOSHIYU機 さん
年末にTVで、オリックスとセレッソと神戸製鋼と
エヴェッサとプロレスラーと吉本と松竹が
リレー競走してました。
松竹の第一走者の森脇健児が、プロ相手に
ぶっちぎりの独走でしたよ!
最終順位は、エヴェッサ、神戸製鋼、セレッソ
オリックス、松竹、プロレスラー、吉本でした。
(2007年01月11日 00時18分40秒)

kenkengさん   夢穂 さん
沿道でだと、テレビのように○○君が
5人抜きを・・・といった流れがわからないから
イマイチかもしれないけど、やっぱ、ナマの走りを
見たいですよね。できたら箱根の山登りを・・・

でもお正月から旅行は、田舎では許されない (2007年01月11日 07時42分01秒)

箱根駅伝   ジョン・クラーク さん
両日とも不在でテレビ中継は見ていないです。
例年ならばどちらかは見るのですが・・・。

順大の今井はさすがというのか格の違いを見せ付けたな~という印象です。
山登りはちょっとしたコツがあってそれを掴めば別に何の問題もないとかいう話ですけど・・・。

東洋大は指導者に川嶋伸次を迎えてから変わったような気がします。
この学校も箱根では常連中の常連なのですが優勝が一回もないという点がこの大学らしいな~と思います。 (2007年01月11日 07時45分43秒)

YOSHIYU機さん   夢穂 さん
あ~た、そんな関西のマニアックな
駅伝は知りませんですが、娘とかは
見たがるかもしれないですからね。吉本
好きですから。お正月は石田靖や、柳沢慎吾の
私車をペーパードライバー花子とかが、神戸の
街中を走るというハードなのを見てました

チャリー浜さんなんかも出て、なかなかこってり (2007年01月11日 08時41分29秒)

ジョン・クラークさん   夢穂 さん
やっぱり地元の出身高校の名前が
あると応援をしちゃいますよね。三河地方の
高校からも出てましたよね。リストを見ると
三重県の高校なんてすごい数です。そうゆう
有名高校に近隣の優秀な生徒が集まって
くるとは思いますが、指導者の違いなのかな

山くだりのプロや、9区専門などいろんな
スペシャリストがいましたね。佐藤の好走に
触発されてかなり、いろんなドラマも生まれ
ましたよね (2007年01月11日 08時47分03秒)

Re:今更だけど、箱根駅伝(01/10)   三人文殊 さん
箱根ではありませんが、かつて中京商が高校駅伝で2連覇したことは夢物語になってしまいましたね! (2007年01月14日 15時56分47秒)

三人文殊さん   夢穂 さん
いまは野球部のほうが有名ですよね
こちらでは中津川商業が頑張っているので
今日の京都での県別対抗でも、ここの
生徒が出場しました
(2007年01月14日 17時52分00秒)


© Rakuten Group, Inc.