000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

殿上人日記(仮)

2009年06月16日
XML
カテゴリ:ファミリー

  前回の旦那の義伯母さんの話を聞いてきた次の日に
  私は足が悪いし、ポックリといくかもしれないなどと
  舅に話す姑の言葉が聞こえもしたが、それでなくても
  普段から狭い木造家屋なのに子供の漫画や、私の懸賞の
  当選品などと前からモノが溢れているのを、疎ましく
  思っている姑や舅である

  いつか使うかわからないって、50年もたつような内祝の
  名の入ったお盆などや、民宿時代の食器などを何十組も
  自分もしまいこんでいるのに、いざ私や子供のものなどは
  ゴミ扱いで本人の断りなく、捨てたりすることすらも

  もう使わなくなって久しい子供の学習机が、2つどんと
  あるので、色の変わった障子のはり替えも出来ないと
  ぼやくので、使わずにしまいこんだままのモノなどを
  リサイクルショップに買い取ってもらうなど、先日の
  スーパーでの古着買取り同様に、家の中を整理している

  でもね~、旦那や旦那の弟の机だって後生大事にしまい
  こんでいるのに、それはゴミじゃないのか!といいたい
  
  なんで戦前のぼろダンスをもったいないからと、平成
  生まれの子供に使わせるのか。私も古いのは好きだけど
  ほどがあるというものだ。おかげで錆びついた留め金で
  手を引っ掻いて痛い思いすらした。と、ボヤいても
  はじまらない・・・年寄りの価値観は、計り知れない


  昨日も旦那の用事で出かけた先で、リサイクルショップ
  まわり。最初に持ち込んだところは大きな店舗だったが
  1万円ほどするのが1200円では安いなぁ~と、納得
  出来ずに、そのまま持ち帰る途中で違ったリサイクル
  ショップで、2500円で買い取って貰えて有り難い

  「やった~」と叫びたいような、勝利感に酔いしれた

  納得がいかないときには、違うお店もまわるべきだと
  再確認。またキャンプ用品など時期商品などはシーズン
  前には高く引き取ってくれるみたいだ。ゲーム機なども
  この時期は1万円だったのが、クリスマス商戦前には
  12000円とアップしており、売らずに様子見していて
  ラッキーだった事もある

  問題は、ペコちゃんなどの非買当選品などノベルティー・
  グッズを扱ってくれそうなお店が近くに無い事だ。ネット
  オークションでもそうそう高値で売れる訳もないし、手間
  などを考えると、ショップで買取りをしてくれたら嬉しい
  けど、普通のリサイクルショップで二束三文では悲しいし
  甥が高く買ってもらったという名古屋あたりのお店の情報
  でも聞こうかと思っている。まんだらけとかもいいのかな?

  誰か、名古屋近隣の方で、良いお店を知りませんか?

  最近のリサイクルショップは、ネットで相場などをいちいち
  調べてくれるので、そうそう買い叩かれる心配は無いし
  店舗だけではなく、楽天市場やオークションなどネットで
  商品をさばいていたりしているようだ。時代も変わったものだ


 IMG_4035

  それにしても、省エネだエコだとか世間は騒いでいるけど
  よくもこんんな古いものを売っているものだと、驚きの商品も
  買う人がいるんだなぁ~。古かろうが・・・並んだ商品を見て
  いるうちに、うちに転がっているもの、二束三文だろうが、まず
  買い取ってくれそうで、ゴミ減らしにもなりそうだ。あれって
  電気チェーンで、来店もれなくプレゼントしてたやつだ・・・

  学習机も、どう粗大ゴミに出そうかといってたけど状態によるが
  引き取ってはもらえそう

  しかも、どこも古着などを持ち込む奥さんで買取に順番待ちと
  いうのも不況な世相なのか、消費者が賢くなったのか。こんな
  お店が昔からあったのなら、子供のものやギフト品なども
  少しは小遣い稼ぎが出来たものなのに・・・・と、30分待ちで
  店内を見ているうちに「安い!これがこの値段?」ってモノを
  減らそうと買取してもらいに来たくせに、安物買いをして
  どうするんだ~と、欲しい気持ちをぐっと堪えて・・・・

  それでも、汁物などを陶器の茶碗では熱くて手でもてないし
  プラスチックではと、こぼす娘のところの木製のお椀を探して
  いたのだが高くて手が出ず、ギフト品崩れのカワイイものが
  120円と激安価格だったのでお買い上げ~。いやぁ~


  こんな時代だからこそ、リサイクルショップやオークション
  金券ショップは賢く使って、節約生活に励みたいものです

  そんな事情もあるので、食べれるグルメ品や金券ならともかく
  宅配など届きようものなら家族がにらむので、懸賞も嫌がられ
  たりもして私も控えていたりします

  夏が来る頃には、我が家も京都のお寺のようにモノが無く
  きっとキレイになっているはず・・・。でも長生きしてね。私も
  旦那も、舅や姑が元気だから気楽に娘のところにも顔を出せる
  というもの。介護どころか、とってもお世話になっているの
  ですから。今の生活がいつも続けていけたら・・・なんて
  甘い夢、見続けています。今も娘のところで快適なネット中

  ま、家族というものも妥協というのが円満のコツかも。相手の
  悪い部分ばかりを見るのではなく、自分の悪い部分を見つめて
  申し訳なく思ったり、相手の良い部分を見たら、おのずと家族
  であることの良さも見つかってくるハズだ
  








最終更新日  2009年06月16日 13時35分23秒
コメント(28) | コメントを書く
[ファミリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.