000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

殿上人日記(仮)

2009年09月13日
XML
カテゴリ:ファミリー

      IMG_4076

  さて、この日記でも以前に紹介をした床が抜けた
  物置と化していた北向きの「開かずの間」がついに
  修復できて支払いも済んだので、完成報告をしたい

  事あるごとに「オンボロ木造家屋」と言っているが
  本当にその言葉に偽りなく、オンボロ木造家屋なので
  嫁いで早々に「そこに重い物を置くと家が傾く」って
  どんな家や~と思いつつ

  湿気でカビた畳の下から、戦後の物とは思えないような
  ボロボロな床板や、支えとなる木材を見て絶句! 本当に
  オンボロや・・・・。明治時代に建てられた実家の方が
  むちゃくちゃ良いもの使ってるし・・・そこは危ないと
  言ったのに旦那、うかつにも床板をぶち抜く! 足でも
  怪我をしたら、危険なバイ菌でもつきそう 


 IMG_4638

  災害復興の土建で、舅が出稼ぎで稼いだお金で建てられた
  自宅は廃材を再利用をした安普請らしく・・・常々「物置
  小屋の方が良い木材を使っている」とは聞いてはいたが
  確かに本当の話だったんだ
 
  伊勢湾台風で屋根が半分飛んで半壊。家の半分は新築の
  くせに大工の手抜き工事で、少しは大工仕事も出来る
  叔父らが支えの柱などをたくさん入れたというが確かに!
  事あるごとに、叔父が旦那に家を新築しろ!と言ってた
  のも今となれば納得できる。こんなオンボロ木造家屋に
  大地震が来たらと思うと、身の毛もよだつ

  かといって、風呂も、台所も、屋根、廊下もと・・・10年毎に
  いろいろと修復をいれているので、電気の契約アンペアが
  小さいが電線が古くて大きく出来ないのに困っている位で

  どちらにしても混沌とした時代に、大きな借金は危険もあるし
  仕送りや学費などと、お金のかかる学生の子供がいるので
  我が家の家計は赤字続きで、貯金を崩しているような状況で
  新築は夢のまた夢。建前ですま餅を拾うと家を建てられる
  って話があって、それを幼くして拾った息子に期待したい


 IMG_5384

  子供が小さな時の方がお金は余裕があって、お金の貯め時
  だって某経済評論家も言ってたけど、大きな子供がいて
  しかもリストラの危機だの、親の介護すらもある50代の
  家庭の方が経済的にキツイような気がするんだけど・・・・・
  姉だって、定年前に舅の介護で仕事を辞めたし
  
  保険控除があるくらいなら、学費控除は出来ないものなのか

  工務店を通じて修理に入ってくれた大工さんは、前の経済
  危機で就職希望だった高校3年の息子さんが、就職先がなく
  慌てて私立大学に進学。一番下の中学の息子さんもまた
  大学進学を希望しているそうで、まだまだ子供の為に働か
  なきゃいけないと自宅を新築する余裕もなく、オンボロ木造
  家屋を修理しながらだましだまし住んでるとか


 IMG_5387 

  「学費はいくらぐらい?」と聞かれて、年払いをしている
  私は54万位と答えると、「国立も高いね。うちも57万
  位だ」と言われ、そんなにアノ私立って安かったっけ?と
  思っていたら半年分の金額だった

  国立オンリーだった実家一族の中で、次兄のところの甥2人
  ともに私大で、生命保険を解約して入学金を用意したそうだ
  なんだ~、言ってくれたら「金回りのよい姉」がきっと無償で
  貸してくれただろうに・・・・息子らが卒業すると一人暮らしを
  していた兄嫁の実母を、引き取る為の部屋を作る為にかなり
  大規模なリフォームと、家族の為にせっせと働く次兄だった

  なんて親の悲哀をひしひしと感じ、この家の柱ととっ換えて
  欲しいような綺麗で立派な木材を使って、土台もしっかり
  板の間に変身をした部屋の支払いは20万円で、娘の家賃
  5ケ月分也(田舎なので都会の相場より、かなり安い)

  開かずの間であった物置部屋は、かなりモノを捨てたので
  すっきりさせて、明かり取りにもいいので開けっぱなしだ

         平成21年6月から8月に撮影

  








最終更新日  2009年09月13日 20時38分59秒
コメント(23) | コメントを書く
[ファミリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.