256459 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

殿上人日記(仮)

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

格闘その他

2006年09月05日
XML
カテゴリ:格闘その他

世界のセレブにも愛される、かわいい
「ハローキティ」が、大相撲にも進出だ

大相撲キティグッズの製造販売をする
「あすなろ舎」の石川社長が、同郷である
茨城県出身の稀勢の里関に、化粧回しを
プレゼントした

寅年生まれの関取にちなんで、かわいいキティが
トラに変身をし、竜を迎え撃つ勇ましい柄だとか


竜虎は、力量の伯仲した2人の強者にも例え
られるともいう。セリーグもこの3年、この
二球団で優勝を争ってきたが、来年はいよいよ
プレーオフになるとか・・・・






最終更新日  2006年09月05日 21時06分26秒
コメント(6) | コメントを書く


2006年02月11日
カテゴリ:格闘その他

 「気合だぁ~!!」でアテネ五輪では、選手らより
 目立ってしまった、アニマル浜口さんは、最近は
 「わっはっはっはっはっ・・・」とやっているのだが
 昨日、笑うことは健康のモトといった、まじめな
 健康番組で、この「わっはっはっは・・・」は
 本当に、ちゃんとした健康法なんだぁ~!と知った
 落ち込んだときには「いっ~ひっひっひっ・・・」が
 良いらしいそうだ

 笑う事で、ストレスが無くなっていくという

 さて、そのアニマル浜口氏が、4月にカザフスタンで
 開かれるアジア選手権において、レスリング女子の
 日本代表監督を勤める事になったそうだ

 常勝女子レスリング軍団に、期待!! 








最終更新日  2006年02月11日 13時41分40秒
コメント(4) | コメントを書く
2005年12月27日
カテゴリ:格闘その他

 「天国の階段」などでも有名な韓流スター
 クォン・サンウが、大みそかに開催される
 格闘技イベント「PRIDE男祭り2005
 -ITADAKI-」に参加するらしい

 テコンドーや、ボクシングなどで鍛え上げ
 「モムチャン」(素晴らしい肉体の持ち主)の
 あだ名を持つクォン・サンウは、格闘技好きで
 有名だとかチェ・ホンマンの活躍で、韓国は
 空前の格闘技ブームらしく、「PRIDE」も
 テレビ放送されており、「ぜひ生で観戦したい」と
 サンウが主催者側に申し出て、「スペシャル
 サポーター」として、参加をすることになった

 ちなみに「K-1」には、矢沢永吉の出演が
 決定しており、大晦日のイベントを盛り上げる



 詳しい記事は下記で

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051227-00000033-sanspo-ent






最終更新日  2005年12月27日 17時39分54秒
コメント(6) | コメントを書く
2005年12月22日
カテゴリ:格闘その他

 神奈川県初の相撲部屋として平成9年に誕生した
 春日親方(元幕内春日富士)の、春日部屋だが
 すぐ後ろに、姉歯元建築士が構造計算を偽造し
 ヒューザーが販売し、すでに退去要請が出ている
 「グランドステージ川崎大師」が建っているという

 マンションが崩壊をすると、倒れる方角次第では
 春日部屋に甚大な被害を受ける危険性があるそうだ

 部屋頭である、東前頭12枚目の春日王は
 「実は将来に備えて、自分も買おうかどうしようか
 随分迷ったんですよ。買わないでよかった。もし
 買っていたら、今ごろ、相撲どころではないところ
 でした」と、胸をなで下ろしているそうだ


  詳しい記事は、下記で

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20051222&a=20051222-00000003-ykf-spo







最終更新日  2005年12月22日 18時23分01秒
コメント(6) | コメントを書く
2005年09月20日
カテゴリ:格闘その他

 大相撲秋場所9日目、関脇の琴欧州が、平幕
 岩木山を下手投げで破り、全勝を守った

 新関脇で、初日からの連勝を9に伸ばした事で
 15日制が定着した、昭和24年夏場所以降では
 35年秋場所の大鵬、55年九州場所の千代の富士が
 達成をした8連勝を抜く、新記録となった


 もしも、今場所で優勝が出来たなら、初土俵から
 所要18場所での初優勝となり、貴花田(のち貴乃花)
 朝青龍の24場所を大きく更新する大記録になる

 果たして朝青龍の好敵手と成りえるか。がんばれ琴欧州


 詳しい記事は

 http://www.sanspo.com/sports/top/sp200509/sp2005092001.html






最終更新日  2005年09月20日 09時50分37秒
コメント(6) | コメントを書く
2005年09月02日
カテゴリ:格闘その他

 お茶の間でおなじみのレイザーラモンHGが
 プロレス・デビューをすることになった
 「小さいころの夢がハード・ゲイとプロレスラーに
 なることだった、フォ~ッ」と言う事で
 大丈夫かな。ほんとに・・・・


http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/news/20050902spn00m050011000c.html






最終更新日  2005年09月02日 18時11分42秒
コメント(8) | コメントを書く
2005年07月11日
カテゴリ:格闘その他

 愛地球博でにぎわう、熱い名古屋で
 「大相撲名古屋場所」が始まった

 昭和以降の最年長タイ記録に並んだ
 高砂部屋、東序二段44歳の一ノ矢が
 「中年の星」として注目されているそうだ


 初日の土俵は、子供ほど都市の違う
 21歳の相手に、押し出されたそうだが
 「少しでも可能性のあるかぎり、相撲を
 取り続けます」との事だそうだ!

 詳しい記事は、下記サイトで

http://www.asahi.com/sports/update/0711/014.html






最終更新日  2005年07月11日 10時43分26秒
コメント(6) | コメントを書く
2005年07月06日
カテゴリ:格闘その他

 幼稚園の頃に一度だけ、升席で、大相撲を
 観戦をした。お隣のおばちゃんが食べているものが
 興味があって、あまり土俵は見ていなかった
 トイレで、長く並んでいた覚えがあるのだが・・・

 土俵は、ライトアップされているためか
 そこだけが、別の世界のように輝いていた

 子供の頃から相撲が好きだった。主人もまた
 好きだった相撲が、大型力士の登場によって
 単調な相撲が多くなったり、若貴ブームの
 到来で、なんだか、ばかばかしくなって
 見ることもなくなった


 その後の、その家族のごたごた続きには
 そんな家族の内輪もめ、どうでもいいじゃない
 などと、私は思うのだけど、人の家族のごたごたは
 それほど、面白いのでしょうかねぇ~? 

 遺産がどうの。回し蹴りがどうのの夫婦喧嘩と
 ともに、本当に、どうでもいい話です。あっ
 母と、婿の遺骨争奪戦なんかもあるようですね

 自分からマスコミを使い、テレビ画面から
 喧嘩を吹っかけまくってた、貴乃花親方
 兄の「遺産相続放棄」を、報道から知って
 「順番が狂っている。この問題の当事者は
 花田勝と花田光司の2人だけ」ってね~
 自分のした事は棚に上げて、よくも言った
 ものです

 せっかく兄が遺産を放棄してくれると言ってる
 表だけでも「ありがとうございます。父親の
 残してくれた部屋を、兄の分も頑張って
 これからも、立派に守り抜いていきます」って
 言うのが、親方の常識ってものじゃないですか?

 「品位がない」と、たたかれた横綱がいましたが
 親方は、品位がなくても勤まるのかな?なんて
 思うほど、テレビに出るほど、何か言うたび
 泥沼ですよ。部屋の存亡の危機になりかねない
 もっと、自重をするべきだと思います

 私は、貴乃花の発言が「不可解」です
 また、母親や、兄夫人、花田家の元お手伝い
 花田家の親戚(何人も)、さらには内縁の妻の
 母までしゃべるか~! もう、やめようよ
 誰もが傷つくだけ。喜ぶのはワイドショーの
 レポーターだけですよ

 そんな訳で、この話題が出ると、チャンネルを
 かえてます。不愉快になるだけだもん











最終更新日  2005年07月06日 15時35分59秒
コメント(4) | コメントを書く
2005年06月23日
カテゴリ:格闘その他

 長らく、全日本協会(会長・衛藤征士郎衆院議員)と
 日本連合(森喬伸会長)の2つに、分裂をしている
 テコンドー。JOCが「加盟には、一本化が条件」と
 してきた為に、2002年釜山アジア大会への、派遣
 中止や、2004年アテネ五輪に、岡本依子を異例の
 「個人派遣」にするなど、もめ続けてきた

 JOCの竹田恒和会長によると「これまでJOCが努力
 しても完全一本化は出来なかった。文部科学省が
 (全日本協会に)法人格を認めたことはそれなりに重い
 これを契機に(テコンドー界を)一本化するのも一つの
 手法」という事だそうだ

 今回の加盟承認に伴って、派遣中止としていた8月の
 ユニバーシアードや、10月の東アジア大会への
 派遣も決まった。果たして、これで収まっていくのかな?







最終更新日  2005年06月23日 21時13分29秒
コメント(6) | コメントを書く
2005年05月29日
カテゴリ:格闘その他

  アテネ五輪の金メダルの牽引力につながった
  女子レスリング。メダリスト達の、その後も
  また堅調だ

  先日、行われたワールドカップ女子レスリング
  国別対抗戦でも、日本は決勝でウクライナを
  勝ち点22-4で圧倒し、2年連続4度目の
  優勝を果たした

  51キロ級の伊調千春、55キロ級の吉田沙保里
  63キロ級の伊調馨、72キロ級の浜口京子など
  アテネ五輪メダリスト4人が快勝し、日本は
  7階級で6勝をマークをした


  さらに、アジア選手権でも、吉田沙保里と伊調馨の
  両選手が優勝をした。48キロ級の坂本真喜子と
  72キロ級の村島文子は、2位だったそうだ

  吉田選手は、国際大会での連勝記録を85に
  伸ばしたそうだ! 






最終更新日  2005年05月29日 23時11分21秒
コメント(4) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.