331591 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

空の驛舎(そらのえき)


05.gif

taiyouhu23.jpgsoranoeki35.jpgR0013956-a.jpgminiiku15.jpgtaiyouhu4.jpg

空の驛舎では劇団員を随時募集しております。
舞台を観て入りたいと思った方、どんな劇団か知りたいと思った方はご連絡ください。
空の驛舎は舞台経験は一切問いません。稽古の見学もできます。


第22回公演『かえりみちの木』が無事終了致しました。
ありがとうございました。



NEW■おしらせ ■次回公演 ■公演履歴 ■劇団員紹介 ■メール NEW■Twitter NEW■Facebook
2018.03.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
あっという間の、春分の日。
本番中の当番をサボってしまったので、
今、かきます。
ちょっとお天気があやしいですが、
今日は、雀が巣作りを始める頃、と言われているそうですね。

おかげさまで、無事に公演が終わりました。
関わって下さった方、気にかけてくださった方、
どうも有難うございました。

名古屋のナビロフトは味わい深くて、
心地好い圧の中に、すとん、と居られる感じが好きでした。
アイホールはやっぱり、落ち着きますね。
空間の広がりが、視界を広げて、
見守ってくれている感じ。

ストレッチの時に寝転がって
天井を見上げると、あぁ、そうだった。
と思い出しました。
アイホールの照明は、あったかい。
そして、木の近くで横になると、
とても気持ちいい。



名古屋後からの稽古での変化や、
小屋に入ってからの、
見上げる角度や、照明の色味のちがいだったり。
どのステージも皆んな微妙に違っていたので、
パラレルワールドみたいでした。

本番前の準備も人によってちがって、
おもしろかった。
掛け合いの確認が始まるのは、
このシーンと、あのシーン。
おそらく、河本さんは、
自分のシーンを全部、一人通ししていたんだと思う。
北村さんは、丹念にある場面を繰り返していて、
その音がよく聞こえていた。
常に今を生きる、チャレンジャー。



ズクズク君。
お腹や羽に貼ってあるのは、松ぼっくりと小枝です。
右の子は、京子さんに貰われていきました。



できてもいいし、出来なくてもいいし、
できることをしたくない時はしなくてもいいし、
大事なのは、心の状態で、
自分が自分で在ればいいや、と

個人的にも、そういう事を思って、
からだにひたひたと、させているところだったので、
作品から、ヒントを貰ったような気がしています。




今、加藤諦三さんの「やさしい人」を読んでいるのですが、
山本さん(金子さん)をはじめ、
登場人物たちの顔が浮かんだりします。
そんな感じで、ふと思い出すのかなぁと思います。

ありがとうございました。
また、お会いできますように。






Last updated  2018.03.21 15:26:44
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.