458391 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

空の驛舎(そらのえき)

全1041件 (1041件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.03.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブログ、閉鎖をしてFacebookに一本化しようと思っています。
今後は、ホームページ、Facebook、Twitterにて劇団の情報を発信していきます。
今後とも宜しくお願い致します。

空の驛舎
ホームページ
https://sora-no-eki.jimdofree.com/
Facebook
https://www.facebook.com/soranoeki2003/
Twitter
https://twitter.com/soranoeki?s=21







Last updated  2021.03.09 07:45:18
コメント(1) | コメントを書く


2021.03.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
空の驛舎第25回公演「ghost notes」にご来場くださったお客様へ。

公演終了から2週間が経ちました。
先日はご来場ありがとうございました。
現時点(3/8)で公演のキャスト、スタッフ、お客様からコロナ感染の連絡は受けておりません。
ご報告させていただきます。
ご協力ありがとうございました。

空の驛舎









Last updated  2021.03.08 15:53:36
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.23
カテゴリ:#ghostnotes
空の驛舎第25回公演「ghost notes」終了しました。
今日この日に、会場に足をお運びいただいたお客様、気にかけていただいたお客様、
この時期だからこそ、断念されたお客様、全ての方々に感謝します。

今回、公演を開催し、キャスト、スタッフと会場を設営し、お客様を迎えて、最後の回までステージを立ち上げ、無事に終えることができたことは奇跡だと思っております。
最初は公演ができるかどうか、していいのか?やめるのか?考えて、考えて、演劇について、劇団について、社会について、たくさん調べ、たくさん話を聞き、話し合い、全てを自分たちで決めました。
公演を終えた今、胸がいっぱいです。
皆様、世界、劇団、猫、本当にありがとうございました。

しかし、演劇は、舞台の上だけにあるとは思っていません。
演劇は、日常に転がっているのだと思います。
意識すれば、そこに、ほら、たくさん。
見えます。聴こえます。

公演ができなくても、演劇はできます。
演劇はしていたと思います。
ええ、したたかですので。

作品は「A journal of the COVID-19 year」でした。日誌です。noteです。我々なりの世界への相対の仕方でした。
頭で描いてないよ、頭で創ってないよ、
心で、身体で、創りました。
私も、劇団員も、客演陣も、いつもの最強スタッフ陣も。
真剣に向き合って創るだけでした。
そうやって、創ったものは必ず、誰かの胸に届くのです。
そのことを私は知っているので、カンパニーの駅長をしています。

お互い、言い訳はなしだよ。
承認欲求は後にして、
判断基準は内側にあるから。
まずは感じて、感じて、
立ってみようよ。立ちましょう。
よろけてもいいからね。ま、まだ寝ててもいいからね。
きっと誰かが側にいますから。

ではでは、また一年後、次回は、うちのホームグランドで。
個人でなく、共同体の、日本の「愛着障害」についての物語をやります。アップデートするために。
それまで、お互いにお元気で。


空の驛舎
中村ケンシ拝

















Last updated  2021.02.23 17:43:18
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.18
カテゴリ:#ghostnotes
ただいま、近鉄百貨店は19時30分までの営業になっています。
3階は20時00分まで営業しているので、19時30分以降にご来場いただく時は、3階の南エレベーターから上がっていただきます。

地図。

図の茶色い線に従って進んでいただくと劇場に辿り着きます。

【御堂筋線で来る方は】
昭和町の方向にある、東改札から来てください。(出口の番号3、4の方向)

改札を出てすぐに右に行きます。


前に進むと右手にすぐにsolahaに上がるエスカレーターが見えます。
2階に上がってください。
2階からのルートは少し飛ばして下【2階からは】へ。↓

【地上階から来る場合は】
新宿ごちそうビルというビルを目指してください。

新宿ごちそうビルに向かって左側に、solahaに上がるエスカレーターがあります。
2階に上がってください。

【2階からは】

正面に無印の看板の見えるところに着くので、右に進みます。


すぐに右手に階段が見えるので、そこから3階に上がります。
階段からエスカレーターに乗り、降りてすぐ左に進みます。


渡り廊下を渡ったら右にまがります。


すぐに近鉄百貨店の入口(東口)があるので、そこから入ります。


スターバックス沿いに進みます。


スターバックス沿いに進むと右側にエレベーターホールが見えます。


9階までエレベーターに乗ります。


出たらすぐ左に曲がります。


すぐそこに見えるのがSPACE9です。

迷った時は近鉄アート館(SPACE9)までご連絡ください。
06-6622-8802






Last updated  2021.02.18 16:41:37
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.17
カテゴリ:#ghostnotes
『毎回言っている』と思われたりするかもしれませんが、今回自信作です。

自信作をよりたくさんの人に観てもらいたい!
空の驛舎をより多くの人に知ってもらいたい!
と、願っています。

そこで、今回はこんな企画を考えました。
空の驛舎知名度向上計画です。

内容は、
空の驛舎に関してメッセージや感想をツイートしていただく。

一番拡散されたツイートをしてくださった方に、チケット代をキャッシュバック、粗品をプレゼントする。
というものです。

嗚呼、何て地味。
空の驛舎らしい地味さです。
ツイートが拡散されているかどうかにかかわらず、ツイートしていただいた方には深く感謝致します。
空の驛舎の背中をそっと後押しする感覚でご参加いただけると嬉しいです。

@soranoekiで、『拡散したよ』とご報告ください。
参加してくださった方のツイートはTogetterにてまとめさせていただきます。
まとめに入れないでほしいという場合は、『拡散したよ。でもまとめないで』とご報告ください。

何卒、ご協力よろしくお願いします。







Last updated  2021.02.17 14:00:52
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.12
カテゴリ:#ghostnotes
客演の小島です。

毎日、20時まで稽古をしてます。
あっという間に時間が過ぎます。

20時に閉まる区民センターを出て、20時に閉まっていくお店を見ながら駅まで歩き、20時にみんな帰るのでいつもより人の多い電車に乗り込みます。

コロナ禍を生きているなと実感します。
このご時世を描いた作品なので、毎日この感覚の中に居られるのは良かったのかなと思いつつ。
稽古の時間が少なくなったのはもったいないなと思いつつ。

ケンシさんの書く台詞は本当に鋭いです。
鋭利な刃物が痛点を避けて身体にめり込んでくるような。そんな痛みがあります。
劇場で是非、俳優の言葉を聞いて欲しいです。観に来てください。












Last updated  2021.02.12 21:43:08
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.08
カテゴリ:#ghostnotes
お稽古中にケンシさんからメモを受けとる。
あぁ、なるほど!!


相手役には何も言わずに試してみる。
おぉ、なんとなんと!!


初めて空の驛舎に出演した際にも
こういうことがあった、確か。


たったひとつのアクションで
一瞬で柔らかくなったり、溶けだしたり、分かったり。


ケンシさんはこういう魔法が
とにかく上手で的確な演出家です。



夜は、止めながらの通しでした。

オムニバスとはいえ、
流してみた時のペース配分とか切り替えとか
問題点の気づきとか
そういうのを確認できた、、
とポジティブに捉えていこうと思います。


いまこの世の中で
楽しんでもらえるものを。


時間はまだある、なくはない。


佐藤あいさんでした。
佐藤さんのご予約は以下にお願い致します。
https://www.quartet-online.net/ticket/soranoeki25?m=0qhhjde







Last updated  2021.02.08 07:22:52
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
稽古場日誌。
のようなものを、書こうとしています。(依頼があったのに、すいません。決して、スルーしていたわけではありません。)
 最近の私は、ともすると運動不足、仕事ライン連絡地獄、ビールでわだかまりを飲み込む毎日でした。

 だから、禁酒を誓いましたが、すいません❗ 今も、カンビール中でした。
 今回、長いセリフがなかなか入らず、4才の息子が笑いながら3秒で覚えている現実に、立てなくなるぐらいのショックを隠せずにいます。

いやいや、今回は、短いシーンが連なる作品のため、ちょっとミュージシャンのライブの雰囲気あります。
 
短いドラマは、しかし、瞬発力がいるのかいらないのか?
 まだまだ、探っております。
『男はつらいよ』の前田ギンのお父さんのシーンを、参考にしてるつもりで、泣いていたり。
『深夜食堂』の田中ゆうこに、役者としてあこがれていたり
の毎日です。
明日は、初めての通しです。
 『セリフは、アゴがしゃべるんだよ。』と、いったのは渡部篤郎さんです。
頑張って、本番までの時間、本番をすごす時間を、劇場にきてくださるお客さまと、一緒にすごせるように。



北村守さんでした。
予約受付は
https://www.quartet-online.net/ticket/soranoeki25?m=0qhhjch






Last updated  2021.02.07 10:38:59
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
2月4日
稽古場日誌。

今はですね、ええ感じに、なってきてまして。
時空間を立ち上げるのが、楽しいです。
バーチャル、仮想現実、VRとか、いろいろありますが、一番面白い、実体験は、演劇空間を創る事なんだなぁ、と思います。
お金も、時間もかなり、費やしますが……

コロナで、分断が進んでますが、それに対抗する芝居になると思います!!!

石塚博章


石塚予約は下からお願いします。
https://www.quartet-online.net/ticket/soranoeki25?m=0qhhjad






Last updated  2021.02.05 15:46:08
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.28
カテゴリ:#ghostnotes
ロビンソン・クルーソー」で有名な作家デフォーのもう一つの代表作「ペスト」、原題は「A Journal of the Plague Year」、「ペスト日誌」になるのでしょう。
この奇書は「日誌」の枠に留まらず、物語、エピソード、記録、意見などバラエティに富む内容になっております。
デフォーの「ペスト」は、それらのパーツを積み重ねて、あの時代の「ペスト」なるものが、立体的に浮かび上がる仕組みになっております。

今回の空の驛舎の作品は、「ペスト」ならぬ「A Journal of the COVID-19 Year」になりました。


17の断片。
その断片は風景もあり、物語もあり、スケッチもあり。
「コロナ」とは何か?「コロナ禍」とは何か?
コロナ禍を環境として取り組んだ作品はちらほら出てきました。
私どもは「コロナ禍」に対峙して、ソレを描く演劇を創ります。

中村ケンシ

公演概要












Last updated  2021.01.28 12:41:02
コメント(0) | コメントを書く

全1041件 (1041件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.