000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SORAの日々

PR

X

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

つぶやき

Mar 2, 2016
XML
カテゴリ:つぶやき
昨日、娘のキイが高校を卒業しました。
朝早くからちょっと雪がちらついて
とても寒い一日でしたが、
式が始まる頃には少し太陽もでてきました。
吹奏楽部の演奏、コーラス部の歌声、
シンプルだけど工夫された演出。
心に響く答辞。校長先生のお話。
仰げば尊しと校歌。
とてもよい卒業式でした。
小学校のころから憧れていた高校に入学し、
3年間、充実した高校生活を送ることができました。
勉学に励み、そして、特に行事に取り組んだことは
一番の思い出と経験になりました。
この学校が大好きだと言える。
キイは本当に幸せだったなあと思います。
何よりも、一人っ子のキイにとってよき友達に恵まれたことは
一番の宝物です。
3年間あっと言う間でしたが、いろんなことがありました。
最後のHRでの一人一人のスピーチも
心にぐっとくるものがありそました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
3年間、朝お弁当をもたせ、バタバタとでかけていく娘を
もう見送ることはないと思うと寂しいです。
でも、もう高校は卒業。
成長は喜ばしいことです。
親も子離れする時です。
何度も心に言い聞かせています。

キイの受験は、思うようにはいきませんでしたが、
前期試験は一生懸命力を尽くしてきました。
今は結果待ちです。
奇跡の大逆転劇が起こればいいなあ、なんて思いますが、
おそらく・・・ないかな。
あと一年もう一度がんばることになると思います。
我が家に桜が咲くのは来年になりそうですが、
今年咲き損ねたぶんは、来年こそは満開にしてほしいと願いながら、
がんばるという本人の意思を信じて
親として応援し、見守りたいと思います。
予備校の出費が痛いですが、親も働いて頑張ります。

長い間、ずっとブログをお休みしていました。
実は、ずっと書いてきたのですが、公開せず下書きのままにしてきました。
理由はうまく説明できませんが、公開することに戸惑いを感じてしまいました。

読んでくださっていた方は本当にごく少数であったと思いますが、
文章も下手でこんな私の拙いブログを読んでくださって、
コメントまでいただき、本当にありがとうございました。
高校生ママも卒業しましたので、区切りはつけておくべきだと思い、
娘の卒業のこの機会に久々に書かせていただきました。
これからは、またちがうテーマで書けるかどうか決めていませんが、
また書ける時があれば書いてみたいと思います。






Last updated  Mar 2, 2016 02:48:19 PM
コメント(4) | コメントを書く


Jan 12, 2014
カテゴリ:つぶやき

今年の初ブログなので、まずは新年のご挨拶ですね。

あけましておめでとうございます。

つまらないブログですが、ボチボチ書いていきますので、今年もよろしくおねがいします。

 

あまりにも久々で、何から書けばよいのやら・・・

まずは、クリスマスの日にあったキイの三者面談のご報告から。

前回の時、言葉少ない堅物の先生だと感じていたのですが、今回はよく話してくださいました。

私がキイに言いたかったことの8割を先生が言ってくださいました。

これはとても有り難かったです。(厳しい先生なので励ます言葉は全くなかったです。)

成績の方は、悪くはないが(良くもないですが)目標が高いから、もっと死に物狂いで

勉強しなくてはこのままでは全く無理だとはっきりと言われました。

この学部目指すなら、入学した時点からずっと3年間受験体制でなくてはならないと・・・。

全くそうだと思いました。私としても、キイの希望は正直言ってあまりにも夢物語で高望みなので、

「他の学部のことも視野に入れて、もっとよく考えたほうがよいのでは?」と伝えました。

先週、文理選択・科目選択・志望大学・学部の用紙の最終提出でした。

三者面談後、よく考えたのかどうかわかりませんが、結局キイは希望を変更しないで提出。

ほんとうにこれで大丈夫なのかな?

選抜クラスという区別はキイの学校にはありません。

クラス分けは、選択科目と希望学部で分けられることが多いので、

クラスの中ではかなり苦しい位置に置かれることが想像できます。

精神的に押しつぶされるかも・・・それが心配です。

そして、次にもう一つご報告。

キイ、先月末に部活をやめました。正確には文化部に転部です。

実は右手首を痛め、秋頃から様子を見ながらの活動でした。

完治には2ヶ月安静で休部です。この間、練習ができないとと遅れをとります。

完治後も、手首の酷使でまた同じことになるパターンが多いそうで、

手首に固定器具をつけて字を書くのも辛いという状況もあったことから、

学業と部活を天秤にかけてみて、やめることにしました。

キイの取り柄はどちらかといえば勉強よりもスポーツだったのですが・・・

とても残念なのですが、本人が決意したことですからね。

他の運動部からお誘いがあるようですが、もう途中から入部で運動する気はないそうで・・・

決心してからのキイは、割とサッパリしていて、きっと中途半端な活動しかできなかったほうが

嫌だったのかもしれませんね。もしくは、辞めたい気持ちは元々あったのかもしれません。

今学期から物理・化学部に入部。白衣着て実験して博士のような感じだそうです。

週数回の活動で、幽霊部員も多数。これからはのんびり楽しくいくようです。

物理や化学が得意になるといいのですがね。

でも、もっと達成感の味わえる部活に入って欲しかったなあ~と思いました。

せっかくの高校時代なのにね。なんだかもったいないような気がします。

こんなこと私が思うのは、とうの昔に過ぎ去っってしまった青春を振り返ってしまうからでしょうか(笑)

今のことしか考えてないキイには、そういうことは想像つかないのかもしれません。

キイ自身が決めたのですから、これからどんな高校生活を送るのかを見て行きたいと思います。

今日はこのへんで・・・・、また後日(´ー`)/~~

 

 







Last updated  Jan 12, 2014 05:36:00 PM
コメント(10) | コメントを書く
Dec 16, 2013
カテゴリ:つぶやき

高校生になってからというもの、親子で会話をすることが中学の頃よりさらに減ってきました。

リビングで同じ空間に2時間ぐらい一緒にいても、そんな感じ。

家族3人揃っていても、一人スマホでラインしながらテレビを見る。

話しかけると、邪魔しないで・・・という無言の訴えとキツイ目。

何か聞いても無言or単語で返る返事ばかりなので、「○○」と一言だけ言われても、

「○○がどうなの?どうしたいの?」とこちらから聞き返さなくてはならない。

一回でわかるように答えられないの?っていつも思うのですが、

再度聞くと、「うざい!」と言うし。

今どきの子って、そんなものかな。単語ばっかりで意味不明。

いくら親子だとはいえ、娘の頭の中や心の中はわからないことだらけです。

わかるように話してもらわなくてはこちらもわからない。 

半分ぐらいは単語でも察することができますが、私が察することができないでいると、

説明するのが面倒だから「もういい!うざい!」と言って逆切れされちゃうし。

時にはひどい言葉も返ってきます。(ここには書けませんが)

そんなやり取りを見ている旦那は、いつも見て見ぬふり。「放っておけ」という感じ。

旦那のように、かかわらず放っておくことができれば私もずいぶん気が楽なのでしょうが、

場合によっては放っておけないこともあるし、母親ってそういうもの。

キイも自分が悪いとわかっていながら言ってることなので、私も、ひどい言葉は聞き流したり、

これは必要だと思うことだけは言うことにして、あとは自分で考えてもらうことにしています。

なんだかこのままで2年後受験の時期を迎えてしまう・・・なんてことになりそうな気もします。

受験のことはじっくり話をしたいので、意志疎通できるかどうか心配です。

キイともう少し普通のたわいもない会話や学校であったことも話しができるようになれば

よいのですが。今、親と話すことを嫌がっている時期に無理にというわけにはいきませんね。

今の子は家にいても友達とスマホなどでずっと会話できる環境にあるので、家庭、家族の

かかわりが薄れているような気がします。家は寝食だけの場所になっているかも。

食事の時は、我が家はテレビも消して、スマホも禁止しているので、家族で会話ができる

唯一の時間なのですが、食事をしながら次々にくるラインの音を聞いて、スマホ見たいから

会話なく早食いしてしまうという状況。何かをしているのに、スマホが気になるというのは

集中力のない証拠ですから、勉強している時もそうだろうと思います。

スマホや携帯は便利ですが、いろんな弊害も多いですね。

会話が少ないことは、今は仕方がないので、親子で普通に会話ができるのはそのうちに、と

思うようにしていますが、そう思っているうちに、会話の少ないまま大学生になって一人暮らし

する時期がやってくるのかも。

「子どもなんてそんなものだよ。」って世の中の大多数の人には言われそうですが。

高校卒業後に家を出てしまったらもう親と一緒に家に住むことはないだろうと思うし。

うちは一人っ子だし、このままの状況では寂しすぎるなあ~。

 

今日は、近頃思うことをダラダラを綴ってしまいました。

 







Last updated  Dec 16, 2013 01:16:21 PM
コメント(6) | コメントを書く
Aug 31, 2013
カテゴリ:つぶやき

今、英検の受付期間中です。

来月19日が締切になっていて、キイに「どうする?今回は見送るよね?」と聞いてみた。

次は2級だし、今までのようには合格できるはずがない。

学校のほうも忙しいし、部活もあるし、英検の勉強をする時間もないはず。

でも、「とりあえず受けてみたい。申込みしてほしい。」と言う。

「とりあえず」って、どういうこと?

頑張ってみるから、お願い!受けさせて!」と言うなら、受験料も出す気にもなります。

受験料4100円必要です。

お金がもったいないと言いたいわけではありませんが、キイの本気が見えない。 

「とりあえず」ということは、今の現状でこのままの英語力で受けるということです。

絶対無理があると思うのですが、どうなんでしょうか?

受けたら当たるかもしれない「宝くじ」ではないのですよ。

受験のチャンスは受験料さえ出せば何度もありますが、1発合格する気で受けてほしい。

1次が受かったとしても、2次がダメなら、また4100円払って2次だけ受けることに

なるのですよね。

キイは、「そうなれば、また受けるから、それでもいい。」という甘い考え方です。

あ~、こんなあやふやな学力で受けるなんで無謀に近いです。

理解を十分しないでぎりぎり合格したとしても意味がない気がしますが、

「もう受けると決めているから絶対受ける。」というので、仕方なく今日ネットで申込みしました。

「頑張るから」という言葉は結局一度も聞けませんでした。残念しょんぼり

ここで、キイの思い通りに申し込んでしまう私も甘い母親ですね。

キイが家にいる時間はとても少なくて、その少ない時間の8割は機嫌が悪いから、

キイの機嫌をそこねたくないという気持ちが働いてしまします。

ダメ母ですね(T_T)

 

 







Last updated  Aug 31, 2013 08:45:39 PM
コメント(8) | コメントを書く
Aug 19, 2013
カテゴリ:つぶやき

今日から、キイは後期の夏期補習開始。

私も、しばらくお休みだったお弁当作りが開始です。

もう数日で夏休みは終了。今週末には始業式。高校生の夏休みは短いですね。

宿題の感想文は締切ぎりぎり、昨晩やっと最後の1枚を書き終えたようです。

5枚ですから、きっとダラダラとあらすじが殆どなのでしょうね(>_<)

感想文は書き出しで上手いか下手かすぐにわかるので、きっと先生は全員のは読みませんし、

とりあえず決められた枚数を埋めて書いて出しておこう!という感じです。

先週末は模試もあり、夏休み中は部活動と塾と補習と・・お休みの時間は少なかったかな。

でも、忙しいながらちょっとした出来事はありました。

まず部活では、夏休み中の大会で、なんと!!個人戦(学年別)で1位。 

(強豪校が不参加だったので・・・ラッキーだったかも。)

初めて、試合を見に行き、「もう負けているだろう」と午後からゆっくり行ってみると、

勝ち進んでいて、驚きびっくり決勝戦は見ていてドキドキでした。

本人は、至って落ち着いていて、勝ったのにあまりうれしそうではない??

感情を出さない子ですが、こういうときぐらいは嬉しそうにしてよ!と思いますが

性格的に無理なのでしょうね。可愛くないなあ~。心の中で喜んでいたようです。

そして、オープンキャンパス(2校のそれぞれ2学部)に行ってきました。

キイは1校でよいと言いましたが、2校の同じ学部に参加することでそれぞれの大学の特色が

わかりました。オープンキャンパスのことは、また後日ゆっくり書きたいと思います。

そして、以前ブログに書いていた、キイと最近仲良くしている男子。

お付き合いが始まりました。なんだか楽しそうですよ。

忙しくしていましたが、キイにとっては良い夏休みだったかな。

お勉強のほうは?どうなんだか?親としてはそれが一番心配です。

始業式の日にはまたテスト。結果が怖い。なんだか模試やテストが多い学校です。

そろそろ体育祭の準備も開始だそうで、この近辺はどの学校もそうですが、体育祭には

かなり力を入れている学校です。

準備期間の作業中は学年の垣根を越えて先輩方と親しくなれて、体育祭後はカップルが

たくさんできるそうです。

キイは彼ができたばかりで幸せそうですから、準備中にたくさんの先輩と友達になれるといいなあ。

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  Aug 19, 2013 04:08:43 PM
コメント(4) | コメントを書く
Aug 6, 2013
カテゴリ:つぶやき

「しばらくお休み」というのは、キイではなく、私です。

仕事柄、夏休み中の勤務は少なめです。

今日からお盆休みまでの長いお休みなので、私としてはあれもしたいこれもしたいという気持ちで

いっぱいです(^-^)

でも、そのほとんどは、普段できない掃除だとか・・・、庭の手入れだとか・・・なので

結構忙しいかも。

でも、朝あわただしくお弁当を作って、朝食を作って、洗濯物を干し・・・、お化粧もして

仕事に出かけるというバタバタはないから、気は楽です。

お弁当は作りますが、気持に余裕があります。

今日は、8日からキイのオープンキャンパスなので地理的な下調べをします。

参加するキャンパスは学部によって場所が2、3箇所に分かれているので、

時間割もあって、移動時間などを考えると、無駄な動きをしないようにしなくてはいけません。

キイの友人は、1年生だと、家から近くの大学に参加する人が多いのですが、

キイの場合、希望の学部に参加したほうが早く意志が固まって頑張ってくれそうな気がするので、

来年で良いかもしれないとは思いましたが、交通費はかかっても近場の県外に見学に行くことに

しました。来年には、自分が行きたい大学を決めて参加しようということにしました。

私は文系でしたから理系の学部のことはわかりません。

今回少しでも理系の学部を把握しておきたいと思います。

キイにまかせていると、あまり話をしてくれそうもないですし、親目線でもきちんと見て、聞いて、

気になるポイントも知りたいですし、今回は過保護を承知で同行です。

本当は部活動があるのですが、オープンキャンパスに行くという理由で、部活はお休みの許可を

いただけたようです。この時期は何人も同じ目的でお休みしているようです。

キイ、「小旅行(^^♪」な~んて言ってます。

県外となれば、遊びに行く気分になってて困ったものです。

楽しみにしているのはよくわかりますが、真剣に話しを聞いてもらわなくてはね。

そして、成績もアップにつなげてもらいたい。というのが、親の切実な願いです。

気持ちが固まるような有意義なものとなればいいなあ。

 

 

 

 

 







Last updated  Aug 6, 2013 10:53:00 AM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 1, 2013
カテゴリ:つぶやき

昨日は、珍しくキイの機嫌がよくて、話しかけるといつもよりも会話が多くできて、

普段あまり自分からは話をしないのですが、いろいろと話をしてくれました。

部活のこととか、友達のこととか。

それで、会話の中に大収穫もありました(^^♪

昨日は、部活の友達と夕方から女子会で8時前まで話していたようです。

まあ、夏休みだし、普段よりは時間に追われないのでそういう時間も良いですね。

最近新たにキャプテンも決まって、キャプテンのことや、友達のこと、部活の様子など

いろいろ話してくれました。

それから、なんと!今仲良くしているある男子のことも話してくれて・・・。

時々図書館で勉強を教えてもらったり、書店に参考書を一緒に見に行ったりしていて、

キイに時々ジュースやお菓子をおごってくれたりという話は聞いていたのですが、

果たしてつきあっているのか?どんな子なのか?今まで謎でした。

それが・・・、同じ高校の子だと思っていたら、なんと!他校の子。

キイがダメだったチャレンジ校に合格して、そこに通っている子でした。

もともと中学で塾は同じだったので少し話をする程度の知り合いだったみたい。

春休みの塾の無料の講習でよく話をするようになったようです。

今ところ、他の男子と比べると仲がよくて、お付き合いしているということではないようです。

でも、相手からアプローチらしきものはちょくちょくある感じ。だから時間の問題かな。

ちょっと変わっているところもあるみたいだけど、賢くて優しい人のようです。

以前キイと立ち話しているところを見たことがあるのですが、わりと背の高い人でした。

キイの話しぶりでは気が合う人のようですから、友達関係をもう少し続けてみてから

考えるような気がします。向こうから言ってくれば、もしかしたら夏休み中には付き合うことに

なるかもしれませんね。

近々夏祭りの花火大会があるので、一緒に行く約束をしているそうです。

いい子なら問題無しです。一緒に勉強できる子なら理想的ですし。

前の彼は、地元だったのでどんな子なのか周囲からすぐ情報が聞けましたが、

今回はまったく知りあいもいないし情報はまったく入らないから、どんな子?って気になります。

誠実な子が一番だから。そういう子であってほしい。

もし付き合うことになれば、今度は紹介してほしいなあ。

キイが、紹介してくれるといいのですが、どうかな?

まだ、付き合うかどうかもわからないのに、こんなことを考えてしまって、

早とちりな母です(笑)







Last updated  Aug 2, 2013 09:13:24 AM
コメント(7) | コメントを書く
May 22, 2013
カテゴリ:つぶやき

最近、気にはなってはいましたが、

キイが、2年付き合った彼とお別れしました。キイの方から別れを告げたようです。

GWに、時間ないからデートもしないと言っていたキイ。

思えばその頃からもう決心していたのかもしれません。

別れたことはキイから聞いたのではありません。

普段からそういうことは、私に話さない子ですから。 

じつは彼から聞いて知りました。

どうして彼から聞くことになったのか経緯を書くと長くなるのでそこは省きます。

彼と話してみて、今更ですが、とてもいい子だったのだと思いました。

私は、今までキイと仲良くしてくれたことにお礼を言い、

これから、高校でも頑張ってほしいことなどを話しました。

話している途中、彼の表情や仕草で彼のほうは本当は別れたくない気持ちが伝わるので、

心がチクチクと痛かったです。

中学の間、男の子と付き合うことはあまり賛成してなかった私。

でも、振り返れば、部活も勉強もお互いに励まし合って頑張っていたように思います。

お互いの良いところを尊敬し合い、受験前はライバルで勉強にもすごく身が入っていました。

キイがサボらず頑張ってこられたのは、彼のおかげかもしれません。 

「どうして、キイはこんないい子を振ってしまうの?」と思いました。

高校が違っても、続く子はいるのにね。

別れる理由は聞きませんでしたが、高校も別々になってお互いの環境が変わると、

そういうことも仕方ないのでしょうね。 

それにしても、今までずっと愛想がなくてまともに会話もしたことがなかった彼と

初めて面と向かって話ができたのが、別れの時・・というのは残念です。

2人は、メールだけで別れたり、自然消滅とか、喧嘩別れなどではなく、

最後には会ってきちんと話をして別れることができたようです。

その日、私もキイも、特に彼の話はせず、何も聞かず一緒に夕食を食べました。

キイは、落ち込んでいる様子も特になかったので、もう気持ちは切り替えているのかも。

嫌いになって別れたのではないようなので、振った方も多少落ち込む気持ちはあると思いますが、

女のほうがこういう時はさっぱりしていますね。

今後は同級生として偶然会えば話もする時があるのでしょうか?

キイは、すっきりしたようですが、なんだか私のほうが落ち込んでます。

急な話で、しかも彼から直接聞いたので、彼の目が私の脳裏に焼きついてます。

しばらくは、どんよりした気持ちで過ごしそうです。

 







Last updated  May 22, 2013 11:42:52 AM
コメント(4) | コメントを書く
May 14, 2013
カテゴリ:つぶやき

楽しい高校生活を送っているのは見ていてなんとなくわかる。

勉強している姿を見ると、予習や課題が多いってこともわかる。

帰宅して、夕飯を食べたあと、床やソファで寝てしまっているから、

部活動で疲れているのだなって、わかる。

見ていると、キイがどんな様子だか想像はできるのですが。

家では基本的に無口なキイ。こちらが聞かなければ話さないことがほとんど。

聞いても、「どうして、お母さんには関係ないでしょ?話すのめんどくさい。」と冷たい。

ブログに書いていることは、ほとんどが私が聞いてやっとはなしてくれたことばかりです。 

知りたいことはたくさんあるのです。 

今日はどんなことがあった? 

クラスで仲良くしている友達はどんな子?名前はだれ?

どんな話をするの?

おもしろい出来事は?いやなことはある?

部活動ではどんな仲間がいて、どんな先輩がいて、どんな様子?

授業は理解できているの?先生はどんな先生なの?

お弁当はおいしいのかな?(いちおう残さず食べてくれてますが)

「こんなおかずいれてほしい!」とか、リクエストはないの?

彼とはどうなってるの?もしかして別れちゃったのかな?

と・・・まあ、親としてはいろいろと知りたいことはあるのですが。

中学の時から、根掘り葉掘りは聞けなくて、(聞くと機嫌悪いし)

でも、幼稚園からの知り合いとか周りにたくさんいたから、周りから情報が入ってきました。

しかし、同じ高校での私のママ友は2、3名ほどいますが、それぞれの子どもたちとキイとは

かかわることのない子たちです。キイとかかわりのある子の母たちと私はあまり接触がないし。

無理に友達になることもできませんし。

高校は、キイの情報が全然入らない(;´д`)

普段私が仲良くしているママ友の中には、なんでも娘から話をしてくれるという人も多数います。

キイのように、家庭で自分から話そうとしない子は、中身が見えないから

親としては、心配な時もあります。

夕飯の時やキイの機嫌の良い時を見て、話かけている自分がいます。

子に気をつかっている自分が情けないしとっても嫌なのですが・・・。

フンドリーな親子が羨ましい。うちはそうではないので、寂しさを感じます。

仕事してなかったら、ずっと悩んでいるかも。

でも、これが子離れなのでしょうかね。

大人になって、キイがいろんなことを経験すれば、私とゆっくり思い出話をすることが

できるのかもしれませんね。

そんな日が来るまで、頑張るしかないかな。

 

 

 

 

 







Last updated  May 14, 2013 09:25:07 AM
コメント(6) | コメントを書く
Apr 9, 2013
カテゴリ:つぶやき

昨日、とても爽やかなお天気の下、入学式を迎えました。

先週末まで満開だった桜は、もうすっかり散ってしまい、葉桜に・・・。

それは少し残念でしたが、良いお天気で風も穏やかな入学式日和で何よりでした。

新しい制服を着たキイは、これから始る高校生活に胸を弾ませていました。

高校へ着くと、まず正門で写真撮影。早めに着いたのでまだ人も少なく、

キイの写真を撮っていると、はじめて合う方でしたが、声をかけてくださった方がいて、

お互いに親子で写真を撮りあい、とっても気持ちよく正門をくぐることができました。

入っていくと、クラス発表が掲示されていました。

同じ中学の子4人はバラバラ。高校はクラスも多いし、仕方ないですね。

今日から、新たな場所で、新たな出会い、ちょっとドキドキですが、

環境が変わって、キイは新たな自分を発見できるかもしれませんね。

今まで真面目で優等生と言われ、そんなイメージで周囲から見られていたので

これからは今まで隠れていた自分らしさも発揮していけるとよいなあって思うみたいです。

入学式のお話を聞いて、これからは自立していき、何事も真剣勝負だと思いました。

中途半端に取り組むのではなく、何事にも真剣に取り組むことが大切だと感じました。

勉強はもちろん、部活も、行事も力を注いで真剣に取り組むこと。

自分自身が1つ1つのことにどれだけ真摯に立ち向かって頑張ったかということで、

成果も出るし、やりがいも生まれ、そして楽しさも味わうことができるのでしょうね。

困難なこともあるでしょうが、自分を律しながら努力して夢に向かって頑張ってほしいと願います。

そういえば、この学校を卒業させたママ友から「この学校が大好き」と、娘達(姉妹)が

思い出す度に言ってるというのを聞いたことがあります。この高校の卒業生のほとんどが

皆、口をそろえて同じことを言うそうです。私の高校時代は、規則も厳しくて勉強も強制的な

感じのところだったので、卒業してから大好きと言えるほどの気持ちではなかったので、

大好きと思えるこの高校はどんな素敵ところなのか・・・とっても楽しみです。

万人がそのように思うかどうかはわかりせんが、どうかキイもこの高校で3年間過ごした後に、

「大好きな学校」としてステキな思い出が残せますように・・・と思います。

そして切磋琢磨して自分を磨いて欲しい。

でも、一番の願いは、やはり「楽しく過ごしてほしい。」かな。

高校生活はキラキラ輝いたものにしてほしいです。すごく欲張りな親の願いですね。

悩み苦しむこともあるでしょうが、それも人生勉強。

それを乗り越え、実りある高校生活が送れると嬉しいですね。

卒業式の帰りに、「もしかしたら、もう、母娘でゆっくりお茶を飲むこともなくなくかも・・・」と思い、

帰り道にあるカフェに立ち寄りました。お腹がすいていたので、ちょっと軽食。

その後、通学定期を購入。家が遠いと痛い出費ですが仕方がないですね。

今日(2日目)は写真撮影などがあったようですが、明日はテストです。

入学前にクラス分けテストがあった高校もいくつかあったようですが、今度は課題テストです。

受験以来のテストですから、ちょっと緊張ですね。

中学とは違い、できる子ばかりだから結果にかなり驚くかも。

でも、これが現実と思って、どんな結果でも落ち着いて受け止めなくてはいけませんね。

キイの健闘を祈る!!

 

 

 







Last updated  Apr 10, 2013 08:59:14 AM
コメント(4) | コメントを書く

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.