しあわせなきもち

骨董市

私が行った骨董市紹介です。

アクセス方法は私が行った交通手段なので、他にも手段があると思います。
屋外で行われている「弘法市」「天神市」は、雨が降ると着物を出すお店が少なくなるみたいです。

着物を買うと、だいたいどこのお店でも白い無地のビニール袋(買い物袋ですね)にいれてくれます。いくつも持つのは面倒だし、何より着物を吟味する(漁る)のに邪魔になるので、大きめの肩掛けかばんやリュックにいれると楽ちんかも。


京都

☆「弘法市」
・東寺にて毎月21日開催。
・日の出~日没
・JR京都駅駅下車・八条出口からでて徒歩15分くらい。
 「東寺」駅下車でも行けます。

3回ほど行きました。朝7時過ぎでもまあまあお店はやってますが、荷物をほどいている途中のところが多いかな?
着物の値段はピンきりですが、よく探せば安くて買えます。一番安く買えた着物は400円でした。
もちろんカードは使えず現金オンリー。もしお金がたりなかったら、近くのファミリーマートに「eネット」といういろんな銀行からお金をおろせる便利なATMがありました。


☆「天神市」
・北野天満宮にて毎月25日開催。
・日の出~日没
・JR京都駅下車
「北野天満宮行き」(50系統・B2)のバスに乗ること30分以上
 降りたらすぐです。

この10月、初めて行きました。着物を売っている店の数は弘法市よりちょっと多いかな?それでもって少し高いかな?主観にもよりますが。
縁日のように屋台も多くでていて、食べ物に困らないです。


☆「京都大骨董祭」
・「京都パルスプラザ」にて年3回開催
・近鉄京都駅「竹田」駅下車
 駅から無料バスもでています。

やはり「弘法市」などの骨董市より、全体的にお値段はやや高め。その分状態のいいものが多いです。
初心者にはいいかも。屋内なので雨の心配もないです。




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.