しあわせなきもち

東寺・がらくた市1(画像あり)

今月は弘法さんの21日も天神さんの25日も平日で、しかも両方会社を休めそうにないので、骨董市に行くのをあきらめていた。
でも市に行きたくてしょうがな~い!あ、そうだ。
そんな社会人の強い味方、東寺には「がらくた市」なるものが存在するのだった。
毎月第一日曜開催。これなら行ける。
規模は弘法さんよりかなり小さいみたいだけど、着物も出品しているらしいし。前日になって行くことを決意。

そして早起きして東寺へ。
駅から東寺に向かう途中、私は前方に一人のガールを発見した。
動きやすいパンツスタイル、両手のあく肩かけポーチ、そして何より、こんな早朝からやたら早歩き。
私と同じ匂いを感じる。
間違いない!彼女は着物女子の一人だ!!
むう、彼女は強力なライバルになる予感。私も早歩きで頑張る。途中行き先が分かれたが、おそらく入ろうとしている門の違いだろう。
思ったとおり、後に彼女とは同じ着物店で再会することになる(一方的になんだけど)
まあ、この話はおいといて。

肝心のがらくた市は、思ったよりも店の数が多かった。弘法市の四・五分の一くらいかな?ほとんど、東寺の食堂(じきどう、と読むんだったかな)のあたりに固まっている。店の中身から行けば、店舗こそ少ないものの、結構密度の濃いお店が集まっている感じかな?
まあ、21日以外にも市に出ようっていうんだから、それだけ商売に力をいれている店が集まっていると言えるかも。
弘法市より、全体的に始まるのがのんびりめかな?少なくとも今日、着物のお店は、私が行ったときに(8時ごろ)まだ荷をほどいている途中のところが結構あった。それを待ちながらぐるぐる見て回る。おっと、可愛い帯発見。黒地に折鶴の模様。
                帯
        1000円。私こういうモチーフ物って好きだわ。

あとは小物なども見て歩く。
すると200円で、着物の布から作った紐を売っているところを見つけた。花柄とか、布自体が華やかなものだから、紐としてとてもプリチー。たすき掛けをするときに使うのだ!2本購入。


今日はそんなに買うつもりではなく、散歩(それにしては遠いけど)と好奇心を満たすためだったので、これだけでかなり満足。
もちろん弘法市に比べれば物足りないけれど、この市だけ来ても、じっくり見れば楽しめると思いました。

また行こっと。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.