000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

国際討論日記

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

アメリカ

2007年07月19日
XML
カテゴリ:アメリカ
1.ザワヒリが発してきたメッセージを追っていると、次の攻撃を仕掛ける前に、アルカイダと世界のイスラム主義者たちとの間に最大限網羅的な一体感を醸成しようとしていることは明らかである。

2.ザワヒリは、最初にイラク国内のスンニ、シーアの宗派内の結束をうながし、次にイラク国内の宗派間の結束、そして現在は国際的なイスラム主義者の結束をうながしている。

3.アッラーの意に従い大目標を達成するために、アメリカ撤退後をにらみながら、アル・ザワヒリは、宗派間の対立を乗り越えイスラム過激派間の結束を促してきた。どの程度、説得に成功したかは中々把握できないが、アルカイダと行動を共にするグループが増えている(世界で40グループ増)ということは、ザワヒリのメッセージが浸透しつつあると考えられる。

4.オサマ・ビンラディンとアル・ザワヒリが、次の攻撃ステージに移行できるほど十分に一体感が醸成されたと判断しているかどうかは定かではないものの、各地の過激派間の結束固まりつつあることだけは間違いない。

5.アメリカの諜報機関の情報を総合したインテリジェンス・レポートによると、アルカイダは、9.11同時テロ以前の勢力にまで回復してきている。

6.アメリカ国内でのテロ対策を所管している国土安全保障省のチャートフ長官が、彼の元に集まりつつある情報を見ていると、アメリカ国内でのテロの危険性が高まりつつあると直感(gut feeling)していると言っている。

7.2001年10月にアルカイダとタリバンが発表した計画では、約7年で主導権を回復すると予告されている。もうすぐ6年が過ぎようとしている。

結論:チャートフ長官の直感は当たっているかもしれない。条件は整いつつある。

Is Zawahiri Striving for Islamist Unity in Preparation for New Attack?
By Michael Scheuer

(※最後のパラグラフだけ引用)

Whatever the true measure of al-Zawahiri's success, it seems clear that he and bin Laden want the broadest possible degree of Islamist unity to be in place before the next attack, using al-Qaeda's core organization to apply what al-Zawahiri has described as "the new theory which al-Qaeda brought with it," which is "confrontation with the central states, comprising the United States and Europe…by taking the war from the outlying states [in the Muslim world] to the central states, in which case the damage and consequences of this damage will take place in the central states." It is impossible to know whether al-Qaeda's leaders are satisfied that enough unity has been achieved to attempt another attack in the United States, but the demonstrable progress toward greater unity they have made, together with the U.S. government's assessment that al-Qaeda core is as strong as it was on September 11, suggests that Chertoff's "gut" may have good reason to be astir.




他のテロ専門家たちも、アルカイダの攻撃が近づきつつあるようだと言っているので、アメリカ在住の方たちは、一応の心構えと若干の水と食料くらいは手元に準備しておくほうがいいと思います。なるべくなら都心部を避けるようにし、いざという時にどう行動するのか、何をすべきなのか、簡単に頭の中でシミュレーションなどもしておくと、第一報を聞いた時に初動で混乱せずにすむかも知れません。

爆弾かも知れないし、人がパタパタ倒れだすのかも知れないし、第二第三と波状攻撃かも知れません。何かのときはいち早く察知して回避行動が取れるように、なにはなくとも心の準備だけは必要でしょうね。






最終更新日  2007年07月19日 09時07分11秒
コメント(0) | コメントを書く


2007年06月27日
カテゴリ:アメリカ
もともと軍事分野の専門家であるアーミテージとは違い、ゼーリックは経済分野(財務省と通商代表部)の人なので、同じ国務副長官であっても日米、米中関係を見ている観点はかなり違っていました。

アーミテージは中国の軍事的拡大を警戒し、日米同盟を強化させようとしていたのに対し、ゼーリックの方は経済分野における中国との共通利害をもとに、中国を世界システムに取り込み、長期的には経済部門における中国国内の変化を政治構造の変容へと結びつけようとする立場のようでした。

現副長官であるネグロポンテの立場はよく分かりませんが、キャリア外交官でありイラク大使や諜報部門のトップも経験しているので、その道に通じた副長官として今はイラク問題に忙殺されているのでしょう。

ゼーリックについては「NikkeiEYE プロの視点」にコラム(ゼーリック国務副長官辞任報道の裏側 2006/6/12)があるのでそちらを参考にしてください。一部引用すると次のように書いてあります。

第2次ブッシュ米政権で対中政策の総括を任されているゼーリック氏は共和党外交サークルの中でもピカ一の切れ者として知られる。そのゼーリック氏が昨年秋、新しい対中政策として、「中国=レスポンシブル・ステーク・ホルダー(責任ある利害共有者)」というアプローチを考案。先の米中首脳会談ではブッシュ大統領もこれを承認し、中国との新しい関係構築に向けて一歩踏み出したばかりだったはずだ。水面下で一体、何が起こっているのだろうか?



インタービュー番組

前回リンクを張っておいたチャーリー・ローズとのインタビュー番組での発言も、この「ステーク・ホルダー(責任ある利害共有者)」についての説明がほとんどです。一部筆記してみましたが、時間がかかるので途中で止めてしまいました。若干、聞き取りのミスがあるかもしれませんが、興味のある方は読んでみてください。ゼーリックが政権を離れて約一年が過ぎたわけですが、彼が考案した対中路線に変化はないようなので、この路線は今後も引き継がれていくと思われます。

_____________________

開始時間 2:35

Rose: Let me start with China. Tell me what you were trying to say to the Chinese. What were you trying to say to them about being a stakeholder?

Zoellick: I was trying to capture the fact that if you are in China these days, it's understandable that you face huge interal challenges. And so if you were President Hu and Wen Jiabao and wake up in the morning, you'd think about the problems of the world versus the coastal areas, urban areas, with just huge internal migration. But because of their very success over the past 25 years, they are now influential in the world. And, in a sense, the United States and other countries have had a strategy to integrate China into the world community over the past 25 years. And if you consider everything from commodity markets to currency markets to counterfeiting to captal markets, you say China is integrated. So now the question is integration to what end. So part of the messages for the United States and others is what should be the goal and part of the message for China is to recognize that it has a stake in this internationa system that it is benefited from. And therefore it has some responsibilities that runs everything from North Korea and Iran to international economy.

Rose: OK, it explains part of some of these and not in others, but to make the point that I read something, maybe 6 month ago, after you had made the major point about being a stakeholder where the Chinese government etiher said or had printed in one of their newspapers that the Chinese had to come to accept the fact that China had a role in the world and that was increasingly significant role. What role do they want to play?

Zoellick: That is why I think this is particulary important time to engage them. I think they are trying to figure that out, Charlie. Just give you one of the most fascinating evidence points on this. The Chinese have developed documentary history series--and these things don't happen accidentally on the history channel in China--about the rise of great powers, starting with Portugal in 1500 to the United States. And I haven't seen it but it's telling you something. It's telling you that the Chinese are now recognizing they are influential and they are trying to determine their role in the system. And, in a sense, the engagement about stakeholder is another way of saying this is a rising power in the system. History is literate with examples of rising powers, not being well integrated in the system. How do we do it in a way that it serves mutual interests. Part of the message that I was trying to relate to the Chinese was to say, you may not have created the system the United States and others created after World War II. But if you look at the history of 20th century, pretty bad for China. You had invasion. You had revolutions, tens of millions of people died. The past 25 years have been good, because Deng Xiao Ping linked the reform of China to the internationa system. So you have a stake in the security of that system and economic ballances. And so, frankly, there is some evidence that the Chinese recognize this. And, coming back to the speech, at first, they weren't so sure how to take it. There was even a little ... I wish I could've said I designed it this way, but there wasn't a clarity about what stakeholder really meant. So that led to ..., they didn't know, and there was a trouble with translation about the meaning. And so I said, later I wish I thought of this. But that led to a debate in China about the meaning of the word, which was exactly what I really wanted to create. But the key thing, Charlie, is that this is an on-going process. And one of the points is that it's not just a speech or a word. It's a question of working with China and trying to identfy the points of mutual interests, and recognizing there will be differences too.

_____________________

開始時間 21:15

Rose: Was there something important to be learned in terms of the role China played vis-a-vis North Korea that perhaps we can use in Darfur and perhaps we can use in Iran?

Zoellick: Definitely, it builds on the same logic, which is that I think, going back to your question, the Chinese understand their self-interest in not only working with the United States but trying to have an international system that serves the mutual interst. In the case of North Korea, they don't want North Korea to have nuclear weapon because they are afraid of its effect on South Korea and its effect on Japan. On the other hand, they don't want to have North Korea collapsed because that's a big problem on their border. So part of what the U.S. diplomacy has done is that we believe you can be influential but we are not saying your responsibilty. And we can use the six party process to try to offer the North Koreans two paths. One path is if you are going to stick with nuclear weapon, you are going to be further isolated, and the other five parties will try to prevent slipping out nuclear material, which is a real danger and fear. But there is a positive path. If you take the positive path, we will take you step by step






最終更新日  2007年06月27日 07時54分40秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年06月25日
カテゴリ:アメリカ
イラクへの増派が決まる前に、ベーカー=ハミルトン委員会が報告書をまとめ大統領に提出したことは周知の事実ですが、その報告書の中には、イラン、シリア両国との対話を促す提案が盛り込まれていました。

この点についてゼーリック氏(ベーカー元長官の側近、前国務副長官、前ゴールマンサックス副会長、現在は世界銀行総裁)は、あの提案の裏にはイランとシリアとの対話を始めることによって、イラク情勢に利害を持つ国々を疑心暗鬼にさせる狙いがあったと言っています。

それ以上の説明はないので推測になりますが、おそらくアメリカがイラン、シリアと個別に話し合いをすることにより、囚人のジレンマ風の効果を生じさせ、イランとシリアとの協力関係に楔を打ち込み分断しようと考えていたと言うことでしょう。

さらに、スンニ派、シーア派内部、あるいはそれぞれ援助しているイラン、シリア以外の勢力をも疑心暗鬼(シリアやイランが裏切るのではないか)にさせ、反米で固まっている関係諸団体を分断し、イラク情勢をアメリカに少しでも有利にしようと画策しようとしてたのだろうと推測できます。

これが本当なら敏腕国務長官としてならしたジェームズ・ベーカーですが、そのアングロサクソン的策士ぶりは健在なりという感じですね。


Google Video(英語です)
チャーリー・ローズ:ロバート・ゼーリックとの一時間

ゼーリック氏は、2004年から2006年までアーミテージ氏の後をついで国務副長官つとめ、特に対中関係を担当者として中国のWTO加入を推進した人です。ですからこのインタビューの中でも中国の話が所々出てきます。主に、影響力を増しつつある中国を、どのように世界システムの中に取り込んでいくのかと言う話です。軍事の専門家ではないので、中国軍の話はほとんど出てきません。

中国に言及するのは、だいたいこの時間帯です。

2:00~6:00
21:11~27:15
27:15~31:30

英語でも構わなければ聞いてみてください。日本語の方がいい人はもう少し待っておいてください。






最終更新日  2007年06月25日 08時43分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月08日
カテゴリ:アメリカ
アルカイダがアメリカを攻撃して、仮にそれが成功したとしても、首都ワシントンが乗っ取られわけではありません。ですからテログループが世界を根底から変えてしまうことはありません。せいぜい多くの死傷者を出すところまでしか彼らにはできません。

ただ、今度アメリカがテロ攻撃にあった場合、米軍が報復できる国は存在しません。アルカイダには住所がありません。そうなるとアメリカ人の怒りはどこへ向かうでしょうか。アラブ系の人たちでしょうか。ブッシュ政権でしょうか。CIAとFBIでしょうか。人々は更なる攻撃に恐れをなし、また政府の無能さに怒りを爆発させるのでしょうか。ブッシュ政権に打つ手はあるでしょうか。

アルカイダからの要求


(1)一人の例外なく全ての米兵、スパイ、軍事アドバイザー、軍事教官、大使館員は、アフガニスタンからタンザニアにいたる全てのイスラム世界から退去すること。
(2)一人でも残っていれば、正当な攻撃根拠となる。
(3)イスラエルへの援助を止めること。
(4)背教者の牛耳るイスラム諸国への援助を止めること。
(5)一円たりも援助すれば、正当な攻撃根拠となる。
(6)シオニスト(ユダヤ主義者)を含むアメリカ国民のパレスチナへの渡航を禁止すること。
(7)拘束されているイスラム教徒を一人残らず解放すること。
(8)一人でも拘束されているうちは正当な攻撃根拠となる。
(9)イスラム教徒に向けたアメリカからのテレビ・ラジオ放送を全面禁止すること。
(10)今後、イスラム世界の内政に干渉しないこと。



ショワー氏の直感と分析


(1)今回のメッセージには、これが最後通牒との響きがある。
(2)これは今までのメッセージには見られなかった特長である。
(3)彼らがたびたび繰り返してきた警告の最終仕上げなのだろう。
(4)これはビンラディンとザワヒリ副官の指示によるものだと思われる。
(5)そのためにわざわざ英語に間違いのないアメリカ人をメッセンジャーとして立てたに違いない。
(6)アメリカ国民向けに落ち度のない警告と改宗の機会を与えたとの体裁を整えたいのだろう。
(7)また、この実行不可能な要求内容からすると、アルカイダはすでにアメリカ国内への攻撃を準備し終えたものと推測される。









最終更新日  2007年06月08日 17時50分57秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:アメリカ
マイケル・ショワー氏はCIAに所属していた当時、隠密行動をするアンダーカバー、いわゆるスパイではありませんでした。分析官だったので、膨大な量のアルカイダに関する一次資料に目を通しています。その彼が今回の警告は今までとは違う、トーンが変わったと言うのですから間違いないでしょう。

アメリカ在住の人は、テロ攻撃に巻き込まれないように注意しておく必要があります。観光やビジネスでアメリカ(特に大都市)を訪れる場合も要注意です。

アルカイダの要求は、軍人を含むすべてのアメリカ政府関係者がイスラム圏(アフガニスタンから北アフリカにいたるまでの範囲)から去ることなので、ここ一、二ヶ月でその要求が満たされないからといってすぐに攻撃するとは思えません。しかし、アルカイダ結成19周年を迎える今年後半、大統領選挙の行われる2008年、新大統領の政策を見極めるための一定期間後など、数年以内には仕掛けてくるのでしょう。成功するか失敗するかは分かりませんが。

可能性は低いとはいえ、日本国内のアメリカ軍施設への攻撃がないとは言い切れません。周辺地域在住の方は、一応警戒はしておくべきでしょう。しかし「9.11を忘れてしまうくらいの出来事になるだろう」と警告しているので、やはりターゲットはアメリカ国内である可能性が高いです。

もし攻撃が成功すれば日本も経済面で影響を受けます。株式市場はすぐに反応するので、投資をしている人は9.11後の株価変動を参考にして、対策を考えておくべきです。攻撃の時期は不明なので、各々で投資タイミングをはかってください。

どんな攻撃になるかは分かりませんが、放射能物質を通常の爆弾でまき散らす、いわゆる「汚い爆弾」とか、サリンのような毒物が使われる可能性は以前から指摘されています。

マイケル・ショワー氏の分析に戻りましょう。彼は今回のビデオを見てこう指摘しています。


(1)ガダーンの要求を見ると、基本路線においてビンラディンが常に主張してきた要求と同じである。
(2)しかし使われている表現は大きく異なる。
(3)ビンラディンからのメッセージには、曖昧さ、婉曲、我慢強い口調、怒りではなく哀れむような口調などがあったが、ガダーンのビデオにはない。
(4)代わりに、自信に満ちた、容赦ない厳しい口調でアメリカへの要求が連ねられている(当然、ビンラディンとワザヒリ副官の許可の下)。
(5)アルカイダは彼らが出した要求を、アメリカが呑めるはずがないと考えている。
(6)すなわち、彼らは何らかの解決策を求めているのではなく、明らかに戦争を決意している。



アルカイダからの警告ビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=nE2sh2VISTI






最終更新日  2007年06月08日 08時45分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月07日
カテゴリ:アメリカ
先月末に報道がありましたが、アルカイダのメディア委員会に所属するアダム・ガダーンAdam Gadahn 米カリフォルニア州出身)なる人物が、ブッシュ大統領と米国民向けてテロ攻撃を警告しました。とうとう来たなという感じです。




Gadahn

テロリズムの専門家たちは、アルカイダからの攻撃はいずれやって来ると口をそろえて言っていました。彼らが言うには、

(1)マクドナルドやレストランを自爆テロで吹き飛ばすつもりがあればいつでも出来ただろう。
(2)それを今までやらなかったということは、その程度のテロをやるつもりがないということ。
(3)実際、アルカイダは以前から、アメリカへの攻撃はその規模を段階的に大きくしていくと主張してる。
(4)9.11同時テロよりも小規模のテロを実行すれば、たとえ成功したとしても、世界にアルカイダの弱体化を印象付けてしまうからである。
(5)9.11以上のテロを準備するには時間がかかる。
(6)アルカイダは何年もかけて攻撃を準備するし、それを厭わない組織である。



また、専門家たちは、アルカイダのスリーピング・セル(指示があるまで潜伏しているテロ実働グループ)が、すでにアメリカ国内にあるだろうとも言っていました。イラクの米軍相手に実戦で訓練をつんだテロリストたちが、ヨーロッパやアメリカに20名単位で潜伏しているとの情報があったらしいです。

今回の警告ビデオについて、元CIAアルカイダ対策室室長で、現在ジェームズタウン財団で上級アナリストをしているマイケル・ショワー氏が解説しているので、まとめておきます(原文はこちらへ。とても読みにくい文章です。)。
※ちなみにジェームズタウン財団のアナリストには、元CIA職員だった人たちが多いそうです。

(1)今回の警告は今までのメッセージとは違う。
(2)アルカイダは、モハメッドのガイドラインに従い落ち度のないよう、攻撃前にわざわざアメリカ人をリクルートし、自然な英語でアメリカ人に警告を発した(※9.11のときは警告しなかったのでイスラム世界で批判された)。
(3)アダム・ガダーンは無名だが、今やオサマ・ビンラディン、アイマン・アル・ザワヒリに次ぐ重要なメッセンジャーとなった。
(4)ビデオ・メッセージ全体を費やし、アメリカ大統領と国民に対しイスラムへの改宗をすすめ、テロを予告した人物は、ビンラディン本人以外ではアダム・ガダーンがはじめてである。
(5)したがって今回のビデオはとても珍しいメッセージである。



つづく






最終更新日  2007年06月07日 22時11分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年04月10日
カテゴリ:アメリカ
CIA長官ジョージ・テネット(当時)

ホワイトハウスのクラークによると、テネットCIA長官とクラークはとても仲がよく、テロ攻撃への危機感、その切迫度についても同じ認識を共有してたのだそうです。CIAは大統領直属の機関なので、テネット長官は毎朝、大統領に直接あってCIAに集まった情報をブリーフィングしますが、その時に必ずテロ攻撃の可能性についても伝えるように二人で相談していたのだそうです。しかしブッシュはそれにあまり興味を示していません(クラーク談)。

テネットは、クリントン政権下でもCIA長官を務めていましたが、その頃はCIAでアルカイダを担当していたショワーからの情報に全幅の信頼を置いてはいなかったようです。後にショワーは当時のCIA執行部への批判を著作に書いています。クラークも、ショワーはビン・ラディンの排除についてCIA内部ですら説得できていなかった(クラーク談)ということですから、CIA内部でアルカイダ対策担当者と上層部との間にある程度、確執があったことは間違いありません。

CIAでビン・ラディン追跡を担当していたショワーが、ビン・ラディンの殺害については最強行派だったようで、当時はCIA上層部も彼をもてあましていたのでしょう。1999年6月にCIAは彼をビン・ラディン担当からはずしています。することがなくて図書館通いをしていたショワーが、テロ担当のCIA上級顧問として返り咲くのは2001年9月の同時多発テロの直後になります。当初からテネット長官がショワーを強力にバックアップしていたら歴史は変わっていたかも知れません。

(つづく)






最終更新日  2007年04月10日 08時30分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年04月05日
カテゴリ:アメリカ
アメリカ側の登場人物で有名なのは三名。




1.FBI連邦捜査局で対テロ捜査を指揮していたジョン・オニール
2.CIAでアルカイダ対策室を率いてたマイケル・ショワー
3.ホワイトハウスでテロ対策担当の特別補佐官をしていたリチャード・クラーク

オニールは捜査官、ショワーは分析官、クラークは政策立案者、それぞれの立場から、アルカイダの組織構造や全貌、新たなテロ計画やテロ実行犯を特定しようとしていたようです。そのおかげでテロ対策関係者の間では、9.11直前頃には大掛かりなテロが計画されていたことは知られていたようです(クラーク談)。

terror.expert
左から、FBIのオニール、CIAのショワー、ホワイトハウスのクラーク

テロ計画の存在、その実行が迫っていたこと自体は判明はしていたものの、ヨーロッパでなのかアメリカ国内でなのか、日時や攻撃対象や実行者の特定はできていませんでした。

しかも政権発足8ヶ月のブッシュ政権はテロに対する認識が甘く、CIA長官からの毎朝のブリーフィングにもかかわらず、テロ対策を大統領レベルの最優先課題とは見ていませんでした。クラークによるとテロ対策の担当者たちが共有していた危機感は、繰り返し説明したにもかかわらずブッシュ大統領には伝わらなかったそうです。

もちろん背景には、中東における石油利権の確保が最優先という事情があったに違いありません。埋蔵量が先細りする石油を確保しておくことがアメリカの国益にとってどれほど重要か言うまでもなく、そのためには中東の王族たちとの良好な関係が重要で、それに影響しそうな活動には積極的ではなかったのでしょう。

ブッシュ以前のクリントン政権下においては、CIAのショワーがビン・ラディンに対して一番強硬な対策を進言していたようです。ショワーによると、10回にわたりビン・ラーディンや(後にイラクで有名になる)アル・ザルカウィの殺害計画を進言したそうですが、すべて却下されたそうです。ただし却下されるにはされるだけの理由もあったようです。

ショワーの立てた殺害計画は、ビン・ラディンがアラブ首長国連邦のプリンスたちと会食している砂漠の一軒家を、精密誘導爆弾で丸ごと吹き飛ばす(ショワー談)ようなプランですから、外交当局やホワイトハウスが躊躇するのは当然です。過去を振りかえれば、ショワーの進言どおりアラブの王子たちが何人か道ずれになったとしても、ビン・ラディンを早いうちに殺害しておくべきだったのでしょうが、同時多発テロの3年前の段階ではその決断は難しかったのでしょう。

(つづく)






最終更新日  2007年04月05日 19時30分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年03月15日
カテゴリ:アメリカ
全体としてトレンドはあまり変わっていないようです。

共和党サイドでは、マケイン上院議員への支持が更に後退し、ジュリアーニ前ニューヨーク市長は、弱いとされていた共和党右派へも浸透しつつあることが各種世論調査で確認されています。

民主党サイドでは、オバマ候補への支持が黒人層で拡大しつつあり、逆にヒラリー候補は当初かなりあった支持率の差をオバマ氏に詰められつつあります。

共和党トップのジュリアーニ氏と民主党トップのヒラリー候補との支持率を、接戦州における調査結果でみると、ジュリアーニ氏のほうが若干有利となっています。もちろん今の段階ではたいして重要ではないですが、ジュリアーニ氏が勝てる候補であるとみなされるようになると、より共和党員からの支持を受けやすくなります。

最近の面白い話しては、チェイニー副大統領がエコノミー症候群の治療を受けたとの報道を受けて、政治評論家のアームストロング・ウィリアムはブログ上で、ある噂に言及していました。

健康悪化を理由とするチェイニー氏の辞任、そしてライス国務長官の副大統領就任、さらに2008年の大統領選への出馬、との噂がワシントンの共和党関係者の間でささやかれたのだそうです。当面これはなさそうですが、現副大統領の健康が悪化したり、ジュリアーニ氏への有力な対抗馬が共和党内に現れない場合、この話がまた出てくるかも知れません。個人的には楽しみにしているのですが、選挙のペースが異常に早く、タイムリミットがあるので可能性としてはあまりないようです。






最終更新日  2007年03月15日 09時02分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年03月05日
カテゴリ:アメリカ
2008年の大統領選関連のニュースを2本。

以前このブログで、共和党の候補者は意気消沈している共和党支持層に対し、彼らを奮い立たせるような強いメッセージを早く出さなくてはならないと書いたのですが、10月前くらいに出てきそうだと言うニュースです。元下院議長だったニュート・ギングリッジ氏が立ち上げた組織を通じて、51万人にも及ぶ市町村、州政府、連邦政府で働く公務員たちから知恵を集め、アメリカが抱えている最重要課題への解決策をまとめ上げるという企画。

ギングリッジ氏がそのメッセージを引っさげて、大統領選に名乗りを上げるかどうかはまだ分かりませんが、出馬しても当選は難しそうです。強烈なリーダーシップを発揮する人なので熱烈な信奉者がいることは確かですが、彼を嫌悪する人、怖がる人がかなりいるためです。最近の世論調査では、「どんな状況においても彼に投票しない」と言う人の割合が調査対象者の3分の2にまで達しているそうです。秋口に発表される解決策は、他の共和党候補者の役に立てばよいと思います。


March 02, 2007
ダラス・モーニング・ニュース
By Carl Leubsdorf

Meanwhile, Mr. Gingrich is seeking, through an organization he created called American Solutions for Winning the Future, to develop "real, significant solutions to the most important issues facing our country" by enlisting the cooperation of 511,000 local, state and federal officials. His effort will conclude with a nationwide workshop Sept. 27, the 13th anniversary of the Contract with America, which set the agenda for the 1994 GOP capture of the House.



もう一本は、ヒラリー陣営の資金調達力に若干の疑問を投げかける記事。第二次クリントン政権で選挙参謀、共和党の上院院内総務を務めたロット上院議員の政治顧問をしていたディック・モリス氏によると、先月、ヒラリー陣営はメーリング・リストを通じて百万ドルを調達しようとしたのですが、たちまちに集まるだろうとの予想に反してやや苦戦していたと言う話です。噂されているほどの資金調達能力はないかも知れないとモリス氏は見ています。

一方で、オバマ陣営は、一度の資金集めパーティーで50万ドルを集めたそうです。これはオバマ陣営にしてみれば上出来なのでしょう。

ただ、どうでしょうか、資金集めパーティーには準備等にある程度コストがかかるのに対して、Eメールでの資金集めのほうがはるかに効率がよいことは間違いありません。クリントン家の政治マシーンがどんなものなのか、どれ程の影響力があるのか今後が見ものです。


February 27, 2007
By Dick Morris

Six days ago, the Clinton campaign started a campaign to raise $1 million in one week from the “grass roots.” On Day One, Bill Clinton sent an impassioned e-mail to all of the subscribers on HillaryClinton.com asking for contributions. On Day Two, James Carville sent a second e-mail asking for money for the urgent fight against the unnamed attackers who were ready to pounce against Hillary. Then, yesterday, on Day Five, Madeline Albright was dragged in to make yet another pitch.

On Day Six, the campaign has received slightly more than $800,000. That’s a lot of money, but it doesn’t suggest that the Godzilla list is so great. The money is not pouring in. One would have expected Clinton to quickly and easily surpass her goal. She didn’t.

By contrast, at a Cincinnati fundraiser for Obama yesterday, organizers brought in almost half a million dollars.








最終更新日  2007年03月05日 08時48分38秒
コメント(0) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.