000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

心身爽快ヨガノート

全て | カテゴリ未分類 | メルマガ | 爽快ヨガ | 体に良いコラム | 心に効くことば | メッセージ | ヨガキャラ・コーナー | 創作ノート | スピリチュアル&自然 | 武術・武道ノート | ラジヨガ | nobo∴ヨガポーズ集(閲覧注意(・^v^・)) | ユーチューブ動画を見る | 電車でヨガ! | ヨガ体験ノート | ヨガポーズ★イラスト図鑑 | ヨガ呼吸法ノート | マンガで簡単ヨガ | 椅子ヨガ | ヨガ活動・ワークショップ等 | ぽえむわーるど | Studio+Lotus8 沖ヨガクラス | 気功導引&伝統健康体操 | ヨガ実技ノート | ヨガ周辺知識ノート | アシュタンガヨガノート | 沖ヨガ・龍村ヨガノート | blogヨガ講座 | ヘッドスタンド | 新・ヨガ爺に聞け | ひとりゴトゴト | へたへたアフィリエイト | 体の名前
2014/08/18
XML
坐式・八段錦

坐式・八段錦(はちだんきん:はちだんにしき)とは、
中国導引術(気功)をまとめた健康法で、
八種の操法から成り立っています。

錦とは織物=集めて織り込み形にしたもの。イコール”集典”の意味で、
インドで”スートラ(横糸)”を経典の意味で使っているのに同じです。
また錦(きん)は”筋”と音が一緒であり、 筋=経絡の筋道というようにも解釈されます。

八段錦には、このページで解説する1、坐ってやるもの 2、立って行なうものがあり、それぞれ内容が違います。

坐式は静的なもので、唾を湧かせ飲み込んだり、
生命のエネルギーに関わる”腎”をさすって働きを高めたりというように
仙術・不老不死の健康法のような感じです。
それに対し”立式”は動的で、動功、動く気功体操です。

それぞれまた、違うやり方のバリエーションがありますが、
あまり堅苦しく考えず、自分の身体感覚、気の感覚を味わいながら、
その違いも楽しんで見てください。


1、叩歯鳴鼓(こうしめいこ)
叩歯鳴鼓(こうしめいこ)坐式・八段錦

楽な座り方で坐り、八段錦の1番目の操法をしましょう。

1-1、「叩歯」
上下の歯を、カチカチと音が出るように36回噛みあわせる。

 力を抜いて口を開け閉めし、歯を噛み合わせます。

 口を動かすこと、また歯の振動は、
 口の中の刺激活性化だけでなく、
 脳への刺激となります。


1-2、後頭部に指を組んだ掌を当て暖める。

 頭の後ろで手を組み、掌で後頭部を温めます。
 (別法:手は組まないで、後頭部を指圧し揉みます。)

 後頭部は”腎”の関連部位ですから、
 この導引操法は東洋医学の複合機能としての”腎”
 (人体の生命エネルギーや、
 体液のフィードバックを司る経絡・臓器。)の働きを高めています。

1-3、「鳴鼓」
掌で耳を覆い、人差し指の上に中指を重ね一瞬力を入れてから、
人差し指を外し、指を弾いて後頭部を叩き、その音を頭蓋に響かせる。24回。

 掌で耳を覆って外部の音を遮断し、
 指を弾いて(指パッチン)後頭部を叩き、音を響かせます。

 ヨガ操法に耳を塞いで体内の音を聴く呼吸法や瞑想法がありますが、
 これも同じような体内音に意識集中する効果と、
 頭蓋骨内部に音を響かせることで、
 脳に刺激を与える効果を出します。

2、揺動天柱(ようどうてんちゅう)
揺動天柱(ようどうてんちゅう)坐式・八段錦
頭をゆっくり左右に傾け肩先を見る。24回。

 楽に坐り、手をお腹の前で組み姿勢を整えましょう。
 背筋を伸ばし首を真っ直ぐにしてから、
 ゆっくりと首を左右に傾け耳を肩に近づけます。
 視線は横目づかいに肩を見るようにしましょう。
 何回か動かし動きが滑らかになったら、動かす角度を変え、
 うつむき気味にしてみたり、
 ちょっと上向きにしたりして下さい。

 肩は上がらないようにリラックスです。

 (別法:振り向くように”横を向く”やり方もあります。)

  この導引気功は、首の筋を伸ばし、
頚椎を動かして首の気血の巡りを良くします。

首は神経や血管、気道(空気)、
食道(栄養)と大事なものが集中して通る部分です。
デリケートで大事な体の部分ですので、
ゆっくりとほぐして行ってください。

先の”叩歯鳴鼓”で頭部、口の刺激、
そしてこの”揺動天柱”では”首”と刺激部位が移動しました。


(つづく)







最終更新日  2014/08/18 07:40:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
[気功導引&伝統健康体操] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.