061843 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

草魂の子めら 小学生ソフトボールスポ少奮闘記

PR

プロフィール


ラピュタ之介

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

「最強の営業マンは… GawRikuさん

寺子屋日記 いづみ8845さん
子育て応援!子連れ… *kaorin2*さん
サ サ ス ポ 33yanさん
初心者野球用具 ジュンサンタさん

コメント新着

ふじまる@ 山形にも・・・ 男子でしたが、去年の県大会で75.74m投げ…
青空見上げて@ いいですね 昔からの行事はいつも心が改まってとても…
文球@ 酒バトンは私のところで終了としました。 酒バトン私のところでアンカーとしました…
文球@ 酒バトン 最近更新されてないご様子で、すこし気に…
文球@ 酒バトン 最近更新されてないご様子で、すこし気に…

キーワードサーチ

▼キーワード検索


 
「草魂」

この言葉は元近鉄の鈴木啓二投手が好んで使っていた。
踏まれても踏まれても再びまっすぐに伸びる。
そんな麦のような、芯の強い子供たちに育ってほしいという意味をこめて「草魂の子めら」。
負けたらその時、風に吹かれればいい。風にたなびく麦は強い。

◆私、ラピュタ之介は代表SHIMAさんの主宰チーム DREAM CHAMPLE
の会津支部応援団長です。
全国に応援団がいらっしゃいます。熱い思いを共感できればもっと野球が好きになるはず。私は指導者として、全国のいろんな人々のいいところを自分にも、スポ少の子供たちにも還元していきます。

◆甲子園球児プロジェクト
  JBR 日本野球研究会  第1弾企画 『★夢・憧れの甲子園を30分で目標に変える技術!』
トップチームプロデューサー代表SHIMAさんがまとめた小冊子発売中です。発売以来 大好評!
2006.01.19
XML
カテゴリ:子育て
hk

会津地方の名物「歳の神(さいのかみ)」です。
ばあちゃんたちは「さいのがみ」といいます。

毎年1/15日。
村中の人が、昨年のカレンダーや破魔矢、お札、だるまなどをもってきて火に投げ入れます。
八百万の神の精神。
どんなものにも神様が宿っているという日本人的な発想。
そうおもえば、そういったものはゴミ箱へ捨てられませんね。

年のはじめに、村の人たちが顔をあわせる。
暗闇の中に、それぞれの顔が浮かび上がります。
その火で、もちやするめを竹の先につけて焼きます。
それを食べれば無病息災。
その火でつけたたばこをすえば、虫歯にもならないという迷信。
こどものころそういわれてたばこにむせ返った記憶がありますが、この村に小学生はいません。
さびしいかぎり。

昔ほどの村にも勢いがなくなってきているのを感じます。
つくるのはめんどくさいなぁと思いますが、こういう行事は残していきたいものです。

ちなみに、息子大和を取れていきましたが、燃え盛る火にびびって泣きまくりでしたが、きっちりもちとするめを持ち帰りました。
もちはあぶないので食べさせていませんが、するめをかじって、こちらが油断した好きに嫁さんのビールを飲んでいました。
気をつけねば。






最終更新日  2006.01.19 12:41:33

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.