000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

SOULTRAIN

2005.11.08
XML
テーマ:洋楽(1809)
カテゴリ:Rock / Punk
 インディーズで話題沸騰のFall Out Boyがついにメジャーデビュー。Fall Out Boyの「From Under the Cork Tree」



  Patrick Stamp(Vo/Guitar)、Pete Wents(Bass)、Joe Trauman(Guitar)、Andy Harley(Dr)からなるのシカゴ出身4人組パンク・ロック・バンド。2000年に結成され、2001年にはインディーレーベルからのリリースを開始。
 インディーズから発売した前作、「Take This To Your Grave」は大ヒット。全米で20万枚、日本でも2万枚と、インディーズとは思えない売れっぷり。 それはひとえに、彼らのアルバムが素晴らしいからに他ならないからだろう。

 さて、今回のアルバムも素晴らしい仕上がりとなった。
 プロデューサにNew Found GloryやYellowcardでおなじみのNeal Avronを起用。ロックやパンクファンに留まらず、全ての人が親しみやすく聞けるサウンドと仕上がっている。
 どのロックバンドにも勝るいろいろなタイプの曲を書ける、とインタヴューで彼らは答えているが、正しくその通り。とても綺麗にまとめられた良質のロックアルバムであると共に、タイプの異なる曲も収録されていて、その趣も楽しめる。
 リードシングル、「Sugar, We're Goin Down」は既に全米で大ヒット。
 バンドのサウンドを生かした大振りな曲で、聞いていて気持ち良い。パンクバンドと評されることも多々あったようだが、彼らは間違いなくロックバンドだろう。本人達も「パンクバンドとしてだと自分たちはアウトサイダ。ロックバンドとして見られたい」とインタヴューで答えていたが、正しくその言葉を実証するかのような痛快な一曲である。
 アルバムを通して聴いてみても、とってもグルーヴィーで、R&Bに編曲しても売れそうな「Dance, Dance」、ライヴでもたびたびカヴァーしていたJoy Divisionの影響をモロに窺わせる「I've Got A Dark Alley And A Bad Idea That Says You Should Shut Your Mouth」など、前作同様メロディーを失わずもアグレッシブな曲が多く、素晴らしい仕上がりである。
 これからヒットすること間違いなし。早めにチェックである。

 余談になるが、しっかし、何故彼らの曲のタイトルはこうも長いのか(苦笑)。
 「Our Lawyer Made Us Change the Name of This Song so We Wouldn't Get Sued」、「I Slept with Someone in Fall Out Boy and All I Got Was This Stupid Song Written About Me」、「I've Got a Dark Alley and a Bad Idea that Says You Should Shut Your Mouth」……。
 珍しく国内版のCDタイトルにちゃんと邦題が付けられていたのだが、たしかにそのままカタカナ表記したら、CDのクレジットのアートワークにとてもじゃないが収まりそうも長いタイトルである(笑)。タイトルに関係代名詞が使われているって……、状況を説明しすぎだから(笑)。


Fall Out Boy オフィシャルサイト

「Sugar, We're Goin Down」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)






Last updated  2005.12.12 23:12:07
[Rock / Punk] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.