000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

SOULTRAIN

2005.11.30
XML
テーマ:洋楽(1809)
カテゴリ:Rock / Punk
 All-American Rejectsのセカンドアルバム、「Move Along」。



 最近、チャートを見ると、ロックが息を吹き返しているように思う。
 Green Dayを筆頭に、Linkin ParkEvanescenceGavin DeGrawFall Out BoyNickelbackSwitchfootHoobastankYellowcardPapa RoachLifehouse、Maroon5、etc...
 そんな中で、All-American Rejectsもヒット。2002年のデビューアルバムが、全米は元より、日本でもヒットした。
 ロックはR&Bなどと比べて些か入りづらいイメージがあるが、最近はすんなりと聞けるシンプルで直球なロックバンドが多数出現。大ブレイクを果たしたMaroon5のように、少し古臭いメロディーなんかがいい味を出しているバンドも多い。
 AARも、Popのさわやかな要素ありの、聞きやすいロックバンド。ロック初心者にはオススメの1枚だろう。
 現在シングルの「Dirty Little Secret」が大ヒット中。

 シングル「Dirty Little Secret」。
 ドラムの刻みが気持ちいい。煩すぎないギターに、ポップの要素を含んだ軽やかなメロディーラインが見事にマッチ。ヴォーカル(Josh Grobanに似てない?(笑))の声も聞きやすく、初めて聞いたときから自然と体がリズムを取ってしまうような心地よさがある。
 こうしたポップテイストな曲は最近かなりウケがいいので、これから売れそうな予感がたっぷしである。しかも曲調がさわやかで、聞いていて純粋に楽しくなるような1曲だ。聞く人を選ばない、ノーバウンダリィズなシングル。
 アルバム全体としても、前作のさわやかなイメージを失わず、しかし着実にレヴェルアップしたサウンドを聞かせてくれる。ロック節炸裂のアルバムタイトルトラックの「Move Along」は、軽快なドラムが聴き心地抜群。サビは激しく歌い上げるのに、メロでは彼らの本領である「さわやか」なテイストがあしらわれて、AARらしい曲となっている。アルバムのラストを飾る「Can't Take It」では、ストリングスをフューチャーしていて、壮大な1曲に仕上がっている。けれど、それでもアグレッシヴな雰囲気を失っていないところが凄い。「聞かせる」一曲である。

 注目のロックバンド。今回は前作を越えるヒットになるのかな?


All-American Rejects オフィシャルサイト

「Dirty Little Secret」を試聴する(WMP)。


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)






Last updated  2005.12.12 23:05:23
[Rock / Punk] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.