000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

SOULTRAIN

2005.12.07
XML
テーマ:洋楽(1809)
カテゴリ:R&B / Soul
 また素晴らしい大型新人が登場。Keyshia Coleの「Way It Is」。



 Eveとのコラボで話題を集めていたKeyshiaがついにデビュー。
 若干21歳のデビューアルバムにしてこの声量は凄い。ハスキィなヴォイスがとても魅力的で、半端無い技量。12歳でかのMC Hammerとレコーディングを経験したとあって、キャリア十分。
 2005年の名盤にこのアルバムを挙げる人も多いぐらい、とにかく注目の一枚である。

 シングル、「I Changed My Mind」。
 これはKanye Westプロデュース(Kanyeさんたら働きすぎとちゃいますか?(笑))。イントロで「ところでカニエがトラックしてるぜ(Kanye West on the track by the way)」とドロップが入っていますね(笑)。
 手拍子の刻みが面白く、それに乗っかるKeyshiaの声はお見事。サビは秀逸で、特にメロディーが悩殺モノ。ブリッジでのハーモニカ(アコーディオン?)の音が目茶目茶哀愁漂っていて、雰囲気を出しています。刻み自体は細かい曲なのに、全体に大きな2拍子のノリで、それがこの曲を聴きやすくしているのかも。
 とにかく、Keyshiaの歌声が100%活かされた楽曲で、微妙なビブラートなど、とても素晴らしいです。声だけでここまで「聞かせる」歌手ってそうそういないですよね。
 シングル「(I Just Want It) To Be Over」。
 頭拍が強いようで裏拍が強い裏メロに、民族楽器のようなドラムがとても面白いです。
 この曲もKeyshiaの声の魅力がぎゅぎゅっと詰まっていて、とても聞き入ってしまいます。シャウト気味に歌い上げる部分なんかは鳥肌が立ちそうなぐらいの素晴らしい歌声です。
 最後の「Over and Over」というフレーズが印象的ですね。
 アルバム全体でも、棄て曲ナシの素晴らしい仕上がり。デビューアルバムということが俄かに信じられない、相当な仕上がりです。Aliciaにも引けを取らない素晴らしさ。
 特にテンポの落ちたバラードでは彼女の歌声がより一層引き立っていて、「Love」なんかは涙モノの名曲。これは相当ヤバイですよ。引っ掛けたような歌い方をするサビは、何度聞いてもドキドキしてしまいます。この1曲だけでもアルバムを買う価値ありです。後世に残したいような曲ですね。ソウルフルなKeysiaがたまりません。

 また1人、天才が出現しましたね……。
 かなり注目の素晴らしい歌手です。


Keyahia Cole オフィシャルサイト

「(I Just Want It) To Be Over」を試聴する(WMP)。

「I Changed My Mind」を試聴する(WMP)。

「Love」を試聴する(WMP)。


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)






Last updated  2005.12.12 23:02:55
[R&B / Soul] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.