046997 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

沖の千鳥の陸あそび

PR

Calendar

Comments

蒼鰻@ Re[1]:はなみ 1(04/08) takahasiさん >また、誘ってください …
takahasi@ Re:はなみ 1(04/08) いろいろ、ご心配おかけいたしました ま…
蒼鰻@ Re:友達失ってないよ(笑)(04/19) Rちゃんさん >ずっと、ずっと良い仲間で…
Rちゃん@ 友達失ってないよ(笑) 冒頭から驚いちゃいました ずっと、ずっと…

Category

Headline News

Profile


蒼鰻

2012年03月14日
XML
カテゴリ:旅行
 翌日は横須賀を歩く。
 念願の戦艦 三笠を見るために来たのだ。
 8人で横須賀駅から歩くのだが、米軍基地の街をイメージしていたが、思ったほどアメリカの雰囲気は色濃くはないなぁという感想である。
 東郷さん・三笠をバックにみんなと記念撮影をし、艦内を巡る。気の置けない仲間たちと色々な話をしながら見学するのがなにより楽しい。艦橋に立ち東郷さんと真之の立ち位置を確かめ、この艦隊が帝国ロシアのバルチック艦隊を殲滅させたかと思うと興奮は抑えられない。
三笠もそうだが、そこから海を眺めるのが気持ちいい。横須賀の先には浦賀が在り、黒船が来航した時の鎖国日本の人達の驚きを想像する。
 見学中に春秋さんと匠さんと合流し、10人で三笠をバックに記念撮影。

 昼食は料亭 小松をセッティングしてくれている。
 先ず始めに応接室へと通された。海軍の歴代長官が訪れたという豪華な調度の部屋へ入ることが出来るとは思わなかったのでここでも興奮状態。
 三笠見学後、匠さんは帰られたが、ここで照姫さんと合流。9名での食事となる。
 東郷平八郎・上村彦之丞・米内光政・山本五十六の揮毫を見せて頂き、食事部屋へと通される。
 日本海軍のお歴々がくつろいだサロンで食事できるとは・・・セットしてくれたおなさんに感謝である。

 昼食後は鎌倉へ移動する予定だったが、前日の反省会の時に横須賀の海軍基地をめぐる遊覧船が出ていると聞き、私は是非ともその船に乗りたいとせがんだ。わがままにも関らず皆さんで寒風の中、軍港めぐりの船に乗り込む。
 イージス艦・潜水艦・木造の掃海艇、中でもミニッツ級の原子力空母が停泊していてそれを見られた事にこの日の3度目の興奮で、甲板を歩き回りカメラのシャッターを押し捲る。本当に嬉しかった。童心に返ったようだった。
 鎌倉の鶴岡八幡宮へお参りをし、東京へ帰る。

 八重洲駅の飲食街でこの日の反省会ですっかり出来上がりみんなに2次会へ行こうと絡む。2次会の記憶はほとんど無いのだが、ホテルへと帰る道。ヘロヘロになって千鳥足で歩いた記憶が翌朝残っていた。
 いい歳をしたオッサンの我が儘し放題を気の置けない仲間たちは受け入れてくれる。感謝しつつも反省をせねばと思うが、たぶん一生治らないであろう・・・






Last updated  2012年03月14日 10時55分09秒
コメント(0) | コメントを書く
[旅行] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.