7716693 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOUND LIBRARY STORE

PR

Profile


some1904

Freepage List

Calendar

Headline News

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

全3356件 (3356件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

December 24, 2012
XML
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ\/PIANO
  • eddie christmas

Christmas Songs
Eddie Higgins Trio




1. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
2. The Christmas Song
3. I'll Be Home for Christmas
4. God Rest Ye Merry Gentlemen
5. Santa Claus Is Coming to Town
6. O Little Town of Bethlehem
7. Have Yourself a Merry Little Christmas
8. Christmas Waltz
9. White Christmas
10. Winter Wonderland
11. Deck the Halls with Boughs of Holly
12. Sleight Ride













本日も快晴。。。


今日はまた特に寒い一日となりました。。。。。。。


久々の更新となります。。。。。。


ちょっと更新滞っててるとUPの仕方忘れますね。。。。。。


さてクリスマス・イヴこれが良いでしょう。。。。。。。


最近のクリスマスアルバムとしては最高の出来の。。。。。。


エディ・ヒギンズさんで聴いてみてください。。。。。


曲は数あるクリスマスソングの中で私の一番好きな。。。。。。


「The Christmas Song」です。。。。。。


この曲はクリスマスに限らず、メロディが美しく。。。。。。


心に染み入ってきます。。。。。。


エディさんの音色も憂いを帯びていて素敵ですね。。。。。。


是非切ないクリスマスソングを聴いてみてください。。。。。。星




















★ The Christmas Song ★















The Christmas Song - Eddie Higgins Trio



♪ Listen ♪













Eddie Higgins (pf) Jay Leonhart (b) Joe Ascione (ds)

Recorded at Avatar Studio in New York on July 7 & 8, 2004

Sunnyside






Last updated  December 24, 2012 09:41:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 15, 2012
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ\/PIANO
  • mcnabb

Waiting For You
Murray McNabb Trio




1 Letting Go
2 Missing You
3 Mrs Duck
4 Gone Country
5 Persian Cowboy
6 Holiday In Managua
7 Open House
8 Waiting For You












久しぶりの更新となります。。。。。。


XPの調子が悪いので7使っていますが。。。。。。。


ムービーメーカーが難しいのでXPの復旧まで動画制作が。。。。。。。。


出来ずにおりました。。。。。。


なんとかひとつ作りましたので是非聴いてみてください。。。。。。。


今夜は美メロのピアノ・トリオ作品からです。。。。。。。。


ニュージーランドのピアニスト Murray McNabb さん率いる。。。。。。。。。


ピアノトリオの1987年リリース作品からです。。。。。。。。


軽やかなタッチからいくつも紡ぎだされる。。。。。。。。


柔らかなスイング感とリリシズム溢れるメロディで。。。。。。。。。


爽やかな聴き心地の中に深い味わいが滲み出る。。。。。。。。


まさしく隠れた名盤です。。。。。。。。。


彼の1990年発売の 『Song for the Dream Weaver』 の復刻も。。。。。。。。


現在大好評となっているピアニストの貴重な音源。。。。。。。。


聴いて損はありません。。。。。。。


是非聴いてみてください。。。。。。。。クール
























★ Letting Go ★

















Letting Go - Murray McNabb Trio



♪ Listen ♪
















Murray McNabb (pf) Andy Browb (b) Frank Gibson (ds)

Recorded at Mandrill Studio, 1987

Ode Records SODE271






Last updated  October 15, 2012 10:47:13 PM
コメント(1) | コメントを書く
October 3, 2012
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ VOCAL
  • freddie

When You're Smiling
Marlena Shaw Meets Freddy Cole




You Are My Everything
All Of Me
When I Fall In Love
All Right OK You Win
L-O-V-E
Unforgettable
My Foolish Heart
The Nearness Of You
Until I Met You
Feel Like Makin' Love
Gospel
When You're Smiling












先週末は再度大阪へ遠征して参りました。。。。。。。。


日本列島台風直撃のこの日大阪は土砂降りの雨。。。。。。。。


交通機関も大変だったようです。。。。。。


傘なんて意味なしでしたね。。。。。。


そして帰りは台風の行方が関東に向かい。。。。。。。。


静岡~三島間での強風でダイヤが乱れて。。。。。。。。


私の乗る新幹線が運休となりまして。。。。。。


5時間立ちっぱなしの帰路となりました。。。。。。。


こんな事は初めてでしたのでワクワクしていましたので。。。。。。。


ちょっと辛さは流せましたかね。。。。。。。


さてさて今夜はマリーナ・ショウとフレディ・コールとの。。。。。。。。


貴重なジョイント・ライヴから聴いてみてください。。。。。。。


こんなにリラックスしたデュエットはあまりありませんので。。。。。。


是非聴いてみてくださいませ。。。。。。。クール

























★ L-O-V-E ★

















L-O-V-E - Marlena Shaw Meets Freddy Cole



♪ Listen ♪
















Marlena Shaw (vo) Freddie Cole (vo) David Hazeltine (pf) Jeff Chambers (b) Lennie Robinson (ds)

Recorded at Hotel Asocia Shizuoka on Dec. 10, 2003

Ratspack Records RPCJ 7001






Last updated  October 3, 2012 09:23:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 27, 2012
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ\/PIANO
  • vla

Whisper Not
Vladimir Shafranov Trio




1.You And The Night And The Music (A.Schwaltz)
2.Holy Land (C.Walton)
3.I Remember Clifford (B.Golson)
4.Whisper Not (B.Golson)
5.Moon And Sand (A.Wilder, M.Palitz)
6.Hush-A-Bye (S.Fain)
7.Day Dream/Star-Crossed Lovers (B.Strayhorn)
8.Oblivion (B.Powell)
9.If You Could See Me Now (T.Dameron)
10.A Beautiful Friendship (S.Styne)












急に冷え込んだせいか、また風邪がぶり返してしまいました。。。。。。


徐々に気温落ちてくれないと身体が対応出来ませんです。。。。。。。。


皆様も気をつけた方が良いですよ。。。。。。。。


ただ一気に秋となり眠るには快適ですね。。。。。。。。


さて今夜は久々にVladimir Shafranovさんです。。。。。。。。。。


この度ウラジミールさんの熱望によりまして。。。。。。。。


晴れてヴィーナス・レコードに移籍してからの作品から聴いてみてください。。。。。。。。。。


1990年録音 の「ホワイト・ナイツ」の大ヒットで。。。。。。。。。


日本のジャズ・ファンお気に入りのジャズ・ ピアニストとなりました。。。。。。。


ロマン溢れるハーモニーとスインギンなプレイが素晴らしいですね。。。。。。。


選曲も人気曲を中心にしていて嬉しい限りです。。。。。。。


是非とも聴いてみてください。。。。。。。。クール




















★ Moon And Sand ★















Moon And Sand - Vladimir Shafranov Trio



♪ Listen ♪

















Vladimir Shafranov (pf) Peter Washington (b) Victor Lewis (ds)

Recorded at Avatar Studio in New York on January 15th & 16th , 2012

Venus Records VHCD-1077






Last updated  September 27, 2012 09:44:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 23, 2012
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ\/PIANO
  • eugen

Eugen Cicero
In Concert Vol.3




1. バレエ「白鳥の湖」~情景(チャイコフスキー)
2. パガニーニによる大練習曲第2番(リスト)
3. ナンシー(ヒューゼン)
4. ホエア・オア・ホエン(ロジャース)
5. ソルフェッジオ□ハ短調(C.P.E.バッハ)
6. 前奏曲第4番(ショパン)
7. ソナタ□ハ長調(D.スカルラッティ)
8. マイ・リトル・スウェード・シューズ(パーカー)
9. 華麗なる大円舞曲(ショパン)
10. カウボーイ・サンバ(ペデルセン)
11. ワンス・アポン・ア・サマータイム(ルグラン)
12. バット・ノット・フォー・ミー(ガーシュウィン)













今日は低温の寒い一日となりました。。。。。。。。


明日には気温も復活しちゃいそうですが。。。。。。。


これからは寒い日も増えてくるんでしょうね。。。。。。。


さて今夜はクラシックをジャズ化して演奏して。。。。。。。。


成功を収めた第一人者です。。。。。。。。


中でもバッハの作品のジャズ化が有名ですね。。。。。。。。


ここではドイツで行われたライブの録音から聴いてみてください。。。。。。


ルグランさんの名曲をキケロさんが演奏。。。。。。。。


ただただ美しい演奏を聴いてみてください。。。。。。。


元々の美メロがキケロさんの美しいタッチで。。。。。。。


より一層魅惑的になっています。。。。。。。クール






















★ Once Upon A Summertime ★


















Once Upon A Summertime - Eugen Cicero



♪ Listen ♪
















Eugen Cicero (pf) Niels Henning Orsted Pedersen (b) Tony Inzalaco (ds)

Recorded at Kleines Theater, Berlin. 1977

NVG VMCP-1004






Last updated  September 23, 2012 08:32:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 22, 2012
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ GUITAR
  • jimmy

Live at The Other End
Jimmy Ponder




1. The Work Song
2. Jitter Bug Waltz
3. Freedom Jazz Dance
4. Con Alma
5. Milestones
6. Stella by Starlight
7. All The Things You Are













今日は秋の装い。。。。。。。


気温も低く涼しい一日となりました。。。。。。。


明日はもっと過しやすそうでちょっと寒く感じるかも知れませんね。。。。。。。


徐々に秋が近づいて来たようです。。。。。。。。


さて今夜は多彩なスタイルにより。。。。。。。。


さまざまな種類のアルバムをリリースしてるジミー・ポンダーさんです。。。。。。


そんな彼のソロ・ライブアルバムからです。。。。。。。。。


ソウル・ジャズやフュージョン的なプレイヤーという。。。。。。。。


印象の多いポンダーさんですが。。。。。。。。。


ここでは初心の頃に返ってというか。。。。。。。。


実に真っ直ぐな演奏でのライブです。。。。。。。。。


暖かみのあるスウィートな音で。。。。。。。


大好きな曲たちを丁寧に慈しみながら。。。。。。。。


弾いている彼の姿が目に浮かびます。。。。。。


是非聴いてみてください。。。。。。。クール




















★ Milestones ★
















Milestones - Jimmy Ponder



♪ Listen ♪
















Jimmy Ponder (g)

Recorded Live at The Other End new York City, 1982

Explore Records






Last updated  September 22, 2012 09:37:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 20, 2012
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ\/PIANO
  • andre

My Fair Lady
Andre Previn and his quartet




A1 You Did It 3:12
A2 The Rain In Spain 3:11
A3 Without You 4:37
A4 I Could Have Danced All Night 3:31
A5 On The Street Where You Live 3:58
B1 With A Little Bit Of Luck 3:06
B2 I've Grown Accustomed To Her Face 3:04
B3 I'm An Ordinary Man 3:16
B4 Wouldn't It Be Loverly 4:06
B5 Get Me To The Church On Time 6:06













残暑も今日限りと願いたいです。。。。。。。


陽射しだけは本日も真夏並。。。。。。。。


クラクラした。。。。。。。。


明日は気温も少し下がりそうですので。。。。。。。


過し易くなるといいですね。。。。。。


さて今夜はアンドレ・プレヴィンさんのピアノです。。。。。。。。


過去にはシェリー・マンとの作品もありました。。。。。。。


「My Fair Lady」を題材とした作品からです。。。。。。。。


今回はプレヴィン・リーダー作のカルテット。。。。。。。。。


ジャケットは映画で主演したオードリー・ヘップバーンさんと。。。。。。。。。


一緒に写っている素敵な写真が使用されています。。。。。。。。。


プレヴィンの快速パッセージが心地よい名盤です。。。。。。。。。


中でも「The Rain In Spain」が最高です。。。。。。。。。。


このアルバムでのアレンジはなんとも甘くて抒情的です。。。。。。。。。


これ1曲聴くだけでも良い作品となっています。。。。。。。。


是非聴いてみてください。。。。。。。。。クール





















★ The Rain In Spain ★















The Rain In Spain - Andre Previn



♪ Listen ♪

















Andre Previn (pf) Herb Ellis (g) Red Mitchell (b) Frank Capp (ds)

Recorded at Hollywood, April 14-15, 21, 1964

Columbia






Last updated  September 20, 2012 09:50:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 18, 2012
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ\/PIANO
  • kuhn

Pavane For A Dead Princess
Steve Kuhn Trio




1 I'm Always Chasing Rainbows - Fantasy Impromptu 7:22
2 Pavane For A Dead Princess 6:26
3 Moon Love - Symphony #5 2nd Movement 6:49
4 One Red Rose Forever - Ich Liebe Dich 5:32
5 Swan Lake 6:09
6 Nocturne In E♭ Major Op9, No2 6:38
7 Reverie 8:09
8 Prelude In E Minor Op28, No4 5:43
9 Full Moon And Empty Arms - Piano Concerto #2 3rd Movement 6:51
10 Pavane 6:32
11 Lullaby 3:37












一昨日の仕事終わりから大阪に向かい。。。。。。。。


昨日夜遅くに帰って参りました。。。。。。。。


ただ風邪の調子が酷くて食い倒れの街大阪で。。。。。。。。。


ほとんど何も食べてないのが残念でなりませんです。。。。。。。。。しょんぼり


さて今夜聴いていただきますは。。。。。。。


名手スティーブ・キューンさん。。。。。。


クラシックの名曲をジャズでなんて堅苦しいものはありません。。。。。。。


ただただピアノのなんとも言えない深い音色が美しく聴こえ。。。。。。。


超絶に美しいメロが響くだけです。。。。。。。。


まあ少し重いタッチのメロディラインなので。。。。。。。


夜のしっとりした雰囲気が漂いますよ。。。。。。。。


是非聴いてみてくださいませ。。。。。。。クール























★ Pavane ★
















Pavane - Steve Kuhn Trio



♪ Listen ♪

















Steve Kuhn (pf) Davod Finck (b) Billy Drummond (ds)

Recorded at The Studio in New York on August 18 & 19, 2005

Venus Records TKCV-35361






Last updated  September 18, 2012 10:20:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 15, 2012
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ\/PIANO
  • adee

As Time Goes By
Beegie Adair




1. Ill Remember April
2. It Might As Well Be Spring
3. As Time Goes By
4. On The Atchison, Topeka and The Santa Fe
5. Invitation
6. Swingin On a Star
7. Golden Earrings
8. Green Dolphin Street
9. Over the Rainbow
10. Stella By Starlight
11. Buttons & Bows
12. When You Wish Upon A Star















久しぶりに風邪ひきました。。。。。。。。


更新が滞り申し訳ありません。。。。。。。


夏の疲れが一気に出たようです。。。。。。。。しょんぼり


そして明日は大阪初参戦。。。。。。。。


全く未開の地なのでちょっと怖いですね~。。。。。。。


たこ焼きでも食べて篭るのでまあ大丈夫ですかね。。。。。。。。


さて今夜はアメリカ人ジャズ・ピアニスト、ビージー・アデールさん(72)です。。。。。。


ジャズのスタンダードや ポピュラーの名曲をカバーした彼女の輸入盤が。。。。。。。。


東京・銀座の山野楽器で反響を呼びこみじわじわと人気が拡大された方です。。。。。。。


最初はジャズよりでなくポピュラーよりのピアニストかと思っていたんですが。。。。。。。。


中々の曲者で素晴らしいです。。。。。。。。


一聴するだけで世良嬢さん的な深みのある演奏をされています。。。。。。。。。


とても聴きやすく滑らかな演奏ですが。。。。。。。


マスコミのマーケティングで創られたような音楽とは全く異なり。。。。。。。。


アーティストの個性と意思がしっかり感じられますよ。。。。。。。。。


気分が優れない時などもこれを聴くと落ち着いて。。。。。。。。


静かな気持ちになれるような気がします。。。。。。。。


懐の深~い音なのだと思います。。。。。。。。。。


是非聴いてみてください。。。。。。。。。クール





















★ Over The Rainbow ★

















Over The Rainbow - Beegie Adair Trio



♪ Listen ♪


















Beegie Adair (pf) Roger Spencer (b) Chris Brown (ds)

Villege Square Music 2007






Last updated  September 16, 2012 12:51:11 AM
コメント(2) | コメントを書く
September 11, 2012
テーマ:Jazz(1651)
カテゴリ:JAZZ\/PIANO
  • cella

Spike
Erminio Cella Trio




1.Spike
2.Dolphin Dance
3.Blues for Giulia
4.Song for My Wife
5.What Is This Thing Called Love?
6.Chelsea Bridge
7.Bop Be
8.Indecisione
9.Song for My Wife(Alternate Take)













今日も最高気温33℃と言う事でしたが日向を避ければ。。。。。。。。


なんとかなる陽気になってきたようです。。。。。。。


湿度が下がっているのかもしれませんね。。。。。。。。。。。


とは言え平年並みになってほしい所ですね。。。。。。。。。。


さて今夜は粋なピアノ・トリオ聴いてみてください。。。。。。。。。


このアルバムは彼のレギュラー・トリオによる録音と思われます。。。。。。。


Erminio Cellaさんです。。。。。。。。。


この作品まず選曲が素晴らしいですね。。。。。。。。。


自作曲のほかにハンコックやコール・ポーター、ビリー・ストレイホーンなどの。。。。。。。


名曲を取り上げるなどいずれも鮮やかな解釈を聴かせてくれています。。。。。。。。


イタリア・ジャズ界と言うと多くみられるエバンス派ですが。。。。。。。。


繊細でどこか内省的なところはハンコックやキース・ジャレットを思わせます。。。。。。


それでいてブルースでは低音をダイナミックに駆使する場面もみられるなど。。。。。。。


ケニー・バロンにも一脈通じるものがあるようです。。。。。。。。。


是非ともご一聴くださいませ。。。。。。。。。。


今夜は哀愁の「Chelsea Bridge」聴いてみてください。。。。。。。。。クール
























★ Chelsea Bridge ★
















Chelsea Bridge - Erminio Cella Trio



♪ Listen ♪
















Erminio Cella (pf) Marco Mistrangelo (b) Gabriele Boria (ds)

Recorded at Teatro Alle Vigne,Lodi,February 14-17,1997

Philology W110






Last updated  September 11, 2012 08:52:20 PM
コメント(0) | コメントを書く

全3356件 (3356件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.