7712448 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOUND LIBRARY STORE

PR

Profile


some1904

Freepage List

Calendar

Headline News

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

全38件 (38件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >

SOUL\/JAZZ

June 27, 2006
XML
テーマ:Jazz(1644)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

Stinger

Johnny Hammond Smith
The Stinger



1.スティンガー
2.ノー・グレイター・ラヴ
3.ブラザー・ジョン
4.クレオパトラ・アンド・ジ・アフリカン・ナイト
5.ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ
6.ベニーズ・ディギン






この Johnny Hammond Smith さん。。。。


56年にピアノからハモンド・オルガンに転向されたと聞いています。。ウィンク


これがソウル・ジャズ色を増していく。。。。


きっかけとなった1枚とされています。。。。ぶた


ギター。。ドラムス。。


そして2人のテナー・サックス奏者をフィーチャーした。。。。


グルーヴィでソウルフルなジャズになっています。。。。音符


作品全体からほとばしるエネルギッシュなファンクネスと。。。。


ソウフルなスミスのオルガンが素晴らしいです。。。。。きらきら


ただ。。このあたりだとまだ。。。。。


モツ煮込みに豚汁程度でしょうかね。。。。。ラーメン


これ以降もっとギトギトになって行くんです。。。。。


豚の背油が加わります。。。。。。ショック


でも。。このアルバム。。ジャケが印象に残るんで。。。。


覚えておいてくださいね。。。。。黄ハート
















★  Stinger  ★















Prestige 1965






Last updated  June 27, 2006 03:27:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 1, 2006
テーマ:Jazz(1644)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

crusaders

Chile Con Soul
The Jazz Crusaders



1 Agua Dulce
2 Soul Bourgeoisie
3 Ontem A Note
4 Tough Talk
5 Tacos
6 Latin Bit
7 Breeze And I
8 Dulzura


さきほど。。紹介したアルバムの姉妹盤とでもいいましょうか。。。。



前哨盤ですかね。。。。。。トランプ(スペード)



70年代に「ザ・クルセイダーズ」として世界的な人気を獲得する前の。。。。。



ファンには定評のある。。。隠れた?名作です。。。。!?



ラテン・ソウル~ブーガルー~アフロ・ジャズ。。。。



さすがの第一級のテイストで迫ってきます。。。。炎



スティックス・フーパー(ds)、ウェイン・ヘンダーソン(tb)、ウィルトン・フェルダー(ts)



ほかに、ヒューバート・ロウズ(fl)、クレア・フィッシャー(org)、カルロス・ビダル(コンガ)



が参加しています。。。。。クラブ



テキサス~西海岸系ならではの味わいが格別のアルバムです。。。。。。ピンクハート



国内盤が今月。。。。再発されます。。。。。!!















★  Soul Bourgeoisie  ★













Pacific Jazz 1965






Last updated  June 1, 2006 03:36:54 PM
コメント(1) | コメントを書く
テーマ:Jazz(1644)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

People Get Ready
The Freedom Sounds
Feat.Wayne Henderson



1 Respect (02:58)
2 People Get Ready (04:41)
3 Cucamonga (06:12)
4 Things Go Better (04:42)
5 Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song) (02:23)
6 Brother John Henry (03:11)
7 Orbital Velocity (07:16)
8 Cathy the Cooker (06:13)






Joe Sample の the Crusaders や Wayne の Jazz Crusaders が。。。。


お好きな方には。。。全く向いていません。。。。。!?


オーティスやカーティスの名曲が。。。。。


Latin Boogaloo 調に変えられています。。。。。 四つ葉


しかし。。 Latin Jazz . Latin Soul 好きには。。。。


たまりません。。。。。泣き笑い


最高に熱いアルバムだと思います。。。。ピンクハート


ハードにかっこいい作品ではないでしょうか。。。。。!!














★ People Get Ready ★















Rhino / Atlantic 1967






Last updated  June 1, 2006 12:40:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 4, 2006
テーマ:1970' Soul(75)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

marena

Free Soul
Classic Of
Marlena Shaw



1 カリフォルニア・ソウル
2 フィーリングズ・グッド
3 ルック・アット・ミー・ルック・アット・ユー
4 ラヴィング・ユー・ワズ・ライク・ア・パーティー
5 ウーマン・オブ・ザ・ゲットー
6 リベレイション・カンヴァセイション
7 ストリート・ウォーキン・ウーマン
8 ソング・イズ・ユー
9 ユー・アー・ザ・サンシャイン・オブ・マイ・ライフ
10 トゥイステッド
11 ハム・ディス・ソング
12 ジャスト・ドント・ウォント・トゥ・ビー・ロンリー
13 フィール・ライク・メイキン・ラヴ
14 セイ・ア・グッド・ワード
15 ユー・ビーン・アウェイ・トゥー・ロング
16 ローズ・マリー
17 リズム・オブ・ラヴ
18 アイム・バック・フォー・モア
19 セイヴ・ザ・チルドレン
20 ウーマン・オブ・ザ・ゲットー (ライヴ)








橋本徹の監修にて大人気のシリーズ。。。


『Free Soul』に Marlena Shaw が登場。。。。


70年代のジャズ~ソウルを代表するシンガーとして。。。


圧倒的人気を誇る彼女の代表作。。。


『Who Is This Bitch, Anyway』を始めとして。。。


4枚のアルバムとライヴ盤。。さらにSony音源。。


ユニヴァーサル音源も特別収録。。。。


橋本徹をして、最高の企画!と言わしめたコンピです。。。。♪











★ Marlena Shaw ★













東芝 EMI






Last updated  May 4, 2006 03:18:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 21, 2006
テーマ:Jazz(1644)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

Music For SHIPS



1.ラヴ・アンド・ユーモア(ユセフ・ラティーフ)
2.オリエンタル・マンボ(エディ・ボネメア)
3.ティナ(デューク・エリントン)
4.ポーキー(ドロシー・アシュビー・ウィズ・フランク・ウェス)
5.ラガ・ラムダス・マルハー(アリ・アクバル・ハーン)
6.アンコーラ・コシマシ(オウディ・ホラント)
7.サマータイム(アフマド・アブダル・マリク)
8.リップ・ア・ディップ(ザ・ラテン・ジャズ・クインテット)
9.ムゴンバ・ヤ・テンボ(A.K.サリム)
10.アフロ・ブルー(モンゴ・サンタマリア)







UFOの松浦俊夫が選曲したSHIPSのコンピレーション盤です。。。。


「官能的なジャズ」として松浦氏が選んだのは。。。。


一般的なイメージのムード音楽なジャズではなくて。。。


シンプルでワールド色の強いサウンドだったというのがポイントですね。。。。


エスニックなセクシーさって。。。。


こういう物なんですね。。。。。♪











★ Afro Blue ★














ビクターエンタテインメント






Last updated  April 21, 2006 08:07:20 PM
コメント(1) | コメントを書く
April 11, 2006
テーマ:Jazz(1644)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

A Bucketful Of Soul
Trudy Pitts & Mr.C




1.Bucket Full Of Soul
2.My Waltz
3.Love For Sale
4.Satin Doll
5.The Shadow Of Your Smile
6.Renaissance
7.Lil' Darlin'
8.Come Down
9.Please Keep My Dream  






Pitts 姉さんのちょいドロアルバムです。。。。

ジャケほどの。。。グルーブ感は期待しないでください。。。。

きっと。。プロデュースがドラマーの Bill Carney さんなので。。。

刺激が甘いんだと思います。。。

最近。。アナログ盤が再発されました。。。

私は。。93年に発売された CD で聴いていますが。。。

アナログ盤のほうが。。ドロっとしてるんですかね。。。

いまさら DJ ネタになるとは思いませんが。。。。?

どうなんでしょう。。。

半分位が姉さんと Carney さんとのデュエットです。。。

カラオケ感覚で歌いきっています。。。。

ムーディーですよ。。。。

出来れば。。。姉さんだけの歌が聞きたかったですね。。。

そして。。ギターの Wilbert Longmire さんの参加が嬉しいです。。。

後にフュージョンアルバムを量産します。。。

W.Pacific レコードの諸作も CD 化してくれないですかね。。。。

さて。。このアルバム。。。。

同じ女性オルガニストのシャーリー・スコットさんよりかは。。。

音も厚くワイルドですかね。。。。

ただ。。珍しいだけの作品ではけしてありません。。。

是非是非。。。聴いてみてください。。。。ピンクハート













★ The Shadow Of Your Smile ★
















Trudy Pitts(org,vo) Wilbert Longmire(g) Bill Carney(ds,vo)
Rec , Dec 20, 1967 Feb 8, 1968 NYC
Prestige PR7560






Last updated  April 11, 2006 01:13:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 8, 2006
テーマ:Jazz(1644)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

Hold On, I'm Coming
Art Blakey




1.Day Dream
2.Hold On, I'm Coming
3.Secret Agent Man
4.I Can't Grow Peaches On A Cherry Tree
5.Warking My Cat Named Dog
6.Sakeena
7.Got My Mojo Working
8.Mame - From the Broadway Production "Mame"
9.She Blew A Good Thing
10.Monday, Monday
11.Slowly But Surely 1965






ジャズ・メッセンジャーズではなく、ブレイキーのソロ名義の迷盤。。。。

タイトル曲をはじめとして、R&Bのヒット曲を軽快に?プレイする。。。

冴えたタイム感覚?で快調にプレイしている。。。。。

う~ん。。。微妙なアルバムですね~。。。。

どういうつもりで。。このアルバムを作ったのでしょうか。。。

ブレイキーさん。。R&B は。。無理でしょう。。。

いつもの。。ナイアガラ・ドラムロールも。。。

華厳の滝クラスになっちゃっています。。。

そして。。どの曲でも。。おかずのフレーズが。。。

全部。。一緒。。。やっぱり無理なのでしょう。。。

あの。。ブレイキーさんが。。ビビッて叩くドラムは。。。

やはり。。良くありませんねぇ~。。。。

私は。。親愛なる。。 Gant Green さんが参加してるんで。。。

購入いたしましたが。。。。。。

もちろん。。なんにでも対応できる Gant Green さんは。。。

大丈夫なのですがね。。。。

聴き所は。。ここだけかも知れません。。。。。

Slowly But Surely の曲にいたっては。。。。

トランペットが。。。リーモーガンかフレディーハーバードの

どちらかです。。。って。。そんないい加減な表記です。。。

実際はフレディーみたいですけども。。。。。

ただ。。こんなおかしなアルバム好きな。。。。

私としては。。。見捨てられません。。。。

地味なブレイキーさん。。。

かわいらしいですよ。。。。。。♪

適当に聴ける。。最愛のアルバムです。。。。星












I Can't Grow Peaches On A Cherry Tree













Rec , 1967
LimeLight






Last updated  April 8, 2006 12:50:05 PM
コメント(1) | コメントを書く
April 2, 2006
テーマ:Jazz(1644)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

Think !
Lonnie Smith



1.Son of Ice Bag
2.Call of the Wild
3.Think
4.Three Blind Mice
5.Slouchin'




1966年のColumbiaへの『 Finger Lickin' Good 』に続いて録音された。。。。

Dr.Lonnie Smithの BlueNote 第一弾アルバムです。。。。

ビルボードのチャートにも入った人気盤だそうで。。。。

事実上のデビューアルバムになるようです。。。。

前作ではジョージ・ベンソン・グループに属しての録音でした。。。。

ここでは彼の音楽性(ラテンが好きだったんでしょうか。。?)の。。。

主張を含めて迫力を増しています。。。。泣き笑い

プーチョ&ラテン・ソウル・ブラザースからプーチョとパーカッション2人が。。。

“助っ人”として参加していますね。。。。。OK

相変わらず。。のんきぶりを。。発揮してぃます。。。

guests の Lee Morgan もやる気ゼロです。。。。

まあ。。俺のリーダーアルバムじゃないしと。。ちょっと思ってぃたのでしょう。。。

タイトル曲はアレサ・フランクリンのヒット曲でブルースブラザーズでも。。。

有名ですよね。。。青ハート

聞き物は。。2曲目の Call of the Wild です。。

幻想的に導入部を表現し。。。。そして。。。

山本リンダの「 どうにも止まらない 」のような。。。。

リズムの嵐に入り込みます。。。。。爆弾

ほんと。。どうにも止まりません。。。。。!

ラテンジャズもソウルジャズも聴きたい方。。。。

絶対のお奨めですよ。。。。。スマイル











炎 Call of the Wild 炎













Lee Morgan(tp) David Newman(ts,fl) Melvin Sparks(g) Lonnie Smith(org)
Marion Booker jr(ds) Henry Pucho Brown(timbales=2,5)
Willie Bivins,Noberto Apellaniz(coga=2,5)

Rec.1968-7-23.NJ

Blue Note 4290






Last updated  April 2, 2006 12:43:18 PM
コメント(1) | コメントを書く
テーマ:Jazz(1644)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

Rainy Day Moments



1 Iron City - Grant Green (5:03)
2 Everything Happens To Me - Houston Person (6:05)
3 Groove's Groove - Richard "Groove" Holmes (4:46)
4 You Don't Know What Love Is - Pat Martino (4:46)
5 Comin' Home Bab - Eddie "Lockjaw" Davis (6:00)
6 A Child Is Born - Johnny Lytle (6:53)
7 As Time Goes By - Sonny Stitt (4:43)
8 'Round Midnight - Charles Brown (3:36)
9 The Man I Love - Carol Welsman (4:13)













今日は。。。雨なのでしょうかね。。。。。傘









いなずま As Time Goes By いなずま










Savoy Jazz 200






Last updated  April 2, 2006 07:14:18 AM
コメント(1) | コメントを書く
March 30, 2006
テーマ:Jazz(1644)
カテゴリ:SOUL\/JAZZ

Black Vibrations
Sonny Stitt



Goin'To D.C.
Black Vibrations
Aires
Calling Card
Where Is Love ?
Them Funky Changes







SoulJazz なら。。。

この方もぃいんです。。。青ハート

まずは。。ジャケの秀逸なこれですね。。。。

ほんと。。好きなんですよね~。。。。ピンクハート

こんなにファンキーな Stitt さんは。。。

この時代にしか。。。聴く事が出来ません。。。。スピーカ

サックスの音色が。。。。

飛び跳ねて。。。笑ってぃます。。。。?

本当ですよ。。。。♪

そして。。なんでこんなに。。。音が甘いんでしょう。。。

とろけるほどの。。。甘さです。。。。りんご

真夏に聴くには。。。。ちょっときついかもしれません。。。。

蒸しちゃって。。。ぃますからね。。。。。雫









★ Aires ★











Sonny Stitt(as.ts) Virgil Jones(tp) Leon Spencer Jr(org)
Melvin Sparks(g) Idris Muhamad(ds) Don Patterson(org)
Rec , 1970 , NJ
Prestige 10032





こちらの CD でも聴く事ができますよ。。。♪

Legends Of Acid Jazz

stitt2

Prestige






Last updated  March 30, 2006 08:00:27 PM
コメント(2) | コメントを書く

全38件 (38件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.