7712407 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOUND LIBRARY STORE

PR

Profile


some1904

Freepage List

Calendar

Headline News

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

全73件 (73件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

Vocal

September 2, 2012
XML
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:Vocal
  • sing

Cheryl Bentyne Sings
"Waltz For Debby"




1. Last Night When We Were Young
2. Blue Moon
3. The Boy Next Door
4. I Must Have That Man
5. But Beautiful
6. Thou Swell
7. When Your Lover Has Gone
8. Easy Living
9. In A Sentimental Mood
10. Stompin' At The Savoy
11. I Get Along With You Very Well
12. Waltz For Debby













今日も破天荒な空模様でした。。。。。。。。


曇っているとはわかっていながらも。。。。。。


急な土砂降りには対応出来かねますね。。。。。。。。


明日には寒気がひいてくれるんでしょうか。。。。。。。。。


今夜も約一年前にUPしたものです。。。。。。。。。


是非秋の夜長に女性ヴォーカル聴いてみてください。。。。。。。


マンハッタン・トランスファーのメンバーのシェリル・ベンティーンさんで。。。。。。


ビル・エヴァンスさんの至高の名曲「ワルツ・フォー・デビー」聴いてみてください。。。。。


全編とてもステキなジャズ・バラードが選曲されていますよ。。。。。。


グループでの活躍は皆さんご存知の通りですが。。。。。。


ソロとしても大人の雰囲気を持っており素敵ですね。。。。。。


後ろで地味目にサポートしているケニー・バロンさん。。。。。。。


彼のピアノが気品溢れる香りを放ってくれています。。。。。。。。


50年という長いキャリアに裏付けられた老練なピアノが。。。。。。。


シェリルさんの歌声ともマッチしていますね。。。。。。。。


歌声。。曲。。録音共に素晴らしく。。。。。。。


彼女の息づかいをも聴こえるようで。。。。。


ピアノのタッチも明瞭です。。。。。。。


是非聴いてみてください。。。。。。。スマイル
























★ Waltz For Debby ★

















Cheryl Bentyne Sings "Waltz For Debby"



♪ Listen ♪




















Cheryl Bentyne (vo) Kenny Barron (pf) Ray Drummond (b)

Recorded at Systems Two Recording Studios, Brooklyn, NY, April 20-21, 2004

Paddle Wheel KICJ-477






Last updated  September 2, 2012 09:30:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 12, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:Vocal
  • mama

Misty
T.Honda + Mama T.




1. Misty (E.Garner-J.Burke)
2. Bridge Over Troubled Water (P.Garnerr)
3. But Not For Me (G.Gershwin-I.Gershwin)
4. Bell (B.Tyree)
5. Stormy Monday (T.B.Walker-A.Walker)
6. I Love You More Today than Yesterday (P.Upton)
7. For Once In My Life (R.Miller-O.Murden)













本日もジメっとした暑い一日でした。。。。。。。


私もかなりの夏バテ状態に陥っていて行動を制限しています。。。。。。。


気温は良いんで湿度だけどうにかしてほしいですね~~。。。。。。。


さて今夜は本田竹曠さんの歌伴ものからです。。。。。。。。


録音は1971年横田空軍基地のようです。。。。。。。


この会場での盛り上がり方はまるで。。。。。。。。。


アメリカのライブ・ハウスのような雰囲気で良いですね。。。。。。。。。。


ヴォーカルの Mama T. は 1932 年 2月6日ルイジアナ州 生まれ。。。。。。。。。


本名は Bennie Tyree 最初はほとんど無名シンガーかと思っていたんですが。。。。。。。。


"Big Mama" Thorntonと言う情報も出てきました。。。。。。。。


さて本当のところはどうなんでしょうかね。。。。。。。。


今夜は軽快なリズムで始まる "Misty" から聴いてみてください。。。。。。。


短いピアノ・ソロには本田竹曠さんらしさが光っています。。。。。。。。


こういったちょっとアーシーでパワフルなヴォーカルも。。。。。。。。


たまにはいいですね。。。。。。。。


是非お聴きくださいませ。。。。。。。。クール























★ Misty ★
















Misty - T.Honda + Mama T.



♪ Listen ♪

















("Big Mama" Thornton) Mama T. (vo) 本田竹曠 T.Honda (pf) 鈴木良雄 Yoshio Suzuki (b) James Cheek (ds)
  
Recorded live at Yokota Air Base, 1971

Trio Records






Last updated  August 12, 2012 08:19:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 1, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:Vocal
  • aono

青野紗穂
















本日は朝から不安定な空模様。。。。。。。。


土砂降りは無事避けられましたが。。。。。。


朝から良く降りました。。。。。。


その後は気温も上昇し蒸してきてしまいましたね。。。。。。。。


サウナそのものの陽気は堪えますね~。。。。。。。。。


さて今夜はR&Bのディーバ聴いてみてください。。。。。。。


丁度今夜TV出演もなされていました。。。。。。。


ただTVでの音質では彼女の凄さは半減だったように思いました。。。。。。


ミキサーが音楽番組の方とは思えませんでした。。。。。。


そこでYoutubeにUPされているものから聴いてみてください。。。。。。。


ニューヨークの名門クラブにして。。。。。。。。


ジェームス・ブラウン、ダイアナ・ロス、ジャクソン5など。。。。。。。


多くのアーティストを輩出したアポロ・シアター。。。。。。。。


このクラブで行なわれているアマチュアナイトで。。。。。。。


兵庫県の中学校に通う日本人女性シンガー。。。。。。。


青野紗穂さんが優勝を果たしました。。。。。。。


ここで優勝したからって売れる確証は無いんですけども。。。。。。。


彼女にはこのままシンプルに育って行ってもらいたいものです。。。。。。。


以前にも紹介した福原さんは声も涸れがれになり。。。。。。。


おかしなコブシ回しになっちゃいましたからね。。。。。。。


彼女がそこを目指していたのならしょうがないんですけどね。。。。。。。


青野さんも大人の意見も聞きつつも。。。。。。。。


自分の意見を曲げず進みたい方向にいってもらいたいです。。。。。。ウィンク























★ I Have Nothing ★
















14歳女子中学生 青野紗穂(SAHO AONO)アポロシアター優勝 (Amateur Night APOLLO)



♪ Listen ♪



青野紗穂☆ヴォーカルクイーンコンテスト優勝☆



♪ Listen ♪















abex






Last updated  August 1, 2012 08:14:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 26, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:Vocal
  • marlena

君微笑めば
When You're Smiling
Marlena Shaw Meets Freddy Cole




1. You Are My Everything
2. All Of Me
3. When I Fall In Love
4. All Right OK You Win
5. L-O-V-E
6. Unforgettable
7. My Foolish Heart
8. The Nearness Of You
9. Until I Met You
10. Feel Like Makin' Love
11. Gospel
12. 君微笑めば(When You're Smiling)












本日も熱を帯びた一日でした。。。。。。。


もう東京では自然で涼しいところはありませんね。。。。。。。。。


ですのでスーパーの冷凍食品売り場などをウロウロしています。。。。。。。。


この暑さで鍋焼きちゃんぽんを食べてますと。。。。。。。。


汗が滝のように流れて大変な事になっています。。。。。。。


明日は幾分涼しいと良いですね。。。。。。。。。


さて今夜はマリーナ・ショウさんとフレディ・コールさんとの。。。。。。。。


貴重なジョイント・ライヴからです。。。。。。。。。


静岡のホテルでのライブ録音をCD化。。。。。。。。


マリーナ・ショウさんは各地で人気がありますね~。。。。。。。。


聴いてみますとこんなにリラックスしてのりまくっている。。。。。。。


彼女は珍しいとの事です。。。。。。。。。


それはフレディ・コールさんとの息の合った。。。。。。。。。


デュエットによるところも大きいんですが。。。。。。。。


彼女自身が心底楽しそうに歌っているところが伝わっているんでしょうね。。。。。。。。


是非とも聴いてご確認くださいませ。。。。。。。。クール























★ Feel Like Makin' Love ★

















Feel Like Makin' Love - Marlena Shaw Meets Freddy Cole



♪ Listen ♪

















Marlena Shaw (vo) Freddie Cole (vo) David Hazeltine (pf) Jeff Chambers (b) Lennie Robinson (ds)

Recorded at Hotel Asocia Shizuoka on Dec. 10, 2003

Ratspack Records RPCJ 7001






Last updated  July 26, 2012 09:58:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 20, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:Vocal
  • nina

Nina Simone
In Paris




01 BLACK IS THE COLOUR OF MY TRUE LOVE'S HAIR
02 AIN'T GOT NO|I GOT LIFE
03 MAMA LOU - DON'T LET ME BE MISUNDERSTAND
04 TO LOVE SOMEBODY
05 SUSANNE
06 BE MY HUSBAND











今日は曇りがちだった為か気温も幾分低くて。。。。。。。


過し易かったですね。。。。。。


明日もこんな陽気で推移しそうですね。。。。。。。


さて今夜はニーナ・シモンさん激渋です。。。。。。。。。


とはいえ、この作品私家録音もののようですので。。。。。。。。


本当のレーベル及びクレジットがはっきりしておりません。。。。。。。。


実際どんな形で発売されていたのかも良くわからないんですよね。。。。。。。


録音状態はそれほど悪くもありませんので貴重なんでしょうか。。。。。。。。


収録されている曲はどれも良いんですけども。。。。。。。。


今夜はニーナさんの重要曲となる。。。。。。。。


「Black Is The Color of My True Love's Hair」。。。。。。。


これを聴いてみてください。。。。。。。


他にもこの曲は結構うUPされていますけども。。。。。。。。


この作品との被りがちょっとわかりませんです。。。。。。。。


がっそんな事は気にせず是非聴いてみてください。。。。。。。クール




















★ Black Is The Color of My True Love's Hair ★
















Black Is The Color of My True Love's Hair - Nina Simone



♪ Listen ♪
















Nina Simone (vo.pf) Weldon Irvine (org.key) Tom Smith (g) Don Alias (ds) Juma (per)

Recorded live in Paris, 1968

91 Vintage / Joker






Last updated  May 21, 2012 12:48:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 17, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:Vocal
  • pink

Pink
Diana Panton Trio + 1




Wouldn't It Be Loverly
My Ideal
I Walk A Little Faster
My Future Just Passed
Wonder Why
Me Myself And I
What Is There To Say?
Tea For Two
Please Be Kind
I Wish I Knew
They Didn't Believe Me
Love - Wise
Hold Me Hold Me Hold Me
Five Minutes More
Wait Till You See Him
Secret Heart












本日も程好い気温で過しやすかったですね。。。。。。


東北の方ではまた雹が降ったようですが。。。。。。


東京はまだ平穏でした。。。。。。


しかし夜中には雷音響き始め雨が降ってきました。。。。。。。。


明日はちょっと怪しい天気となりそうですね。。。。。。。


さて今夜はカナダの女性ヴォーカリストのダイアナ・パントンさんです。。。。。。。


彼女は19歳の時にベーシストのドン・トンプソンさんに見いだされました。。。。。。。


トンプソンさんが勤めるジャズ教室のワークショップに参加した彼女は。。。。。。。


そこでジャズヴォーカルの虜になったようです。。。。。。。。。


しかしその後フランスに渡ってパリ大学で。。。。。。。。


フランス文学の学位を取得するという教養も積んでいるみたいです。。。。。。。。


それからカナダに帰国してから2005年にデビューとなったもようです。。。。。。。。


さてさて彼女の声はシュガー・ヴォイスとか。。。。。。。。


ガーリッシュ・ボイスとか更にスゥイートでキュートとか。。。。。。。


清楚でプリティーとか表現されています。。。。。。。。


聴いてみるとほんとそのまんまのイメージでした。。。。。。。


自然体の歌唱法も爽やかで聴きやすいですね。。。。。。。


演奏の方もシンプルな編成で彼女の声にぴったりな感じです。。。。。。。


是非聴いてお確かめくださいませ。。。。。。。。



















★ My Ideal ★
















My Ideal - Diana Panton Trio



♪ Listen ♪


Tea For Two - Diana Panton Trio + 1



♪ Listen ♪
















Diana Panton (vo) Don Thompson (pf,vib,b) Reg Schwager (g) Guido Basso (cor,flh,tp)

Recorded at Inseption Sound Studios, Toronto, August 2008

Muzak fab. MZCF 1231






Last updated  May 18, 2012 01:40:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 19, 2011
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:Vocal

Many Times, Many Ways
A Holiday Collection
Halie Loren & Matt Treder




1 The Christmas Song
2 Winter Wonderland
3 Blue Holiday
4 Sugar Cookies
5 Let it Snow
6 Grown Up Christmas List
7 Home For The Holidays
8 Have Yourself A Merry Little Christmas
9 Santa Baby
10 From The Mouths Of Babes
11 Nature Boy













寒い日々は年末まで続きまして。。。。。。


年明けとともに暖かさが戻ってくるようです。。。。。。。


毎度々同じような年末の予想ですけれど。。。。。。。。


きっと平年並みなのでしょうね。。。。。。。


さてまずクリスマスの雪はどうなんでしょうかね。。。。。。。


と言う事で年末が近づくと聞きたくなるクリスマス・ソング。。。。。。。


若くて綺麗なヘイリー・ロレインさんで聴いてみてください。。。。。。。


彼女がしっとりと心を込めて歌ってくれています。。。。。。。。


選曲も渋く中々良いクリスマス作品集ですよ。。。。。。。。クリスマスツリー


ピアノとのデュオと言うのもしっとり感が漂いますよね。。。。。。。。


ですからヴォーカルの魅力をストレートに味わう事が出来ます。。。。。。。


豊かな声量を持ちながらも力は常に八分目といのも魅力です。。。。。。。。


その余裕の歌唱は聴き手の心を潤ししっとりと艶やかに聴かせますよ。。。。。。。


是非さらりと聴いてみてください。。。。。。。。クール





















★ The Christmas Song ★
















The Christmas Song - Halie Loren & Matt Treder



♪ Listen ♪
















Halie Loren (vo) Matt Treder (pf)

Recorded 2008

White Moon Prod.






Last updated  December 20, 2011 12:15:34 AM
コメント(2) | コメントを書く
December 18, 2011
カテゴリ:Vocal

The Very Best Time of Year
Laura Fygi




1. Have Yourself A Merry Little Christmas
2. Christmas Waltz
3. What Are You Doing New Year's Eve
4. Sleigh Ride
5. Very Best Time Of Year
6. Winter Wonderland
7. Christmas Morning
8. Once A Year Miracle
9. A Song For Christmas
10. Merry Christmas Darling
11. Christmas Time Is Here
12. Christmas Song
13. Noel A Paris













風邪の具合がピークとなり調子悪いですね~。。。。。。。


背中が異常に寒いです。。。。。。


さて今夜は洒落た声のローラ・フィジーさんです。。。。。。。


彼女のクリスマス作品から聴いてみてください。。。。。。。。


ちょっとボッサ調のアレンジがあれなんですけどね。。。。。。。。


ビックバンドで重厚な録音にしてもらいたかったです。。。。。。。


では。。聴いてみてくださいませ。。。。。。。。クール





















★ The Christmas Song ★

















The Christmas Song - Laura Fygi



♪ Listen ♪


















Laura Fygi (vo) Hans Vroomans (pf) Marcel Serierse (ds) Alam kersbergen (b) Marius Beets (g) Maarten van der Grinten (ts) etc,

Recorded 2004

Emarcy / Universal






Last updated  December 19, 2011 12:25:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 24, 2011
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:Vocal

Peggy Lee
Mirrors
Songs by Leiber & Stoller




1. Is That All There Is?
2. Ready to Begin Again (Manya's Song)
3. Some Cats Know
4. I've Got Them Feelin' Too Good Today Blues
5. A Little White Ship
6. Tango
7. Professor Hauptmann's Performing Dogs
8. The Case of M.J.
9. I Remember
10. Say It
11. Longings for a Simpler Time













本日も日中陽射しは汗ばむほどポカポカでした。。。。。。。


夕方には風が吹き始め空気が一転して。。。。。。。


寒くなっちゃいましたね。。。。。。


今は極寒となり空気も凛としています。。。。。。


明日は寒そうです。。。。。。


さて今夜は異色の作品から聴いてみてください。。。。。。。


大御所ジャズ・シンガー、ペギー・リーさんです。。。。。。


全曲の作品プロデュースをジェリー・リーバー&マイク・ストーラーが担当。。。。。。


ソフトで独特なハスキーヴォイスに。。。。。。。


ロマンティックでメランコリックなサウンドが見事にマッチしています。。。。。。。


バックのメンツはトム・スコット、レイ・ブラウン、バド・シャンク、ドン・グルーシン。。。。。。。。。


ヴィクター・フェルドマン、ジェフ・ポーカロほか。。。。。。。


ジャズ界やロック界の名手大挙参加されての。。。。。。。


なんともゴージャスすぎるポップ・ヴォーカル作品となっています。。。。。。。。


声も良くて歌の上手な方はジャンルを問わないんですね~。。。。。。。


全編30~40年代のミュージカル音楽を彷彿させるような内容となっています。。。。。。。


合間々にペギーさんの語りが入るのは。。。。。。。


彼女を身近に感じられる気がして良いですよ。。。。。。。


是非聴いてみてください。。。。。。。。ウィンク























★ A Little White Ship ★
















A Little White Ship - Peggy Lee Sings Leiber & Stoller,



♪ Listen ♪
















Peggy Lee (vo) Johnny Mandel (arr.cond) etc.

Recorded at A&M Studios, Hollywood 1975

A&M Records






Last updated  November 25, 2011 12:36:44 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 28, 2011
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:Vocal

From Broadway To Hollywood
Lorez Alexandria




1 One
2 Change Partners
3 Come Sunday
4 The Bright Lights And You
5 Send In The Clowns
6 Where Is Love
7 You Brought A New Kind Of Love To Me
8 Maybe This Time
9 You Leave Me Breathless











朝晩はもう寒さも厳しくなってきましたが。。。。。。。。


日中はまだまだ汗ばみますね~。。。。。。


明日はまた気温も上昇しそうで陽だまりは暑そうです。。。。。。


さて今夜はハードヴォイスの渋い歌声を聴いてみてください。。。。。。。


ロレツ・アレキサンドリアさんです。。。。。。。


彼女の1977 年録音作品『フロム・ブロードウェイ・トゥ・ハリウッド』。。。。。。


従来のジャズ・ヴォーカルのフィールドではもちろん人気の方ですが。。。。。。。


今ではクラブ・ジャズ&レア・グルーヴのDJの方々に注目されているようです。。。。。


1950 年代後半からジェームス・ブラウンを要していたキング・レコード。。。。。。


そしてアーゴ、インパルスといったレーベルで。。。。。。


コンスタントに作品を発表し続けてきたアレキサンドリアさんが。。。。。。。


およそ8年間の沈黙の後の復帰第一弾として発表されたのがこの作品です。。。。。。


この後はまた次々と作品をリリースしましたので。。。。。。。


アレキサンドリアさんの新たなスタート地点となった作品でもありますね。。。。。。


そして何故かオリジナル盤は日本のトリオ・レコードから発売。。。。。。。


不思議です。。。。。。。


今回はミュージカル、コーラス・ラインで知る曲。。。。。。。


『ワン』を聴いてみてください。。。。。。。。


迫力ある歌声が素晴らしいです。。。。。。。。


是非どうぞ。。。。。。。 ウィンク


















★ One ★
















One - Lorez Alexandria



♪ Listen ♪















Lorez Alexandria (vo) Blue Mitchell, Snooky Young, Buddy Childers (tp) Frank Rosolino (tb) Marshall Royal, Ernie Watts, Don Menza (reeds, fl) Herman Riley (reeds-3) Art Hillery (p-1, arr, cond) Gildo Mahones (p-2, arr, cond) Arthur Adams (g) Kenny Burrell (g-3) Stanley Gilbert (b) Andy Simpkins (b-3) Jimmy Smith (ds)

Recorded at TTG Sunset-Highland Recording Studios, Hollywood, Calif. on August 15, 29, October 21, 1977

Trio Records PAP3146






Last updated  October 28, 2011 11:59:11 PM
コメント(0) | コメントを書く

全73件 (73件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.