7711878 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOUND LIBRARY STORE

PR

Profile


some1904

Freepage List

Calendar

Headline News

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

JAZZ BASS

September 1, 2012
XML
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS
  • mi

Mi Ritorni In Mente
Jesper Bodilsen Trio




Nature Boy
How Deep Is The Ocean
Se Non Avessi Piu Te
Someday My Prince Will Come
Mi Ritorni In Mente
Dark Valley Serenade
Billie's Bounce
The Summer Knows
Liten Karin












本日の豪雨は酷かったですね~。。。。。。。。。


あっという間に嵐のように降りまくりでした。。。。。。。


ほぼびしょびしょになりましたです。。。。。。。。


その後もあっという間に上がりまた蒸し暑くなりました。。。。。。。


いったいどうなっているんでしょうかね。。。。。。。。。。


さて今夜も以前のUP分ですが。。。。。。。。


曲を追加致しましたので是非聞いてみてください。。。。。。。。。。



さてさて今夜は最近お気に入りのベーシスト・イェスパー・ボディルセンさん。。。。。。。


彼のアルバムは趣きの良い作品が多いようです。。。。。。


この作品ではイタリアのピアニスト・ステファノ・ボラーニさんが。。。。。。。


とても良いんですよね~。。。。。


すでに注目のピアニストとしてご存知の方も多い事でしょう。。。。。。。。


このトリオの演奏が醸し出すサウンドには。。。。。。


ベーシックでありながらも新たな息吹が感じられますね。。。。。。。


良く知られたスタンダード・ナンバーのアプローチを。。。。。。。


是非聴いていただきたいです。。。。。。。クール























★ Mi Ritorni In Mente ★

















Mi Ritorni In Mente - Jesper Bodilsen Trio



♪ Listen ♪

















Stefano Bollani (pf) Jesper Bodilsen (b) Morten Lund(ds)

Recorded at Focus Recording, Copenhagen Denmark April 4th, 2003

sundance / Stunt Records STUCD-03182






Last updated  September 1, 2012 08:48:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 15, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS
  • haden gon

Nocturne
Charlie Haden




1. En La Orilla Del Mundo (At The Edge Of The World)
2. Noche De Ronda (Night Of Wandering)
3. Nocturnal
4. Moonlight (Claro De Luna)
5. Yo Sin Ti (Me Without You)
6. No Te Empenes Mas (Don't Try Anymore)
7. Transparence
8. El Ciego (The Blind)
9. Nightfall
10. Tres Palabras (Three Words)
11. Contigo En La Distancia/En Nosotros (With You In The Distance/In Us)












なんか今日も良い天気の一日となりましたね。。。。。。。


明日から本ちゃんの梅雨到来となるんでしょうか。。。。。。。


明日こそは確実に雨そうですね。。。。。。。


さて今日も渋く美しい曲聴いてみてください。。。。。。


この作品は3年前にUPしていたものと同じなんですが。。。。。。。。。


前回のUP曲は既に削除されておりました。。。。。。


今回は演曲を変えて再UPさせていただきます。。。。。。。。。


ベーシストのチャーリー・ヘイデンさんのアルバムからです。。。。。。


なにか優しく懐かしい気持ちになれるかと思いますね。。。。。。。


全編フェデリコさんのバイオリンの音色が哀愁をかきたてているのでしょうか。。。。。


梅雨の憂う時期にこの官能的なサウンドはぴったりだと思います。。。。。。。。。


是非寛いぎながら聴いてみてください。。。。。。クール



















★ Nightfall ★
















Nightfall - Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba



♪ Listen ♪
















Charlie Haden(b) Gonzalo Rubalcaba(pf) Ignacio Berroa(ds) Joe Lovano(sax) David Sanchez(sax) Pat Metheny(g) Federico Britos Ruiz(violin)

Recorded on August 27-31, 2000 at Criteria The Hit Factory Studios, Miami,

Verve






Last updated  June 15, 2012 10:48:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 14, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS
  • come s

Come Sunday
Charlie Haden & Hank Jones




01. Take My Hand, Precious Lord
02. God Rest Ye Merry Gentlemen
03. Down By The Riverside
04. Going Home
05. Blessed Assurance
06. It Came Upon A Midnight Clear
07. Bringing In The Sheaves
08. Deep River
09. Give Me That Old Time Religion
10. Sweet Hour of Prayer
11. The Old Rugged Cross
12. Were You There When They Crucified My Lord?
13. Nearer My God To Thee
14. Come Sunday
15. In The Garden












本日は梅雨の休息日。。。。。。


雲が多いながらも陽射しが強かったですね。。。。。。。。


湿度が低く風が冷たかったのでさほど暑さは感じませんでした。。。。。。。


また明日から梅雨空に戻りそうです。。。。。。。


さて今夜は燻し銀の演奏を聴いてみてください。。。。。。。。


2010年録音の作品でこの時ハンク・ジョーンズさん91歳。。。。。。。。


チャーリー・ヘイデンさん72歳でした。。。。。。。。。


ハンクさんはこのチャーリーとの15年ぶりのデュオ作品です。。。。。。。


その第2弾が二人の最後のスタジオ録音作となってしまいました。。。。。。。


当時2人合わせて163歳という高齢デュオ。。。。。。。。


枯れた味わいはしょうがないのですが。。。。。。。


その言葉だけで形容するのが似つかわしくないぐらいの。。。。。。。


力強さも感じますね。。。。。。。


内容全体としてはスローな黒人霊歌やトラディショナルがほとんどです。。。。。。


一音一音丹念に押し出される朴訥な叙情は。。。。。。。。


「至高」の技としか言いようがない位美しいです。。。。。。。。


ハンクさんの永眠する3ヵ月前にこのような作品を録音していたとは。。。。。。


その後の大往生が惜しまれてならないですね。。。。。。。。。


素晴らしいデュオを是非聞いてみてください。。。。。。。。クール





















★ Going Home ★
















Going Home - Charlie Haden & Hank Jones



♪ Listen ♪
















Charlie Haden (b) Hank Jones (pf)

Recorded at Sear Sound Studio, New York, NY on February 2-3, 2010

Emarcy 2750368






Last updated  June 14, 2012 10:45:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 1, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS
  • koichi

Serenity
Koichi Yamazaki Quartet




Every Night
Serenity
A House Is Not A Home
Cup Bearers
Vistation
Rey El
Spring Can Really Hang You Up The Most
Steppin' With A Dream
I've Never Been In Love Before











本日は小雨チラチラ降ったり止んだりと。。。。。。。。


はっきりしない天候の一日でした。。。。。。。


年末から体調を崩してパンばかり食べていたせいか。。。。。。。


体重が4kg増となってしまいましたので。。。。。。


先月よりこっそりとダイエットしていました。。。。。。。


炭水化物を極力減らし野菜生活とし5kg減となりましたので。。。。。。。


そろそろたんぱく質を増量しませんといけません。。。。。


また血管年齢70歳へとなっていそうで怖いですからね。。。。。。。


こっちを減らせばそっちが増えてほんと大変です。。。。。。。


さてさて今夜は日本ウッド・ベース界ベテランさんの演奏です。。。。。。。


山崎弘一さんの46歳にして初のリーダー作品から聴いてみてください。。。。。。。


山崎弘一さんは明田川荘之さんのトリオに長期間在籍した後に。。。。。。


板橋文夫さんのグループなど多くの活動を経て。。。。。。。


ひたすらオーソドックスなコラボレーションを追い求めてきた一人です。。。。。。。


山崎さんは高校時代サッカーのディフェンダーとして。。。。。。。


国際イレブンに選ばれていたそうで。。。。。。。


その時培ったバックで支えるチームワーク重視のリーダーシップは。。。。。。。。


暖かさとともに地味ながら強力なバンド・カラーとなっています。。。。。。。


今の日本ジャズ界のオーソドックス・シーンを代表する1枚。。。。。。。


高橋知己さんのサックスも素敵ですよ。。。。。。。


是非聴いてみてください。。。。。。。。ウィンク




















★ Spring Can Really Hang You Up The Most ★

















Spring Can Really Hang You Up The Most - Koichi Yamazaki Quartet



♪ Listen ♪
















山崎弘一 Koichi Yamazaki (b) 高橋知己 Tomoki Takahashi (ts) 米田正義 Masayoshi Yoneda (pf) 飯野工 Takumi Iino (ds)

Recorded at Aketa no Mise, Nishi Ogikubo, Tokyo, Japan on May - December, 1998

Gakken PLATZ / Aketa's Disk PLCP 74






Last updated  May 2, 2012 12:30:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 27, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS
  • renaud

Voyage
Renaud Garcia-Fons




La Linea Del Sur ( 南への路 )
Bajo Andaluz ( アンダルシア・ベース )
Jam Buleria
Enamorada ( 恋するおんな )
Arcoluz
Berimbass
Like Someone In Love
Oriental Bass
Fui Piedra ( 冷たい石のように )
Sacre Coeur
Navigatore
Entremundo ( この大きな世界で )











本日は夕方には雨が上がる予想でしたが。。。。。。。


今だ降り続いていますね~。。。。。。。


明日には気温も上昇し晴天が戻りそうです。。。。。。。


さて今夜はちょっと渋すぎるの聴いてみてください。。。。。。。


通常のベースより弦が1本多い楽器を操るフランス人ベーシスト。。。。。。。


Renaud Garcia-Fonsさんです。。。。。。。。


彼の日本でのデビュー盤からとなります。。。。。。。。。。


この作品は93年から2008年までに発表した。。。。。。。


アルバムから12曲をセレクトしております。。。。。。。。


ジャズやタンゴ、ワールド・ミュージックや現代音楽の要素も取り入れ。。。。。。。


超絶技巧ぶりを存分に発揮しています。。。。。。。


低音楽器で聴こえ難いかとも思いますが。。。。。。。


是非聴いてみてください。。。。。。。。クール



















★ Like Someone In Love ★
















Like Someone In Love - Renaud Garcia-Fons



♪ Listen ♪
















Renaud Garcia-Fons (5 strings contrabass)
others

Recorded at Studio Des 3 Arts, St. Ouen, France, December 1992 & 1993-2006

Enja / Seves Seas KICJ 560






Last updated  April 28, 2012 01:15:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 6, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS
  • nicki ken

Like A Lover
Nicki Parrott and
Ken Peplowski




01. Blue Moon (L.Hart-R.Rodgers) [5:42]
02. Everything I Love (C.Porter) [3:51]
03. Hey There (R.Adler-J.Ross) [4:35]
04. Sway/ Whatever Lola Wants (N.Gimbel-P.Beltran Ruiz / R.Adler-J.Ross) [4:11]
05. I’Ve Grown Accustomed To His Face (A.J.Lerner-F.Loewe) [3:48]
06. Sleepin’ Bee (T.Capote, H.Arlen-H.Arlen) [4:14]
07. In The Wee Small Hours Of The Morning (B.Hilliard-D.Mann) [3:01]
08. When I Grow Too Old To Dream (O.Hammerstein II-S.Romberg) [4:45]
09. Like A Lover (Marilyn & A.Bergman-D.Caymmi, M.Nelson) [4:59]
10. Mad About The Boy (N.Coward) [4:08]
11. Here, There, And Everywhere (J.Lennon, P.McCartney) [4:04]
12. What’ll I Do (I.Berlin) [3:09]
13. How Could You Do A Thing Like That To Me (T.Glenn-A.Roberts) [4:22]
14. For No One (J.Lennon, P.McCartney) [2:28]












本日はまた冷え込みました。。。。。。。


冷たい風が結構強く吹き続けていました。。。。。。。


冷え込むと言う事は桜の見頃が続くともいえますけど。。。。。。


あまりに寒いのはちょっとあれですね。。。。。。。


明日はまたいっそう冷え込みそうです。。。。。。。。


さて今夜はデュオで歌物の作品からです。。。。。。。


あのニッキ・パロットさんがデュオで挑んだアルバムからです。。。。。。。。


ベースとヴォーカルの魅力の彼女が。。。。。。。


ベテラン・木管奏者ケン・ペプロウスキーさんとデュオで挑みました。。。。。。。


ケン・ペプロウスキーさんは素晴らしいプレイを聴かせてくれていますが。。。。。。。


全14曲互いの個性を引き出し合いながら。。。。。。。。


ピッタリと息の合ったプレイを体感させてくれています。。。。。。。。


今夜は名スタンダード「ブルー・ムーン」聴いてみてください。。。。。。。


ケン・ペプロウスキーさんの音色も絶妙で。。。。。。。


素敵なバラード・アルバムとして渋いお薦め一枚です。。。。。。。。クール





















★ Blue Moon ★

















Blue Moon - Nicki Parrott & Ken Peplowski



♪ Listen ♪
















Nicki Parrott (vo.b) Ken Peplowski (ts.cl)

Recorded at Avatar Studio in New York on September 14 and 15, 2010

Venus Records VHCD-1050






Last updated  April 6, 2012 11:54:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 29, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS
  • nicki p

Fever
The Best Of
Nicki Parrott




1.Moon River
2.You'd Be So Nice To Come Home To
3.Getting Some Fun Out Of Life
4.Bei Mir Bist Du Schoen
5.Fly Me To The Moon
6.I Love The Way You're Breakin' My Heart
7.Black Coffee
8.Dark Eyes
9.Fever
10.Like A Lover
11.For No One
12.How Could You do A Thing Like That To Me
13.Detour Ahead
14.Somewhere Over The Rainbow
15.Best Things In Life Are Free
16.What Are You Doing The Rest Of Your Life












本日も適当に良い陽気でしたね。。。。。。


空気はちょっと冷たかったですけども。。。。。。


快晴の陽射しは春を感じさせてくれました。。。。。。


明日は一気に暑そうです。。。。。。。


さてたまにスイーツ話をちょっと。。。。。。。


この間「ケンミンショー」みておりましたら。。。。。。


富山のお菓子といえばと言う事で。。。。。。。


「おわら玉天」なる物を紹介されていまして。。。。。


見るからに美味しそうで。。周りは卵焼きみたいだは。。。。。


中身は卵白のクリームのようだわで。。。。。


見て直ぐに通販で注文してしまいました。。。。。。。


食してみると軽くてフワフワで甘い厚焼き玉子な感じでした。。。。。。


中のクリーム状のものもシュワシュワとろけるようで美味しいです。。。。。。


さすがに日持ちはしないようですが。。。。。。


また注文したいと思いました。。。。。。。ぺろり



  • owara
  • owara2






林盛堂 おわら玉天


おわら玉天


〒939-2376 富山県富山市八尾町福島3-8




そして食べながら聴くにはちょっとなんですが。。。。。。。


歌う女性ベーシスト、ニッキ・パロットのベスト・アルバムから。。。。。。。


「これからに人生」を聴いてみてください。。。。。。。


この曲に関してはこのベスト盤のみに収録されているそうで貴重ですかね。。。。。。。


『ムーン・リバー』、『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』。。。。。。


『ブラック・コーヒー』、『ライク・ア・ラバー』の4アルバムからに加えて。。。。。。


未発表曲(M3, M16)も収録されているようですよ。。。。。。。


ニッキ・パロットさんの歌なし演奏。。。。。。。


ベーシストに徹した曲を是非聴いてみてください。。。。。。。。クール

















★ What Are You Doing The Rest Of Your Life ★

















What Are You Doing The Rest Of Your Life - Nicki Parrott



♪ Listen ♪
















Nicki Parrott - vocal & bass
Harry Allen - tenor sax
Ken Peplowski - tenor sax & clarinet
Lisa Parrott - alto sax
Chuck Redd - vibraphone
John Di Martino - piano
Paul Meyer - guitar
Mark Sganga - guitar
Billy Drummond - drums
Dion Parson - drums
Alvin Atkinson - drums



Venus Records VHCD01058






Last updated  March 30, 2012 12:20:11 AM
コメント(2) | コメントを書く
February 18, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS
  • viret

Pour
Jean-Philippe Viret




1 Not Yet
2 Le Re Grave
3 Page 345
4 Le Corridor
5 Les Mots Rebelles
6 Co - Errance
7 La Barge Rousse
8 Vert










本日は日中も極寒で冷蔵庫状態でしたね。。。。。。


太陽の陽射しも頑張ってくれたのですが。。。。。。


強い寒波には敵いませんでした。。。。。。。


明日朝は今季一番の寒さらしいですね。。。。。。


心してかからなければいけないようです。。。。。。


さて今夜は特別な輝きをみせるジャン・フィリップ・ヴィレ・トリオです。。。。。。


しなやかな感性を映し出す洗練されたサウンドは美しいです。。。。。。


そして柔らかにそして鮮やかに展開する作品群。。。。。。。


夜の空気を柔らげてくれるエレガントな輝きをもった曲など。。。。。。


デリケートな音が空間にこだまするようです。。。。。。。


繊細でロマンティックな旋律に引き込まれていってください。。。。。。。


是非この寒い夜にどうぞ。。。。。。。クール















★ Le Re Grave ★

















Le Re Grave - Jean-Philippe Viret



♪ Listen ♪
















Jean-Philippe Viret (b) Edouard Ferlet (pf) Fabrice Moreau (ds)

Recorded at Studio la Buissonne, France, on June 2010

Melisse / Atelier Sawano AS102






Last updated  February 18, 2012 11:53:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 4, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS
  • bass on cine

Bass on Cinema
Shinichi Kato




1. カヴァティナ Cavatina (Stanley Myers) 映画『ディアハンター』 5:39
2. 太陽がいっぱい Plein Soleil (Nino Rota)  映画『太陽がいっぱい』 4:57
3. 二人でお茶を Tea for Two (Vincent Youmans)  映画『二人でお茶を』 5:00
4. ワイルドで行こう Born To Be Wild (Mars Bonfire)  映画『イージーライダー』 5:03
5. ニュー・シネマ・パラダイス Nuovo Cinema Paradiso:(Ennio & Andrea Morricone) 映画『ニュー・シネマ・パラダイス』 6:15
6. 不良少年 (武満 徹) 映画『不良少年』 4:50
7. シャレード Charade (Henry Mancini)  映画『シャレード』 5:11
8. マホガニーのテーマ Do You Know Where You’re Going To (Gerald Goffin / Michael Masser)  映画『マホガニー物語』 4:38
9. 弦楽6重奏曲第1番・第二楽章より String Sextet No.1 (Johannes Brahms) 映画『恋人たち』 5:55
10. OK牧場の決斗 O.K. Coral (Dimitri Tiomkin)  映画『OK牧場の決斗』 3:32
11. ゴンドラの唄 (中山晋平) 映画『生きる』 5:03
12. シークレット・ラブ Secret Love (Sammy Fain)  映画『カラミティ・ジェーン』 6:04
13. 過去と現在<ニュー・シネマ・パラダイス> Infanzia E Maturita : Nuovo Cinema Paradiso (Ennio & Andrea Morricone)  映画『ニュー・シネマ・パラダイス』 4:26













今日はやはり暖かな日和でした。。。。。。


冬とはいえこの位の陽気ですと動き回り易いですね。。。。。。


明日も同じような陽気だそうです。。。。。


さて今夜は映画音楽聴いてみてください。。。。。。。。


加藤真一さんのベースで聴いて戴くのは「ニュー・シネマ・パラダイス」。。。。。。


この作品では彼と浅川太平さんが映画音楽に真正面から取り組んだ感動作品です。。。。。。。


もはや名コンビといえる2人が名画の世界へ誘いますよ。。。。。。。。


『ディア・ハンター』からは「カヴァティナ」。。。。。。。


『イージー・ライダー』から「ワイルドで行こう」と。。。。。。。


有名映画使用曲のオンパレードです。。。。。。。


取り合えず今夜はこれを聴いてみてください。。。。。。。


ベースが奏でる映画の楽園を是非。。。。。。。。。クール


















★ Nuovo Cinema Paradiso ★

















Nuovo Cinema Paradiso - Shinichi Kato & Taihei Asakawa



♪ Listen ♪


















加藤真一 Shinichi Kato(b)浅川太平 Taihei Asakawa(pf,syn)

Recorded in Tokyo on May - July 2011

Roving Spirits RKCJ-2048






Last updated  February 4, 2012 11:59:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 24, 2012
テーマ:Jazz(1643)
カテゴリ:JAZZ BASS

Back To The Groove
Yosuke Inoue




Havana Dreams
Interplay
My Foolish Heart
Birdland
Milestones
Waltz For Debby
Returns
Sweet And Lovely
Back To The Groove
When Lights Are Low













アイスバーンとなった今朝の道路。。。。。。。。


日中に陽射しが出ても気温が低いせいか。。。。。。


なかなか溶けませんね~。。。。。。。


明日も気をつけた方が良さそうです。。。。。。。


さて今夜はベースが主導の「Waltz For Debby」聴いてみてください。。。。。。


2004年に活動の拠点をニューヨークから日本に移した井上さんの演奏です。。。。。。。


ピアノの石井彰さんを伴ったトリオ作品となります。。。。。。。


エヴァンスさんの「Interplay」「Waltz For Debby」。。。。。。


ザヴィヌルの「バードランド」等々。。。。。。。


主にジャズメン有名曲を演奏していますね。。。。。。。。


井上さんの骨太の演奏に。。。。。。


繊細な石井さんのピアノが絶妙に交わり始めると。。。。。。。


芳醇な曲の香りが迸ります。。。。。。


とても素晴らしい作品是非聴いてみてください。。。。。。。。。クール





















★ Waltz For Debby ★
















Waltz For Debby - Yosuke Inoue & Akira Ishii



♪ Listen ♪















井上陽介 Yosuke Inoue (b) 石井彰 Akira Ishii (pf) 小山太郎 Taro Koyama (ds)

Recorded at Crecente Studio, Tokyo on March 8-9, 2005

M&I MYCJ 30343






Last updated  January 24, 2012 11:58:09 PM
コメント(0) | コメントを書く

全47件 (47件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.