296600 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

想創舎日記

PR

プロフィール


ごま☆まき

カテゴリ

バックナンバー

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09
2021.08

カレンダー

2007.01.24
XML
カテゴリ:アトピーのこと。
「食卓の向こう側」という記事が西日本新聞に掲載されてからもうずいぶん経つ。
連載も9回目を迎え、食べ盛りの子ども達がいる私にもためになる話ばかりだ。
約4年前からの取り組みで、
今の「暮らし」と「食生活」についていろいろと考えさせられる。

長男が卵アレルギーだったこともあり
おやつはすべて手づくり(だった)

近くにスーパーがないところに住んでいるのと
畑にたくさん季節の野菜があるので
買い物もあまり行かない。

次男がこれまたアトピーで
鶏肉以外のお肉、魚、加工食品、化学調味料、食品添加物
牛乳がだめなので
たまに行く外食といえば、うどん屋さん。

近頃は手づくりおやつもさぼり気味で
もっぱら蒸しパンかおにぎりだけど…。

…こんな生活をしている私にとって
食卓の向こう側というコラムは
うんうん。なるほど。それでいいんだ。
と、粗食生活に太鼓判を押していただいた気がした。

食卓の向こう側
 第一部 こんな日常どうおもいますか?
 第二部 「命」つなぐために
 第三部 給食 未来をひらく
 第四部 輸入・加工知らない世界
 第五部 脳、そして心へ
 第六部 産む力、生まれる力
 第七部 生ごみは問う
 第八部 食育
 第九部 広がる輪

なにより大切なのは「母の味」
第五部で書かれてた元刑事さんの言葉、
「脱線しても、『母ちゃんのにら玉が好きだ』という子どもは一線を越えない」

私は必然的に(アトピッ子がいるため)このような状況の食生活だが
もし、健康な子達でこのような環境にいなかったなら
忙しさにかまけて
「今日はスーパーのお惣菜にしよう」
「外食もいいかなあ。」
「ほか弁を買って帰ろう」
…そんな日々を送っていたかもしれない。

子どもの心と体が成長するのにとてもとても大切な時期。

先日、次男坊の保育参観&試食会でおもったこと。
保育園の畑でとれた白菜、大根を使った料理。
「ほ~ら。ダイコンさんがこんなになっちゃったよ~」
実践の食育がみじかなところで行われていた。

肉魚がだめな次男のために
いつも別メニューで給食を作ってくださる先生。
(おだしから別です)
「小学校に上がるまでによくなろうね。頑張ろうね。お母さん」
たくさんの人の手で支えられながら
子ども達は育っているんだなあとおもった一日。

lunch.gif
別メニューの献立。みんなは白身魚だったけど彼だけ鳥のささ身。ありがたいです。


  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  人気blogランキングへ ←one click,please.                










 






最終更新日  2007.01.24 18:25:52
コメント(8) | コメントを書く
[アトピーのこと。] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.