000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

想創舎日記

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

re*home

2020.11.14
XML
カテゴリ:re*home




店舗をリノベーション。
シンプルな「箱」がすてきな癒しの空間になっていました♡

  












最終更新日  2020.11.14 16:43:08
コメント(0) | コメントを書く


2019.11.27
カテゴリ:re*home

断熱リホームをしていただいたお客様のところへ
一年点検に行ってきました。

いつもおいしいお茶とコーヒーとお菓子で
私たちをもてなしてくださるIさま。

住み心地は大満足!
家族みんながリビングにず~っといるんですよ♪
光熱費も安くなってびっくりしてます。

人に喜んでいただける仕事
だれかの役に立ってるって
いまさらながらですが
うれしいことですね。

これから2年、5年、10年と
点検は続きますが
末長いおつきあいができるのが
本当にありがたいです。












最終更新日  2019.11.27 16:39:31
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.24
カテゴリ:re*home
今リホームで携わっているお客様の
「介護保険住宅改修」の写真や書類作成のため
ご自宅へ伺いました。

90歳のおばあちゃんとご主人(息子さん)が出迎えてくださいました。
家に入ると・・・手すりがとても低い位置にあります。
おばあちゃんの背にあわせてつけられたとのこと。
「大切にしてもらって感謝してます。」とおばあちゃん。

先日ご夫婦とご一緒にショールームへ行ったとき。
ご主人が何度も何度もお風呂への出入りを確認していらっしゃいました。
手すりも、今実際に介護をされながらの不便点などを考慮しながら
位置を決められました。

P1020497.jpg

「愛」を感じたひとときでした。

ちょっと大変なお風呂への移動も、トイレも
もうじきとても便利になるので
楽しみにしていてください。

おばあちゃんとお話して、さいごに手を握ってさよならしました。
とてもちっちゃくてあったかい手でした。

私も今は亡き主人の祖母の介護を母と一緒にしましたが
ちょうど子供達3人が目が離せないときでもあり
日々に追われてました。
毎日を終えるのがやっとでした。
毎日笑顔で過ごせないときも多々ありました。

もっとゆっくりおばあちゃんの話を聞いてあげればよかったな。
お世話するより、おいしいごはんつくるより
ただそばに寄り添ってほしかったときもあっただろうな。
・・・今になってそう思います。

大変な想いをして戦後の日本を育ててくださったおじいちゃん、おばあちゃん。
自分達を大切に育ててくれた父や母を
今度は私達が大切にしていく番なんだなあと
おばあちゃんと話してるとなぜかそんな気持ちになりました。

ありがとうございます。











最終更新日  2009.02.24 14:42:20
コメント(2) | コメントを書く
2008.06.30
カテゴリ:re*home
orange.jpg

これはre*homeで壁の塗り替えを考えていらっしゃるKさま(娘さん)が
「これはどうかなあ~」と送ってこられたもの。

一面にするか、二面にするか、三面とも塗るか・・・。
いろいろイメージしながらご自身で作成♪

メインのre*homeはパントリー新設と寝室を和室からフローリングに、
そして母屋とそのとなりにあるログハウスをつなぐこと。

CA92FQN5.jpg
寝室にあったたんすをここに移動して、空間をより広く。

P1010280.jpg
パントリーはとなりのキッチンからの出入口を設け、棚をつくります。

適材適所。
必要なものを必要なところに。

「不便」を「便利」に変えるre*home。
新築とはまたちがう「喜び」があります。

ここのところFP床パネルでのリフォームラッシュです。
「梅雨なのに、ぜんぜんベタベタしてないよ~。」
「足ざわりが違う。」
とおっしゃるお客様方の声に支えられ
「快適で心やすらぐ家づくり」にまい進します。

IMG_4015.JPG

こんな壁紙もかわいいですよね~♪
ちなみにこれも彼女から送ってもらったもので
長崎の「出島」の建物の一風景でわたしのお気に入り♪

彼女のアイデア満載のre*home。
どんな「壁」になるかこうご期待♪


いつも応援ありがとうございます。

  にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ ←one click,please.

  想創舎ホームページ

  想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

  子育て応援家(家づくりエッセンス集です)










最終更新日  2008.06.30 23:34:26
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.26
カテゴリ:re*home
拝啓 Hさま

  いよいよ介護保険を使われたHさま邸のリフォーム工事がはじまりました。

  解体.jpg
   お風呂の窓と洗面所の壁を解体しています。



  DSCF0244.jpg
   浄化槽工事は先日終わりました。
   あとは市役所からの検査を待つのみです。



   DSCF0250.jpg
   思い深いこのお部屋も大変身を遂げますのでこうご期待!!です。
   向こうに見えるのは去年の12月にリフォームされた
   ダイニングのパイン材の床です。



   DSCF0249.jpg
   左に見えるガラスの引き戸はまだまだキレイなのでまた使います。
   廊下もお父様、お母様の使い勝手の良いように変わると思います。



   DSCF0285.jpg
   ここにHさまが選ばれたユニットバスが来る日ももうすぐです。



   東京と福岡・・・。
   遠く離れて色々ご心配でしょうが何かございましたら
   いつでもご連絡くださいませ。

   リフォーム中は
   お父様、お母様に色々とご不自由をおかけしますが
   日々、変わっていく光景に嬉々とされ
   「息子が色々としてくれた!」
   ととてもよろこんでいらっしゃいます。

   今後ともよろしくお願いいたします。

                                      
                        想創舎 手嶋組
                             手嶋誠一
                                真紀
   

  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  人気blogランキングへ ←one more,please!                

  想創舎ホームページ







最終更新日  2007.04.07 22:10:02
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.20
カテゴリ:re*home
 12月にご依頼いただいたHさまのリフォーム。
 お正月に間に合うよう、キッチンの床をFPウレタンパネルに変え、
 無垢のパイン材フローリングにし、壁を塗り替えたところ・・・
 
 「あったかいよ~。そして部屋が明るくなった」
 と大満足のご様子。

 お正月に帰省された息子さん達に相談され
 浴室と洗面所、トイレのリフォームもすることになりました。

 そこで登場するのが「介護保険を使った住宅改修

 一昨年の秋に取得したこの資格がやっと陽の目をみます。
 
 「住環境福祉コーディネーター2級

 私がこの資格を取ったのにはわけがあります。
 とある現場見学会で、ある方に言われた一言。

 「ここはドアが逆向きのほうがよかったんじゃない?」
 
 ・・・確かにそうでした。
 「今」の生活を重視して、リビングから見えにくいようにと
 トイレのドアを右側を吊元に取り付けたのですが(リビングは右側)
 年を重ねた20年、30年後のことを考えると
 左側が吊元のほうが動きに無駄がないようにおもえます。
 (本当は引き戸が一番良かったのですが、スペースが取れませんでした)

 指摘をされたのは
 お施主様のご親戚の作業療法士のかた。
 さすが福祉の現場に長けていらっしゃるなと感心したのと同時に
 プロとしてそこまで長期スパンで考えれなかった自分に失望しました。
 そして、勉強したいと切実に思ったのです。

 そこで一念発起!!

 これからは高齢者の方だからこそリフォーム!の時代です。
 お風呂をあたたかいユニットバスに。
 トイレを便利な洋式トイレに。
 段差をなくした床に。
 玄関や階段に手すりを。

 それらを介護保険を使って少しでも足しになるなら喜ばしいことです。
 住環境福祉コーディネーター2級とは、ケアマネージャーとともに
 その申請書類を作成できる一人なのです。

 県が主催する再就職支援講座に参加し、
 そこで出逢った人たちと励ましあい、頑張りながら
 手にした資格。
 本当にあの日のあの方の一言のおかげです。
 
 高齢者にやさしい住宅は赤ちゃんにもやさしい住宅。
 ユニバーサルデザイン

 病気のことを勉強し、その病気の方にはどのようなリフォームを提案すればよいのか
 病気の進行具合によって段階順にリフォームをしなくてはならないことなど
 専門的なことはもちろんのこと
 手すりは降りる時の利き手側にあったほうがよいなど
 住宅を提案するのに、本当に役に立つ勉強ができました。

 初仕事は、老人福祉施設のケアマネージャーさんと話しながらのお仕事です。
 「こんなにスピーディーに書類を作って頂いてありがとうございます」
 と喜んでいただきました。
 (大切なところはその方がされました。研修生の私です)

 見積もりを細かく書いたり、写真をきちんと撮ったり
 お役所仕事なので、何度も書類を訂正することがおおいそうです。
 おまけに高齢者の方が頼むのは、近所の一匹狼大工さん。。
 
 その「えやんでえ~」のおやじさんに(博多ですが)
 デジカメが・・・とか見積書の訂正を・・・なんていっても
 「めんどくさい」状態になるのは・・・当然です。
 おまけにメールで送ってください・・・なんていえないですよね。
 私達なら大丈夫ですよ!!ビームを送っておきました。

 つくづく時代の波に乗らないといかんなあとおもいます。

 住まう方が笑顔で
 「リフォームしてよかった~~」
 「家を建ててよかった~~」
 とおっしゃる日を夢見て
 今日も頑張ります。。

                     浴室1.jpg
             改修前のお風呂。息子さんが選ばれたユニットバスをみるのが楽しみです。

 

頑張れ!!想創舎でお願いします。。

 にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

 人気blogランキングへ ←one more,please!                

 想創舎ホームページ
 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 






最終更新日  2007.03.21 18:12:49
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.